東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

仕事が覚えられなくて辞めたい人向け!原因と今すぐできる6つの対処法!

2020年12月02日 働き方


仕事が覚えられないと悩んでいる人もいるでしょう。ミスや失敗が増えると、自信がなくなり仕事を辞めたいと感じてしまいます。

そこで今回は、仕事が覚えられない原因とその対策について解説をしていきます。仕事が覚えられないと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

仕事が覚えられない原因

まずは仕事が覚えられない原因を解説します。

仕事を始めて間もない

仕事を始めて間もないころは、覚えることも多く、努力しても覚えきれません。また業務の全体像を把握していないと仕事は円滑に進まず、目の前の業務に精一杯だとミスや失敗が増えます。

自分の能力が追いついていない状況だと、自信をなくし辞めたいと感じてしまいます。

会社の教育体制に問題がある

会社の教育体制の問題があり仕事が覚えられないこともあります。

  • マニュアルがない
  • 上司の教え方が雑
  • フォロー体制が整っていない

など会社の教育体制が整っていないと、どうやって仕事を覚えていいのか分かりません。

また上司は選べないため、教え方が下手な人に当たってしまうと、なかなか仕事が覚えられないでしょう。

長時間労働やパワハラが横行している

長時間労働やパワハラが横行している会社にいると、仕事の効率が下がってしまいます。残業が多いと、疲れが溜まり脳が上手く働きません。また上司からの圧で萎縮してしまいミスも増えます。

体力的にも精神的にも疲労が溜まり、なかなか仕事が覚えられません。結果的に自信をなくし、仕事を辞めたいと感じるようになります。

自分に合っていない仕事をしている

仕事が覚えられない人は、自分に合っていない仕事をしているだけかもしれません。例えば、話すのが苦手な人が営業職や接客業をしても苦痛に感じるでしょう。その結果、仕事の能率が下がり、業務が覚えられなくなります。

まずは自分の性格や特性を理解して、仕事が本当に合っているのか考える必要があります。

仕事が覚えられない人の特徴

仕事が覚えられない人の特徴を紹介します。

メモを取っていない

仕事を覚えられない人の多くがメモを取っていません。教えてもらっている時に頭で理解できていても、忘れることや次の業務で頭がいっぱいになってしまうこともあります。

すると、ひとりで仕事をする時にミスや失敗が増えます。また同じことを繰り返し聞いてしまい「なんでメモを取っていないんだ」と怒られてしまうでしょう。

分からないことをそのままにする

分からないこともそのままにして、仕事を覚えない人もいます。上司や先輩に説明を受けた後、分からない部分があったのに、同じ説明をしてもらうのが申し訳ない、怒られるのが怖くて聞けないなどの理由で、そのままにしてしまう人も多いです。

分かったフリをしていると、さらに聞きづらくなり、仕事が一向に覚えられません。結果的に仕事でミスをしてしまい、上司からの信頼も失ってしまいます。

優先順位をつけるのが苦手

仕事が覚えられない人は優先順位をつけるのが苦手です。仕事には緊急のものから後回しでいいものまでさまざまです。しかし仕事が覚えられない人は、重要な仕事は後回しにして、小さな仕事の手順を覚えてしまうことがあります。

業務の全体像が把握できていない可能性が高いため、まずは何から覚えるべきなのか考えた方がいいでしょう。

自分の能力に自信がない

自分の能力に自信が持てず仕事が上手くいかない人もいます。「自分はダメな人間だ」「何も覚えられない」と感じていると、思考停止になり仕事が覚えられません。

また自信がない人は言い訳ばかりになります。覚えられない自分を正当化しようとして、逃げてばかりの人生になってしまいます。

その結果、さらに自信をなくし仕事を辞めたいを思ってしまうでしょう。

コミュニケーション不足

コミュニケーション不足が原因で仕事が覚えられない人も多いです。

コミュニケーションが不足すると、

  • ミスを指摘してもらえない
  • 上司に質問できない
  • 分からないまま進めてしまう

と悪循環を産んでしまいます。

その結果、塞ぎ込んでしまい、さらにコミュニケーションが取れなくなるでしょう。

仕事が覚えられない時の対処法6つ

それでは仕事が覚えられない時の対処法をまとめて紹介します。

メモを取る

仕事が覚えられない人は、まずメモを取ることを習慣化しましょう。メモを取っていれば同じことを繰り返し聞くことも減り、後から振り返りもできます。

人間は全てを記憶することはできないため、どんなに些細なことでもメモしておくことが大切です。

またメモは精神的な安定にもつながります。メモを取った上で分からないことは上司に聞きやすく、忘れてしまう不安からも解放されます。メモは仕事終わりにまとめておき、仕事に活かしていきましょう。

分からないことはすぐに聞く

分からないことがあればすぐに聞きましょう。もちろんメモをした上で聞けるのがベストです。

分からないことをそのままにしておくと、あとで重大なミスにつながる可能性があります。

上司に質問をして怒られるかもしれませんが、あとでミスをするよりはマシです。そこでメモを取り理解できれば、仕事が覚えられないという不安からも解消されるでしょう。

自発的にコミュニケーションを取る

自分からコミュニケーションを取ると仕事が円滑に進みます。

自分から挨拶や会話をする癖をつけることで、

  • 気軽に質問できるようになる
  • 周りから気にかけてもらえる
  • ミスをしてもフォローしてもらえる

と職場に良い循環が生まれます。

特に仕事が覚えられない人は聞くことを躊躇してしまいがちなので、気軽に聞ける環境を作ることも大切です。

仕事ができる人にアドバイスをもらう

仕事が覚えられないと悩んでいる人は、仕事ができる人にアドバイスをもらいましょう。自分なりの努力をしていても、実は非効率な方法だったり、方向性が間違っていたりすることもあります。

仕事ができる人にやり方を教えてもらえば、効率の良い仕事の仕方が覚えられるようになるだけでなく、気軽に質問しやすい環境を作れるでしょう。

勉強をする

仕事に関する勉強をするのもおすすめです。最初は仕事が覚えられなくても、知識がついてくると仕事の全体像が把握できるようになり、成果に直結します。

仕事に関わる資格の勉強やメモの整理など、できることから始めてみてください。

転職をする

どんなに努力をしても仕事が覚えられない場合は、仕事が向いていない可能性があります。
そんな時は、自分に合った仕事への転職を考えてみましょう。

まずは自己分析をして、自分にどんな特性があるのか、どんな職種が向いているのか客観的に分析することをおすすめします。

仕事を辞めた後に最適なキャリアは?

最後に仕事を辞めた後におすすめのキャリアを紹介します。

自分の興味のある職種で働く

自分の興味のある職種なら積極的に仕事が覚えられます。企業側も意欲がある人材を求めているため、自分の気持ちをアピールしましょう。

ただし20〜30代なら未経験でも採用されやすいですが、40代以降になると即戦力が求められているため、スキルを身につけておくことも大切です。

仕事内容がシンプルな職種で働く

自分の能力の問題で仕事が覚えられないなら、仕事内容がシンプルな職種を選びましょう。

覚えることが少ない職種ならミスをミスことも減り、ストレスフリーで働けます。

仕事内容が覚えやすい職種としては、

  • タクシードライバー
  • トラック運転手
  • 警備員

などが挙げられます。

中でもタクシードライバーは給料も良く働きやすいと評判です。

タクシードライバーは、乗客を乗せて目的地まで運ぶというシンプルな仕事内容なので、覚える業務も多くありません。

また基本的にひとりで仕事をするため、人間関係で悩むことも少ないでしょう。

P-CHAN TAXでは、未経験でも転職できるタクシー求人を500社以上も掲載しています。ワークライフバランスの整った働きやすい会社を厳選していますので、興味のある人はぜひご登録ください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像