東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

転職先を辞めたいと感じる理由と対処法!すぐに辞めるデメリットも解説

2020年11月06日 働き方


転職先を辞めたいと感じる理由と対処法!すぐに辞めるデメリットも解説

転職をしたものの思っていた仕事と違い「辞めたい」と感じている人もいるかと思います。転職は大きな決断ですが、失敗をしてしまうと人生に大きな影響を与えてしまいます。そこで今回は転職先を辞めたいと感じる理由と対処法、すぐに辞めるデメリットを解説します。

転職先を辞めたいと思う理由

まずは転職先を辞めたいと思う理由を紹介します。

思っていた仕事と違う

いざ転職をして張り切っていても、思っていた仕事と違うことがあります。

特に即戦力として採用されたのにも関わらず、簡単な仕事や事務作業を頼まれてしまうと「自分は期待されていないのかな」と不安に感じます。

また入る予定の部署とは全く違う部署に配属されたり、すぐに配置換えをされたりしてやる気を失ってしまう人も多いです。

なかなか仕事に慣れない

仕事内容が複雑だったり、いきなり責任の重い仕事を任されたりすると、なかなか仕事に慣れず「向いていないのかな」と感じてしまうことがあります。また自分の能力が追いつかないことも原因のひとつです。

入社当初は気軽に相談できる相手もいないため、自分ひとりで抱え込んでしまいがちです。その結果、仕事が向いていないと感じてしまいます。

仕事量が多く残業をしている

仕事量が多く慢性的に残業をしている会社は、ブラック企業の可能性が高いです。入ったばかりの新人にも多くの仕事を振り、残業を強要します。

転職をしてワークライフバランスを整えたいと思っていた人は「辞めたい」と感じてしまうかもしれません。

人間関係や職場の雰囲気が合わない

転職先の人間関係や雰囲気に馴染めず「仕事が辛い」と感じてしまう人もいます。

特にコミュニケーションが苦手な人や仲良くなるまでに時間がかかる人は、悩んでしまうかもしれません。

また怒号が飛び交うような職場だったり、ギスギスした人間関係だったりすれば、どんな社交的な人でも馴染めないです。

転職先をすぐに辞めるデメリット

転職先をすぐに辞めるデメリットを紹介します。

次の転職が不利になる

転職先をすぐに辞めると、短期離職の履歴が残ってしまい次の転職が不利になります。日本では、「転職回数の少なさ」と「勤続年数の長さ」を重視する会社が多いです。

在職期間は雇用保険に記録されているため隠すこともできません。そのため、すぐに辞めて転職活動をしても、次の転職先が見つからず困ってしまいます。

辞め癖がつく

仕事をすぐに辞めてしまうと「辞め癖」がつく場合があります。

次第に「嫌ならすぐに辞めればいい」という考えになり、最終的には少しでも気に食わないことがあれば、すぐに辞めてしまうでしょう。

これを繰り返していると、短期離職の履歴が続き、次の転職が不利になります。

良い会社を見極められない

すぐに会社を辞めてしまうと、良い会社を見極められなくなります。

最初は大変でも、仕事をしていくうちにやりがいを感じ、信頼のできる同僚や上司に恵まれるかもしれません。しかしすぐに退職をすると、それを知ることができません。

後から、「本当は良い会社だった」と後悔してしまいます。

転職先を辞めたい人がすべきこと

転職先を辞めたいと思ったらすぐに辞めるのではなく、考える機会を設けることが大切です。

そこで転職先を辞めたい人がすべきことをまとめてみました。

最初の3ヶ月は頑張ってみる

転職で「辛い」「向いていない」と感じても最初の3ヶ月は頑張ってみましょう。

会社に入社した当初は、覚えることも多く失敗も増えます。しかし誰もが歩んできた道なので不安になる必要はありません。

仕事に慣れることで辛い気持ちも和らいでくるかもしれません。

もし3ヶ月頑張って「向いていない」と感じるなら辞めてもいいでしょう。

周りとコミュニケーションを取る

周りの人とコミュニケーションができていれば仕事が円滑に進みます。

最初は周りに相談ができず、疲労やストレスが溜まっていきます。するとミスが増えたり仕事が進まなかったりして、さらに仕事が嫌になってくるでしょう。

そんな時こそ、周りとコミュニケーションを取ることが大切です。

  • どんな人にも明るく挨拶をする
  • 年齢関係なく話しかける
  • 分からないことはすぐに聞く
  • 常に笑顔で対応する

など周りの人が話しかけやすい環境を自分から作りましょう。すると上司や同僚もサポートしてくれるようになり、仕事がスムーズに進みます。

会社の環境について聞いてみる

長時間労働やパワハラなど会社の環境に不満がある人は、同僚や直属の上司にはっきりと聞いた方がいいかもしれません。

いつも残業があるのか、人間関係はどうなのか、自分の将来を決めるものなので、細かいところまで聞いてみましょう。

環境が悪い場合は辞めることを検討してもいいですが、「今の時期だけ忙しい」「パワハラの上司はもうすぐ辞める」など、改善する話を聞ける場合もあります。

それを知らずに辞めてしまうと本当にもったいないので、気になったら相談をしましょう。

転職先を辞めても良いケース

耐えることも大切ですが、場合によっては転職先をすぐに辞めても良いケースがあります。

聞いていた待遇と違う

転職前に聞いていた待遇と違う場合は退職を検討してください。

  • 残業代が支払われない
  • 違う部署に配属された
  • 手当が支給されない

など今後の仕事に支障がある場合は、転職をするのもありです。

ただし待遇面は法律で解決できる部分もありますので、まずは上司や人事部に相談をすることをおすすめします。それでも改善されない場合は、退職を検討しましょう。

長時間労働やパワハラが横行している

長時間労働やパワハラが横行している会社はすぐに辞めましょう。

体力的にも精神的にも疲弊し、最悪の場合うつ病になってしまう可能性もあります。そういったブラック企業は早期離職でも問題ありません。

周りから辞めた方がいいと言われている

自分の家族や友人から「その会社は辞めた方がいいよ」と言われている場合は、退職を検討した方がいいかもしれません。

働いている環境や内容を客観的に見れるため、自分で判断するよりも一般的な判断ができます。

もし退職を迷っているなら、家族や友人に転職先のことを相談してみましょう。

仕事を辞めた後のおすすめのキャリアは?

退職した後のキャリアとしては、「前職の経験を活かした職種を選ぶ」または「未経験の職種を選ぶ」の2パターンが考えられます。

前職の経験を活かした職種を選ぶ

前職のスキルや経験があれば転職活動もスムーズです。仕事内容ではなく、人間関係や長時間労働が原因なら、同じ職種や業種に転職することをおすすめします。

企業側も即戦力を求めていることが多いので、役立つスキルがあれば積極的にアピールをしましょう。

働きやすい業種を選ぶ

辞めたい理由の多くが長時間労働や人間関係です。そこでおすすめなのがワークライフバランスが整った職種です。

ワークライフバランスが整った職種としては、

  • タクシードライバー
  • 事務員
  • 警備員

などがあります。

中でもおすすめなのがタクシードライバーです。タクシードライバーは休みが少ないイメージがありますが、実は月の半分以上が休日です。

例えば「隔日勤務」なら「1ヶ月13勤務」と法律で決まっているので、月の15日以上が休日になります。

1日の労働時間は長くなるものの、休日が多いので家族や友人との時間を大切にしたい人におすすめです。

P-CHAN TAXでは500社以上のタクシー会社からあなたに合った求人を紹介しています。

未経験からでも安心して転職できるようにサポートをしておりますので、興味のある方はぜひご登録ください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像