40代で退職したら転職は難しい?その後のキャリア選択や40代の転職を成功させるコツを解説! | P-CHAN TAXI

東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

40代で退職したら転職は難しい?その後のキャリア選択や40代の転職を成功させるコツを解説!

2020年12月02日 働き方


「仕事を辞めたいけど、40代だから転職先が見つかるか不安」という人は少なくありません。これまで多くの仕事に取り組んだからこそ生まれる、40代だけの悩みもあることでしょう。

まずは40代で退職することの難しさをきちんと理解して、後悔しない適切な意思決定のための準備をすることをおすすめします。

そこで本稿では、40代の退職・転職事情や転職を成功させるコツ、その後のキャリア選択を徹底的に解説します。

40代で退職したら転職が難しい理由

40代の転職は、20代や30代と比較すると「非常に難しい」と言わざるを得ません。その理由は大きく3つです。

コスト(人件費)が高い

20代や30代と比べて、40代の転職者は希望する年収が高くなります。つまり、採用する企業はその分のリスクを負う必要があるということです。

実際の能力レベルを業務現場で見せるわけでもないので、面接という短い時間で自分の力や魅力をアピールするには相応のスキルや経験が求められます。

応募先企業が求職者に対して期待している基準を圧倒的に超えていなければ、スムーズに採用されることはほとんどないでしょう。

長期雇用できない

定年という期限を考慮すると、40代を採用するよりも20代を採用した方が長期的な利益が見込めます。

仮に定年を65歳とすると今40歳の人は最長25年しか働けませんが、今20歳の人であれば最長45年も働けます。単純計算で約2倍もの差があることになります。

長期雇用できるかどうかは「コストパフォーマンス」や「企業理念やカルチャーの伝播」という面において重要なポイントです。そのため、若手と40代を比較すると後者は採用面においてデメリットが大きいと言わざるを得ません。

会社に馴染めない可能性が高い

40代はスキルや経験がある分、「自分自身のやり方」が定着している傾向にあります。その影響で転職先の会社の文化や業務に馴染めないリスクが高いため、40代を積極的に採用する企業は比較的少ないです。

40代で退職する前に確認すべきチェックポイント

先ほど述べた通り、40代での転職は非常に難しいです。それでも退職・転職する場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。退職後または転職後にトラブルに陥らないための事前準備だと思ってください。

退職する理由と目的を明確にする

退職する理由と目的は「誰かに話せる」くらい明確にしておきましょう。

もしかしたら「仕事を辞めたい」「仕事に行きたくない」という理由で退職を検討している人もいるかもしれません。しかし、「なぜ仕事を辞めたいか」「仕事を辞めて何を実現したいのか」を明確にしていなければ、退職後の身の振り方に頭を抱えることになります。

例えば、退職理由と目的を「今の会社ではやりたいことができない。だから、やりたいことができる会社に転職する」と明確にできたとします。すると、以下のような自問が自然とできるようになり、退職時期や退職までに必要なアクションを決められます。

  • そもそも希望の転職先は求人募集しているか
  • 希望の転職先から求められるスキルや経験を持ち合わせているか
  • 希望の転職先は40代求職者を採用した実績があるか

退職しても生活できるか計算する

退職後も問題なく生活できるか計算しましょう。

退職すると収入がなくなるだけでなく、人によっては社内融資の返済や社宅の明け渡しなどが必要です。退職にあたりどれだけの支出が必要なのか、退職後の収入はいくらになるのかを計算し、退職後も安定した生活を送れるのかきちんと考えましょう。

例えば、給料の支払い方法が「月末締め翌月10日払い」の会社を3月末に退職し、「月末締め翌月末払い」の会社に4月1日に入社したとします。この場合、4月10日に前職分の給料が支払われますが次の給料日は5月31日です。

このように1日も休職期間を設けなくても、給料の支払い方法が異なるだけでほぼ2ヶ月間収入がゼロになることもあります。転職する場合も給料の支払い時期に十分注意しながら、退職後の生活資金を計算しましょう。

なお、40代で転職する場合は高い確率で年収が下がります。転職1年目は前年度分の所得で計算された税金が引かれるため、転職後の低い所得では生活を維持できないほどの高い税金を支払わなければならない可能性もあります。

したがって、課税額にも注意して計算することをおすすめします。

家族に相談する

退職後も退職前と同じ生活ができるとは限りません。生活をともにしているパートナーや家族がいる場合は、退職前に相談しましょう。

転職で引越しが必要になる可能性や、収入の減少によって子どもを通わせられる学校の選択肢が減る可能性もあります。パートナーや家族がいる場合は、自分の退職が家族に大きな影響を与えうるということを忘れないようにしましょう。

40代の転職を成功させるコツ

難しい40代の転職を成功させるにはいくつかコツがあります。未然に防げる失敗を実際に引き起こさないためにも、今のうちに確認しておきましょう。

早めに転職活動を始める

転職することを決意したら、なるべく早く転職活動に取り掛かりましょう。40代の転職は難しいため、20代や30代に比べて転職活動に長い時間を要する可能性が高いからです。

一般的に、求人募集企業へのエントリーから内定までの期間は1~2ヶ月程度です。スムーズに進めば3~4ヶ月で選考自体は終わりますが、現職の引き継ぎや家庭の生活水準を転職先の収入に合わせるための調整が必要になる人も多いでしょう。

余裕を持って転職する半年~1年前には、家族への相談と転職に伴う生活水準の調整を終わらせ、いつでも転職できる状態にしておくことをおすすめします。

即戦力になれる転職先を探す

40代の求職者に対して企業が求めているのは「即戦力のスキル」です。これまでの自身の経験を棚卸しして、即戦力として働ける転職先を探しましょう。

現在のスキルや経験で即戦力になれる転職先がどこか分からない場合は、転職エージェントを活用しましょう。

中でも「特化型」の転職エージェントであればその業界や職種に精通しているため、現在のあなたが即戦力として採用されるかどうかを客観的に判断してくれるでしょう。

転職エージェントを上手に活用する

40代の求職者を支援してきた実績のある転職エージェントを上手に活用しましょう。

40代ともなれば、これまでの仕事の中で築いた人脈を使えば転職先を見つけることもできるかもしれません。しかし、中には自分の人脈外から転職先を見つけたい方や希望する企業に人脈がない方もいるでしょう。

そのような場合は転職エージェントを活用しましょう。近年は40代以上のシニア層向けの求人を取り扱うエージェントも増えてきているため、あなたにあった求人情報を紹介してくれるでしょう。

40代で退職したその後のキャリアにおすすめの転職先

退職後の働き方として以下のような条件を希望していませんか?

  • 出勤日時を自由に決められる
  • 自分の頑張り次第で給料が増える
  • 万が一、成果が奮わなくても安定した給料がもらえる(年収500万円以上)
  • 将来的に個人で経営したい

このような働き方を希望されている方であれば、退職後のキャリアは「タクシードライバー」がおすすめです。

タクシードライバーであれば様々な勤務形態(日勤や夜勤など)を選択できるため、自分の理想の働き方を実現しやすいです。また、報酬形態も「完全歩合」や「標準給与+出来高」など幅があるため、一番自分がモチベーション高く働けるものを選ぶこともできます。

「頑張った分だけ評価される会社で働きたい」「家族のためにプライベートな時間も大切にしたい」など、一般的な企業では実現できないような働き方を希望される方は、タクシードライバーという新たな選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

P-CHAN TAXIなら上記のような条件を満たす求人を多数取り扱っています。興味がある方は是非一度「無料相談」をお試しください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像