東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

働くなら何歳から? タクシー運転手の平均年齢と勤続年数

2017年09月29日 働き方


働くなら何歳から? タクシー運転手の平均年齢と勤続年数

タクシー運転手には近年女性や若い世代が増えています。では、実際にタクシー運転手の平均年齢はどのくらいなのでしょうか?
ここでは、タクシー運転手の平均年齢と勤続年数についてご紹介します。

実は若い世代に向いているタクシー
一般的な職業において、20代は経験が浅く、より高度な仕事をするための基礎固めの期間となるため、高い年収を稼ぐことは難しいかもしれません。しかしタクシー運転手の場合、ほとんどの会社が歩合制を採用しているため、経験や年齢に限らず高い収入を得ることが可能です。
つまり、働いて売上を上げた分が、そのまま自分の給料アップにつながります。もしあまり成果が上がらなかった場合でも、会社員としての固定給があるため、最低限の収入は得られるので安心です。
こういった理由から、20代や30代といった体力があって積極的に働くことができる若い人ほど、成果を上げることができ、高い年収が期待できるのです。
20代から始めているタクシー運転手の中には、30代から個人タクシーとして活躍している方もいます。

タクシー運転手の平均年齢は?
先に、若い人ほどタクシー運転手に向いているとご紹介しましたが、実際のところ、タクシー運転手の平均年齢は何歳なのでしょうか?
タクシー運転手の平均年齢を都道府県別に見ると、一番高いのが高知県の64.9歳で、一番若い県でも山形県の53歳という年齢です。全国平均でも58歳と50~60代が多く働いています。
このように、若い世代が増えているように思えても、まだまだ全国的に高齢な運転手が多いのがタクシー運転手の現状です。

タクシー運転手の勤続年数は?
タクシードライバーの平均勤続年数は、短くて5.7年、長いところで15年です。このことと平均年齢が高いことから、40~50代から始める人が多いということが分かります。
一般の会社では60歳や65歳で定年となる場合が多いのですが、タクシー会社では70歳以上でも働いている方は多くいます。
また、第二種免許取得にはタクシー会社が全額負担してくるところが多いというのも、一般企業で働いてからタクシー会社に転職する人が多い理由と言えるでしょう。

働くなら何歳から? タクシー運転手の平均年齢と勤続年数

タクシー運転手の年収は、働く地域によって異なりますが、地方で約300万であったり、都心で平均400万以上、高い人では800万円~1000万円稼いだりする方もいます。
自分の働き方によって変化する収入は、「50代では夜勤も入れた勤務で、定年する年齢以降は定時勤務をする」といったように、自分にあった働き方を選択できるという利点にもなります。
タクシー運転手は50~60代が多い職種でありながら、自分の年齢や希望に合わせて働くことができます。
健康でさえあれば、高齢でも活躍できる数少ない職業です。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像