転職に成功する人の7つの特徴は?年代別に転職成功のポイントを解説

公開日:2021年9月22日 更新日:2021年9月22日

転職を成功させるために重要なポイントを理解していますか?何も情報を集めず転職活動を始めてしまうと、転職に失敗する確率が高くなるので注意が必要です。

本記事では、転職に成功する人の7つの特徴と、年代別に押さえておきたいポイントを解説します。

この記事を最後まで読むことで、転職を成功させるコツが理解できるはずです。

転職活動をスムーズに進めるために活用したい転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

転職に成功する人の特徴は?

転職に成功しやすい人の特徴を7つ紹介します。以下は転職成功者のほとんどが実践していることなので、転職活動で意識することが大切です。

  • 転職理由がはっきりしている
  • 転職時期が定まっている
  • 自分の長所や短所を理解している
  • 業界研究や企業研究を丁寧に行っている
  • 転職の条件に優先順位をつけている
  • 働きながら転職活動を進めている
  • 転職エージェントを活用している

転職理由がはっきりしている

転職理由がはっきりしている人は、転職に成功しやすい傾向にあります。現状の不満や悩みを解決するため、主体的に転職活動を行えるからです。

逆に転職理由が曖昧な人は、転職の軸がブレやすくなるので注意しましょう。自分に合った転職先を見つけることが難しくなってしまいます。

転職が決まっても仕事内容にストレスを感じてしまえば、転職が成功したとは言えません。転職理由を明確にし、悔いのない転職を実現させましょう。

転職時期が定まっている

転職時期が定まっている人は転職に成功しやすいでしょう。

「3か月後に転職する」「年度内に転職する」などの目標が決まっていることで、メリハリをつけて転職活動を進められるからです。

「いつか転職できればいい」という考え方だと、なかなか転職先が見つからず転職活動が長引いてしまうでしょう。

ダラダラ転職活動を行うと、転職に対するモチベーションが下がってしまう危険性があります。

長く転職活動を行ったからといって、必ず良い求人に出会えるというわけではありません。転職時期を明確にし、メリハリをつけて転職活動を行いましょう。

自分の長所や短所を理解している

自分の長所や短所を理解している人は転職に成功しやすいと言えます。スキルや知識を客観視できており、転職後のミスマッチが起こりにくくなるからです。

自分の強みがが分かる人は、応募企業が求める人材も把握できるでしょう。企業側に必要な人材であるとアピールできれば、採用される可能性が高くなります。

企業側が必要とする人物像に当てはまらなければ、あなたがどれだけ優秀な人材でも採用されることは難しくなります。

自己分析やスキルの棚卸しを通して、自分の長所や短所を整理してみてください。

業界研究や企業研究を丁寧に行っている

業界研究や企業研究を丁寧に行っている人は、転職に成功する傾向にあります。情報収集を丁寧に行うことで、応募企業での業務に適性があるかどうか判断しやすくなるからです。

転職活動では情報収集が欠かせません。情報収集が不足してしまうと、転職後のミスマッチが起こる原因になるので注意しましょう。

なお情報収集にあたっては、企業のホームページを隅々までチェックすることがポイントです。

企業理念や社風などを理解すれば、志望動機や自己PRでアピールしやすくなります。

またすでに働いている人にコンタクトを取り、企業の良いところや強みを聞いてみるのもいいでしょう。

実際に働いている人の意見は、転職先を決める判断材料になります。

転職の条件に優先順位をつけている

転職の条件に優先順位をつけている人は、転職に成功しやすいと言えます。自分が必ず叶えたい条件を提示している企業に絞って求人を探せるため、効率が良いからです。

転職活動においては、すべての条件を叶えることは難しいことを理解しておきましょう。

「ストレスなく働き続けられるか」を基準として、絶対に譲れない条件を1〜2個決めておくことがポイントです。

条件に優先順位をつければ、転職先選びで迷うことが少なくなるでしょう。

働きながら転職活動を進めている

働きながら転職活動を進めている人は転職に成功する傾向にあります。金銭面や精神面で不安になることが少ないからです。

自己都合退職の場合、退職手当が支給されるまで2か月かかります。退職してから転職活動を始めるということは、2か月間は無収入の状態が続くということです。

また、収入がない状態は精神的にプレッシャーがかかります。

もし転職活動でつまずいてしまった場合、焦りと不安からますます転職活動に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

万が一転職活動に失敗した場合も、働きながらであれば、今は転職せず時期をずらすという判断ができます。

退職準備は内定が出てからとし、精神的に安定した状態で転職活動を行いましょう。

転職エージェントを活用している

転職エージェントを上手く活用すると、転職の成功率は上がります。転職エージェントは、転職活動に必要なサポートを徹底的に行ってくれるからです。

具体的に次のようなことをサポートしてくれます。

  • 転職先企業のの情報収集
  • 応募書類添削
  • 面接日程調整
  • 面接対策
  • 給与交渉

特に応募書類の添削は有効活用しましょう。自分では良い内容を書けたと思っても、ほかの人が読んだらいまいち魅力が伝わらないということがよくあります。

自分を客観的に評価してくれる人の存在は大きいものです。第三者の視点によるアドバイスを受け、転職を成功させましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職に失敗する人の特徴は?

転職に失敗する人の特徴を3つ紹介します。以下の特徴に1つでも当てはまれば、転職に失敗してしまう可能性が高まるので、あらかじめ確認しておくことが重要です。

  • 何となく転職しようとしている
  • 自分の市場価値を把握していない
  • 年収にこだわりすぎている

何となく転職しようとしている

何となく転職しようとしている人は、転職に失敗する傾向にあります。転職理由が定まっていなと、環境を変えても不満がなくならない可能性が高いからです。

また企業側はあなたが何を根拠に転職しようとしているのか分からないので、積極的に採用しようとは思わないでしょう。

企業は、明確な軸を持って長く働いてくれる人材以外は採用したがりません。

今の職場や仕事内容に対して、どのような不満があるのか考えてみてください。現状を把握できれば、転職理由も明確になります。

例えば仕事内容がつまらないなら「やりがいのある仕事を見つける」、年収が低いなら「高年収の求人を見つける」という転職理由が考えられます。

もちろんその場合には「自分が感じるやりがいとはなにか」「年収が低いと不満を感じる理由」は深掘りしておきましょう。

転職で失敗しないよう、なぜ転職したいのか理由を考えてみましょう。

自分の市場価値を把握していない

自分の市場価値を把握していない人は、書類選考や面接をなかなか突破できません。

自分の市場価値が分からなければ、応募企業が求める人物像に自分がマッチしているかどうか分からないからです。

応募企業が必要としている人材にマッチしていなければ、採用されることは難しいでしょう。

転職で失敗しないためには、自己分析やスキルの棚卸しを通して自分の能力を客観視することが大切です。

自分の市場価値を判断することが難しい場合は、転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントを活用すれば、第三者から客観的な評価をもらえるため、自分の市場価値を見誤る可能性が低くなるはずです。

キャリアアドバイザーからアドバイスをもらい、転職を成功させましょう。

年収にこだわりすぎている

年収にこだわりすぎている人は転職に失敗する傾向にあります。高年収の求人は採用率が低い傾向にあるからです。

年収が高いということは、その分企業側が求める要求も大きくなるということです。企業の期待に応えられないと判断されれば、採用されるのは難しいでしょう。

高年収の求人だけに絞ると、なかなか内定が得られず、転職活動が長引く可能性があります。

「年収を上げること」を転職理由にすることは問題ありませんが、年収以外で重視したいポイントも考えておきましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

世代別!転職を成功させるポイント

企業が求める能力は世代ごと異なるので、転職を成功させるポイントも異なります。自分の世代に合った能力を身につけることが、転職を成功させるポイントです。

あなたが当てはまる世代で求められるポイントを確認しましょう。

20代前半

20代前半は将来性を期待されています。十分なスキルや経験を持ち合わせていない分、社会人としての基本が身についているかどうかを見られるからです。

そこで、必要最低限のビジネスマナーが身についていることをアピールしましょう。あわせてチャレンジ精神も一緒にアピールできると、高評価が期待できます。

20代におすすめの転職サイトや転職エージェントについて詳しく知りたい方は「【目的別】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント」も読んでみてください。

20代後半

20代後半は20代前半よりも、スキルや経験が求められます。20代前半に比べて即戦力として期待されているからです。

そこで、前職で培ったスキルや知識があることをしっかりとアピールしましょう。成長性があることをアピールできれば高評価が期待できます。

異業種へ転職する場合は「なぜその業界や企業を選んだのか」を明確に伝えることが重要です。

ほかの応募者と差別化を図り、応募企業に適した人材であることを伝えましょう。

20代におすすめの転職サイトや転職エージェントについて詳しく知りたい方は「【目的別】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント」も読んでみてください。

30代

30代は専門的な知識やリーダーシップなどが求められます。20代に比べて社会人経験が豊富なのが当たり前だと判断されるからです。

あわせて、応募する職種の専門性が高いと高評価につながるはずです。「転職してから知識やスキルを身につける」という考え方は難しいことを理解しておきましょう。

30代は転職者が多い年代でもあります。ほかの応募者と差別化できるよう、企業において中心的存在になれることをアピールすることが重要です。

30代におすすめの転職サイトや転職エージェントについて詳しく知りたい方は「30代におすすめの転職サイト・エージェント!目的やタイプ別の人気求人サイトまとめ」も読んでみてください。

40代

40代はマネジメント能力が求められます。40代に用意されるポジションは、管理職やチームリーダーが多いからです。

また30代より即戦力として期待されていることを理解しておきましょう。

高い専門性やスキルが身についていれば、スカウトやヘッドハンティングされることも期待できます。

40代の転職について詳しく知りたい方は「40代の転職は厳しい?成功するために押さえるべきポイントを解説」も読んでみてください。

おすすめの転職エージェントを見る

状況別!転職を成功させるポイント

状況別に転職を成功させるポイントを紹介します。次のいずれかに当てはまる場合はチェックしておきましょう。

  • 未経験から転職する場合
  • 転職回数が多い場合
  • 結婚や妊娠を控えている場合

未経験から転職する場合

未経験から転職する場合は、新しい業種に挑戦しようと思った理由をはっきりさせましょう。転職理由が曖昧だと、採用担当者から高評価をもらうことが難しくなるためです。

「未経験だと採用される可能性が低くなる」とネガティブに考える必要はありません。

知識や経験がなくても、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどがあることをアピールすれば評価してもらえるはずです。

新しい知識を身につけるために努力することも伝えましょう。自ら積極的に学ぶ姿勢は、転職を成功させるために重要です。

転職回数が多い場合

転職回数が多い場合は、なぜ転職回数が多いのか理由をはっきり述べましょう。理由が曖昧だとマイナス評価を受ける可能性があります。

特に20代で3回以上転職している場合は要注意です。企業側は長く働いてくれる人材を求めているので、採用される確率が低くなるかもしれません。

転職回数が多い理由として、次のような具体的な理由を述べることが重要です。

  • スキルアップするために転職した
  • 海外留学のために転職した
  • 親の介護のために退職した

採用担当者が納得してくれれば、転職回数が多くてもマイナス評価を受けることはないはずです。

転職回数について詳しく知りたい方は「転職回数は平均何回までOK?転職が多い人でも内定を勝ち取るコツ」も読んでみてください。

結婚や妊娠を控えている場合

女性で結婚や妊娠を控えている場合、結婚や出産後でも長く働き続けられることを伝えましょう。企業側はすぐに辞めそうな人材は積極的に採用しない可能性が高いからです。

結婚や出産の予定があるからといって、採用が不利になることはありません。ライフイベント後も働く意思があることをアピールしましょう。

転職成功のため転職エージェントを活用しよう

転職を成功させるには、転職エージェントを活用することもポイントです。転職エージェントはあなたの転職活動がうまくいくよう徹底的にサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントは次の3つです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • dodaエージェント

キャリアアドバイザーから客観的なアドバイスをもらい、転職を成功させましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材紹介業界最大手の転職エージェントです。保有している求人数は業界最大級で、転職先の選択肢が広がるでしょう。

また、面談の内容をもとに求人を提案してくれる「Personal Desktop(PDT)」を活用すれば、簡単に企業へ応募できます。

応募後はキャリアアドバイザーが企業とやり取りしてくれるので、働きながらでも効率良く転職活動を進められるはずです。

リクルートエージェントを活用し、転職を成功させましょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントの評判について詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、若年層に人気がある転職エージェントです。「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」と謳っており、転職に不慣れな20代の転職支援実績が豊富でもあります。

また、初めて転職する人に対してサポートが手厚いこともマイナビエージェントの特徴です。各業界専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職を一からサポートしてくれます。

サポートが充実したマイナビエージェントを活用し、転職を成功させましょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントの評判について詳しく知りたい方は「マイナビエージェントの評判は悪い?ひどい?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

dodaエージェント

doda

dodaエージェントは、あらゆる業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍する転職エージェントです。求人数はリクルートエージェントとともに業界最大級を誇ります。

dodaエージェント独自の「doda年収査定」というツールを活用すれば、あなたの市場価値を把握できます。自分の市場価値を知っておくことは、転職で失敗しないために重要です。

dodaエージェントで市場価値を正しく把握し、転職を成功させましょう。

dodaはこちら

dodaの評判について詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

ポイントを押さえて転職を成功させよう

転職に成功しやすい人には、次のような特徴があります。各ポイントを意識して転職活動を進めてみましょう。

  • 転職理由がはっきりしている
  • 転職時期が定まっている
  • 自分の長所や短所を理解している
  • 業界研究や企業研究を丁寧に行っている
  • 転職の条件に優先順位をつけている
  • 働きながら転職活動を進めている
  • 転職エージェントを活用している

一方で転職に失敗する人には、次のような傾向があります。1つでも当てはまる場合は注意しましょう。

  • 何となく転職しようとしている
  • 自分の市場価値を把握していない
  • 年収にこだわりすぎている

また転職を成功させた人の多くは、転職エージェントを活用しています。キャリアアドバイザーからのアドバイスを受けつつ、転職成功をつかみ取りましょう。

おすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は「【転職エージェントおすすめ】自分に合った転職エージェントの選び方と人気サービスを紹介」も読んでみてください。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611