東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

タクシードライバーの志望動機のポイントとは?例文付きで解説

2020年08月08日


タクシードライバーに就職または転職したいと思ったときに、頭を悩ませるのが志望動機ではないでしょうか。

履歴書や面接でどのように伝えればいいのかわからないという人もいることでしょう。今回は、タクシードライバーの志望動機のポイントを、例文付きで解説していきます。

タクシードライバーの志望動機のポイント

志望動機のポイントとしては、タクシードライバーになりたい理由やそのタクシー会社を選んだ理由を説明できるかどうかが挙げられます。

タクシードライバーを目指す理由

タクシードライバーは、当然ながら勤務中は常に安全運転でお客様を送迎しなければなりませんし、乗客との接客があります。

タクシードライバーになりたいと思った理由を説明できるようにしておきましょう。

また、タクシーでなければならない理由も考えておく必要があります。

「車を運転するのが好き」ならば宅配業界や運送業界もありますし、「お客様を送り届けたい」ならばバスという選択肢もあります。

類似の業界にはない魅力は何かという問いに対する答えを用意しておきましょう。

数ある乗り物の中でなぜタクシーを選んだのかを、きっかけとなった体験や前職の経験に基づいて考えていくと、自ずと浮かんでくることでしょう。

例文

「前職では宅配業界にてドライバーとして従事しており、仕事でもプライベートでも安全運転を心がけていました。その経験を活かしつつ、より人と関わる機会の多い仕事をしたいと思い、タクシー業界を志望しました。宅配業務で培った土地勘を活かし、お客様から信頼されるドライバーを目指します」

そのタクシー会社を選んだ理由

「なぜそこの会社なのか?」ということもアピールする必要があります。

タクシー会社側が最も気になる点と言っても過言ではないからです。ありきたりな回答をしてしまうと、「別に弊社以外でもいいですよね」と反論されてしまいます。

何を魅力を感じたのか、どこに共感したのかを考えていくと、説得力のある志望動機になります。

そのためには、会社のホームページや求人サイトなどで情報を集め、そのタクシー会社の経営理念や他のタクシー会社との違いを見つけておくことが大切です。

余裕があれば、面接を受ける会社のタクシーに乗客として乗ってみるのも良いでしょう。

そのうえで自分が共感した点があれば、それを伝えることでより強くアピールができることでしょう。

例文

「貴社の地域に根ざしたサービスを提供するという経営理念に共感し、志望しました。前職では長年にわたり接客業務に従事しており、コミュニケーション能力には自信があります。この能力を活かして地域のお客様との信頼関係を築いていきたいです。」

タクシードライバーの志望動機でアピールすべき能力と例文

タクシードライバーに求められる要素として、「安全運転ができる」「コミュニケーション能力がある」「健康面に問題がない」の3つが挙げられます。

安全運転ができる

タクシードライバーの使命は、お客様を目的地まで無事に送り届けることです。そのため、安全運転ができることは最も重要視されると言っても過言ではありません。

当然ですが、プライベートで交通ルールや周囲のドライバーへの気配りを無視した運転をするのが習慣になっている人が、業務のときだけ安全運転をしようとしても難しいです。

家族や友人を乗せて運転する機会が多い、ゴールド免許を持っているなど、普段から安全運転を心がけていることをアピールしましょう。

また、ブレーキの踏み方やハンドルの切り方などで丁寧さもアピールできるとなお良いです。

お客様を乗せて運転し、運賃をもらうには「第二種免許」が必要です。前職で取得していればそれだけで運転技術をアピールできます。

持っていない場合でも、入社後に取得させてもらえるので問題はありません。

例文

「私は日ごろから安全運転を心がけており、免許を取得して以来ゴールド免許を維持しています。業務の中でも安全運転はもちろん、丁寧な運転でお客様に快適な乗り心地を感じていただけるように努めていきたいです。」

コミュニケーション能力がある

お客様と円滑にコミュニケーションがとれることも、タクシードライバーにとっては大事な要素です。

接遇に至らない点があることでお客様が不満を抱き、トラブルに発展するケースもあるでしょう。

前職で接客の経験がある、人と接する活動をしていたなど、コミュニケーション能力や接客能力があることをアピールしましょう。

また、近年では外国人観光客が増えてきています。土地勘がないのはもちろん、言葉の通じない日本で移動する際、電車やバスよりもタクシーを選ぶ人が多いです。

そのため、外国人観光客の増加に伴い、お客様をタクシーに乗せる機会も増えることが予想されます。英語や中国語など、語学に関する資格や留学経験があれば、アピールの材料になることでしょう。

例文

「子供のころからボーイスカウトなどで人と接する機会が多かったので、初対面の人ともコミュニケーションを円滑にとれる自信があります。長時間の移動でもお客様に楽しんでいただけるような接客を心がけていきたいです。」

健康面に問題がない

タクシードライバーは長時間運転をするため、体力や集中力を必要とします。運転技術や接客能力が高くても、疲れによって質が落ちて事故やトラブルになる恐れもあります。

そのため、健康面に不安がないことも重要なアピールポイントです。スポーツの経験や体を動かす習慣があれば、良い印象を持ってもらえます。

また、タクシーを利用するお客様は多種多様です。ストレスが溜まって業務に支障をきたすことがあるかもしれません。そのようなストレス解消の手段としても、スポーツは有効です。

例文

「私は学生時代からサッカーをしており、体力には自信があります。長時間の業務になっても、安全に配慮した運転と真心を込めた接客を最後まで貫いていきたいです。」

タクシードライバーの志望動機を一緒に考えてもらいたい方は転職支援サービスがおすすめ

上記のポイントを頭ではわかっていても、実際に志望動機を考えてみると難しいという方も多いかと思います。そのような方には求人・転職支援サイトに登録するという手段があります。

通常のタクシー求人サイトは、どちらかといえば経験者のほうが利用しやすいです。

一方で、弊社サービスであるP-CHAN TAXIは未経験者向けのサイトとなっており、65歳までの人がサポートを受けられます。

特にコンサルタントの質の良さには定評があります。P-CHAN TAXIのコンサルタントは厚生労働省の認可を受けており、タクシー業界を熟知しています。

その情報力と人脈を駆使して、希望に基づいた求人情報を提供しています。

未経験でなかなか志望動機が思い浮かばない人も、コンサルタントのアドバイスによって説得力のある志望動機を考え出すことができます。

P-CHAN TAXIの利用者は書類選考を100%通過しており、サポートの質の高さを物語っています。

タクシー業界に興味がある方は、ぜひご登録してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像