メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

タクシー運転手はきつい?つらい人や楽だと思う人がいる理由

2020年08月08日

  • 0

  • 0

タクシー運転手はきつい?つらい人や楽だと思う人がいる理由
これからタクシー業界に転職を考えている人は、タクシー業界の仕事がきついのか楽なのか知っておきたいですよね。
実際に働いている人の声を聞くと「つらいから辞めたい」という人もいれば「楽だからずっと続けたい」という人もいます。
そこで今回はタクシー運転手がきつい・楽と言われる理由を解説していきます。

※タクシー運転手がきつい、つらいと感じたら、職場が合っていないことも考えらえます。自分に合ったタクシー会社を探すことで、ストレスの大部分は解決するかもしれません。
他のタクシー会社の求人を見てみたい方は、タクシー業界専門の求人サイトであるP-CHAN TAXにぜひご登録ください。
これまでP-CHAN TAXを利用して転職した人の退職者はゼロなので、満足できる会社に入れた人の割合が多いことも分かります。登録料や利用料は無料なので、気になる方はぜひご登録ください。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

タクシー運転手がきつい・つらいと言われる理由


まずはタクシー運転手がきついと言われる理由を解説します。

勤務時間が長い

タクシー運転手は1日15〜20時間勤務するのが当たり前です。拘束時間が長く、勤務日はほとんど自由な時間が取れません。
また歩合制ということもあり、長時間勤務をして稼がなければならない、という実態もあります。
体力がある若い人なら、乗り切れるかもしれませんが、歳を取ってくると体力的にも精神的にもきつくなってくるでしょう。そのため、帰ったら寝るだけという人が多いです。
自由時間や家族との時間を取りづらい面があるので、きついと感じてしまうのかもしれません。

給料が安い人もいる

タクシー会社のほとんどが歩合制を導入しています。稼げる人もいますが、稼げずに低収入である人の方が多いです。その結果、長時間勤務をして疲れてしまう、という負のループに入ってしまいます。
また歩合制は、休んだら休んだ分だけ給料が少なくなるため、生活に苦しんでいる人も少なくありません。
そして中には、低賃金で長時間労働をさせる会社もあります。このことから、タクシー業界全体で、給料の水準が低くなっているのです。

理不尽な乗客にストレスが溜まる

タクシー運転手はドライバーと接客業を合わせ持つ職種です。
そのため、理不尽な乗客への対応は日常茶飯事です。泥酔して戻しそうな人や爆睡して起きない人、見下してくる人など、体力的にも精神的にもきつい仕事です。
1日に何十人も対応していると、理不尽な乗客を避けることはできません。またタクシー強盗や暴力事件に巻き込まれる可能性もあります。
こういった理由から、ストレスが溜まりきついと感じてしまうタクシー運転手が多いのです。

事件や事故のリスクがある

タクシー運転手は一日中運転をする職業柄、事件や事故に巻き込まれるリスクがつきまといます。
どんなに安全運転をしていても、相手のマナーが悪いと事故の被害者になってしまうこともあります。最悪の場合、加害者にもなりかねないので、細心の注意を払う必要があります。
また給料が安いが故に、長時間勤務をし理不尽な乗客の対応をしていると、体力や精神力を消耗してしまいます。その結果、運転に集中できず、事故を起こしてしまうのです。
もちろん、違反をした場合の罰金は自己負担なので、解雇された上にお金を支払うという、二重苦にもなりかねません。こういったリスクを伴うことから、きついと感じてしまうのです。
安全運転も大切ですが、労働環境の見直しも検討し、事故のリスクを最小限に抑えることが大切です。
【関連記事】
タクシードライバーを辞めたいと感じる原因と対策!続かない理由とは?

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

タクシー運転手が楽だと言われる理由


続いてタクシー運転手が楽だと言われる理由を解説します。きついと感じている人と、どんな違いがあるのかチェックしてみてください。

人間関係の悩みがない

タクシー運転手はひとりで業務にあたるため、人間関係で悩むことはありません。上司や部下と一緒に仕事をしなくてもいいので、気楽に仕事ができます。
アドラーの心理学でも「すべての悩みは対人関係の悩みである」と言われるように、ストレスの原因は人間関係からきているものがほとんどです。

  • 勤務時間の長いことへの悩み
  • 理不尽な乗客への対応
  • 事件や事故のリスク

タクシー運転手が感じる代表的なストレスには以上のようなものがありますが、これらを突き詰めれば、全て人間関係の悩みが原因です。
そのためタクシー業界に転職してくる人の中には「人間関係が嫌になった」「ひとりで気楽に働きたい」という人も少なくありません。
ただしタクシー運転手同士の絡みや、会社での朝礼や勤務後の会話は必要になるため、多少の人間関係は避けられません。とはいえ短時間なので、人間関係で悩みたくない人にはおすすめの職業です。

二種免許を取得していればすぐに働ける

タクシー運転手は車でお客様を送迎するお仕事なので、二種免許を取得していればすぐにでも即戦力として働くことができます。
日常的に車を運転している人であれば、運転に関して問題なく行えるでしょう。特に、運転が好きな人にとっては天職かもしれません。
タクシー運転手の中には「慣れたら何も考えずに仕事ができる」という人もいます。
力仕事というわけでもなく、冷房や暖房もきいている車内で過ごすことが多いので、快適な仕事と感じる人が多いのです。

意外と休日が多い

タクシー運転手は長時間労働できついという声もありますが、その分、休日が多い職業でもあります。
主流の働き方は「隔日勤務」で、1日働いたら1日休みというものであり、月の半分が休日になる計算です。
1日の労働時間が長くてきついという人もいますが、「慣れたら楽」「休みが充実している」という声もあり、働き方に満足している人も多いです。
仕事の日は自由な時間がありませんが、1日行けば次の日は必ず休日なので、気持ち的には楽かもしれません。自由な時間を過ごしたり、家族や友人と遊ぶ機会も増えるでしょう。

歩合制なら自分のペースで働ける

タクシー運転手は歩合制なので、自分で働くペースを決めることができます。ガッツリ稼ぎたい時はフル稼働し、疲れている時はコンビニやスーパーの駐車場でゆっくりしてもいいわけです。
中にはシフト自由という会社もあるので、プライベートを充実させたい人は、シフト制のタクシー会社に転職するのもありでしょう。
ただし働いていない時間は給料が発生しないので、サボりすぎはよくありません。働く時間と休む時間のオンオフと決め、効率良く稼ぐことが大切です。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

タクシー運転手には向き不向きがある

ここまで読んでもらうと分かるように、タクシー運転手には向き不向きがあります。タクシー運転手はきつい、つらいと感じる方がいる一方、楽だと感じる方もいます。
そのため自分が向いているのか、向いていないのか見極める必要があります。
向いている人の特徴としては、以下の通りです。

  • 特別なビジネススキルに自信がない人
  • 自分のペースで働きたい人
  • 休日が多い方がいい人

向いていない人の特徴としては、以下の通りです。

  • 効率良く考えて稼ぐのが苦手な人
  • 事件や事故のリスクを負いたくない人
  • 長時間勤務が嫌な人

それぞれの特徴を理解し、タクシー運転手になるか決めてみてください。

タクシー運転手がきつい・つらいときは職場を変えるのもアリ


タクシー運転手がきつい、つらいと感じたら、職場が合っていないことも考えらえます。自分に合ったタクシー会社を探すことで、ストレスの大部分は解決するかもしれません。
また、未経験の方でも最初から自分にあったタクシー会社を選ぶことで、ストレスなく腰を据えて働くことが可能になります。
自分に合うタクシー会社を探してみてはいかがでしょうか。
他のタクシー会社の求人を見てみたい方は、タクシー業界専門の求人サイトであるP-CHAN TAXにぜひご登録ください。

  • 年収600万円以上可能な求人のみ
  • 厳選されたタクシー求人
  • 退職者ゼロの実績

などの強みがあり、業界に精通したコンサルタントが求職者を手厚くサポートします。
これまでP-CHAN TAXを利用して転職した人の退職者はゼロなので、満足できる会社に入れた人の割合が多いことも分かります。登録料や利用料は無料なので、気になる方はぜひご登録ください。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる
この記事を書いた人

  • 0

  • 0

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!