東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

タクシー運転手が制服を着るのはなぜ?着用時のルールや注意点を解説

2020年08月08日 業界知識


タクシー運転手を見ると、多くの人が制服を着ています。しかし、なぜタクシー運転手が制服を着ているのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はタクシー運転手が制服を着ている理由や制服の特徴、着用するメリット・デメリットを解説します。

タクシー運転手が制服やブレザーを着ている理由

現在、ほとんどのタクシー会社で制服を採用しています。個人タクシーであってもブレザーで正装している人が多いです。それでは、なぜタクシー運転手が制服やブレザーを着るようになったのでしょうか?

理由は諸説ありますが、

  • 信頼感や清潔感を与えるため
  • 業界のイメージアップ
  • 冠婚葬祭での利用者の増加

などが挙げられます。

乗客としてもタクシー運転手に清潔感があった方が気持ちがよく、信頼ができます。

また昔は冠婚葬祭のハイヤーが利用されていましたが、台数が少なく、狭い場所に入れないことからタクシーの利用数も増加しました。

そのためタクシードライバーも正装をするようになったと言われています。

最初は東京や大阪などの都市部のみで制服を採用していましたが、徐々に地方にも浸透し、現在ではほとんどのタクシー会社で制服が採用されています。

やはりイメージアップのためにも、タクシー会社として制服の着用は必要と言えるでしょう。

タクシー運転手の制服の特徴

タクシー運転手の制服は「スーツスタイル」が一般的です。女性もスーツスタイルで、スカートでもOKという会社もあります。

最近はクールビズを採用したり、シャツの色が自由になったりと、柔軟に対応する会社も増えてきました。

中には制服の着用義務がなく、「モラルの範囲内であればOK」という会社もあります。しかし乗客からの視線を考え、スーツスタイルで接客をしている人がほとんどです。

また多くの会社で制服が貸与されます。ただし中には有償レンタルする会社や給料から天引きする会社もあるため、入社前に確認をしておいた方がいいでしょう。

タクシー運転手が制服を着るメリット

最近では、タクシー運転手のほとんどが制服を着ています。制服を着るメリットは大きいため、ほとんどの会社で制服が採用されています。

そこでタクシー運転手が制服を着るメリットをまとめてみました。

仕事着代が節約になる

多くの会社では制服を無償貸与しています。そのためスーツを購入したり、買い替えたりする必要がありません。制服が古くなったら交換もしてくれるので経済的です。

一般的なサラリーマンや工場勤務などの方の場合、仕事着はなにかとお金がかかりがちですが、タクシー運転手になればお金の節約になります。

そのためタクシー会社を選ぶ時は、制服を無償貸与してくれるところを探すといいでしょう。

仲間意識が生まれる

同じ制服を着用することで仲間意識が生まれます。仕事中に同僚とすれ違えば、手を挙げて挨拶をし、同じ会社に所属していることに誇りを持てるでしょう。

そして制服を着ることで、仕事へ意識が向きやすくなります。私服から制服に着替えるという行為は、仕事モードに切り替えるに最適です。

また制服を着ていれば、悪いことができなくなるというメリットもあります。自分にとっても会社にとってもメリットは大きいです。

仕事着を選ばなくてよい

制服がない職場だと、毎日コーディネートを考えなければなりません。制服があれば悩む必要がなく、朝の時間を有効活用できます。またファッションセンスがない人にとっては非常に助かる制度です。

ラフな格好で通勤できる

制服は会社で着替えることがほとんどなので、通勤時の服装は自由という会社が多いです。

常識の範囲内にはなりますが、動きやすいジャージやパーカーにジーンズといったファッションでも問題はありません。

もちろん会社に入っていく姿を見られることも考慮して、イメージが悪くならない程度の服装を心がけてください。

タクシー運転手が制服を着るデメリット

制服のメリットは大きいですが、デメリットも存在します。そこでタクシー運転手が制服を着るデメリットもまとめてみました。

着替える必要がある

私服であればすぐに業務を開始できますが、制服だと会社に到着してわざわざ着替えなければなりません。

そのため早めに出勤して、制服に着替える時間を確保しておく必要があります。また退社後も私服に着替える必要があるため、退社時間が少し遅くなることもあるでしょう。

ただし服を選ぶ時間が短縮できる、というメリットも考慮すれば、着替えも面倒にはならないと思います。

行動が制限される

制服を着ていると行動が制限されます。ランチや休憩をしていても、会社のマークが入った制服を着ていると、態度やマナーに注意しながら過ごさなければなりません。

中には制服から会社名を特定してクレームをいれる人もいるので、常に緊張感を保っておく必要があります。自分の行動が企業イメージにつながるので、気が休まらないという人も多いです。

動きづらい

スーツスタイルは動きづらいというデメリットがあります。スーツだと体の可動域が制限され、運転がしにくい場面もあるでしょう。

荷物を降ろすこともあり、スーツだと少し動きづらいです。またジャケットを着ている肩がはって、窮屈に感じてしまいます。

スーツが動きづらいという人は、会社にサイズを上げてもらうか、ストレッチスーツを着用するなど工夫をしてみてください。

タクシー会社から制服の指定がない場合はどうする?

会社によっては制服の支給がない場合もあります。しかし会社からはきちんとした身なりを要求されるので、スーツの着用は暗黙の了解となっています。

制服に迷っている場合は、タクシーの制服専門のネットショップもあるので、ぜひ利用してみてください。

タクシー運転手は身だしなみを意識しておかないと、売り上げに影響します。常にきれいな制服を着用することが大切なので、ヨレヨレになったスーツは着ないようにしましょう。

また自分で制服を用意するのはコストがかかります。定期的にスーツやシャツ、靴を買い替えなければならず、年間数十万円の維持費がかかってきます。

そのため制服の無償貸与がある会社に入社する方が経済的です。制服を購入したり、手入れをしたりする手間も省けるので、意識して会社を選んでみましょう。

制服があるタクシー会社を探すには?

P-CHAN TAXでは、500社以上あるタクシー会社からあなたに合った求人をご紹介します。制服の無償貸与はもちろんのこと、福利厚生や研修制度、給与面など細かい部分までこだわって探せます。

また業界に精通した厚労省認可コンサルタントが転職をサポートしてくれるため、P-CHAN TAXを利用して転職した方の退職者はゼロです。

登録料や利用料は一切かかりませんので、タクシー業界への転職や就職を考えている方は、ぜひ活用してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像