東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

向き不向きがある? タクシードライバーに向いている人の特徴

2020年05月11日 働き方


向き不向がある? タクシードライバーに向いている人の特徴

タクシードライバーは専門的な仕事になります。

そのため人によって向き不向きがあります。

そしてタクシードライバーと言うと、運転が好きで上手ければ、仕事に向いていると思われがちですが、それだけではありません。

ここでは、タクシードライバーに向いている方の特徴をご紹介します。

洞察力の高い人

タクシードライバーに向いている人の特徴として、最初に挙げられるのが「洞察力」です。

洞察力の高い人であれば、担当エリアの地理やお客さんの流れなどをスムーズに吸収できるため、結果的にそれが売上げや稼ぎにつながっていきます。

またタクシードライバーは、勤務中は基本ずっと運転をするので常に事故や違反を起こさないように気を遣う必要があります。

洞察力の高い方は事故の予見する力だけでなく、回避力も高いため、この点でもタクシードライバーに向いています。

コミュニケーション力の高い人

タクシードライバーに向いている人の2つ目の特徴として“コミュニケーション能力”が挙げられます。

タクシードライバーは実にさまざまなタイプのお客さんと触れ合います。

無理に会話をする必要はないものの、同じ車内で長時間過ごす場合もあるため、多少のコミュニケーション能力は必要になります。

このため、相手を快くさせる応対ができる人、相手の心情や空気を読んでコミュニケーションを取れる人、他人と関わるのが好きな人はタクシードライバー向いています。

 

 

真面目でやる気がある人

タクシーは給料を歩合制にしている会社が多く、努力するほど収入の増加につながります。

一方で、タクシードライバーは自分のペースで働ける仕事ですが、あまりにマイペース過ぎると月の収入が減ってしまう恐れもあります。

このため、一人での作業でも怠らないコツコツと働けるような真面目でやる気がある人がタクシードライバーに向いています。

しっかりと体調管理ができる人

タクシードライバーは休憩をしっかりと取れ入れて、体調管理をできることが長く仕事を続けていく上での重要なポイントとなります。

自身の思いひとつで「休憩を取らずに働く」こともできてしまうため、知らないうちに疲労を溜め込んでしまうこともあります。

疲労の蓄積が体調不良を招いてしまうこともあるので、しっかりとスケジュールを組んで、適度に休憩をいれ、自身の体調を管理できる人がタクシードライバーに向いていると言えるでしょう。

運転が好きな人

タクシードライバーの場合、1日のほとんどの時間を運転に費やします。

当たり前ですが、長時間運転するので体力的に疲れても、運転が好きな人が向いているでしょう。

 

 

向き不向がある? タクシードライバーに向いている人の特徴

タクシードライバーは向いている人にはこの上ない天職となります。

タクシーの仕事の特徴をしっかりと理解し、自分の性格や長所・短所と照らし合わせて、タクシードライバーの向き不向きを考えてみましょう。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像