東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

後悔しないタクシー転職!会社の選び方と相談する前に確認しておくポイント

2020年05月19日 豆知識


「タクシー業界への転職を考えているけれども、会社の選び方が分からない…」という方のために、会社の選び方や選ぶためのコツについて紹介します。

タクシー運転手になるにあたって、準備不足の状態で入社すると、入社後に後悔してしまうケースは多々あります。

入社後、後悔しないためには、会社を十分に調べてから入社することが大切です。

自分に合ったタクシー会社を選ぶのがおすすめ

入社後に後悔しないために

転職後、新しい生活リズムに変わることに不安がある方もいるのではないでしょうか。

特にタクシーの場合、夜間に利用する人や、また、長時間や長距離タクシーに乗る人もいます。

こういった利用者のために、タクシー運転手は、夜勤や隔日勤務といった勤務形態で、勤務する必要があります。

 

しかし、前職で日勤の仕事をしていた人にとっては、急に生活リズムが変わるため、体が慣れず体調を崩したり、体力がもたなかったりすることがあるかもしれません。

そこで、自分が希望する勤務形態で働けるのか等を事前にチェックしておく必要があり、入社する前からタクシー会社を慎重に選ぶ必要があります。

優良な会社選びをするには

タクシー業界というと、誰もが知っているような大手タクシー会社から、観光地などにあるご当地タクシーなど、会社の特徴や規模は様々です。

そんな中で、自分に合ったタクシー会社を選ぶために情報収集が必要ですが、どのような方法があるのでしょうか。

 

転職サイトを利用して情報収集する

オススメは、タクシー乗務員の転職に特化した雑誌・WEBサイトで、情報収集する方法です。

タクシー会社の求人情報にはそれぞれの会社ごとの情報が豊富に記載されているため、企業選びの際に必要な情報が効率的に手に入ります。

さらに、タクシー業界に詳しくない方も労働時間や業務体系について、基本的な知識を身につけることができます。

 

会社説明会で質問をする

ある程度の規模のタクシー会社では、独自に会社説明会を開催している場合があります。

説明会では、質問をする機会もあるため、求人情報では分からなかったことや、自分が気になっていることなどを質問することができます。

さらに、会社の雰囲気や実際に働いているドライバーの働き方なども知ることができます。

実際に、その会社で働いている人から得られる情報は非常に貴重かつ、正確な情報となります。

 

公共職業安定所で転職をサポートしてもらう

公共職業安定所でも自分の希望に合ったタクシー会社を紹介してもらうことが可能です。

就業までのサポートはもちろんですが、面接対策やキャリアカウンセリングもしてもらえます。

 

無料でタクシードライバ-の転職相談をする

後悔しないタクシー会社の選び方

タクシー会社を選ぶ際に、勤務形態・給与形態・福利厚生が重要なポイントとなります。

会社選びの際、注意する点について、それぞれお伝えします。

勤務形態で選ぶ

業務を行う上で、勤務形態は非常に重要です。

勤務形態によって、生活リズムが大きく変化する人もいます。

タクシー運転手の勤務体系は、昼日勤、夜日勤、隔日勤の3つに分類されます。

それぞれの形態によって、勤務時間や客層などが異なります。

 

  • 昼日勤:一般的なサラリーマンと同様、日中のみ働く形態のこと。
  • 夜日勤:夜間に働く形態。終電を逃して帰宅する顧客層がメイン。
  • 隔日勤務:昼日勤と夜日勤を、通しで行う形態。勤務時間は長いが、休息時間がその分長く勤務の翌日は明け休という休日を取得するため、2日連続で勤務するということがありません。

 

このように、勤務形態によって全く働き方が異なります。

自分に合った働き方ができる企業を選ぶ必要があります。

給与形態で選ぶ

給与形態は、A型賃金、B型賃金、AB型賃金に分類されます。

 

  • A型賃金:基本給に歩合給と賞与が加わる形態。最低限の給与が保証される。
  • B型賃金:完全歩合制。
  • AB型賃金:基本給に歩合給と賞与が加わるA型とB型の中間形態。

 

A型賃金は、基本給がしっかりとあるため、売上をあまりあげられなかった場合も安心して勤務できます。

それに対し、B型賃金は、月間売上×歩合率という計算式によって給与が決まることが特徴であり、これは、完全成功報酬型の給与形態です。

AB型賃金は、A型賃金とB型賃金の中間の形態であり、多くのタクシー会社はこの方式でフレキシブルに給与を算出しています。

以上、どの給与形態を取り入れているかを入社前に確認する必要があります。

 

福利厚生で選ぶ

福利厚生は、会社選びでも特に重要です。

休憩室など社員が利用できる施設の充実度や転職に伴い引っ越しをする方は寮の有無といった物理的な面や、子どもがいる方への手当など様々な福利厚生を提供する会社があります。

働きやすい労働環境が整っていればそれだけ長く働けるため、福利厚生のチェックは重要です。

 

また、タクシー会社を選ぶ際は、福利厚生だけでなく、タクシー運転手に必須の普通第二種運転免許取得のための補助の有無なども確認しておくと良いでしょう。

 

大手か中小企業か?会社の規模を比較する

その会社がいわゆる大手なのか、中小企業なのか、また地域密着型のご当地系のタクシーなのかもポイントです。

会社の待遇も違えば、顧客層も異なります。

自分がどういった環境で働き、どういったお客様を乗せたいかを考えた上で、判断してみるといいでしょう。

優良なタクシー会社選びのための準備

実際にタクシーに乗車する

ある程度、行きたい会社を絞った場合には、実際に顧客としてタクシーに乗車することをオススメします。

雑誌やインターネットの情報をそのまま鵜呑みにするのは危険です。

実際にその会社のタクシーに乗車することで、タクシードライバーの接客スキルや営業方法などを知ることができます。

実際の勤務状況を見ることや、ドライバーのリアルな意見を聞くことは非常に重要です。

お金は掛かってしまいますが、将来の働きやすさへの投資と考えれば決して高くはないでしょう。

 

交通新聞で情報収集する

交通新聞とは、タクシーやハイヤー、鉄道、バスなどの交通機関について、行政や業界の動きを発信している専門誌のことです。

一般に公開されているため、タクシードライバーでなくても読むことができます。

業のタイアップや交通業界で起こった騒動など、交通業界に関するニュースを知ることができます。

情報収集の際は、個人の書いたまとめサイトより、交通新聞社の記事の方が正確な情報を得ることができ、これによって会社の将来性なども考慮することができます。

応募しようとしていた会社について、業界の流れに乗っているかどうか確かめることは今後、長く働く上で非常に重要なことです。

 

未経験でも働きたいイメージを持つことがポイント

どんな働き方をしたいかというイメージを持つことが、タクシードライバーを目指す上で非常に重要です。

このイメージを固めずに、やみくもに会社を探しても、納得のいく会社を見つけることは困難です。

タクシー業界に限らず、イメージを固めず、何となく選んで会社に入社するのは危険です。

転職で失敗する人の多くは、このイメージ像を固めていなかったことが要因です。

 

具体的には自分が大事にしたいポイントを良く考えた上でそれに沿った働き方ができる会社を見つけられれば納得感をもって働くことができます。

例えば、多く稼ぎたいがどうしてもこれだけの額は毎月必要という方は、完全歩合ではなく基本給の金額を基準に会社選びをするといったことも一つの手です。

 

まとめ

タクシー業界への転職をご検討の方は、ぜひPCHAN-TAXIにご相談ください。

タクシードライバーは未経験から活躍でき、やりがいを持って自分らしく働ける最高の選択肢です。

そんな魅力的なタクシードライバーへの転職について、創業50年以上の信頼を持つP-CHAN TAXIが採用をサポートいたします。

 

タクシードライバーは、隔日勤務の形態をはじめ、他の業界と働き方が異なることが特徴です。

弊社では、未経験から転職する方にも手厚くサポートすることをモットーに、タクシー業界への理解から丁寧にご説明します。

 

タクシードライバーに転職するかを悩んでいる方でも、どうぞお気軽にご連絡ください。

無料で相談に対応しているため、お気軽にご相談いただくことが可能です。

 

タクシー会社の転職をお考えの方へ

また、未経験ではなく、既にタクシードライバーとしてご活躍されている方にも同様に、タクシー会社の転職サービスをご提供しています。

P-CHAN TAXIでは、年収600万円以上が可能な求人のみを厳選してご紹介していますので、昇給がしやすく、努力が評価されやすい会社が多いのが特徴です。

また、地方在住者の転職実績多数あり、企業様とは電話面接などでのやり取りが可能です。

今以上の年収が欲しい方や、今の会社に不満がある場合でもお気軽ご相談ください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像