東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

タクシードライバー(運転手)の面接で気をつけたい3つのポイント

2016年09月08日 業界知識


タクシドライバー(運転手)の面接で気をつけたい3つのポイント

タクシー会社は平均年齢が58歳という高齢なこともあり、新たなタクシードライバーを積極的に募集しています。しかし、タクシー業界そのものが注目を集めるようになった現在、就職・転職のための面接は年々厳しくなっているのが実情です。
第二種運転免許を持っていても面接の結果次第では採用が見送られかねません。ですから、これからタクシードライバーとして働こうと考えている方は、ぜひこの機会にタクシードライバーの面接で気を付けるべきポイントを押さえておいてください。
3つの項目にまとめましたので、参考にしていただきたいと思います。

タクシードライバーの面接で気を付けるべきポイント
1・タクシー業界の実態について事前に調べておく
まず、これから自分が働きたい業界について学んでおきましょう。勤務体系やタクシードライバーの給料はどのような仕組みで支払われるのか、また、その金額はどのように決まるのかなど。
一般的な職種と異なる大きなポイントがここです。タクシードライバーの給料は歩合によって変動しますから、頑張りがそのまま収入に直結します。タクシー会社によって歩合率や
歩合の反映方法が少しずつ異なるので、面接の際にそのあたりまで細かく聞いて理解できるように事前準備しておくことをおすすめします。

2・社会人としてのマナーを徹底する
当たり前の話ですが面接時間に遅刻しないように、10分前には面接会場に到着できるように家を出ましょう。タクシードライバーの面接はスーツが基本です。接客業ですので身なりも重要なポイントとして見られます。また、しっかり挨拶ができるか、接客にふさわしい言葉遣いができるか、むやみな自己主張がないかどうかなど、ごく当たり前ではあるものの「基本だからこそ見落としがちなポイント」をしっかり意識してください。

3・履歴書は丁寧に書く
面接で合格すればそれ以降はタクシー会社に所属するタクシードライバーになれますが、履歴書は面接担当官に「熱意」を伝える重要なツールです。
職務経歴や志望動機、所有資格や希望など、丁寧にかつ正確に記入しましょう。字の上手・下手よりも丁寧に書くことで気持ちが伝わります。それでも文字に自信が無い方は、PCで履歴書を作成しても大丈夫です。

以上、3つのポイントは基本的なことではありますが、面接では基本的なことが当たり前にできるかということが重要視されます。それにプラスしてご自身のアピールをしてください。

面接時の服装について
タクシドライバー(運転手)の面接で気をつけたい3つのポイント

タクシードライバーは身だしなみは大切です。制服は正しく着こなせば3割ほども見た目の印象をアップさせてくれると言いますが、それもきちんとケアできていればこそ。

面接時の身だしなみは乗務中の制服姿に通じます。
スーツの色は黒・紺・グレーなどの色合いが好ましく、ほこりが付いていないか、シワになっていないか、サイズが合っているか。また、靴が汚れていないか、髭が生えていないか、髪形はきちんとしているかといった部分に気をつけましょう。

面接前には、手鏡などのアイテムを用意しておくと良いでしょう。家で鏡を見た時点では大丈夫だと思っても、面接直前で気づくことがあるかもしれません。しっかり整えて面接を迎えましょう。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像