東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

仕事のミスが多いから辞めたい!仕事ができない人の特徴や原因、対処法を解説

2020年11月06日 働き方


仕事のミスが多いから辞めたい!仕事ができない人の特徴や原因、対処法を解説

仕事のミスが多くて辞めたい、逃げ出したいと感じている人は多いはずです。注意をしても何度も同じミスを繰り返して、上司や先輩に怒られてしまうことがありますよね。そこで今回は、仕事のミスが多い人の特徴や対処法を紹介します。

仕事のミスが多くなる原因

まずは仕事のミスが多くなる原因を紹介します。

仕事に慣れていない

仕事を始めて間もない人ならミスが多くなるのも当然です。まだ仕事に慣れておらず、上司や先輩に教えてもらいながらだと、理解するまでに時間がかかります。それによりミスが増えている可能性が高いです。

まだ入社して間もないのであれば、メモをとって仕事を覚えることに注力しましょう。仕事を覚えるまでの期間を決めておけば、モチベーションを保てます。

職場が集中できる環境ではない

職場の環境でミスが増えてしまう人もいます。例えば、商品や書類が乱雑に置かれたオフィスだと、注意力が散漫になったり、探し物が増えたりします。

また職場が騒がしい環境だと仕事に集中できません。人間が集中できす状態に入るには約23分必要と言われています。

集中できない環境にいる場合は、職場を変えた方がいいかもしれません。

会社や上司の教育に問題がある

会社や上司の教育に問題があると必然的にミスが増えます。会社のマニュアルが雑だったり上司の教え方が悪かったりすると、細かい仕事が覚えられずミスをしてしまうでしょう。

また上司によって教え方が違う場合もあり、誰の指示を信頼していいのか分かりません。このように会社や上司の教育に問題がある場合、ミスや失敗が増えてしまいます。

ブラックな環境で働いている

長時間労働や低賃金などブラックな環境で働いているとミスが増えます。

ブラックな環境にいると、心身ともに疲弊しストレスが溜まります。人間はストレスが溜まると集中力や判断力が低下し、仕事に支障が出てきます。

またブラックな環境でミスが増えている場合、それはうつ病の初期症状かもしれません。

長時間労働やパワハラ、低賃金など、ブラックな環境にいる人は、自分の心と体に向き合う必要があります。

細かい確認を怠っている

業務に取り掛かる時や書類を提出する時に、確認不足でミスをしてしまう人がいます。

注意点や手順を理解していなかったり、抜けがあったりする人は確認不足の可能性が高いです。

特にADHDや多動性の傾向ある人は、じっとしているのが苦手でケアレスミスも多いです。こういった特性は治すことが難しいので、場合によっては仕事を変えた方がいいかもしれません。

仕事が合っていない

対策をした上でミスが減らない場合は、仕事が合っていない可能性が高いです。

例えば、人と話すのが苦手なのに営業職をしていたり、数学が苦手なのに経理をしていたり、と自分に向いていない仕事は、どんなに注意していてもミスが起こってしまいます。

本当に自分に合った仕事なのか、考える機会を設けてみる必要があります。

仕事のミスが多いから辞めたい時の対処法

仕事のミスが多くて「辞めたい」と思っている時の対処法を紹介します。

メモを取りながら仕事をする

ミスを減らすにはメモを取るのが一番効果的です。

仕事を教えてもらう時だけでなく、ミスをした時に内容をメモしておくと、同じミスを繰り返しにくくなります。

メモを取るときのコツとしては、

  • 読み返せるきれいな字で書く
  • 細かい部分もメモしておく
  • 仕事終わりにメモを整理する

この3点に注意しながらメモを取りましょう。

またメモを取っていれば、上司や先輩からの印象も良く、仮に失敗やミスをしても快くフォローしてもらえます。

逆にメモをしていないと「なんでメモしていないんだ」と悪い印象を抱かれるので、どんな時もメモを取る癖をつけましょう。

分からないことは素直に聞く

仕事で分からないことがあれば上司や先輩に素直に聞きましょう。ただし、何度も同じことを聞いたり、メモを見返せば分かるような質問はNGです。

多くの人は怒られるのが怖くて、分かったふりをしてしまいます。

それなら聞いて怒られる方が何倍もマシです。失敗を未然に防ぐためにも、分からないことを知ったかぶりせず、素直に聞くことを心がけてみてください。

自分なりのルールを作る

ミスが多い人は自分なりのルールを作って未然にミスを防ぎましょう。

  • 提出物を出す前は必ず見直す
  • 業務を開始する前はマニュアルを見る
  • 業務進捗のチェックリストを作る

など自分がミスしやすい仕事にルールを設けておけば、失敗も減ります。

同僚や先輩に相談をする

ミスが多くて辞めたいと感じたら、ひとりで悩まずに同僚や先輩に相談をしましょう。

相談をすれば、ミスを防ぐコツや心がけていることを聞けます。また人に話すことで頭がクリアになり、業務効率が上がるかもしれません。

言いにくいかもしれませんが、同僚や先輩もあなたを心配しているはずです。勇気を出して相談をしてみましょう。

休暇を取る

疲れが原因でミスを起こしている人は休暇を取りましょう。特に長時間労働やパワハラなどブラックな労働環境で働いている人は尚更です。

もし仕事に余裕があるなら、有給休暇を取得してリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。それが無理なら残業をしない日を作ってゆっくりするのもありです。

疲れが溜まった状態だとミスが増え、業務に支障が出てしまいます。悪化するとうつ病になってしまう可能性もあるので、適度に息抜きをしてストレスを軽減しましょう。

転職をする

どんなに対策をしてもミスが続くなら、転職をした方がいいかもしれません。このまま仕事を続けてもミスは減らず、周りからの信頼も失ってしまいます。

仕事が合っていない、上司の教え方が雑、マニュアルがない、などが原因なら転職を検討してみましょう。

仕事のミスが原因で辞めたい時の判断基準

仕事を辞めるべきか、辞めないべきかの判断基準を紹介します。

自分に非があるか

自分の非でミスが起こっているなら、まだ辞め時ではありません。

  • メモを取っていない
  • マニュアルを読んでいない
  • ルールを作っていない

など改善の余地がある場合、ミスを減らす努力をしましょう。その上でミスが無くならないなら、仕事が合っていないのかもしれません。

会社の教育体制が悪くないか

会社の教育体制が悪い場合、転職を考えるのもいいかもしれません。

  • マニュアルがない
  • 上司の教え方が悪い
  • ミスをしたら怒鳴られる

などミスが起こりやすい環境なら、どんなに努力をしても改善ができないです。

会社に居場所があるか

会社に居場所がある人はミスを改善する余地があるかもしれません。

相談できる上司や同僚がいたり、自分を慕ってくれる後輩がいれば、ストレスを抱えることなく働けます。

逆にミスが原因で周りから白い目で見られているなら、転職を検討した方がいいでしょう。

仕事を辞めた後のおすすめのキャリアは?

退職した後のキャリアとしては、「前職のスキルや経験を活かして働く」または「ひとりで働ける仕事を選ぶ」の2パターンが考えられます。

前職のスキルや経験を活かして働く

前職のスキルや経験を活かせば転職活動もスムーズになります。

また経験がある仕事なら、勝手がわかっているためミスをしにくいです。

企業側も即戦力として採用ができるため、役立つスキルがあれば積極的にアピールをしましょう。

ひとりで働ける仕事を選ぶ

ミスをすると上司や同僚から注意をされて、人間関係で悩むことが増えます。そこでおすすめなのがひとりで業務ができる仕事です。

ひとりでできる仕事としては、

  • タクシードライバー
  • ビルメンテナンス
  • トラックの運転手

などがあります。

中でもおすすめなのがタクシードライバーです。安全運転をしていれば、そこまで重大なミスが起こることもありません。

仮にミスをしたとしても、自分で処理をするため、人間関係が悪化せずに済みます。

P-CHAN TAXでは、あなたに合わせたタクシー会社を厳選して紹介をします。

未経験でも転職しやすい体制を整えているため、タクシー業界を知らない人でも安心です。
興味のある方はぜひご登録ください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像