東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

だから今後も続ける! タクシー運転手のやりがい3つ

2016年12月30日 働き方


だから今後も続ける! タクシー運転手のやりがい3つ

タクシー運転手を長く続けている人の中には、異業種から転職したという人も少なくありません。そうした人たちは、タクシー運転手としてどのような点に魅力ややりがいを感じているのでしょうか?よくタクシー運転手のやりがいとして挙げられる事の多い声3つをご紹介します。

(1)地理や運転技術が身につく
タクシー運転手は二種免許が必要となりますが、いきなり地理を完璧に覚え、優れた技術で仕事を始める人はいないと言って良いでしょう。

タクシー運転手として仕事をする中で、先輩やお客様の説明を聴き、また実践することで、どんどん裏道やドライビングテクニックなどに関する知識が増えていきます。

時にはお客様から「今までで1番早く到着したよ!」などといったうれしい言葉をもらえることもあります。何気ないお客様の言葉から技術の成長を実感し、やりがいに感じる運転手は多いです。

(2)いろいろな働き方ができる
だから今後も続ける! タクシー運転手のやりがい3つ

タクシー運転手は基本的に朝から夜中まで20時間労働(休憩3時間含む)をした後、「明け番」と呼ばれる1日休みになり、翌朝また仕事をするスタイルが一般的です。イメージとしては1日働き1日休むという感じで、週1回程度連休が発生します。
「月30日のうち、11日だけ働く」といった働き方ができる企業も多いです。

自由な時間を利用してサイドビジネスを始める人も多く、軌道に乗った結果、タクシー業務を副業にする人もいるほどです。集中力のいる職業でもありますが、時間の融通が効くため自分の時間を楽しめるのは大きなメリットです。

サラリーマンとは異なるさまざまな働き方ができる点も、タクシー運転手のやりがいのひとつだと言えるでしょう。

(3)ストレスフリーな人間関係が構築できる
未経験者でも活躍できるタクシー運転手は、異業種からの飛び込みも多く、いろいろな人生経験をしてきた人たちが働いています。かつては有名な大手企業に勤めていたけれども人間関係の悩みで転職したという人も少なくありません。

タクシー業界は仕事中は基本ひとりの業界だからこそ、過度な管理や厳しい上下関係などはありません。もちろん先輩・後輩といった上下関係はありますが、適度な距離を置いて働くことができる環境です。
「この環境は本当に働きやすい」と、やりがいを感じているタクシー運転手は多いのです。

今とこれからを意識した「働く楽しさ」
タクシー運転手は、日々働くことで上記3つのやりがいを感じられるだけでなく、自分の頑張り・工夫次第で高収入や将来のビジョンといった「これから」を意識したやりがいも手に入ります。
二種免許を取得することで、他のタクシー会社への転職はもちろん、個人タクシーになれる可能性もあります。タクシー運転手のやりがいを見てみると、あらためて「働く楽しさ」の大切さが感じられますね。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像