東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

最近話題の「Uber」という新しい送迎サービス! その内容を紹介!

2020年05月11日 豆知識


最近話題の「Uber」という新しい送迎サービス! その内容を紹介!

近年、スマホアプリを利用した「Uber(ウーバー)」という送迎サービスが日本で運用されています。

「Uber」を初めて聞いたという方もいることでしょう。

一言で言うと、Uberとは「スマホでハイヤーを呼べるサービスアプリ」のことです。

ここでは、タクシー業界で話題となっているUberについてご紹介します。

Uber(ウーバー)とは

Uberは2009年にアメリカで誕生し、その便利さからサービスが広く展開された配車サービスです。

現在では世界50か国300都市で事業展開されています。

ヨーロッパで営業開始した当初は、タクシー業界の人が抗議のデモを行うほど話題になったと言われています。

ちなみに「Uber」とはドイツ語で“上に”という意味。

英語圏のスラングで「超」や「すげー」という意味で使われることもあります。

Uberのサービス内容

サービスのエリア内であれば、場所を指定して迎えに来てもらうことが可能です。

アプリと連動しているため、車が到着するまでの時間をリアルタイムで把握できます。

また車種も選べるため、利用する人数や荷物の量に合った車を選ぶことが可能です。

支払いは登録したクレジットカードで済み、行き先もスマホで打ち込むだけなので、ドライバーと会話せずに移動することができます。

日本のタクシーの感覚でいうと、会話が一言もないというのは不安であったり寂しさを覚えたりしますが、金額面や選択するルートに関するトラブルが多い地域では、好まれていると言われています。

Unerの料金は?

Uberの利用料金は、初乗り料金(最低料金)で823円となっており、以降は距離と時間によって変動します。

開始料金が103円、時間1分につき67円、乗車距離1㎞ごとに309円が加算されるため、払金額は以下のように計算されます。

支払金額=103+67×乗車時間(分)+309×乗車距離(km)
※金額が823円以下の場合は最低料金(823円)が適用されます。

料金比較

Uberの公式ホームページでは料金見積もりが可能です。

仮に羽田空港から東京駅まで利用した場合、Uberとタクシーの料金は以下のようになります。

■Uber料金 約7600円 ※交通状況によって異なります。

■タクシー料金 約6300~6800円 (交通案内サイトにて検索)

以上のように、タクシー料金のほうが比較的安いと言えるでしょう。

Uberとタクシーの違いは?

Uberにはタクシーのような深夜料金はありません。

しかし、利用状況に応じて料金が変動します。

利用者が多い場合はピーク料金として通常の1.2倍の金額が適用されることがあります。

タクシーは深夜の時間帯のみ2割増になるため、状況によってどちらが得かが変わってくるでしょう。

Uberは2014年に運用が開始されたばかりで、まだ運用エリアは広いとは言えません。

公式ホームページによれば、現在日本で利用できるエリアは東京の都心部と羽田空港周辺となっています。

ただエリア外でも23区内であれば利用できるケースもあるようです。

将来ドライバーが素人になるかも?

日本ではお客を乗せてお金を得る行為には第二種免許が必要になります。

しかしUberはドライバーも一般の方を起用するシステムです。

当然ながら日本では違法になるため、現在、日本ではUberBlackというサービスが運用され、すべてプロのドライバーが送迎しています。

しかし、東京オリンピックを見据えて、国では“国家戦略特別区域のみに限定して許可しよう”という意見が出されています。

反対派が多い現状のため、すぐには実施されることはないでしょう。

ですが将来的には、不安は残りますが、車を持っている一般人がドライバーとして送迎する日がくるかもしれません。

POINT
  • 「Uber」とはスマホでハイヤーを呼べるサービスアプリ。場所・車種・行き先をスマホで指定、決済も登録したクレジットカードで簡単にすることが可能。
  • 料金は公式ホームページで見積もりが可能。
  • 現在は東京都心部・羽田空港周辺を中心に利用できる。

今タクシードライバーになるなら

世界的には大きなシェアを占めるUberですが、日本ではまだ利用者数が少ないのが現状です。

原因の一つは免許の問題と言えます。

日本で乗客を乗せた運転を行うには二種免許が必要であり、取得には25~40万円程度かかると言われています。

このため、二種免許未取得の場合、Uberドライバーになるにはかなりの初期費用がかかってしまいます。

これが、日本でUberドライバーが増えない大きな要因です。

一方で、企業が提供するタクシーサービスは全国的に普及しており、大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の四つの大手企業によって根強く支えられています。

とりわけ、タクシーは都市部では欠かせない存在となっていて、多くの需要があります。

このため、タクシー業界は未経験の人材も広く受け入れている上に、経験を積めば高収入も見込めるということで、転職先としても大変人気のある業界なのです。

ただし、未経験の状態で一から情報を集めて就職先を見つけるのは難しく、必ずしも希望の条件に合った会社に出会えるとは限りません。

このため、一からタクシー運転手を目指したいという場合には、業界に通じる会社に相談して、条件に合った会社を紹介してもらうことをおすすめします。

P-CHAN TAXIでは電話上、もしくは来社という形で無料の転職相談を受け付けております。

まだ希望の条件が決まりきっていないという場合でも、面談を通じて適宜アドバイスさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像