転職活動に必要な期間の目安はどのくらい?転職活動を長引かせないポイントを解説

公開日:2021年8月18日 更新日:2021年9月2日

転職活動にはどのくらい期間がかかるか把握していますか?闇雲に転職活動を始めてもメリハリをつけるのが難しく、ダラダラと長引いてしまう危険性があります。

本記事では、転職活動に必要な期間と転職活動を長引かせないポイントを解説します。

できるだけ短期間で悔いのない転職を実現させるため、ぜひ参考にしてください。

転職活動に必要な期間は平均3か月程度が目安

一般的に転職活動に必要な期間は3か月程度と言われています。

ビズリーチが行った「転職を考えてから、実際に他の企業に入社するまでの期間に関してのアンケート」によると、40.3%の人が「3か月未満で転職活動が完了した」と回答しています。

同アンケートによると、長くても半年以内に転職を成功させた人が多いようです。ただし40代、50代と年代が上がるにつれて求人数が少なくなる傾向にあります。

その他にも、納得がいく求人に出会えない場合にも転職活動期間が長引くことが考えられます。

無理に転職を決めても、ミスマッチが起こったり新しい職場でストレスを感じたりすることもあるので注意しましょう。

なお、3か月はあくまで目安であり、必ずしも3か月を目標とする必要はりません。あなたが希望する条件を叶えられる職場を見つけることがもっとも重要です。

転職活動期間のスケジュール例

転職活動の大まかなスケジュールと期間をまとめました。転職準備から退職が完了するまで、3〜4か月かかるものとしてスケジュールの一例を紹介します。

  • 転職準備:約1週間
  • 求人探し・応募書類作成:約1〜2週間
  • 求人応募・面接:約6〜8週間
  • 内定・退職:約4〜6週間

それぞれ詳しく解説していきます。

転職準備:約1週間

約1週間かけて転職の準備を行います。転職準備では主に次の2つを行いましょう。

  • 自己分析
  • 情報収集

自己分析

自己分析をすることであなた本来の強みが見えてきます。キャリアの棚卸しを通して、あなたができることを再確認してみてください。

自分のスキルや経験、知識が把握できれば、企業へアピールするポイントを上手くまとめられます。

ただし自分の強みや得意なことを一方的に伝えても、採用担当者の心に響くことはほとんどないので注意しましょう。

情報収集

自己分析に加え情報収集も丁寧に行うことが重要です。

企業に関する情報収集をすると、転職を考えている業界や企業ではどのような人材が求められているのか理解できます。

情報収集が不足してしまうと、転職後のミスマッチが起こりやすくなるので注意しましょう。

また自己分析や情報収集と一緒に、転職理由や転職で叶えたい希望も明確にすることが大切です。転職準備を丁寧に行うことで、転職の軸がブレなくなります。

求人探し・応募書類作成:約1〜2週間

約1週間から2週間かけて、求人探しと応募書類の作成を行います。自己分析を通して把握したあなたの強みをもとに、求人を探してみましょう。

求人探し

同じ業種か異業種のどちらを選択するか、今後のキャリアプランをもとに考えてみましょう。

同業種に転職するなら、これまで培ってきた経験やスキルを存分にアピールできるはずです。

一方で異業種に転職するなら、なぜ未経験から挑戦しようと思ったか理由を明確にする必要があります。

転職理由が曖昧だと、採用担当者から高評価をもらうことは難しくなるので注意しましょう。

応募書類作成

ある程度業種が絞れたら応募書類を作成します。応募企業に適正があることをアピールできるような書き方を意識しましょう。

応募書類には次の3つが必要です。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 送付状

履歴書はあなたの氏名や住所といった基本情報、職歴や志望動機などを伝える書類です。採用担当者にしっかり読んでもらえるよう、丁寧に書きましょう。

職務経歴書は職歴の詳細を書く書類です。これまでの経験や身についているスキルなどを、具体的にアピールします。

送付状は、採用担当者が一目見て何が同封されているか判断できるように添付する書類です。基本的なビジネスマナーとして忘れずに書きましょう。

転職での必要書類について詳しく知りたい方は「転職活動に必要な書類は?応募・面接・入社などの状況別に紹介」も読んでみてください。

求人応募・面接:約6〜8週間

応募書類が完成したら、求人に応募します。書類選考から面接が終わるまで、6週間から8週間かかるものとしてスケジュール調整しましょう。

求人応募

求人は2〜3社程度まとめて応募することをおすすめします。

「まずは1社にだけ応募して、選考結果が分かってから次の行動に移る」というやり方は、効率が良くありません。

結果が出るまでの間、待っているだけの時間が生じるからです。

リクナビが行った「転職先が決まるまで何社に応募したかに関するアンケート」によると、59%の人が「1〜4社」と回答しました。

複数の企業を比べたい人や早く転職先を決めたい人は、できるだけ多くの企業へ応募した方が良いでしょう。

ただし一度に多数の企業へ応募してしまうと、面接の予定が詰まるなどスケジュール調整が難しくなります。同時に応募するのは2〜3社程度に留めておくのが無難です。

面接

面接では転職理由や志望動機、あなたの長所・短所などが質問されます。スムーズに答えられるよう、あらかじめ回答内容を準備しておきましょう。

テンプレートのようなありきたりな回答にならないよう、あなた自身の言葉でアピールすることも重要です。

もし答えに詰まった場合でも、落ち着いて対処することがポイントです。焦ってしまえば「臨機応変に対応できない人」などマイナスな印象を与えてしまいます。

また面接では回答内容のほかに、見た目の印象も評価対象です。面接時はスーツを着用し、身だしなみをチェックしたうえで面接に臨みましょう。

面接での服装について詳しく知りたい方は「転職面接時の正しい服装とは?男性・女性別のスーツ着こなしのチェックポイントを紹介」も読んでみてください。

内定・退職:約4〜6週間

面接が終わり内定が出たら、承諾するかどうかじっくり考えましょう。内定を承諾する企業が決まったら、退職準備に入ります。

一般的には、退職の申し出から退職まで1か月程度かかります。引き継ぎ業務があることも考慮し、早めに退職の旨を伝えましょう。

なお円満退職するためにも、退職理由は丁寧に伝えることが重要です。ネガティブな理由ではなく「新しいことにチャレンジしたいから」など前向きな理由を伝えましょう。

上司から引き留められたとしても、退職の意思が固いことを伝えるようにします。

転職活動期間が長引いてしまう理由

平均的な転職活動期間は3か月程度ですが、どうしても長引いてしまうケースがあります。

以下の5つの理由を確認し、転職活動が長引かないよう参考にしてください。

  • 転職理由が明確でないから
  • 1社ずつ応募しているから
  • 面接日程の調整に時間がかかるから
  • 面接結果がすぐに分からないことがあるから
  • 退職交渉に時間がかかるから

それぞれ詳しく解説していきます。

転職理由が明確でないから

転職理由が明確ではないと転職活動が長引く傾向にあります。希望する業種を絞れないので、企業へ応募するまで時間がかかってしまうからです。

転職で実現したい希望条件が曖昧だと、どの業界や業種へ転職すれば良いか分からなくなります。

「何となく転職したいから」という理由では、仮に転職したとしても現状と同じ不満を抱えることになるでしょう。

転職活動を長引かせないためにも、まずは転職理由を明確にすることがポイントです。自己分析を通して、あなたが転職で叶えたい希望を考えてみてください。

なお1人で考えるのが難しい場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが、親身になってあなたの相談に乗ってくれるはずです。

1社ずつ応募しているから

1社ずつ応募すると転職活動が長引いてしまう傾向にあります。選考結果が出るまで、ただ待っているだけになってしまうからです。

当然ですが、選考は必ず通過できるわけではありません。1社応募して落ちてしまった場合、次の企業へ応募するため最初から準備し直すことになります。

「落ちたらどうするか」を考えるよりも、2〜3社程度まとめて応募する方が効率良く転職活動を進められます。

面接日程の調整に時間がかかるから

面接日程の調整に時間がかかることで、転職活動が長引いてしまうことがあります。

特に働きながら転職活動を行う場合、面接に足を運べる日が限られるので日程調整が大変です。

働きながら転職活動を行う場合は、有給休暇や半日休暇などを上手く活用し、面接に行ける日程を確保する必要があります。

どうしても日程の調整が難しいなら、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントはあなたの代わりに面接日程を調整してくれます。

「平日休みが取りづらい」「休日に対応して欲しい」などの要望を伝えれば、転職エージェントが企業側とうまく調整してくれるはずです。

面接結果がすぐに分からないことがあるから

面接結果がすぐに分からないと転職活動が長引いてしまいます。すぐに面接結果を教えてくれない企業があることを覚えておきましょう。

ただ面接結果を待っているだけでは、転職活動が長引くだけです。面接時に結果が分かるまでの目安期間を聞いておくと、次の行動を起こしやすくなります。

例えば、面接結果を待っている間に次の企業へ応募するのも有効です。転職活動中は「何もしない時間」を極力作らないようにしましょう。

退職交渉に時間がかかるから

退職を引き止められるなど、退職交渉がスムーズに進まないこともあります。退職交渉に時間がかかると、転職活動が長引いてしまいます。

円満退職するためにも、退職理由は前向きな理由を伝えましょう。既に転職先が決まっている場合、その旨を正直に伝えれば退職を引き止められる可能性は減ります。

なお退職手続きとして、退職の1か月前に退職願を提出するのが一般的です。ただし会社によってタイミングが異なるので、あらかじめ就業規則を確認しておきましょう。

転職活動期間を長引かせないポイント

転職活動を長引かせないポイントを4つ紹介します。ポイントを押さえてスムーズに転職活動を進め、悔いのない転職を実現させましょう。

具体的なポイントは以下の4つです。

  • 自己分析を丁寧に行う
  • 在職中に転職活動を行う
  • 業界や応募企業の情報を集める
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく解説していきます。

自己分析を丁寧に行う

転職準備期間で自己分析を丁寧に行いましょう。自分自身の強みや転職理由が把握できていれば、どの業種に応募しようか悩んで決めきれないことはなくなるはずです。

スキルの棚卸しにより、自分が得意なことを改めて確認しましょう。もしかしたら、自分でも気づかなかった意外な強みが隠されていることがあるかもしれません。

また転職理由を明らかにすれば、ストレスなく働ける条件が見えてきます。

ただしすべての条件を叶えることは難しいので、絶対に譲れない条件を1〜2個決めておくと良いでしょう。

在職中に転職活動を行う

転職活動は在職中に行いましょう。退職してから転職活動を行うと、金銭面や精神面で不安が生じやすくなるからです。

退職すると失業手当を受け取ることができますが、自己都合退職の場合は退職から2か月経たないと受け取れません。

また2か月の間に転職の目途が立てば良いのですが、転職活動が長引いてしまえばその分だけ不安が大きくなるでしょう。

失業手当を受け取ったとしても、どの企業にも属していない状態は続きます。

もしかしたら、退職してからの方が時間に融通を利かせられるだろうと思うかもしれません。

しかし金銭面や精神面に不安を抱えないためにも、転職活動は在職中に行いましょう。

業界や応募企業の情報を集める

業界や応募企業の情報をしっかり集めましょう。情報収集が不足すると、応募企業が求める人材を把握できないからです。

あなたがどれだけ優秀な人材でも、企業側が求めている人物像にマッチしていなければ採用される可能性は低くなります。

仮に転職できたとしても、転職後にミスマッチが起こるので、長く働くのは難しいでしょう。

採用担当者に高評価を与えるには、あなたが企業に適性があると伝えることが重要です。

また情報収集の丁寧さは、応募企業に対する志望度の高さとも言い換えらます。企業側としても、自分たちの情報を詳しく知ろうとしてくれる人材を好むはずです。

情報収集を丁寧に行い、あなたのスキルを活かせる職場を見つけましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用すれば転職活動をスムーズに進められます。転職エージェントは、応募書類の添削や面接日程の調整などをサポートしてくれるからです。

採用担当者に読まれる書類を作るのには時間がかかります。1人で書こうとすると行き詰ってしまうので、業界を知り尽くしたプロ視点のアドバイスをもらうことが重要です。

また面談の日程が決まらないことも、転職活動が長引く原因と言えます。

転職エージェントに要望を伝えれば企業との調整を代行してくれるので、働きながら転職活動を進めている場合は大きなアドバンテージになるでしょう。

さらに転職エージェントは給与交渉もしてくれます。自分で給与交渉をするのが不安な人にもおすすめです。

転職活動で活用したいおすすめの転職エージェントは以下の2社です。

doda

doda

dodaには企画や事務、営業、SEなどあらゆる職種に特化したキャリアアドバイザーが在籍しています。

あなたのスキルが最大限活かせる職種や企業を提案してくれるのが特徴です。

またdoda独自の「doda年収査定」というツールを活用すれば、自分の市場価値を正しく把握できます。自分の市場価値が分かれば、応募する企業を選びやすくなるでしょう。

dodaを活用して、理想の転職先を探してみてください。

dodaはこちら

doda評判について詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。転職先の幅が広がるので、あなたにとって理想の職場が見つかりやすくなるでしょう。

また、企業との交渉力があるのもリクルートエージェントの強みです。さまざまな企業と繋がりがあるため、年収や雇用条件などを交渉してもらえます。

リクルートエージェントを活用して、ストレスなく働ける仕事を見つけましょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

転職期間を長引かせないためにはスケジュール調整が重要

転職に必要な期間は3か月程度と言われています。ただし転職理由が不明確だったり1社ずつ応募したりすれば、転職期間が長引いてしまうでしょう。

転職期間を長引かせないためには、スケジュール調整が重要です。転職活動をスムーズに進めるため、以下の4つのポイントを意識してみてください。

  • 自己分析を丁寧に行う
  • 在職中に転職活動を行う
  • 業界や応募企業の情報を集める
  • 転職エージェントを活用する

まずはしっかりとスケジュールを立て、転職期間が必要以上に長引かないよう心掛けましょう。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611