東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

退職は電話のみでもOK?仕事を辞めるときの電話での言い方や注意点を徹底解説!

2020年11月06日 働き方


退職は電話のみでもOK?仕事を辞めるときの電話での言い方や注意点を徹底解説!

「退職したいけど面と向かって伝えられる自信がない」「面と向かって退職を伝えると怒鳴られそうで怖い」など、対面で退職の意思表明ができずに悩まれている人は少なくありません。そういった人は、対面以外の方法として電話で退職の意思を伝えてみてはいかがでしょうか。

本稿では、電話のみで退職する上手な方法やその注意点を徹底的に解説します。

退職連絡は電話だけでOK?

基本的には電話だけで退職連絡をするのはNGです。ただし、やむを得ない事情がある場合は許可されるでしょう。

退職連絡は通常、「直属の上司」に対して「2人きりになれる場所」にて「直接口頭で」行います。さらにその後「退職届を提出する」ことが望ましいとされています。この流れがいわゆる退職時のマナーです。

したがって、このマナーを無視して退職連絡を電話だけで済ませるのは「よっぽどの理由」がなければ許容されないと覚えておきましょう。

これまでお世話になった会社や上司に対して誠意や感謝を伝え、退職後も良好な関係を築きたいと考えているのであれば、なおさら電話での連絡は避けるべきです。

退職連絡を電話で済ませて良いケースとは?

それではどのような場合なら、電話での退職連絡でも受け入れてもらえる可能性が高いのでしょうか。代表的なシチュエーションを3つご紹介します。

ケース①:出社できないほどの体調不良

長期入院が必要な怪我をしてしまったり、完治時期が予想できない精神的な病気(うつ病など)を患ってしまったりした場合は、出社が困難になるため電話での連絡となっても仕方ありません。事情を説明すれば許容してもらえることでしょう。

ケース②:ハラスメントを受けている

職場でパワハラやセクハラなどの被害にあっている場合は、電話での退職連絡でもやむを得ないと言えるでしょう。

パワハラやセクハラが原因で、恐怖で会社に行けなくなったと伝えれば問題ありません。直属の上司から被害を受けていて、電話することも恐怖を感じる場合は、直接人事に電話しましょう。

ケース③:家族の介護

家族が倒れ、急遽実家に戻り介護を余儀なくされるケースです。介護レベルにもよりますが、重度の場合は介護対象から離れることができなくなるため、電話での退職連絡を行っても了承してもらえるでしょう。

退職連絡を電話で済ませる場合の心構え

先述の通り、電話のみで退職するのは一般的ではありません。したがって、普通よりも退職するための心構えが必要です。

円満退職できない覚悟をしておく

電話だけで退職連絡を行うということは、引継ぎができないまま退職となるケースがほとんどでしょう。

しかし、従業員の退職時に会社側が最も困るのは「引き継ぎをしないこと」です。同じ部署内の社員に業務が引き継がれないことによって、さまざまな弊害を被ることになります。

そのため、どれだけ理由に正当性があったとしても、電話でのいきなりの転職を快く思わない人は一定数いると心得ておきましょう。

マナー違反であることを心得ておく

一般的には、直属の上司に面と向かって退職の報告を入れ、後任の担当者に業務引き継ぎを行い、退職日に社内外の関係者に退職の挨拶をするのが退職時のマナーです。

電話による退職連絡は退職時のマナーから逸脱した行為にあたるため、会社に対して失礼な行いをしているという自覚を持っておきましょう。

次に転職する際も「電話で退職連絡すればいいや」などと思っていると、あなたを信頼してくれる人がどんどん減っていってしまいます。

退職を電話で伝える際のコツ|言い方や適切な時間帯

電話で退職連絡をするのはマナー違反にあたるため、それなりの伝え方をしなければ、ただただ相手に不快感を与えてしまいます。ここで紹介することをきちんと理解し、スムーズに退職ができるよう心がけましょう。

直属の上司に電話する

電話先の相手は、「直属の上司」を選ぶのが一般的です。パワハラやセクハラを受けているなど特別の理由がない限りは、直属の上司に退職連絡を行いましょう。

誤って直接人事に連絡した場合、「直属の上司は誰ですか?その人に連絡してください」と指示を受け、二度手間になってしまう可能性があります。

電話する時間帯に気をつける

メールであれば受信側の都合の良いタイミングで読んだり返信したりできますが、電話は電話が来たタイミングで強制的に時間を奪われます。したがって、電話をする時間帯には注意が必要です。

理想的な時間は、始業30分前または終業後〜1時間です。早朝や深夜は必ず避け、できる限り業務時間内も避けるようにしましょう。業務時間を避ける理由は、退職連絡はあくまでも自己都合であり業務外だからです。

マナーに反していることを詫びながら伝える

「電話でのご連絡となり大変恐縮ではございますが、こちらのお電話にて退職の意思表示をさせていただきたく存じます。」など、退職の意思表示を行う前に謝罪を必ず加えましょう。

お詫びの言葉を添えて伝えることで伝えられた上司は「本当にどうしようもない状況なんだな」と、あなたの状況に理解を示してくれるようになるでしょう。決して、電話での退職連絡が当たり前かのように伝えてはいけません。

退職理由を細かく伝えない

退職理由を伝える際には、理由を必要以上に細かく伝える必要はありません。

退職理由を細かく話してしまうと「こういう働き方なら退職する必要はないのではないか」などと引き止められたり、「社会人としての常識がない」などの叱責を受けたりとトラブルに発展する可能性があります。

そうしたトラブルを回避するためにも「一身上の都合」とだけ述べることをおすすめします。

通話は録音しておく

退職の意思表示は口頭でも法的な効力を持っており、雇用契約の解除が可能です。

しかし、退職届も提出せずに退職する場合は、退職の意思表示をしたという証拠が残らないため、後から「言った」「言ってない」といった水掛け論になるリスクがあります。退職の意思表示を行った証拠を残すためにも、通話は録音しておくようにしましょう。

退職後のキャリアに悩んでいる方は?

退職後のキャリアに悩んでいる方は、以下の手順でキャリアの方向性を定めてみてはいかがでしょうか。

① これまでの経験の棚卸し
② これからの理想の生き方を具体的にイメージ&言語化
③ ②を実現するために必要なキャリアパスを設計

特に重要なのは①と②です。転職する場合、これまでの経験をいかに魅力的に話せるか、転職する理由に筋が通っているかの2つがポイントになります。就職活動時代を思い出しながら、あらためて自己分析をしてみましょう。

①と②ができたら、転職エージェントに登録して今後のキャリアパスをエージェントと相談しながら設計していきましょう。

転職エージェントはこれまでの経験から、どの経験を持っている人がどんな企業から求められる傾向にあるのかを知っています。自分では全く想像していなかったような職種や業界に需要があることが分かるかもしれません。自分1人で考えるのではなく、積極的に転職エージェントを活用しましょう。

本メディア「P-CHAN TAXI」も転職エージェントの一つです。P-CHAN TAXIはタクシードライバーの転職支援に特化しており、書類選考通過率100%、退職者数ゼロの実績を誇っています。

「年収600万円以上」「土日休み」など、求職者の方の希望に幅広く応えられるほど求人情報も充実しているので、興味がある方はぜひ「無料相談」をご利用ください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像