工場勤務を辞めたい!きついと感じた時におすすめの職種を紹介! | P-CHAN TAXI

東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

工場勤務を辞めたい!きついと感じた時におすすめの職種を紹介!

2020年12月02日 働き方


工場で働いてみたけど自分には合わなかったと感じる人は少なくありません。AIやロボット技術の発展によって工場勤務の人の仕事がなくなるという話もあり、将来に不安を感じている人もいるでしょう。

そこで本稿では、工場勤務を辞めたい人に向けて、辞めるべき人の特徴とおすすめの職種を紹介していきます。

工場勤務を辞めたい!きついと言われる代表的な理由とは?

どのような理由で工場勤務を辞めたいと考える人が多いのでしょうか?代表的な理由をみてみましょう。

理由①:やりがいがない

工場での業務は他の職業と比べて非常に単調な作業を任されます。具体的には、同じ商品の同じ箇所を1日中チェックしたりシールを貼ったりする仕事などです。

仕事内容に大きな変化はなく、基本的に誰かと話をすることもなく、自分が手掛けた仕事を喜んでくれる人を目の前で見ることもできません。そのため、やりがいが感じにくく工場勤務を辞めたいと考えるようになる人が少なくありません。

理由②:単純作業に飽きた(苦手)

先ほどお伝えした通り、工場勤務の仕事は基本的に単純作業です。

単純な業務内容にも関わらず、決められた時間に決められた作業をしなければ工場内の生産工程がすべてストップすることもあります。

そのため、業務の大部分がマニュアル化されていて、作業にちょっとした変化やアクセントをつけて飽きない工夫をすることもできず、全く同じ仕事をひたすら続けなければならないことがあります。

飽きないための工夫すらできない環境では、単純作業に飽きてしまうのも仕方がないのかもしれません。

理由③:立ち作業がきつい

工場勤務では休憩時間以外はほとんど立ちっぱなしで作業をします。

作業内容が単純なので居眠りを防止する目的もあるようですが、やはり1日8時間以上も立っていると腰痛や腱痛を引き起こしやすくなります。

そのため、工場勤務の人の多くはそういった体の不調に悩まされることが多く、体力的な問題をきっかけに工場勤務を辞めることを検討し始める人も多いようです。

理由④:職場環境が不衛生

工場はその機能の特性上、油や埃などの汚れが溜まりやすい環境です。そのためネズミ・カラスなどの害獣や、ゲジゲジ・ゴキブリなどの害虫がよく出没します。

そのような生物が苦手な人はもちろん、埃アレルギーなど不衛生な環境が苦手な人にとっては働きにくい職場と言えるでしょう。

理由⑤:人間関係が悪い

工場の従業員になるためのハードルは他の職業と比べて低いため、マナーやモラルがない人が同じ職場にいることもあります。

他人の悪口を言う人やパチンコなどギャンブルの話ばかりする人人、仕事に対して不誠実な人などその特徴はさまざまですが、社会人としてのモラルに欠けている人がいる場合は、健全な人間関係を構築するのも難しいでしょう。

理由⑥:給料が低い

工場勤務の場合、管理職や工程リーダーなどに出世しなければ大卒の平均的な初任給よりも高い給料を得ることが難しいです。

仮に管理職や工程リーダーになっても日本人の平均給与に及ばないことも多く、労働環境や労働量の割に給料が低い傾向にあります。

理由⑦:不規則な生活がきつい

勤務形態として、交代制のシフトを導入している工場は少なくありません。夜勤を含む3交代制の工場では、早番・遅番・夜勤の3つの勤務時間をローテーションで回すため、不規則な生活を余儀なくされます。

不規則な生活だと友人と予定を合わせて遊びに行くことが難しかったり、家族やパートナーと生活リズムが合わず不仲の原因になったりしやすいです。

そのため、不規則な生活に耐えきれずに工場勤務を辞めていく人は多いです。

理由⑧:将来が不安

先ほどお伝えした通り、工場勤務は「給料が少ない」「単純作業で成長できない」など将来が不安になる要素を含んでいます。

そのためこれからの将来を見据えた時に、工場勤務を辞めて、安定的に十分なお金が稼げて将来役立つスキルも身につくような職業に転職する人は少なくないようです。

工場勤務を辞めるか検討すべき人の特徴は?

どの仕事でも同じことが言えますが、工場勤務で実現できることとできないことがあります。もし、自分の理想の働き方が工場勤務で実現できないのであれば、別の仕事に就いた方が良いかもしれません。

変化のある仕事をやりたい人

単純作業ではなく、自分の意思によって仕事に変化を加えられる仕事をやりたい人は工場勤務を辞めることを検討すべきです。

お金のためと割り切れるのであれば問題ないのかもしれません。しかし、仮に同じ給料を同じ時間かけて稼ぐのであれば、自分が楽しめる仕事をやった方が人生の幸福度は上がるでしょう。

多くの人と関わりを持ちたい人

将来のために人脈を作っておきたい人や、単純に多くの人と接することが好きな人は工場勤務を辞めても良いかもしれません。なぜなら、工場勤務では人との関わりを広げることが難しいでからです。

営業職や、企業間の横のつながりが深い人事職に転職するなどして、多くの人と関われる環境に身を投じることをおすすめします。

年収を上げたい人

工場の仕事の大半は、「特別なスキルが必要のない仕事」です。もっと言えば、これからはAIやRPA(Robotics Process Automation)などによって自動化されていく可能性が大いにある仕事です。

そのため、専門的な知識や技術を有する人を除いた全ての工場勤務者は、年収を上げることが非常に難しくなるでしょう。

積極的に年収を上げていきたいと考えているのであれば、自動化されないような人の介在価値が高い職業に就くことを強くおすすめします。

成長したい人

人は変化を通して成長していきます。しかし、閉ざされた空間で単純作業を繰り返す工場で勤務していると、そのような成長を促す「変化」を起こしにくくなります。

  • より多くの人の助けになりたい人
  • より多くの領域で力を発揮できるようになりたい人
  • 企業の仕組みに頼らずに自力で生活できる力を身に付けたい人

このような野心を持っている人は、工場勤務を辞めることを検討すべきかもしれません。

工場勤務を辞めた後におすすめの職種は?

年齢や実現したいことによって異なりますが、工場勤務を経験しているあなただからこそおすすめできる職種があります。一つずつ詳細を解説します。

営業職(セールス)

営業職は、人とのコミュニケーションが好きな人にはおすすめの職種です。

無人コンビニなど販売職や営業職の自動化が一部で囁かれていますが、あくまでも低単価商品の営業・販売が自動化されるだけで、高単価商品の営業・販売には100%人が介在する価値があると言われています。

どんな商品でも売れるようなセールスになれば、引く手数多の人材になることは間違いありません。また、年収も頑張り次第で増えていくので、ほとんど青天井と言えるでしょう。

企画職(マーケター)

企画職は、人の動きを観察したり、物が売れる仕組みを作ったりすることが好きな人におすすめの職種です。

マーケターはその職務上、常に最先端の技術とノウハウを身に付ける必要があるため、目まぐるしく変化する市場動向を追うことを楽しめる人にも適した職種と言えるでしょう。

技術職(SE/プログロマー)

技術職は、物づくりや論理展開、緻密な作業が好きな人におすすめの職種です。技術職も企画色同様に、世の中には常に新しい技術が生まれるため、高年収を望むなら日々勉強し続ける必要があります。

また、技術職と聞くと職人肌で人とのコミュニケーションが苦手な人が多いイメージを思い浮かべるかもしれませんが、最近は非技術職(ビジネスサイド)と円滑なコミュニケーションが取れる技術者の需要が高まっています。

論理的思考は努力次第で後からいくらでも身に付けられるため、成長意欲があるのであれば技術職への道を諦める必要はありません。専門的な技術を身に付けつつ、さまざまな人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めたい人にはうってつけの職種です。

介護職(ヘルパー)

介護職は、1対1のコミュニケーションが好きな人や人の命を取り扱う重要な仕事をしたい人におすすめの職業です。

無資格でも介護の仕事は可能ですが、身体補助などより利用者さんに寄り添ったサポートをするならヘルパーなどの資格取得が必要です。

なお、介護職はその他の職種と比べて平均年収が低い傾向にあります。高年収を希望する方にはあまりおすすめできない職種です。

運輸職(鉄道/バス/タクシードライバー)

最後に鉄道やバス、タクシーなどの運転手です。利用者さんとコミュニケーションをとることが好きな人や、乗り物を運転するのが好きな人におすすめの職種です。

いずれも営業には専用の免許を取得する必要があるため、初期費用がかかります(タクシーの営業に必要な二種免許の取得費用は、P-CHAN TAXIを利用すれば免除できます)。

平均年収はそれぞれ以下の通りです。

  • バスの運転手:365万円
  • 鉄道の運転手:490~670万円
  • タクシーの運転手:275万円(※)

※P-CHAN TAXIは年収600万円以上の求人を中心に紹介しています。

工場勤務を辞めた後におすすめの転職活動方法は?

工場勤務を辞めた後の転職活動方法に悩んだら、以下の方法で進めることをおすすめします。

  1. 転職先に求める条件をまとめる
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 1の条件を満たす求人をエージェントに紹介してもらう
  4. エージェントと一緒に選考対策を行う
  5. 選考を受ける

工場勤務を辞めたいと思った理由が①の転職先に求める条件です。もちろん、それだけではなく他の条件を加えても問題ありません。

希望条件がまとまったら、②で登録した転職エージェントから条件にマッチする求人を紹介してもらいましょう。なお、やりたい職種が明確な場合は、その職種に特化した転職エージェントに登録することをおすすめします。

特化型の転職エージェントとは、当メディア「P-CHAN TAXI」のような一定の職種や業界に特化した転職エージェントのことです。

特化型の転職エージェントであれば、希望条件にマッチする求人を紹介するだけでなく、業界に精通したコンサルタントが一般的なエージェントでは知り得ないような詳細の選考対策方法を求職者にアドバイスします。

したがって、もし転職後の希望職種が運輸職で、かつタクシードライバーへの転職を検討しているなら、P-CHAN TAXIを是非ご利用ください。

年収600万円以上の求人を中心に取り扱っており、書類選考通過率100%、創業から55年間退職者ゼロの実績を誇っています。興味がある方はお気軽に「無料相談」からお試しください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像