東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

タクシー求人の支度金・入社祝い金とは?相場やもらえる時期について解説

2020年08月08日


タクシー求人の支度金とは?相場やもらえる時期について解説

タクシー業界の求人では「支度金」「入社祝い金」という言葉を目にします。

支度金とはタクシードライバーがもらえるお金を指しますが、支度金についてよく理解しておかないと、支給の条件を満たせずにもらえない恐れもあります。

今回は支度金の相場やもらえる時期などについて解説します。

タクシー求人の支度金・入社祝い金とは

この記事でいう支度金とは、タクシー会社への就職や転職が決まった際に、会社や求人サイトからもらえるお金(入社祝い金、入社準備金、転職支援金など)を含みます。

支度金を受け取るには、入社前に申請書を提出する必要があります。その際、保証人や連帯保証人を1、2名立て、その人たちの印鑑証明が必要なる場合もあるので注意が必要です。

それでは、なぜ支度金が転職者に支払われるのかというと、タクシー業界は全国的に人材不足で苦しんでいるからです。

タクシー業界は売り手市場で、求職者数に対して求人数が多く、求職者が職場を選べる有利な状態が続いています。

そのような状況で、タクシー業界への就職や転職をする方に対して、タクシー会社や求人サイトが用意するのが支度金です。

タクシー求人の支度金の相場

支度金の金額の相場は10~30万円が目安です。

ただし、第二種免許やタクシードライバー経験の有無によっても金額が変わります。

中には50万円や100万円という求人もありますが、一括ですんなり受け取れるとは限りません。分割で支払われることもありますし、受け取るための条件が設定されていることが多いです。

タクシー求人の支度金が支払われるタイミング

タクシー会社からの支度金が支払われるタイミングは、入社1ヶ月後や、研修が終了し12乗務後(入社2〜3ヶ月後)の給与支払い時などが一般的です。

採用してすぐに支払うとすぐに辞めてしまう恐れがあるため、まずはある程度仕事をしてもらってから支払うという形をとっているタクシー会社は多いです。

一方、タクシー求人サイトから支払われる支度金・入社祝い金は、サイトによって異なりますが、入社2〜3ヶ月後が目安と言われています。

そもそも、なぜタクシー求人サイトから転職すると支度金・入社祝い金が求職者に支給されるのかを説明すると、求職者がタクシー会社に入社することで、タクシー会社から求人サイト運営会社に成功報酬として人材紹介料が支払われます。

その金額の一部を求職者に支給しているのです。入社して早期に退職してしまうとタクシー会社から求人サイト運営会社への人材紹介料が支払われないので、入社から2〜3ヶ月後の支給が多いのはこれが理由です。

ただ、人材紹介料に支度金・入社祝い金の分も加算して支払われているケースがあるので、その分、タクシー会社は一人採用するにあたってかかるコストが高くなることも多く、採用選考が厳しくなる傾向がありますのでご注意ください。

タクシー求人の支度金に関する注意点

タクシー会社の支度金に関する注意点として、「条件が設けられている」「退職金の前払いである可能性がある」という2点が挙げられます。

条件が設けられている

支度金をもらうのに条件を設けているタクシー会社もあります。条件の例として「勤務期間」「出勤率や売上」が挙げられます。

勤務期間

先述のとおり、支度金は初任給などと同じタイミングで受け取るのが一般的です。

しかし、それだと支度金を受け取ってすぐに退職して、別のタクシー会社でまた支度金を受け取って退職する、といった悪質な行為を企てる求職者が現れる恐れがあります。

そのような行為を防ぐため、過去に短期間で退職したことがあると支度金を支払わないなどの条件を設ける場合があります。

また、タクシー会社や求人サイトから支度金を受け取った直後に退職した場合、返金を求められる可能性が高いです。入社前の申請で保証人や連帯保証人になってくれた人にも迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

支度金は、それぞれのタクシー会社が求職者たちに1日でも早く戦力になってほしいという期待を込めて支払うお金です。

そのようなお金をもらって働くのだということを理解し、責任を持って職務を全うしましょう。

出勤率や売上

期間だけでなく、その期間の出勤率も条件に含まれます。1ヶ月間の出勤率の目安としては90%程度に規定されており、下回ると支度金は支払われません。

また、売上ノルマが設定されている場合、それを下回ると支度金が支払われないこともあります。

退職金の前払いである可能性がある

タクシー会社独自の支度金は、退職金の前払いになっているケースもあります。定年を迎えて退職する際、支度金の分だけ退職金が減額しているということもありえます。

また、数年間で退職する場合は、支度金が引かれてゼロになることもあるでしょう。

支度金の条件は申請書などで確認できますので、支給額だけでなく支払いの条件なども合わせて確認しておくことが重要です。

支度金があるタクシー求人の探し方

支度金は、タクシーやバスなどのドライバー業界の転職特有の制度です。支援金があるタクシー求人を探すのであれば、一般の求人サイトを利用するよりもタクシー専門の求人サイトで探すのがおすすめです。

弊社サービスであるP-CHAN TAXIは、タクシー業界の中でも珍しい未経験者向けの求人サイトです。

求人は独自の基準で厳選したものなので、高待遇の求人はもちろん、様々なニーズに応える求人もありますので、他の業界からの転職を考えているのであればぜひ登録してみてください。

厚生労働省の認可を受けたコンサルタントはタクシー業界に精通しており、数多くのタクシー会社と人脈があります。

業界知識が全くない方にも手厚いサポートで希望に沿った求人を紹介します。

未経験からでも年収600万円が目指せるものもあります。支度金についても、10~30万円が支給されるタクシー求人が多く、給与保証や寮完備などとセットになっていることもあります。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像