メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

タクシー転職で後悔しないために|確認しておくべき事実やポイント

2020年05月19日

  • 0

  • 0

タクシー転職で後悔しないために|確認しておくべき事実やポイント
タクシー運転手になるにあたって、事前にタクシー業界や企業のことを調べておくことは大切です。どれだけ下調べを入念に行うかによって、転職後に後悔するような事態を防げるでしょう。
そこで今回は、タクシードライバーへの転職で後悔しないために、事前に確認しておくべき事実やポイントについて紹介します。

後悔しないタクシー会社選びを実現したい方は、ぜひPCHAN-TAXIにご相談ください。
P-CHAN TAXIでは、未経験から転職する方にも手厚くサポートすることをモットーに、タクシー業界への理解を深めてもらうところから丁寧にご説明します。
地方在住者の方でも電話面接などでのやり取りが可能なので、ぜひお気軽ご相談ください。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

タクシードライバーへの転職で後悔しやすいポイント


あらかじめタクシードライバーの辛い部分を理解しておくことで、転職後に後悔してしまうリスクを軽減できます。
そこで以下では、タクシードライバーへの転職で公開しやすいポイントをまとめました。これから転職を検討している人は、事前に確認しておくことをおすすめします。

1.体に負担がかかる

タクシードライバーはその業務の特性上、体への負担が大きいです。その理由は大きく分けて3つあります。

睡眠時間が不規則になる

体に負担がかかる一つ目の理由は、「睡眠時間が不規則になる」ことです。
タクシードライバーが効率良く売上を作るには、単価が高く公共交通機関のない夜の営業が必要不可欠です。売上をあげようと必死に頑張る人ほど夜勤や隔日勤務を続けてしまい、結果的に生活リズムが崩れやすい傾向にあります。
長くタクシードライバーとして働くためには、体調管理と売上管理をうまく両立させなければいけません。

外食やコンビニでの食事が多く、栄養管理が大変

タクシードライバーに転職すると、約20時間もの間ほとんど連続で車を運転することになります。そのため、ファーストフード店やコンビニ弁当で食事を済ませることが多くなり、健康を保つための栄養管理が難しいです。
「外食せずに自分で作ればいい」と、休みの日にお弁当やご飯を作り置きする人もいますが、長時間労働のため体力的に難しいという人もいます。体を壊さないために自制して栄養管理ができるかどうかも、タクシードライバーに求められるスキルの一つと言えるでしょう。

座っている時間が長い

長時間運転するということは、座っている時間が長いということです。その影響で腰痛や痔を悪化させてしまうドライバーも多いです。
こうしたトラブルを回避するためには、適度な運動を行い筋肉をほぐしてあげたり、括約筋と呼ばれるお尻周辺の筋肉を鍛える必要があります。したがってタクシードライバーになるには、長時間座っていても体を壊さないような体調管理ができるかどうかも重要です。

2.お客様への対応でストレスがかかりやすい

タクシードライバーは「サービス業」「接客業」とも言えます。お客様とのコミュニケーションが必要不可欠な仕事なので、お客様とのやりとりでストレスを感じることもしばしばあります。

お客様との会話でストレスがかかる人もいる

そもそも接客業が苦手な人は、お客様との他愛もないコミュニケーションを取ること自体にストレスを感じてしまうでしょう。

直接クレームを言われることがある

サービス業には、些細なことにも文句を言う「クレーマー」と呼ばれる人がどこにでも一定数存在します。タクシードライバーとして仕事をしていると、そういったクレーマーを乗せてしまい、理不尽なクレームを言われることもあるでしょう。
もちろん、サービスに問題があった場合には正当なクレームを受ける場合もあります。タクシードライバーの場合は形式上1対1でサービスを提供しているため、問題があった場合は会社を通さず、お客様から直接クレームを受けることもしばしばあります。
クレームを言われることに耐性がないと、ストレスに感じることは間違いありません。

お客様とトラブルが生じることがある

タクシードライバーとして働いていると、クレームとは別のトラブルにも遭遇します。
例えば、酔っぱらったお客様を乗せたは良いが泥酔していて目的地に到着しても目を覚まさず、運賃を支払ってもらえないといったトラブルはよくあります。

3.営業しないと給料が減る(給料が歩合制)

一般的にタクシードライバーは給料が歩合制です。そのため、営業日数を減らせばその分だけ確実に給料が減ります。
もちろん、会社勤めのタクシードライバーの場合は有給が付与されているため、有給を使えば過去の売上から算出した一定の金額分だけ給料がもらえます。しかし、個人タクシーを営む場合は有給が存在せず、休んだ分だけ給料が減るため気を抜くことができません。

4.ずっと1人での仕事 / 仕事が単純

タクシードライバーは休憩時間を除いて、基本的に勤務中は1人で仕事をします。一般的な会社に勤めていれば、ちょっとしたスキマ時間に同僚と楽しい雑談を交わすことができますが、タクシードライバーにはその時間がありません。
また、業務内容は常に「タクシーの運転」と「お客様への接客」のみです。それ以上でもそれ以下でもありません。したがって、毎日の仕事に刺激はほとんどないため、単純な業務が苦手な方にタクシードライバーの仕事は苦痛かもしれません。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

タクシードライバーへの転職で後悔しないために確認すべきこと


先述した通り、タクシードライバーの仕事も決して楽ではありません。転職したことを後悔
しないように、以下の内容は事前に確認しておきましょう。

タクシードライバーへ転職する目的を確認する

まず、「なぜタクシードライバーに転職するのか」という目的を明確にしましょう。この目的を見失ったりブレたりすると、タクシードライバーとして働く理由が分からなくなり、後悔する原因となります。
・運転で稼げる職業に就く
・他にやりたいことを見つけるまでの繋ぎ
・将来的に個人タクシーを経営する
人それぞれ目的は違います。しかしどんな目的であれ、タクシードライバーになることが目的達成のために必要なのであれば、転職して後悔する可能性は低いでしょう。
一方で、目的達成のための手段として「タクシードライバーへの転職」が特に必要ではない場合、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性が高いです。
必ず、タクシードライバーに転職する目的は明確にしておきましょう。

入社する会社の福利厚生や給与形態を確認する

日本にタクシー会社は数多くありますが、会社によって福利厚生や給与形態は大きく異なります。

福利厚生

タクシー会社によって、福利厚生の充実度や種類はさまざまです。
福利厚生の例としては、休憩室など社員が利用できる施設が充実しているか、転職に伴い引っ越しをする場合に寮の提供はあるのか、子どもがいる職員への手当などがあります。
働きやすい労働環境が整っていればそれだけ長く働けるため、福利厚生のチェックは重要です。
またタクシー会社を選ぶ際は、タクシー運転手に必須の「普通第二種運転免許取得のための補助の有無」も確認しておくと良いでしょう。

給与形態

タクシー会社の給与形態は、A型賃金、B型賃金、AB型賃金に分類されます。
・A型賃金:基本給に歩合給と賞与が加わる形態。最低限の給与が保証される。
・B型賃金:完全歩合制。
・AB型賃金:基本給に歩合給と賞与が加わるA型とB型の中間形態。
A型賃金は、基本給がしっかりとあるため、売上をあまり上げられなかった場合も安心して勤務できます。
それに対しB型賃金は、月間売上×歩合率という計算式によって給与が決まるのが特徴であり、完全成功報酬型の給与形態になります。
AB型賃金は、A型賃金とB型賃金の中間の形態であり、多くのタクシー会社はこの方式でフレキシブルに給与を算出しています。
転職先のタクシー会社では、どの給与形態を取り入れているか入社前に確認する必要があります。
▶タクシードライバーの平均年収・給料は?歩合制の仕組みや転職を成功させるポイントを伝授

どれくらいの勤務でどれくらいの給与になるのかの予測を立てる

本記事の冒頭で「タクシードライバーは労働時間が長い」「体への負担が大きい」などのデメリットを紹介しましたが、人それぞれ感じ方は異なります。
「月収50万円もらえるなら1ヶ月の労働時間が200時間を超えてもいい」と考える人もいれば、「月収30万円でいいから1ヶ月の労働時間は160時間以内にしたい」と考える人もいます。
したがって、まずは理想の給与を自分の中で決めて、その給与をもらうためにはどれくらいの勤務が必要なのかをあらかじめ試算しておきましょう。そうすることで転職後にマイナスのギャップを感じるリスクを減らせるでしょう。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

タクシードライバーへの転職で後悔しない人の特徴

それでは、どのような人がタクシードライバーへの転職が向いているのでしょうか?タクシードライバーを天職として活躍している人の特徴を紹介します。

人とのコミュニケーションがストレスにならない

お客様とのコミュニケーションがストレスにならない人、もっといえばコミュニケーションを楽しめる人は、タクシードライバーへの適性があるといえるでしょう。

長時間の車の運転が苦ではない

タクシードライバーは、長時間の車の運転が苦にならないことが最低条件です。お客様を乗せていないときは一人で運転することになりますが、その時間を楽しめる人は特に向いています。
例えば、一人で運転をしながら街の様子を観察して、「あ、今日はあそこでイベントがあるな」「この時間はあのエリアは入らない方がいいな」などと考えることを楽しめる方は適性があります。
そのように普段から何気ない情報を入手しておくことで、より効率的な運転ルートが案内できるようになったり、それによって多くのお客様の信頼を得て感謝されたり、達成感も感じられるようになります。

自由な時間をより多く確保したい

タクシードライバーは勤務体制が隔日であることが多く、仕事の日と休みの日が明確です。
そのため、無給の休日出勤をする必要はなく、子供の誕生日や両親の還暦祝いなど、大切な行事がある際にしっかりと休みを取ることができます。
当然サービス残業をする必要もないので、家族や友人との時間を大切にでき、プライベートの生活を十分楽しむことができることも、タクシードライバーの良さといえるでしょう。
▶意外と自由時間が多い!? タクシードライバーの勤務事情

夜勤や長時間の勤務に耐えられる

タクシードライバーとして効率的に売上を上げようとする場合、積極的に夜勤をする必要があります。また、収入をできるだけ安定させるため、どうしても1日の勤務時間が長くなりがちです。
したがって、そういった勤務状況でも楽しみながら仕事ができる人はタクシードライバーに向いているといえるでしょう。

後悔しないタクシー会社選びをしたい方は?

後悔しないタクシー会社選びを実現したい方は、ぜひPCHAN-TAXIにご相談ください。
タクシードライバーは未経験から活躍でき、やりがいを持って自分らしく働ける職業です。そんな魅力的なタクシードライバーへの転職について、創業50年以上の信頼を持つP-CHAN TAXIが採用をサポートします。
P-CHAN TAXIでは、未経験から転職する方にも手厚くサポートすることをモットーに、タクシー業界への理解を深めてもらうところから丁寧にご説明します。
また、年収600万円以上が可能な求人のみを厳選してご紹介しているので、昇給がしやすく、努力が評価されやすい職場が見つかりやすいのが特徴です。地方在住者の方でも電話面接などでのやり取りが可能なので、ぜひお気軽ご相談ください。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる
この記事を書いた人

木村

木村

車の運転好きで、次の転職先はタクシー会社と決めている程、タクシーの仕事をこよなく愛しています!広島カープファン。ワイン検定ブロンズクラス合格。

  • 0

  • 0

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!