メニュー

0120-981-461

受付時間:9時〜19時 ※平日のみ

日本交通株式会社の評判や採用について!倍率や厳しさは?

2022年04月05日

  • 0

  • 0

nihontotsu1

日本交通株式会社は、設立から100年に迫る老舗の大企業であり、タクシー会社の中でも売上高はNo.1を獲得しています。

タクシー乗務員を目指す際、一度は日本交通株式会社で働きたいと思った方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、日本交通株式会社の採用事情や募集職種、倍率などを解説します。

また、日本交通株式会社で働くのがおすすめな方の特徴や、未経験の方でも働けるのかについてご紹介しますので、日本交通株式会社で働きたい方はぜひ参考にしてください。

【関連記事】
【2022年度完全版】東京でタクシー運転手へ転職する時の選び方。大手・準大手8社を徹底比較!おすすめタクシー求人サイトもご紹介!

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

新卒~中途まで積極的に人材を採用中

日本交通株式会社は、2021年5月期での売上高が、58,110百万円、業務提携会社も含めると80,818百万円であり、紛れもなく日本のタクシー会社の中で最大手です。

そのため、お客様の数も非常に多いため、必然的にタクシーの乗務員も継続的に募集する必要があります。

2022年以降も継続して採用を続けることから、日本交通株式会社で働きたい方は、まずは一度説明会に参加したり、直接応募をしたりすることから始めてみましょう。

日本交通株式会社の募集職種

日本交通株式会社では、下記の職種が募集されています。

・タクシー乗務員
・ハイヤー乗務員
・整備士

それぞれ順番に見ていきましょう。

タクシー乗務員

日本交通株式会社では、タクシー乗務員の募集も強化されています。

入社した方には、入社祝い金として20万円が支給されることに加えて、研修期間中でも安定した日給が支払われます。

また、実際に未経験からタクシー乗務員として入社した方の割合も90%を超えており、都内の地理に詳しくなかったり、運転技術に不安が残ったりする方でも安心です。

日本交通株式会社のブランドを活かして働けるため、配属後も安定して高い収入を得られるでしょう。

参考:▶日本交通の求人情報一覧

ハイヤー乗務員

ハイヤーとは、法人個人問わず、国産高級車でお客様を運送する仕事のことです。

法人であれば、重要なクライアントの送迎や会合への送迎、個人であれば冠婚葬祭時などに利用するケースが多くなっています。

ハイヤーの場合、タクシーのように待ちの時間が基本的に発生せず、すべてがお客様手動で動くため、時間が不規則になる傾向にあります。

ただし、その分だけ給与に反映されるため、タクシー乗務員以上に高収入を得たい方におすすめです。

整備士

日本交通株式会社では、整備士の募集も行われています。

整備士とは、日本交通株式会社のタクシーやハイヤーなどが安全に走行できるよう、点検や整備を行う仕事です。

まずは一般整備士として採用され、キャリアを積んだ後に整備管理者や、運行管理者へと昇進する流れになっています。

また、整備士として採用された後に他の部署に異動することはないため、整備の仕事に長く携わりたい方におすすめです。

新卒

ここまで、ハイヤー乗務員や整備士などの職種をご紹介してきましたが、これらはすべて中途採用のみならず、新卒採用も強化されています。

やはり、タクシー業界で勤務する方も40代以上の割合が増えてきたこともあり、新卒として若い世代を採用したいニーズが高まってきています。

そのため、大企業でブランド力のある日本交通株式会社だからといって、年齢が若いことによる理由で採用されないことはありません。

年齢に関わらず、少しでも日本交通株式会社で働きたい方は、積極的に応募してみると良いでしょう。

日本交通株式会社は女性も活躍している

タクシー乗務員やハイヤー乗務員と言えば、男性が働く仕事というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

たしかに、事実として男性が働く割合の多い仕事であることに間違いはありません。

ただし、日本交通株式会社は、女性のタクシー乗務員も活躍している会社です。

昨今は、外国人の方の観光客や、妊婦さんなどのお客様も多いため、お客様からしても女性のタクシー乗務員を求める声が大きくなっています。

また、日本交通株式会社には女性向けの施設や柔軟な働き方を提供しているため、他のタクシー会社以上に、女性が働きやすい職場だと言えるでしょう。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

日本交通株式会社の採用は厳しい?

nihonkotsu2

ここまで、日本交通株式会社の採用や特徴について解説をしてきました。

そこで、大企業の日本交通株式会社だからこそ、採用が厳しいのではないかと不安に感じる方は多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、日本交通株式会社だからといって、特段採用が厳しいわけではありません。

採用として求める基準は、他のタクシー会社と比較しても大差ないと言えるでしょう。

ただし、やはり日本で最も大きいタクシー会社であるため、なぜ日本交通株式会社で働きたいのかや、入社後に描いている未来などは質問されると思っておいたほうが良いでしょう。

ただ単に、母体が大きい会社だからという理由で応募すると落ちる可能性も高くなるため、日本交通株式会社で働きたい明確な理由を持って臨むことを推奨します。

日本交通株式会社の倍率はどのくらい?

日本交通株式会社の、明確な採用倍率は公開されていません。

ただし、マイナビ2022の募集データを参考にすると、採用人数は301名〜となっています。
※新卒、卒業後3年以内の第二新卒が対象

そのため、採用倍率はそれほど高くないことが分かります。

また、日本交通株式会社自体が非常に大きい会社であるため、採用人数も他の会社と比較して非常に多いことが伺えます。

それらを踏まえると、採用倍率を気にするのであれば、むしろ日本交通株式会社に応募してみてはいかがでしょうか。

参考:▶日本交通の求人情報一覧

日本交通株式会社で働くのがおすすめな方の特徴

nihonkotsu3

ここまで、日本交通株式会社の求人の特徴などを解説してきました。

ここからは、日本交通株式会社で働くのがおすすめな下記3つの方の特徴をご説明します。

・女性のタクシー乗務員として働きたい方
・サークル活動等も楽しみたい方
・二種免許の取得費用を全額負担してもらいたい方

それぞれ順番にご紹介します。

女性のタクシー乗務員として活躍したい方

まずは、女性のタクシー乗務員として活躍したい方です。

日本交通株式会社は女性のタクシー乗務員の採用も強化しているため、応募をすれば採用してもらえる可能性も高いです。

実際に、陣痛タクシーと呼ばれる妊婦さん向けのタクシーサービスも展開しており、女性ドライバーのニーズは非常に高まっています。

子供との時間を確保したり、柔軟なライフワークバランスを実現できる環境も整っていたりするため、女性のタクシー乗務員として活躍したい方は、日本交通株式会社への就職を検討してみると良いでしょう。

サークル活動等も楽しみたい方

日本交通株式会社では、サークル活動も行われています。

サッカー、野球、スキー、ハイキング、写真、その他多くのサークル活動が定期的に開催されています。

やはり、企業に勤めるのであれば、ただ単に仕事をするのみならず、周りの仲間との交友関係もより深めたいと感じる方も多いのではないでしょうか。

サークル活動が行われているタクシー会社に勤務したい方も、日本交通株式会社に応募してみましょう。

二種免許の取得費用を全額負担してもらいたい方

タクシー乗務員として働くためには、通常の第一種免許に加えて、第二種免許の取得も必要です。

また、東京などの一部地域では、地理試験に合格する必要があります。

日本交通株式会社では、これらの第二種免許の取得や地理試験に関して、費用を全額負担してもらえるメリットがあります。

また、当然ながらこれらの取得に関する研修も行われているため、試験に合格する可能性も高められます。

取得費用を全額負担してもらい、同時に合格する可能性も高めたい方は、日本交通株式会社に応募してみてはいかがでしょうか。

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる

まとめ

本記事では、日本交通株式会社の採用の特徴などを解説しました。

日本交通株式会社は、日本のタクシー会社で売上No.1を誇る大企業であり、女性ドライバーを含め、多くの乗務員が活躍しています。

新卒、第二新卒、中途ともに採用が強化されているため、日本交通株式会社で働きたい方は積極的に応募してみてはいかがでしょうか。

タクシー転職に関しては、P-CHAN TAXIがおススメです。日本交通への応募や、その他会社への応募を検討中の方はぜひ登録してみてくださいね。

【関連記事】
【2022年度完全版】東京でタクシー運転手へ転職する時の選び方。大手・準大手8社を徹底比較!おすすめタクシー求人サイトもご紹介!

\専門コンサルタントに無料相談可能!/

無料相談してみる
この記事を書いた人

  • 0

  • 0

タクシー業界へ転職を
迷っている方・ご検討されている方
まずは気軽に相談してみよう!