東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

タクシードライバーを辞めたいと感じる原因と対策!続かない理由とは?

2020年08月08日 働き方


タクシードライバーは人の入れ替わりが激しい業界です。続けやすいという人もいれば、すぐにでも辞めたいという人もいます。

接客業でもあるタクシードライバーは、日々ストレスを感じながら仕事をしているのです。

そこで今回は、タクシードライバーが辞めたいと感じる理由とその対策について解説をしていきたいと思います。

タクシードライバーを辞めたいと感じる理由

タクシードライバーを辞めたいと思いながら働いている人は多いです。まずはタクシードライバーが辞めたいと感じる理由をまとめてみました。

人によっては給料が低い

タクシー会社は、歩合制を導入しているところがほとんどです。

稼げる人もいますが、中には稼げない人もいます。特に歩合給が低い職場の場合、朝から晩まで働いて一般のサラリーマンより低い給料になることもあります。

また歩合制は、働けば働くだけ給料が増える一方で、休んでしまうとなかなか給料が増えないため、働き方次第では満足のいく給料をもらえないケースがあります。

長時間労働で自由時間が少ない

タクシードライバーは歩合制のため、稼ぐために長時間労働や昼夜逆転生活になる人がいます。朝から深夜まで働いて、家に帰ったら寝るだけという生活をしているのです。

多くの人が飲みに行ったり遊びに行ったりするときが稼ぎどきなので、家族や友人と過ごす時間も限られてきます。それに加え、自分の自由な時間も取れず、ストレスが溜まってしまいます。

仮に遊べたとしても、勤務前日はお酒を控えなければなりません。心の底からリフレッシュできないため、お酒が好きな人にとってはストレスがたまる職業と言えるでしょう。

乗客から理不尽な扱いをされることがある

タクシーに乗車するお客さんは、優しい人ばかりではありません。泥酔している人や見下す人、暴言を吐く人など、理不尽な扱いをされることがあります。

そのため、体力や精神力をすり減らしながら、働いているタクシードライバーも多いです。1日に何十人も乗せていると、理不尽な乗客を避けることはできないです。

ひどいときは、運転席を蹴って暴力をふるう人や、泥酔して嘔吐する人の対応をすることもあります。精神的にまいってしまい、タクシードライバーを辞めてしまう人もいます。

違反や事故と隣り合わせの世界

タクシードライバーは、一日中運転をしている職業柄もあり、事件や事故に巻き込まれる確率が高い職業です。

どんなに安全運転をしていても、交通マナーの悪い人に出会えば、事故の被害者になることもあります。最悪の場合は、タクシードライバーが加害者として訴えられるリスクも考えられます。

事件や事故を起こせば解雇にする会社もあるので、神経をすり減らしながら仕事をしなければなりません。

また交通違反をすれば罰金は自腹です。点数がなくなってドライバーを引退する可能性もあります。

実車率を高める

収入を上げるためには、実車率を意識して業務を行いましょう。

実車率とは「走行距離に対してお客さんを乗せて走った距離」を算出したものです。この実車率を高めることで、収入アップにつながります。

歩合制であるタクシードライバーは、お客さんを乗せて走らない時間を極限まで減らす努力をしてください。

  • お客さんを降ろしたらすぐに乗ってくれるような場所に移動する
  • 長距離移動するお客さんが多い場所を狙う
  • 上記2つを組み合わせて効率良く実車率を高める

など、工夫できる点はいくらでもあります。

また効率良く稼げば、長時間労働も減り、自由な時間が得られるというメリットもあります。なんとなく働くのではなく、目標を持って業務にあたってみてはいかがでしょうか。

効率を上げシフトをうまく活用する

タクシードライバーは「長時間労働」というイメージがあります。

しかし先ほど解説した「実車率」を上げれば、効率良く稼げます。朝から晩まで働く必要がなくなり、自由な時間も増えるでしょう。

また、シフトが自由な会社や融通が利く会社に転職するのもありです。シフト内で効率良く稼げれば、家族や友人と予定も合わせやすいかと思います。

実力がある人なら、独立して個人タクシーを始めるのもいいでしょう。働く時間を選べるため、さらに自由度が増します。

あらゆる乗客トラブルを想定しておく

タクシードライバーは接客業でもあるため、さまざまなトラブルを想定し、対処できるように備えましょう。

泥酔した人や暴言を吐く人、眠ってしまう人など、迷惑なトラブル別にに対処法を考えておけば、ストレスも最小限に抑えられます。トラブルも流れ作業になり、徐々に苦痛も減っていきます。

そもそも接客業なので「理不尽な乗客がいるのは当たり前のこと」という心構えをしておくことが大切です。

安全運転を心がけ長時間労働は避ける

当たり前のことですが、タクシードライバーは安全運転が第一です。安全運転をしていれば、交通事故を未然に防げますし、事件に巻き込まれる確率も下がります。

また長時間労働による疲労から、思わぬ事故を引き起こすケースもあります。そのため疲れたときは、決して無理はせずに休息を取ることが大切です。

そして長時間労働を避けるには、効率良く稼ぐことを意識しましょう。結局は実車率を上げることが、健全に働けるコツということです。

安全運転も大切ですが、働き方を改善することも考えてみてください。

【関連記事】
タクシー運転手はきつい?つらい人や楽だと思う人がいる理由

自分に合ったタクシー会社を選びが重要

タクシードライバーと一言で言っても、タクシー会社によって働き方や条件、社風は様々です。自分に合ったタクシー会社に身を置くことが一番ストレスなく働ける方法かもしれません。

また、未経験の方でも最初から自分にあったタクシー会社を選ぶことで、長く勤めることが可能になります。長く勤めることが出来ればその分だけ、効率よく稼ぐことも可能になるかもしれません。

効率的に、そして長期的に働くためにも、自分にあったタクシー会社を選んでみてはいかがでしょうか。

他のタクシー会社の求人を見てみたい方は、ぜひP-CHAN TAXに登録してください。タクシー業界に特化した求人サイトで、業界に精通したコンサルタントがあなたに合った会社を選びます。

P-CHAN TAXは職場を変えたい多くのタクシードライバーの方に利用されており、

  • 年収600万円以上稼げる会社のみを紹介
  • 厳選されたタクシー求人のみを紹介
  • 退職者ゼロの実績

と手厚いサポートを提供しています。

P-CHAN TAXを利用して転職をした人の退職者はゼロであり、それだけ求職者は待遇が良くホワイトな会社に入れています。登録料や利用料は無料なので、気になる方はぜひ登録してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像