東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

稼げるドライバーとそうでない人、違いはどこにある?

2020年05月13日 働き方


稼げるドライバーとそうでない人、違いはどこにある?

タクシードライバーという職業が、どれだけの年収を稼ぎだすかご存知ですか?

なんと、タクシードライバーには稼ぐ人で年収800万円以上の方もいらっしゃいます!一般的なサラリーマンと比べてかなりの高収入だと言えるでしょう。

そう聞くと「じゃあ、自分もタクシードライバーになるか!」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、タクシードライバーには年収800万円の人もいれば、年収250万円にも満たない人もいるのです。

稼げるドライバーとそうでないドライバーの差は、一体どこで生まれるのでしょうか?

タクシードライバーの収入や、稼げるドライバーの条件などについてご紹介します。

稼げる? 稼げない? タクシードライバーの収入

稼げるタクシードライバーの年収からご紹介しましたが、一般的なタクシードライバーの全国平均収入は、年収約275万円です。

稼げる人と比べると、かなりの格差があることがわかります。

こういった格差が生まれる理由として、タクシードライバーのお給料が完全歩合制であることが挙げられます。

つまり、「お金を稼ぎたい!」と考える人が工夫をして稼働すれば高収入になり、「それなりの稼ぎでいい」と考える場合は、休みを入れながら働けばいいというわけです。

この収入に対する考え方の違いで、稼げる人が1日に8~10万円を売り上げて、そうでない人の場合はガソリン代など経費を差し引いて赤字にならない程度の金額、1日に3~5万円を売り上げるという違いが生じてきます。

さらに、同じ勤務時間内でも、積極的に集客ができる繁華街や駅周辺を休みなくタクシーで流していればお客さんは増えるし、休憩を入れつつ配車待ちをしていれば、それなりにしかお客さんを乗せられません。

タクシードライバーは、働く気持ちや働き方によって収入が大きく変わる職業なのです。

稼げないタクシー運転手の特徴についてまとめた記事がありますので、こちらも参考になさってください。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

 

タクシードライバーとして稼げる人の条件

稼げるドライバーとそうでない人、違いはどこにある?

要するに、タクシードライバーの仕事は、クルマ一台あれば、自分の努力とアイデアでいくらでも上の収入を狙える仕事だと言えます。

では、どんな人がこういった稼げるタクシードライバーになれるかというと、最低限次の4つを備えている人でなくてはいけません。

 

  • コツコツ頑張るまじめさがある
  • 売上を上げる気力がある
  • ひとつのやり方に固執せず柔軟な考え方ができる
  • 稼ぐために必要な情報を積極的に集める能力がある

 

他にも以下の記事内で稼げるタクシードライバーになるためのテクニックなどを紹介しています。

 

 

基本的に対人コミュニケーションに苦痛を感じないタイプの人がこういった能力を備え持っているケースが多いです。

もし自分がこういった条件に当てはまると思うのであれば、タクシードライバーとして頑張ってみると高収入が望めるかもしれませんよ。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像