おすすめの転職方法7種類!転職活動のやり方・仕方や流れを紹介

公開日:2021年9月22日 更新日:2021年9月22日

転職方法には、転職エージェントを活用したり企業サイトから直接応募したりと、複数の選択肢があります。

しかし、どの方法で転職すればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

転職を成功させるには、あなたに合った転職方法を選ぶことが重要です。

本記事では、おすすめの転職方法7つの特徴やメリット・デメリットを解説します。転職で年代別に求められる能力も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

代表的なおすすめの転職方法は7種類

代表的なおすすめの転職方法を7つ紹介します。転職を成功させるには、あなたに合った転職方法を選択することが重要です。

下記7つの転職方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

  • 転職エージェントを活用する
  • 転職サイトから応募する
  • 企業サイトから直接応募する
  • ハローワークに相談する
  • スカウトサービスに登録する
  • 企業で働いている社員に紹介してもらう
  • SNSで企業とつながる

転職エージェントを活用する

メリットデメリット
  • 応募書類を添削してくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 応募企業の情報を調べてくれる
  • 連絡がしつこいことがある
  • キャリアアドバイザーの質に差がある

転職エージェントには各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。応募書類の添削や面接対策など、手厚いサポートをしてくれるのが特徴です。

また、面接日程の調整や給与交渉も代行してくれるため、働きながら転職活動をしている場合でもスムーズに進められるでしょう。

一方で求人紹介のために頻繁に連絡がくるので、人によっては煩わしいと感じることがあるかもしれません。

またキャリアアドバイザーごとに質の差があるのもデメリットの1つです。うまく連携することが難しそうなら、担当者を変更してもらいましょう。

転職活動で活用したいおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。求人数が豊富なので転職先の選択肢が広がるでしょう。

またリクルートエージェントには、交渉力が高いキャリアアドバイザーが多数在籍しています。初めての転職でも、希望する条件を叶えられる求人が見つかるはずです。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントの評判について詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、若年層の転職サポートに定評がある転職エージェントです。全国に複数の拠点があるため、地方に住んでいても手厚いサポートを受けられます。

加えてアフターフォローもしっかりしており、転職後の悩みや不安なことまで相談に乗ってくれます。初めての転職や転職に不慣れな方はぜひ活用してみてください。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントの評判について詳しく知りたい方は「マイナビエージェントの評判は悪い?ひどい?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

dodaエージェント

doda

dodaは、手厚いサポートが強みの転職エージェントです。doda独自機能の「レジュメビルダー」を活用すれば、初めての転職でも簡単に職務経歴書を作成できます。

作成した職務経歴書は、サポート力が高いキャリアアドバイザーにチェックしてもらいましょう。あなたの強みをアピールできる書類に仕上がるはずです。

なお、dodaはエージェントサービスのほか、転職サイトとしても活用できます。

自分のペースで転職活動を進めたい人は、エージェントサービスを使わなくても問題ありません。

dodaはこちら

dodaの評判について詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

転職サイトから応募する

メリットデメリット
  • 多くの求人から選べる
  • さまざまな条件で求人を検索できる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • スケジュール管理が大変
  • 応募書類の添削をしてもらえない
  • 面接対策などすべて1人で行わなければならない

転職サイトにはあらゆる業界や職種の求人が掲載されています。気になる求人を見つけたら積極的に応募しましょう。

転職サイトは年収や休日数、勤務エリアなどさまざまな条件で求人を検索できます。あなたの希望を叶える求人が見つかりやすいでしょう。

また転職エージェントとは違い、キャリアアドバイザーと連絡を取る必要がないので自分のペースで転職活動を進められます。

ただし自分1人で転職活動を進めることになるため、スケジュール管理や事前準備、応募書類作成などが大変です。

現職場の忙しさなどを考慮し、転職サイトを使うかどうか判断しましょう。

転職活動で活用したいおすすめの転職サイトは以下の2つです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは圧倒的に求人数が多く、幅広い業界・職種を網羅しているのが特徴です。「オファーを待つ」という機能を使えば、自分から積極的に応募しなくても企業からの連絡を待てます。

リクナビNEXT独自の「グッドポイント診断」も活用してみてください。質問に答えるだけであなたの強みを客観的に判断してくれるため、企業へのアピールポイントがわかります。

リクナビNEXTはこちら

リクナビNEXTの評判について詳しく知りたい方は「リクナビNEXTの評判は?サービスの特徴から強みや弱み、おすすめできる人を徹底検証!」も読んでみてください。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーはハイクラス転職向けの転職サイトです。年収800万円以上の高収入求人が多数揃っています。

キャリアカーバーに登録したら、あとは企業からのスカウトを待つだけでOKです。ヘッドハンターがあなたに合った求人を提案してくれます。

キャリアに自信がある人は、キャリアカーバーを活用してハイクラスの転職を実現させましょう。

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」はこちら

企業サイトから直接応募する

メリットデメリット
  • 応募企業への熱意を伝えやすい
  • 応募したい企業が複数ある場合は効率が悪い

気になる企業の公式サイトから直接応募する方法です。

自分が働きたい企業を狙って応募するため、ある程度転職したい企業が固まっている人におすすめの転職方法と言えます。

転職サイトから応募するより直接応募した方が、企業側もあなたの熱意を受け取ってくれるかもしれません。

一方で応募したい企業が複数ある場合、それぞれのサイトに訪れて応募しなくてはなりません。転職サイトとは違い時間がかかってしまう点がデメリットです。

ハローワークに相談する

メリットデメリット
  • 地元の求人が豊富
    無料で
  • 職業訓練を受けられる
  • 好待遇求人は少ない
  • ブラックな求人が紛れていることがある

ハローワークは地元の求人に強い傾向にあります。無料で職業訓練を受けられるので、スキルに自信がない人におすすめの転職方法です。

一方で好待遇の求人は、転職エージェントや転職サイトに比べるとあまり多くありません。加えてブラックな求人が紛れていることもあるので注意しましょう。

ハローワークでの転職について詳しく知りたい方は「」も読んでみてください。

スカウトサービスに登録する

メリットデメリット
  • 自分で求人を探さなくていい
  • ハイクラスの転職を実現できる
  • 実績が乏しければスカウトが届かない

経歴に自信がある場合はスカウトサービスに登録しましょう。登録したら企業側からスカウトが届くのを待つだけなので、自分で求人を探す手間が省けます。

ただし、スキルや実績が不十分であればスカウトが届きません。主観ではなく、客観的に見てスキルが備わっている場合に活用しましょう。

なおスカウトサービスを利用する場合は、ハイクラス向けの求人が多いビズリーチやキャリアカーバーなどがおすすめです。

有名な大企業や外資系企業の求人を提案してくれます。

ビズリーチの評判について詳しく知りたい方は「ビズリーチの悪い評判は本当?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

企業で働いている社員に紹介してもらう

メリットデメリット
  • 職場環境や労働条件を事前に把握できる
  • 客観的な視点で推薦してもらえる
  • 社内に知り合いがいなければ不可能
  • 企業が必ず取り入れている採用方法ではない

応募したい企業で働いている知り合いから紹介してもらう「リファラル採用」という方法があります。

すでに働いている人から紹介してもらうため、職場環境や労働条件を把握しやすい点がメリットです。

また推薦という形になるので、あなたのスキルや強みを客観的に伝えてもらえます。

ただし、社内に知り合いがいなければ紹介してもらうことはできません。企業側も必ずリファラル採用を取り入れているわけではないので、あくまで限定な方法です。

SNSで企業とつながる

メリットデメリット
  • 応募前から良い印象を与えられる
  • 気軽にコミュニケーションを取れる
  • リアルな情報を入手できる
  • SNSでつながること自体難しい
  • 目立った実績がなければ相手にしてもらえない

SNSを使って企業や社員とつながる方法です。応募する前から企業側とつながっておくことで、良い印象を与えられるでしょう。

SNSということもあり、気軽に企業や社員とコミュニケーションを取れます。

コミニュケーションの第一ステップとして、Twitterの投稿にリプライをするだけでもつながりを持てます。また企業説明会に比べ、よりリアルな情報を手に入れられるでしょう。

ただし、SNSでつながることは簡単ではありません。

目立った実績やスキルがなければ相手にしてもらえないこともあるため、初めての転職や転職に不慣れな場合は向いていない方法と言えます。

【年代別】転職で求められる能力

年代別に転職で求められるは能力は異なります。自分の年代に合わせて必要な能力を理解することが、転職を成功させるポイントです。

20代前半の場合

20代前半は「第二新卒」と呼ばれる時期です。社会人として最低限必要なビジネスマナーは身につけておきましょう。

この年代の場合は、特別なスキルや実績はなくても問題ありません。

企業は第二新卒者に対して将来性を見込んでいます。そのため、自分が中長期的に成長できる人材であるとアピールしましょう。

20代後半の場合

20代後半は高い専門性を求められないものの、コミュニケーションスキルなど基本的な能力は必ず身についていると判断されます。

前職である程度の社会経験を積んだことをしっかりアピールしましょう。

また20代前半と比べ、即戦力として期待されることもあります。転職先で自分が活かせる強みを伝えることが重要です。

30代前半の場合

30歳を過ぎると企業は即戦力を求めます。業界や業種に特化した専門性のほか、マネジメントスキルもアピールしましょう。

若い世代にはない魅力を伝えることが、転職を成功させる秘訣です。実績があれば積極的にアピールしてください。

30代後半の場合

30代後半は30代前半に比べマネジメント経験が求められます。組織の中で重要なポジションに就いていれば、高評価につながるはずです。

一方でマネジメントを始めとするスキルに乏しければ、転職は厳しいものになります。自分がどのように転職先へ貢献できるか、じっくり考えてみてください。

40代の場合

40代向けの求人数は少なくなる傾向にあります。20代や30代に比べると、キャリアチェンジや未経験からの転職が難しいです。

限られた求人を勝ち取るためにも、管理職としての高いスキルをアピールしましょう。スキルや実績に自信があるなら、スカウトサービスも活用してみてください。

転職活動の大まかなスケジュール|転職活動のやり方・仕方

転職活動の大まかな流れを解説します。転職活動を長引かせないため、あらかじめスケジュールを把握しておくことが重要です。

一般的に転職活動は次の順番で進められます。

①事前準備
②業界・企業研究
③応募
④面接
⑤内定

①事前準備

事前準備ではキャリアの棚卸しや転職理由を確認します。採用担当者に何をアピールするのか整理しましょう。

転職理由があいまいだと、採用担当者は積極的に採用しようと思いません。あなたが持つスキルや実績を踏まえて、なぜ転職したいのかしっかり考えましょう。

②業界・企業研究

業界研究や企業研究は丁寧に行ってください。情報収集が不足してしまうと、応募企業に適性があるか把握できません。

応募する企業が固まったら、経営理念や社風などあらゆることを調べましょう。応募企業が求める人材であるとアピールすることが、転職を成功させるポイントです。

③応募

履歴書や職務経歴書を作成し応募します。書類の提出締切に遅れるなど初歩的なミスをしないよう、募集要項はしっかり確認しておきましょう。

働きながら転職活動を行っている場合は、応募書類の作成に時間がかかるかもしれません。日ごろから志望動機や自己PRについて整理しておくことが重要です。

④面接

面接ではテンプレートの回答ではなく、自分の言葉で伝えることが重要です。

採用担当者に好印象を与えるため、あなたの強みをしっかりアピールできるような想定問答を考えてみましょう。

また、1人で面接対策をすることが難しい場合は、転職エージェントを活用してみてください。客観的な視点でアドバイスしてくれます。

⑤内定

内定が出たら、承諾するかどうかを検討します。内定を辞退する場合は、できるだけ早めに伝えることが重要です。

一方で、内定を承諾することを決めたら退職準備を進めます。あらかじめ就業規則を確認し、いつまで退職を申し出ればいいのか確認しておきましょう。

転職活動でよくある疑問

転職活動でよくある疑問とその答えをまとめました。あらかじめ疑問点を解消しておき、スムーズに転職活動を進めましょう。

転職活動に必要な期間はどのくらい?

転職活動に必要な期間は3か月程度と言われています。ただし必ずしも3か月以内に転職を決める必要はありません。

納得がいく求人に出会えなければ、その分転職活動が長引くこともあるでしょう。転職後に後悔することを防ぐためにも、焦って転職先を決めることは禁物です。

転職に必要な期間については「転職活動に必要な期間の目安はどのくらい?転職活動を長引かせないポイントを解説」も読んでみてください。

転職活動は退職前に始めた方がいい?

転職活動は退職前に始めることをおすすめします。退職してから転職活動を始めると、精神的に辛い思いをすることがあるからです。

すでに退職をしていてなかなか応募先の企業から内定をもらえなければ、焦りばかり募ってしまいます。収入がない期間が続くことで、金銭面にも不安を感じるでしょう。

予想以上に転職活動が長引くことも考慮し、在職中に始めた方が無難です。

どのタイミングで転職をするべき?

人によってベストな転職タイミングは異なります。

新卒で入社した会社の場合は、3年前後は働いてみることを1つの目安としましょう。学生生活を終えた直後は「仕事が辛い」と感じて当たり前だからです。

また、転職すべきタイミングは転職の目的によって異なるので、詳しくは「転職のタイミングはいつがベスト?目的別にタイミングを解説」を読んでみてください。

転職をする際は資格を取得しておくべき?

転職において必ずしも資格は必要ではありません。ただし、取得しておくと転職で有利に働くこともあります。

多くの業界においてニーズが高い資格は次の6つです。

  • TOEIC
  • 日商簿記検定
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 公認会計士

ただし上記の資格が実際に評価されるかどうかは、転職する業界によります。まずは転職したい業界を明確にしたうえで、資格取得に臨みましょう。

資格について詳しく知りたい方は「資格があると転職で有利?本当に役立つおすすめ資格を紹介!」も読んでみてください。

あなたに合った転職方法を選ぼう

転職方法には、転職エージェントを活用したり転職サイトに登録したりする方法があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、あなたに合った転職方法を選ぶことが転職を成功させるポイントです。

また転職では、年代別に求められる能力が異なります。企業から求められる能力を理解して、悔いのない転職を実現させましょう。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611