東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

仕事の人間関係に疲れたらタクシー運転手になれ!?|タクシードライバーの実情

2020年05月26日 豆知識


タクシードライバーの特徴として、「人間関係が気楽」という点がよく挙げられます。

ここでは、これからタクシードライバーへの転職を考えている方にむけて、タクシードライバーの人間関係の実情について紹介していきます。

タクシードライバーに向いている人のパーソナリティや、優良タクシー会社へ転職するコツについても、合わせて解説します。

これからタクシードライバーになろうと考えている方、タクシードライバーの人間関係について気になる方は、是非ご覧下さい。

タクシー運転手(ドライバー)は本当に気楽なのか

サラリーマンとして働いていると、上司、同僚、取引先など、多様な人たちと関わる機会が多いです。

それゆえに、その複雑な人間関係に悩まされることも多々あります。

特に、上司・同僚とは勤務時間中一緒にいる時間も長く、悩みが大きくなりがちです。

「相性の悪い上司に当たってしまった…」「新しく入った同僚が苦手…」という方も多いのではないでしょうか。

その一方で、タクシードライバーは一人で車を黙々と運転するというイメージが強く、人間関係に悩まされることがない、と思っている方も多いでしょう。

確かに、タクシードライバーは他の職業と比べて人間関係の煩わしさが少ない職業です。

しかし、全く他の人と関わらなくてもいい、というわけではありません。

今回は、タクシードライバーという職業の人間関係について紹介していきます。

 

会社の同僚・上司との人間関係

タクシードライバーが関わる人は、基本的には会社の同僚・上司とお客さんのみです。

まずは、会社の同僚・上司との人間関係について解説します。

 

同僚・上司と顔を合わせる機会が少ない

タクシードライバーは、勤務時間のほとんどを自分の車に乗って過ごします。

上司や同僚と顔を合わせる機会は、出勤時と退勤時以外基本的にはありません。

そのため、職場の人間関係においては煩わしさが少なく、非常に気楽だと言えます。

 

深い人間関係を築くことも出来る

前述の通り、タクシードライバーの職場における人間関係は、よくもわるくも希薄であることが多いです。

無理して人間関係を築かなくても、仕事に支障が出ることはないでしょう。

しかし、決して殺伐とした雰囲気ではないので、職場に気の合う人、話の合う人がいれば、深い人間関係を築くこともできます。

職場の人との距離感を自分で決められる、というのがタクシードライバーの大きなメリットです。

 

敵対することは避ける

一方で、絶対に職場の人と深い人間関係を築きたくない、という方もいるかもしれません。

しかし、このような場合でも、人間関係の全てを無視することは避けましょう。

もし上司や同僚に嫌われるような行動をとってしまうと、出勤退勤時に気まずくなったり、トラブルに見舞われたりした際に助けてもらえない可能性があります。

適切な報連相や挨拶など、最低限のコミュニケーションはしっかりととることが大切です。

無料でタクシードライバーの転職相談をする

お客さんとの人間関係

続いて、お客さんとの人間関係を紹介します。

お客さんは、基本的に一期一会なので深い人間関係を築く必要がありません。

一方で、数十分同じ空間にいることになるので、多少のコミュニケーション能力が求められます。

 

お客さんとのトラブルがある

タクシードライバーという職業のデメリットともいえるのが、お客さんとのトラブルです。

たくさんのお客さんをタクシーに乗せていると、お金を払おうとしないお客さんや、泥酔したお客さんにも遭遇します。

こうしたお客さんに対し、下手に対応し、より大きなトラブルにつながることも考えられます。

相手を刺激しないように冷静に対応し、場合によっては警察に通報する決断力が求められます。

 

初対面の人と打ち解ける必要がある

お客さんの中には、タクシードライバーに話しかけてくる人もいます。

このため、初対面の人と世間話で盛り上がれるコミュニケーション能力はある程度求められるのも事実です。

また、タクシードライバーは地理に明るいというイメージが強く、土地の歴史や、オススメの飲食店を聞いてくるお客さんもいます。

単純な対応力だけでなく、こうした知識もタクシードライバーにとって必要な能力になってきます。

 

空気を読む必要がある

話し好きなお客さんがいる一方で、会話をしたくないお客さんもいます。

また、ものすごく疲れているお客さんや、タクシー内で仕事をしているお客さんも多いです。

このようなお客さんに対し、無闇に話しかけてしまうと敬遠されてしまい、場合によってはクレームに繋がるということもあるかもしれません。

自分の車に乗ったお客さんは今どういう状況で、どのような接客がベストか、ということを配慮出来る能力が求められます。

 

タクシー運転手(ドライバー)は人間関係に疲れた人にオススメ

ここまで、タクシードライバーの人間関係の実態を解説してきました。

お客さんとの適切なコミュニケーションは求められるものの、職場での人間関係は気楽です。

つまり、以下の2つの特徴を満たす方には非常にオススメの職業であると言えます。

 

職場での人間関係が煩わしいという人

現状の職場で上司や同僚との人間関係に悩んでいる人にとっては、タクシードライバーは非常にオススメです。

上司や同僚との程よい距離感を実現することが出来ます。

 

コミュニケーション能力がある人

職場の人間関係は気楽でも、お客さんとのコミュニケーションは必要です。

完全に人と会話をしたくない、という方にはオススメできないかもしれません。

一方で、「あまり人と会話をしたくないけれど、気配りは出来る」「深い人間関係を築くのは苦手だが、初対面の人と世間話をするのは得意」という方には、ピッタリの職業です。

 

タクシー運転手(ドライバー)への転職ならP-CHAN TAXI

いかがでしたか。

タクシードライバーという職業は、基本的に人間関係が気楽なのがメリットです。

しかし、これはどの業界でも当てはまることですが、会社によっては、殺伐とした雰囲気だったり、必要以上の人間関係を強要されたりする可能性もあります。

タクシードライバーへの転職を考える際は、しっかりと良質な会社を見極めて応募することが何よりも重要です。

そこでオススメなのが、タクシー転職専門の求人サイトの活用です。

P-CHAN TAXIは、創業50年の老舗人材企業が運営するタクシー専門転職支援サービスです。

500社以上のタクシー会社の中から、研修制度、年収など厳しい審査基準をクリアした厳選求人のみを紹介しています。

業界に精通したコンサルタントのサポート体制も万全で、未経験からタクシードライバーへの転職を考えている方に、非常にオススメのサービスです。

実際に過去の利用者満足度は97%を超えており、P-CHAN TAXI経由で転職した方は全員タクシー運転手として勤続しています。

満足のいくタクシー転職をしたい方は、是非ともお問い合わせください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像