東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

後悔しないタクシー転職!会社の選び方と相談する前に確認しておくポイント

2020年05月19日 豆知識


「タクシー業界への転職を考えているけれども、会社の選び方が分からない…」という方のために、会社の選び方や選ぶためのコツについて紹介します。

タクシー運転手になるにあたって、準備不足の状態で入社すると、入社後に後悔してしまうケースは多々あります。

入社後、後悔しないためには、会社を十分に調べてから入社することが大切です。

Contents

タクシードライバー(運転手)の仕事とは?

まずはじめに、タクシードライバーの具体的な仕事内容や給与体系を解説します。業務理解を深めて、転職後の働き方を具体的にイメージできるようにしましょう。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容は、大きく分けて4つあります。

お客さんをピックアップして目的地に送り届けるタクシー業務に加え、VIP客を送迎するハイヤー、介護タクシー、運転代行の4つです。

今回は、タクシー業務をメインに解説していきます。

雇用形態は正社員が多い

介護タクシーや運転代行は契約社員も多いですが、タクシードライバーは正社員契約が主流です。

解雇されるリスクが低く、安心できるといえるでしょう。

勤務形態は大きく3つ

タクシードライバーの勤務形態は、大きく分けて3つあります。

「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」の3種類です。

日勤は早朝から夕方までの8時間、夜勤は夜から明け方までの8時間勤務します。
夜勤の時間帯は深夜料金で単価も高く、電車やバスなどの公共交通機関も動いていないため、夜勤の方が一般的には稼ぎやすいです。

日勤、夜勤はタクシー会社以外でも見られる形態ですが、3つ目の「隔日勤務」はタクシードライバーならではの働き方です。
隔日勤務は早朝から明け方までの約20時間程度を連続で勤務し、間で3時間ほど休憩を挟むといった勤務形態です。
連続勤務時間が長い代わりに、働くのも一日おきになり、月の出勤回数は12,13日程度になります。
一気に働きたい方、休日がたくさん欲しい方には向いている働き方です。

一日の流れは意外ときつい?

ここでは、隔日勤務をするタクシードライバーの、おおまかな一日の流れを紹介します。

7:00〜8:00 車両のチェックやアルコール検査を行い、出勤します。
12 :00〜1:00 午前中の勤務を終え、ランチ休憩をします。仮眠をとる人も多いです。
18:00〜19:00 午後の勤務を終え、夕食休憩。深夜の稼ぎ時に向けてしっかりと休息。
23:00〜26:00 他の交通機関が終了し、一番の稼ぎ時になります。
27:00〜 営業所に戻り、退社。

休憩は3時間とることが出来ますが、やはり早朝から深夜まで車に乗りっぱなしということを考えると、ある程度の体力は必要になってきます。

給料・年収

平均年収は高い?

全国ハイヤー・タクシー連合会調べによると、平成30年の全国男性タクシードライバーの平均年間給与は約348万円になります。

地域別に見ると、最も平均年収の高い東京都で約470万円となっています。

全国の男性の平均年収が400万円〜500万円ほどと考えると、決して高い水準とは言えません。

しかし、タクシードライバーの給与形態は通常の会社員と異なるので、一概には比較できません。

歩合給で稼げる

タクシードライバーの給与体系は、基本的には売上に対する歩合制です。

基本給は非常に少なく、それだけでは生活できません。

しかし、しっかりと売上を伸ばす工夫をしていれば、年齢やドライバー歴に関係なく年収800万円を超すこともできるのが、タクシードライバーの魅力といえます。

入社祝い金がもらえる企業も

タクシー業界は、他の業界と比べて入社祝い金を支給しているケースが多いです。

金額は会社によって異なりますが、20万円〜30万円程度が一般的です。

転職を機に引っ越しする場合などに、非常に助かる制度です。

タクシードライバーへ転職するメリット

ここまで、タクシードライバーの仕事の実情を解説してきました。

では、実際にタクシードライバーになるメリットとは、どんなものがあるのでしょうか。

未経験や女性でも転職しやすい

タクシードライバーは、他の業界と比べて未経験でも非常に転職しやすいです。

なぜならば、タクシードライバーは特別な技術が必要なく、また基本的にタクシー業界以外の人は第二種免許を持っているケースが少ないからです。

そのため、多くのタクシー会社が人材採用のため第二種免許取得補助制度を取り入れており、未経験者でも転職しやすくなっています。

また、最近では女性の採用に力を入れている会社も増加しており、女性のタクシードライバーも増えています。

年々増加中!? 女性がタクシードライバーに適している理由とは

定年が遅いため、長く働ける

タクシー会社にも定年が存在しますが、健康面や運転の技術面に問題がなければ、1年単位で契約を延長できる制度を設けている会社も多く、健康であれば65歳を過ぎても働くことが可能です。

高齢になってからタクシードライバーに転職をし、長く働くドライバーも多いです。

50代転職者に圧倒的人気の職種タクシードライバー

人間関係に悩まされにくい

タクシードライバーは、業務時間のほとんどを車の中で過ごします。

出勤時と退勤時を除いて、上司や同僚とほとんど関わる機会がありません。

また、お客さんとの接点はありますが、ほとんどが一度限りです。

このため、働く中で人間関係に悩まされたくない、という方には向いている職業であると言えます。

仕事の人間関係に疲れたらタクシー運転手になれ!?|タクシードライバーの実情

タクシードライバーに必要な免許を無料で取得できる

タクシードライバーになるために二種運転免許が必要であることは、タクシードライバーへの転職を考えられたことのある方はご存知のことと思います。

二種運転免許は、お客様を乗せて運賃を頂くためには必ず必要な免許です。

そこで気になるのは、免許を取得するにあたり、どのような条件を満たす必要があるのかということと、費用がどれくらいかかるのかということです。

二種免許を取得するための条件としては、以下の項目が挙げられます。

二種免許を取得するための条件

・21歳以上である。
・他の第二種免許を現に受けている、または、大型第一種免許、中型第一種免許、準中型免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のうちのいずれかを取得してから3年以上経過している(免許停止期間を除く)。
・適性試験(視力・色彩・深視力・聴力・運動量力)に合格している。

また、第二種免許の取得費用については全額負担してくれるタクシー会社が多く、無料で取得できる場合が多いです。

魅力的な給与体系

転職でタクシードライバーを選ぶ魅力は、なんといっても途中入社でも理想の収入を得ることができるということです。

タクシー会社は、基本給プラス歩合制という給料体系となっているところが多くあります。

歩合制ということは、工夫次第で平均年収を大きく上回ることもできるということです。

また、入社後半年は月収保証制度のあるタクシー会社なども存在し、安定した収入を得ながらタクシードライバーとしての業務に慣れていくこともできます。

タクシードライバーの平均年収・給料は?歩合制の仕組みや転職を成功させるポイントを伝授

自分のペースで働ける

転職を考える際にかなりの割合で気になるのが職場の人間関係ではないでしょうか。

タクシードライバーはお客様が乗っていないときは基本的に一人です。

タクシードライバーの最大のメリットは就業時間中に上司や同僚と一緒ではないということだと言えます。

そのため、自分のペースでコツコツと仕事をしたいという方にはとても向いている職業です。

サービス残業が存在しない

タクシードライバーは給料体系が歩合であるため、売上が上がらなければ収入も上がらないことでの不安があるかと思われます。

しかし、実際に働き始めると、お客様から頂いた運賃がそのまま歩合に反映されるため、無給の休日出勤やサービス残業がないということです。

つまり働いたのに給料が支払われないという事への悩みやストレスを抱える必要がなくなります。

働いたら働いた分だけ収入になるのが、タクシードライバーという仕事の魅力だと言えるでしょう。

タクシードライバーへ転職するデメリット

未経験でも転職しやすく、人間関係に悩むことも少ないタクシードライバーですが、もちろんデメリットも存在します。

お客さんとのトラブルがある

たくさんのお客さんをタクシーに乗せていると、お金を払おうとしないお客さんや、泥酔したお客さんにも遭遇します。

こうしたお客さんと遭遇したときに、冷静に対処する能力が求められます。

どうしてもトラブルを避けたい場合は、酔っぱらったお客さんが多い夜を避け、日勤のみで働けるタクシー会社を探すと良いでしょう。

身体的な負荷がかかる

タクシードライバーとして売上を上げるには、単価が高く公共交通機関のない夜が有効です。

しかし、そのために夜勤や隔日勤務を続けることで生活リズムが崩れ、体調を壊してしまうリスクも存在します。

そもそも、20時間ほとんど連続で車を運転するには、相当な体力が必要です。

腰痛や痔を悪化させてしまうドライバーも多いそうです。

夜型の生活に移行できる適応力と、長時間運転を続ける体力が要求されます。

交通事故のリスクがある

ずっと車を運転していれば、それだけ交通事故にあうリスクは高まります。

保険に入っていたとしても、お客さんや自分自身を殺めてしまうような大事故を起こせば、取り返しのつかないことになりかねません。

長時間しっかりと注意に気を配った安全運転を行う集中力が求められます。

タクシードライバーに向いている人とは?

タクシードライバーには、様々なメリット・デメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。

では、タクシードライバーに向いている人とは、一体どんな人なのでしょうか。

自動車の運転が好きな人

タクシードライバーの業務のほとんどは、車の運転です。

お客さんの行き先によっては知らない道に出たり、遠くまで運転したりすることも多々あります。

そうした状況を楽しめる、ドライブ好きな人は非常にタクシードライバーの適性が高いと言えるでしょう。

地理が好きな人

前述の通り、タクシードライバーの業務のほとんどは運転です。

特に一人で運転している場合、退屈に感じる人がほとんどかと思います。

しかし、「こんな場所にこれがあるんだ」「ここを抜けるとこの道に出るんだ」という風に地理を楽しめる人であれば、非常にタクシードライバーの適性があると言えます。

コミュニケーション能力が高い人

タクシードライバーは、一日に何組、時には何十組のお客さんとコミュニケーションをとらなければなりません。

このとき、お客さんとの話を盛り上げる「会話力」、疲れているお客さんを寝かしてあげるような「気配り」など、総合的なコミュニケーション能力が求められます。

初対面の人とのコミュニケーションが得意な方、人に好かれやすい方には、非常にオススメの職業です。

タクシードライバーとしての成功体験

休みの日の楽しみが仕事につながった

一般的な職業とは異なり、勤務体制として隔日出勤を採用している会社が多く、一日に働く時間が長い分、一般の職業よりも休める日が多くなっています。

そのため、休みを利用して行きたいと思っていたイベントや講演にも参加でき、家族や友人との時間も持つことができます。

また、休日に出かけた際に、普段タクシードライバーとして走行しているエリアを歩いてみることで、お客様がタクシーを利用する感覚を理解することができ、結果的に売上向上に繋げることができます。

このように、自分自身の工夫により実績が上がることも、タクシードライバーならではの醍醐味と言えるでしょう。

お客様からの感謝の言葉がやりがいになった

時間帯によって走らせる場所を変えたり、お客様のご要望に沿って最短で到着できるルートをご提案したり、日々工夫を重ねていると「このタクシーに乗れてよかった」というお言葉を頂くこともあります。

そのため、タクシードライバーならではのやりがいとして、自分がした努力が自分に返ってくるということが言えるでしょう。

運転が好きなことを活かせた

タクシードライバーは、車の運転が好きという方には向いている職業です。

お客様を乗せていないときは一人で運転ができるため、運転をしながら街の様子を観察すると、自然と「あ、今日はあそこでイベントがあるな」「この時間はあのエリアは入らないほうがいいな」ということが分かってきます。

そうすることで、より効率的な運転ができるようになり、また多くのお客様を乗せることに繋がり、達成感も感じられるようになります。

そのため、運転が好きな方であれば、自分の好きなことを活かせる職業であると言えるでしょう。

家族と過ごす時間を作ることができた

タクシードライバーは、勤務体制が隔日であることが多く、仕事の日と休みの日が明確です。

そのため、無給の休日出勤をする必要はなく、子供の誕生日や両親の還暦の祝いなど、大切な行事がある際に、しっかりと休みを取ることができます。

家族や友人との時間を大切にでき、今の生活を十分楽しむことができるようになることも、サービス残業がなく、休みを隔日に取れるタクシードライバーの良さだと思います。

ここまではタクシードライバーになってよかったこと、魅力やメリットをお伝えしてきました。

しかし、初めから全てが上手くいく訳ではありません。

それどころか「向いていないんじゃないか」と悩んだ経験を持つ方も多いです。

ここからは、タクシードライバーとして働く中での失敗体験を紹介していきます。

意外と自由時間が多い!? タクシードライバーの勤務事情

タクシードライバーとしての失敗体験

新人の時は道が分からず、苦労した

タクシードライバーと聞くと、道をよく知っていると思われがちです。

とくに新人のときには道をよく知らない場所を目的地として指定されたらどうしようと思うことが多いです。

地理がわからない場所でぐるぐる回ってしまったときには「普段より高すぎる」とクレームを頂くこともあります。

しかし、タクシーに乗り慣れているお客様の「ベスト」なルートを全て記憶することは新人にとっては簡単なことではありません。

失敗をしないように注意することは必要ですが、そのことばかりに気をとられているよりも、目的地に着くまでに、どれだけお客様に快適に過ごして頂くかを考えることで解決できます。

どうやって覚える?新人タクシードライバーのための道の覚え方
何がダメなのか? 稼げないタクシー運転手の4つの特徴

失敗体験から学んだ2つの大切なこと

道が分からないという体験から学んだ2つのこととして、1つは、“謙虚であること”です。

当たり前のようですが、タクシードライバーなら道を知っていて当然という雰囲気に合わせて、ついつい“知ったかぶり”をしてしまうことは多く、失敗につながります。

道が分からなくても知ったかぶりをするのではなく、謙虚に丁寧に道順をお伺いすることで、却ってお客様に好感を持って頂くことができます。

大切なことの2つ目は、“早めのお声掛け”です。

お客様にご指摘頂く前に「まだ真っすぐで大丈夫でしょうか?」「次の信号を右でよろしいでしょうか?」と早め早めにお声かけをすることで、行き過ぎてしまう失敗を防ぐことができるようになります。

お客様に気持ちよくご乗車して頂くことを意識し、誠実な対応を心がけることで失敗は少なくなります。

自分に合ったタクシー会社を選ぶのがおすすめ

入社後に後悔しないために

転職後、新しい生活リズムに変わることに不安がある方もいるのではないでしょうか。

特にタクシーの場合、夜間に利用する人や、また、長時間や長距離タクシーに乗る人もいます。

こういった利用者のために、タクシー運転手は、夜勤や隔日勤務といった勤務形態で、勤務する必要があります。

しかし、前職で日勤の仕事をしていた人にとっては、急に生活リズムが変わるため、体が慣れず体調を崩したり、体力がもたなかったりすることがあるかもしれません。

そこで、自分が希望する勤務形態で働けるのか等を事前にチェックしておく必要があり、入社する前からタクシー会社を慎重に選ぶ必要があります。

優良な会社選びをするには

タクシー業界というと、誰もが知っているような大手タクシー会社から、観光地などにあるご当地タクシーなど、会社の特徴や規模は様々です。

そんな中で、自分に合ったタクシー会社を選ぶために情報収集が必要ですが、どのような方法があるのでしょうか。

転職サイトを利用して情報収集する

オススメは、タクシー乗務員の転職に特化した雑誌・WEBサイトで、情報収集する方法です。

タクシー会社の求人情報にはそれぞれの会社ごとの情報が豊富に記載されているため、企業選びの際に必要な情報が効率的に手に入ります。

さらに、タクシー業界に詳しくない方も労働時間や業務体系について、基本的な知識を身につけることができます。

会社説明会で質問をする

ある程度の規模のタクシー会社では、独自に会社説明会を開催している場合があります。

説明会では、質問をする機会もあるため、求人情報では分からなかったことや、自分が気になっていることなどを質問することができます。

さらに、会社の雰囲気や実際に働いているドライバーの働き方なども知ることができます。

実際に、その会社で働いている人から得られる情報は非常に貴重かつ、正確な情報となります。

公共職業安定所で転職をサポートしてもらう

公共職業安定所でも自分の希望に合ったタクシー会社を紹介してもらうことが可能です。

就業までのサポートはもちろんですが、面接対策やキャリアカウンセリングもしてもらえます。

▶意外と自由時間が多い!? タクシードライバーの勤務事情
▶だから今後も続ける! タクシー運転手のやりがい3つ
▶転職サイトか転職エージェント、タクシーの転職はどっちがいい?

後悔しないタクシー会社の選び方

タクシー会社を選ぶ際に、勤務形態・給与形態・福利厚生が重要なポイントとなります。

会社選びの際、注意する点について、それぞれお伝えします。

勤務形態で選ぶ

業務を行う上で、勤務形態は非常に重要です。

勤務形態によって、生活リズムが大きく変化する人もいます。

先述の通り、タクシー運転手の勤務体系は、昼日勤、夜日勤、隔日勤の3つに分類されます。自分に合った働き方ができる企業を選ぶ必要があります。

日勤? 隔日勤務? タクシードライバーの働き方とそれぞれのメリット

給与形態で選ぶ

給与形態は、A型賃金、B型賃金、AB型賃金に分類されます。

・A型賃金:基本給に歩合給と賞与が加わる形態。最低限の給与が保証される。
・B型賃金:完全歩合制。
・AB型賃金:基本給に歩合給と賞与が加わるA型とB型の中間形態。

A型賃金は、基本給がしっかりとあるため、売上をあまりあげられなかった場合も安心して勤務できます。

それに対し、B型賃金は、月間売上×歩合率という計算式によって給与が決まることが特徴であり、これは、完全成功報酬型の給与形態です。

AB型賃金は、A型賃金とB型賃金の中間の形態であり、多くのタクシー会社はこの方式でフレキシブルに給与を算出しています。

以上、どの給与形態を取り入れているかを入社前に確認する必要があります。

歩合制にも種類がある! 意外と知らないタクシー運転手の給与形態

福利厚生で選ぶ

福利厚生は、会社選びで特に重要です。

休憩室など社員が利用できる施設の充実度や転職に伴い引っ越しをする方は寮の有無といった物理的な面や、子どもがいる方への手当など様々な福利厚生を提供する会社があります。

働きやすい労働環境が整っていればそれだけ長く働けるため、福利厚生のチェックは重要です。

また、タクシー会社を選ぶ際は、福利厚生だけでなく、タクシー運転手に必須の普通第二種運転免許取得のための補助の有無なども確認しておくと良いでしょう。

大手か中小企業か?会社の規模を比較する

その会社がいわゆる大手なのか、中小企業なのか、また地域密着型のご当地系のタクシーなのかもポイントです。

会社の待遇も違えば、顧客層も異なります。

自分がどういった環境で働き、どういったお客様を乗せたいかを考えた上で、判断してみるといいでしょう。

優良なタクシー会社選びのための準備

実際にタクシーに乗車する

ある程度、行きたい会社を絞った場合には、実際に顧客としてタクシーに乗車することをオススメします。

雑誌やインターネットの情報をそのまま鵜呑みにするのは危険です。

実際にその会社のタクシーに乗車することで、タクシードライバーの接客スキルや営業方法などを知ることができます。

実際の勤務状況を見ることや、ドライバーのリアルな意見を聞くことは非常に重要です。

お金は掛かってしまいますが、将来の働きやすさへの投資と考えれば決して高くはないでしょう。

交通新聞で情報収集する

交通新聞とは、タクシーやハイヤー、鉄道、バスなどの交通機関について、行政や業界の動きを発信している専門誌のことです。

一般に公開されているため、タクシードライバーでなくても読むことができます。

業のタイアップや交通業界で起こった騒動など、交通業界に関するニュースを知ることができます。

情報収集の際は、個人の書いたまとめサイトより、交通新聞社の記事の方が正確な情報を得ることができ、これによって会社の将来性なども考慮することができます。

応募しようとしていた会社について、業界の流れに乗っているかどうか確かめることは今後、長く働く上で非常に重要なことです。

未経験でもタクシードライバーに転職して働くイメージを持つことがポイント

どんな働き方をしたいかというイメージを持つことが、タクシードライバーを目指す上で非常に重要です。

このイメージを固めずに、やみくもに会社を探しても、納得のいく会社を見つけることは困難です。

タクシー業界に限らず、イメージを固めず、何となく選んで会社に入社するのは危険です。

転職で失敗する人の多くは、このイメージ像を固めていなかったことが要因です。

具体的には自分が大事にしたいポイントを良く考えた上でそれに沿った働き方ができる会社を見つけられれば納得感をもって働くことができます。

例えば、多く稼ぎたいがどうしてもこれだけの額は毎月必要という方は、完全歩合ではなく基本給の金額を基準に会社選びをするといったことも一つの手です。

タクシー会社の転職をお考えの方へ

タクシー業界への転職をご検討の方は、ぜひPCHAN-TAXIにご相談ください。

タクシードライバーは未経験から活躍でき、やりがいを持って自分らしく働ける最高の選択肢です。

そんな魅力的なタクシードライバーへの転職について、創業50年以上の信頼を持つP-CHAN TAXIが採用をサポートいたします。

タクシードライバーは、隔日勤務の形態をはじめ、他の業界と働き方が異なることが特徴です。

弊社では、未経験から転職する方にも手厚くサポートすることをモットーに、タクシー業界への理解から丁寧にご説明します。

タクシードライバーに転職するかを悩んでいる方でも、どうぞお気軽にご連絡ください。

無料で相談に対応しているため、お気軽にご相談いただくことが可能です。

また、未経験ではなく、既にタクシードライバーとしてご活躍されている方にも同様に、タクシー会社の転職サービスをご提供しています。

P-CHAN TAXIでは、年収600万円以上が可能な求人のみを厳選してご紹介していますので、昇給がしやすく、努力が評価されやすい会社が多いのが特徴です。

また、地方在住者の転職実績多数あり、企業様とは電話面接などでのやり取りが可能です。

今以上の年収が欲しい方や、今の会社に不満がある場合でもお気軽ご相談ください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像