東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

タクシードライバーへの転職を成功させるには!後悔・失敗しないためのポイントを紹介

2020年05月22日 業界知識


タクシードライバーへの転職を考えているものの、いざ転職すると考えると踏み留まる方は意外に多くいらっしゃると思います。

それは、タクシードライバーがどういう職業なのか分からないことが原因ではないでしょうか?

ここでは、タクシードライバーへの転職を考えてみた際に気になる「タクシードライバーとして働くことの魅力やメリット」について紹介していきたいと思います。

タクシードライバーに転職する魅力とメリット

タクシードライバーに必要な免許を無料で取得できる

タクシードライバーになるために二種運転免許が必要であることは、タクシードライバーへの転職を考えられたことのある方はご存知のことと思います。

二種運転免許は、お客様を乗せて運賃を頂くためには必ず必要な免許です。

そこで気になるのは、免許を取得するにあたり、どのような条件を満たす必要があるのかということと、費用がどれくらいかかるのかということです。

二種免許を取得するための条件としては、以下の項目が挙げられます。

二種免許を取得するための条件

  • 21歳以上である。
  • 他の第二種免許を現に受けている、または、大型第一種免許、中型第一種免許、準中型免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のうちのいずれかを取得してから3年以上経過している(免許停止期間を除く)。
  • 適性試験(視力・色彩・深視力・聴力・運動量力)に合格している。

また、第二種免許の取得費用については全額負担してくれるタクシー会社が多く、無料で取得できる場合が多いです。

魅力的な給与体系

転職でタクシードライバーを選ぶ魅力は、なんといっても途中入社でも理想の収入を得ることができるということです。

タクシー会社は、基本給プラス歩合制という給料体系となっているところが多くあります。

歩合制ということは、工夫次第で平均年収を大きく上回ることもできるということです。

また、入社後半年は月収保証制度のあるタクシー会社なども存在し、安定した収入を得ながらタクシードライバーとしての業務に慣れていくこともできます。

自分のペースで働ける

転職を考える際にかなりの割合で気になるのが職場の人間関係ではないでしょうか。

タクシードライバーはお客様が乗っていないときは基本的に一人です。

タクシードライバーの最大のメリットは就業時間中に上司や同僚と一緒ではないということだと言えます。

そのため、自分のペースでコツコツと仕事をしたいという方にはとても向いている職業です。

 

サービス残業が存在しない

タクシードライバーは給料体系が歩合であるため、売上が上がらなければ収入も上がらないことでの不安があるかと思われます。

しかし、実際に働き始めると、お客様から頂いた運賃がそのまま歩合に反映されるため、無給の休日出勤やサービス残業がないということです。

つまり働いたのに給料が支払われないという事への悩みやストレスを抱える必要がなくなります。

働いたら働いた分だけ収入になるのが、タクシードライバーという仕事の魅力だと言えるでしょう。

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

 

タクシードライバーとしての成功体験

休みの日の楽しみが仕事につながった

一般的な職業とは異なり、勤務体制として隔日出勤を採用している会社が多く、一日に働く時間が長い分、一般の職業よりも休める日が多くなっています。

そのため、休みを利用して行きたいと思っていたイベントや講演にも参加でき、家族や友人との時間も持つことができます。

また、休日に出かけた際に、普段タクシードライバーとして走行しているエリアを歩いてみることで、お客様がタクシーを利用する感覚を理解することができ、結果的に売上向上に繋げることができます。

このように、自分自身の工夫により実績が上がることも、タクシードライバーならではの醍醐味と言えるでしょう。

 

お客様からの感謝の言葉がやりがいになった

時間帯によって走らせる場所を変えたり、お客様のご要望に沿って最短で到着できるルートをご提案したり、日々工夫を重ねていると「このタクシーに乗れてよかった」というお言葉を頂くこともあります。

そのため、タクシードライバーならではのやりがいとして、自分がした努力が自分に返ってくるということが言えるでしょう。

 

運転が好きなことを活かせた

タクシードライバーは、車の運転が好きという方には向いている職業です。

お客様を乗せていないときは一人で運転ができるため、運転をしながら街の様子を観察すると、自然と「あ、今日はあそこでイベントがあるな」「この時間はあのエリアは入らないほうがいいな」ということが分かってきます。

そうすることで、より効率的な運転ができるようになり、また多くのお客様を乗せることに繋がり、達成感も感じられるようになります。

そのため、運転が好きな方であれば、自分の好きなことを活かせる職業であると言えるでしょう。

 

家族と過ごす時間を作ることができた

タクシードライバーは、勤務体制が隔日であることが多く、仕事の日と休みの日が明確です。

そのため、無給の休日出勤をする必要はなく、子供の誕生日や両親の還暦の祝いなど、大切な行事がある際に、しっかりと休みを取ることができます。

家族や友人との時間を大切にでき、今の生活を十分楽しむことができるようになることも、サービス残業がなく、休みを隔日に取れるタクシードライバーの良さだと思います。

ここまではタクシードライバーになってよかったこと、魅力やメリットをお伝えしてきました。

しかし、初めから全てが上手くいく訳ではありません。

それどころか「向いていないんじゃないか」と悩んだ経験を持つ方も多いです。

ここからは、タクシードライバーとして働く中での失敗体験を紹介していきます。

タクシードライバーとしての失敗体験

新人の時は道が分からず、苦労した

タクシードライバーと聞くと、道をよく知っていると思われがちです。

とくに新人のときには道をよく知らない場所を目的地として指定されたらどうしようと思うことが多いです。

地理がわからない場所でぐるぐる回ってしまったときには「普段より高すぎる」とクレームを頂くこともあります。

しかし、タクシーに乗り慣れているお客様の「ベスト」なルートを全て記憶することは新人にとっては簡単なことではありません。

失敗をしないように注意することは必要ですが、そのことばかりに気をとられているよりも、目的地に着くまでに、どれだけお客様に快適に過ごして頂くかを考えることで解決できます。

 

失敗体験から学んだ2つの大切なこと

道が分からないという体験から学んだ2つのこととして、1つは、“謙虚であること”です。

当たり前のようですが、タクシードライバーなら道を知っていて当然という雰囲気に合わせて、ついつい“知ったかぶり”をしてしまうことは多く、失敗につながります。

道が分からなくても知ったかぶりをするのではなく、謙虚に丁寧に道順をお伺いすることで、却ってお客様に好感を持って頂くことができます。

 
大切なことの2つ目は、“早めのお声掛け”です。

お客様にご指摘頂く前に「まだ真っすぐで大丈夫でしょうか?」「次の信号を右でよろしいでしょうか?」と早め早めにお声かけをすることで、行き過ぎてしまう失敗を防ぐことができるようになります。

お客様に気持ちよくご乗車して頂くことを意識し、誠実な対応を心がけることで失敗は少なくなります。

 

転職を検討されている方へ

実際、タクシードライバーという職業は勤務体制が隔日であることが多く、給与体系も歩合制であったりするため、一見特殊な職業のように思われます。

しかし、勤務体制も自分で選ぶことができる制度になっており、シフトを調整することで家族や友人との時間も大切にすることができます。

中途入社の場合、なかなか希望の年収を得ることが難しいと思われがちですが、タクシードライバーなら年収600万円も夢ではありません。

 
資格取得に必要な経費も会社が負担してくれる場合がほとんどです。

また、定年近い年齢でも一般的な会社に比べ採用されやすくなっており、会社での研修制度も充実しているため、未経験の方も転職しやすい職業だといえます。

これを機に一度、タクシードライバーへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?

P-CHAN TAXIでは、タクシー会社への転職を支援しています。

 
タクシードライバーへの転職を考えているけれども、年収やキャリアアップに関しての悩みがある方。

プライベートとどの程度両立できるのか、気になる方。

タクシードライバーの転職に関するお悩みなら、なんでもお気軽にご連絡ください。

今まで多くの方のタクシードライバーへの転職を支援してきた弊社が力になります。

面談をしていただくだけで、あなたに合ったタクシー会社を選定し、採用までサポートいたします。

まずは、無料で登録いただくだけで、転職活動を開始することができますので、お気軽にお問い合わせください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像