転職のタイミングはいつがベスト?目的別にタイミングを解説

公開日:2021年7月17日 更新日:2022年4月15日

どのタイミングで転職するのがベストなのかわからず、なかなか行動を起こせずにいませんか?

転職のタイミングを逃してしまうと、次のチャンスはなかなか巡ってこないかもしれません。

逆に検討不足のまま転職を決めてしまうと、「やはり転職すべきではなかった」と後悔する可能性もあります。

転職を成功させるためには、自分に合ったタイミングを見極めることが大切です。本記事では、転職に最適なタイミングを目的別に解説します。

おすすめの転職エージェントを見る

目次

新卒入社してから転職するまでは何年がベスト?

新卒入社してから転職するまでの期間は、最低でも3年前後が目安と言えます。

3年前後が目安である理由は、ビジネスマナーやスキルを一通り身に付けるのに必要な期間だからです。3年程度働くことで、一人前の社会人として周囲にも認めてもらえます。

また学生生活を終えた直後は、社会人生活が辛いと感じて当たり前です。

「辞めたい」という感情は一時的なものであり、3年程度働いた頃には仕事にやりがいを感じている可能性もあります。

ただし労働環境が劣悪だったり成長を見込めなかったりする場合は、3年を待たずして転職を検討すべきです。

我慢しながら働くことはストレスが溜まる原因であり、心身ともに疲弊してしまいます。

同じ会社で5年前後働き、同業種・同職種に転職する場合は、即戦力として扱ってもらえるでしょう。今よりも高待遇の職場も探しやすいです。

ただし即戦力として期待される分、高いスキルが求められることも忘れてはいけません。

おすすめの転職エージェントを見る

【季節別】転職に最適なタイミングは何月?

季節別の転職しやすいタイミングを、以下にまとめます。各季節の適切な転職タイミングを把握しておきましょう。

春に転職したい場合:3月

春に転職したい場合は、3月がおすすめです。

3月は新年度に向けて、急ぎで募集を出す企業が増えます。そのため、求人の選択肢が多い時期と言えるでしょう。

夏に転職したい場合:8月

夏に転職したい場合は、8月がおすすめです。下半期が始まる10月に向けて、8月頃から求人数が増加するからです。

特に、まとまった時間を取れるお盆休みは、転職の準備期間にも充てられます。現職が休みとなる期間を利用し、応募書類の作成や面接練習に取り組みましょう。

秋に転職したい場合:9月

秋に転職したい場合は、9月がおすすめです。9月は、10月からの下半期に向けて採用活動が活発化します。

特に人員が不足している企業は、上半期の直前で人員確保を急ぎます。

求人サイトを毎日チェックしておくと、これまでに見つけられなかった好条件の案件が掲載されているかもしれません。

冬に転職したい場合:2月

冬に転職したい場合は、2月がおすすめです。春に近づけば近づくほど、企業の採用活動は活発になっていくからです。

また、年末年始を利用すれば、転職活動の準備期間を確保できます。余裕を持ったスケジュールを立て、転職活動に臨みましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

【目的別】転職に最適なタイミングはいつ?

転職に最適なタイミングは人によって異なります。悔いのない転職を実現させるためには、転職の目的や転職時の年齢、転職理由などを考慮すべきです。

ここでは、以下の目的に応じた転職に最適なタイミングを解説します。

  • キャリアアップのために転職する場合
  • キャリアチェンジのために転職する場合
  • 結婚や出産などライフイベントのために転職する場合
  • 資格を活かすために転職する場合
  • 劣悪な労働環境を変えるために転職する場合

キャリアアップのために転職する場合

キャリアアップ(自身の経歴やスキルの向上)のために転職するなら、今の仕事をやり切ったと胸を張れるタイミングがベストです。

中途半端な状態でキャリアアップを目指してもうまくいきません。

採用担当者は、あなたがキャリアアップするために必要なスキルや経験、積み重ねてきた実績をチェックしています。

実績が伴っていない場合、採用担当者にキャリアが浅いことを見抜かれてしまいます。

キャリアアップのために転職するなら、まずは今の会社で実績を積みましょう。

客観的に見て評価されるスキルが身に付いたときが、転職にベストなタイミングと言えます。

キャリアチェンジのために転職する場合

キャリアチェンジ(業界・業種の転換)のために転職するなら30歳までがベストです。

他業界や他業種へ転職する場合、30歳を過ぎると難しい傾向にあります。理由は将来性の観点で、中堅よりも若手の方が優遇されやすいからです。

新しいことにチャレンジするのに年齢は関係ないと言われますが、若さは最大の武器です。

企業側も未経験者を採用するなら、成長が見込める若手を採用したいと考えます。

20代のうちなら新しい環境にも適応しやすいので、キャリアチェンジのために転職するなら30歳までがベストなタイミングです。

結婚や出産などライフイベントのために転職する場合

結婚や出産などライフイベントのために転職する場合は、一概にベストなタイミングは存在しません。タイミングはパートナーとよく相談する必要があります。

特に転職によって引っ越しを伴う場合は、自分だけでなくパートナーの仕事を今後どうするかも検討事項となります。

なお出産前に転職する場合は、出産を考えている時期の1年以上前に転職するのがおすすめです。

その理由は、企業によっては入社1年未満の従業員の育児休暇を拒否する場合があるからです(育児介護休業法に基づく権利)。

大きなライフイベントがある場合は、生活環境の変化を考慮して転職のタイミングを決めましょう。

資格を活かすために転職する場合

今後資格を取得する予定がある場合は、資格を取得してからの転職がベストなタイミングです。

資格取得前に転職してしまうと、スキルや知識をアピールすることは難しくなります。

宅地建物取引士やTOEIC、日商簿記など、転職に役立つ資格を取得するための勉強には、膨大な時間がかかります。

試験自体も頻繁に開催されているわけではないので、仮に不合格だった場合、面接でスキルや知識をアピールできません。

あらかじめ資格を保有した状態で転職活動に臨んだ方が、スキルや知識をアピールしやすいです。

劣悪な労働環境を変えるために転職する場合

劣悪な労働環境に悩まされている場合は、なるべく早く転職を検討すべきです。

パワハラや長時間残業に悩まされていて、労働環境が改善される見込みがない場合、ストレスを抱えたまま働くことになります。

過度のストレスを抱えたまま働き続けると、心身に異常をきたすのは時間の問題です。我慢せず、自分の心身を最優先しましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

【年代別】転職タイミングごとに企業が求めるスキル

転職時に企業が求めるスキルは、年代によって異なります。年齢に応じたスキルを身に付けることが転職を成功させるポイントです。

ここでは以下の年代別に、企業が求めるスキルを紹介します。

  • 25歳未満(第二新卒)の場合
  • 25〜29歳の場合
  • 30〜34歳の場合
  • 35〜39歳の場合
  • 40歳以上の場合

25歳未満(第二新卒)の場合

大学卒業から3年程度の「第二新卒」と呼ばれる時期に転職する場合は、最低限のコミュニケーションスキルやPCスキルを身につけておきましょう。

25歳未満は転職までの期間が早いと判断されやすいタイミングです。

社会人として最低限必要なビジネスマナーが身についていないと、転職で不利になる可能性があります。

一方で将来性を見込み、第二新卒を歓迎する企業があるのも事実です。今の仕事で学んだスキルとともに、将来有望な人材であることをアピールしましょう。

25〜29歳の場合

25〜29歳の年代の場合、第二新卒と比べある程度経験を積んでいると判断されます。

コミュニケーションスキルや事務能力はアピールポイントというよりは、身に付いていて当然という見方をされます。

20代であればまだ若手の分類であるため、業界・業種に特化した専門性はそれほど重要視されません。

しかし面接において「これまでのキャリアで何を身に付けてきたのか」は必ずといっていいほど問われます。

これまでのキャリアを振り返り、自分の強みを明確にしておきましょう。

30〜34歳の場合

30歳を過ぎると、次の企業では即戦力として期待されます。業界・業種に特化した専門性も求められます。

中堅にさしかかる年代でもあるため、年齢に応じたマネジメントスキルも必要です。

若手を指導した経験やチームを牽引した経験などがあれば、面接時に積極的にアピールしましょう。

35〜39歳の場合

35〜39歳になるとマネジメント経験が求められるケースが多いです。

若手の育成経験があるとさらに高評価をもらえるはずです。これまで積み重ねてきた実績やキャリアをアピールしてください。

一方で40歳を前にしてマネジメント経験がほとんどない場合、転職が厳しくなります。

できるだけ、35歳を過ぎるまでにマネジメントを担うポジションに就けるよう努力しましょう。

またハイクラスの転職を目指すなら、実績だけでなく高い専門性やリーダーシップなどが必須です。

40歳以上の場合

40歳以上になると管理職としての実力が試されることが多いです。30代より求められるスキルが高度化するので、転職の難易度も上がると考えてください。

マネージャーなど組織の中でも高い役職に就いている場合は、その役職を通じて得たスキルをしっかりアピールしましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職活動を進めるタイミングや順序

転職活動は以下の順序で進んでいきます。

  • ①事前準備
  • ②業界・企業研究
  • ③企業へ応募
  • ③面接
  • ④内定

それぞれのタイミングを把握しておきましょう。

①事前準備

転職には平均3か月程度の期間を要するので、転職を決意したらすぐに準備に取り掛かりましょう。事前準備には1週間くらいかかる想定をしておくと良いです。

事前準備は次のようなことを行います。

  • キャリアの棚卸し
  • 自己分析
  • 転職理由の整理

今の会社で身に付いたスキルや積み上げてきた実績を自分の中でまとめておきます。採用担当者にアピールする材料を整理しましょう。

また、自己分析を丁寧に行うことで、あなたが持つ本来の強みが見えてきます。

自分自身を深く客観視し、これからどのようなキャリアを築いていきたいのか考えてみましょう。

転職理由が曖昧だと、応募書類や面接で志望動機を正しく伝えられません。転職で実現したいことやチャレンジしたいことを明確にすべきです。

もし転職の時期が明確に決まっていない場合は、事前準備だけでも済ませておくと後から楽になるでしょう。

②業界・企業研究

業界研究や企業研究は、事前準備を終えたらすぐに取り掛かりましょう。事前準備と並行して行っても問題ありません。

業界研究や企業研究が不十分だと、応募企業が求める人材であることをアピールできません。そのため、業界研究や企業研究には、最低でも1〜2週間は費やすべきです。

業界研究や企業研究を深く行えば、応募企業に対する志望度の高さを伝えることもできます。

「どうしても御社で働きたい」という気持ちを伝えるために、時間をかけて丁寧に行いましょう。

③企業へ応募

希望に合った求人を見つけたら、すぐに応募しましょう。なぜなら、応募を遅らせると募集が締め切られてしまう恐れがあるからです。

また、期日に遅れるなど初歩的なミスをしないよう、応募要項はしっかり確認してください。

働きながら転職活動を行っている場合は、応募書類の作成に時間がかかることが考えられます。志望動機や自己PRなどに書く内容は、日ごろから整理しておきましょう。

応募書類は手書きもしくはパソコンどちらで作成しても問題ありません。採用担当者が読みやすいよう丁寧に仕上げてください。

④面接

応募から面接への案内までは、1〜2週間かかることを想定しておきましょう。すぐに面接まで進める場合もあれば、日程調整に時間がかかる場合もあるからです。

そのため、あらかじめ時間がかかることを想定し、余裕を持ったスケジューリングをするべきだと言えます。

また、転職面談を突破するには、テンプレートの回答ではなく自分自身の言葉で伝えることがポイントです。採用担当者の心に刺さるようしっかり対策しましょう。

なお転職エージェントを利用して転職活動をする場合、面接練習を行ってもらえます。面接に苦手意識がある場合は積極的に利用してみてください。

⑤内定

合否の連絡は早ければ即日〜1日後、長ければ1〜2週間後くらいのタイミングで来ます。企業によって連絡のタイミングが大きく異なることを理解しておきましょう。

内定が出たら、承諾するかどうか検討します。第一志望の企業ではないなどの理由で断る場合は、内定承諾締切日よりも前に決断しましょう。

内定承諾を決めたら退職の準備も進めます。退職にあたっては、引き継ぎ業務なども発生します。

退職したいと思ったタイミングですぐに退職できるとは限らないので、転職先への入社時期を踏まえながら動き始めましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

転職タイミングを考える上での注意点

転職タイミングを考える上での注意点は、以下の3つが挙げられます。

  • 3~6か月程度の転職活動期間設けておく
  • 転職活動が長期化することも覚悟する
  • 退職にかかる時間も考慮する

3~6か月程度の転職活動期間を設けておく

転職活動期間は、3〜6か月を目安にしましょう。情報収集から書類作成、面接、内定などのすべてのプロセスを踏むと、それなりに時間がかかります。

また、企業からの連絡待ちや応募企業が見つからないなどの理由で、転職活動が長引く可能性もあるため、余裕を持って計画を立てるべきです。

転職活動が長期化することも覚悟する

転職活動が長期化することも覚悟しておくべきです。長びかせたくないという気持ちが強いと、焦って転職先を決めてしまう恐れがあるからです。

しっかりと検討せずに転職先を選んでしまうと、転職を繰り返してしまう可能性もあります。

転職先選びで失敗しないためにも、長いスパンで、広い視野を持って転職活動に臨みましょう。

退職にかかる時間も考慮する

転職したいタイミングが決まっている場合は、退職にかかる時間も考慮して転職活動を進めましょう。

退職するにあたっては、各種手続きや引き継ぎなどを行う必要もあります。

退職したいと思ったタイミングですぐに退職するのは難しく、一般的には1か月程度の時間がかかります。

そのため、余裕を持ったスケジューリングが大切です。

転職タイミングを相談したい場合は転職エージェントに登録しよう

転職のタイミングについて相談したい場合は、転職エージェントに登録しましょう。転職のプロが、さまざまな事情を考慮しアドバイスをしてくれます。

以下の2つの転職エージェントは無料で相談ができるため、ぜひ登録してみてください。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、10万件以上の非公開求人を保有する転職エージェントです。転職サポートが充実しているため、積極的に活用しましょう。

実績豊富なキャリアアドバイザーが、転職のタイミングについての相談にも乗ってくれます。

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

リクルートエージェントはこちら

dodaエージェント

doda

出典:doda

dodaエージェントは、リクルートエージェントに並ぶ大手転職エージェントです。

求人数の多さだけでなく、キャリアアドバイザーの質にも定評があります。

些細な相談にも乗ってくれるので、転職タイミングについて不安があれば気軽に相談してみましょう。

dodaエージェントについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

dodaはこちら

転職のタイミングでよくある疑問

転職のタイミングでよくある、以下の6つの疑問にお答えします。

  • 就職後にすぐ転職するのはあり?
  • 住宅ローンを組むなら転職前?転職後?
  • 「昇進してから転職」と「昇進前の転職」ならどちらを選択すべき?
  • コロナ禍でも転職できる?
  • ボーナスが出るまで転職は待つべき?
  • 転職に適しているのは出産前?出産後?

あらかじめ疑問を解消しておき、悔いのない転職を実現させましょう。

就職後にすぐ転職するのはあり?

就職後すぐに転職するのは絶対にNGではありませんが、次の転職時に採用担当者からの印象が悪くなりやすいので注意してください。

企業は長く働いてくれる人材を求めています。

すぐに転職するということは、採用担当者に「自社でも長く働いてくれないのではないか」と不信感を与える可能性があります。

明確な理由がない限り、就職してすぐのタイミングで転職するのは避けましょう。

住宅ローンを組むなら転職前?転職後?

住宅ローンを組むなら転職前がおすすめです。

住宅ローンを組む要件として、安定した収入や勤続年数の長さなどが求められます。勤続年数は1年以上、または3年以上を審査基準とする場合が多いです。

転職直後は、収入面と勤続年数面のどちらも不利な状態です。しばらくは審査に通らないことも考えられるので、住宅ローンを組むなら転職前が良いでしょう。

ただし、転職前に住宅ローンを組む場合、転職後に収入が落ち込む可能性も考慮するべきです。収入が落ち込むと、毎月のローン支払いが厳しくなる恐れもあります。

転職と住宅購入を同時期に検討する場合、転職後の収入込みでシミュレーションしておきましょう。

「昇進してから転職」と「昇進前の転職」ならどちらを選択すべき?

昇進してから転職した方が条件的に有利です。書類審査時や面接時も、昇進したことを1つのアピール材料とできます。

ただし昇進してすぐのタイミングで転職することは、今の会社にとっては迷惑になりえます。

抜けたポストの穴埋めは、そう簡単なことではありません。迷惑をかけてしまった結果、円満退社できない可能性もあります。

昇進したということは、今の会社があなたの経験やスキルを評価しているということを忘れてはいけません。

キャリアや年収などを総合的に判断して転職するかどうか決めましょう。

コロナ禍でも転職できる?

新型コロナウイルスの流行により国内全体で就職・転職が難しくなっていることは事実ですが、実際の転職しやすさは業界次第です。

コロナ禍でもIT業界やWeb業界などオンライン主体の業界は狙い目です。

外出自粛や緊急事態宣言などにより、新たなオンラインサービスが続々と誕生しています。

これから伸びそうな企業を選べば、大手企業でなくてもキャリアアップを狙えるでしょう。

一方で人と接することが多い飲食業界や旅行業界は厳しい現状です。新卒・中途問わず、採用人数が減っています。

転職を希望する業界や企業の業績を見て、転職するかどうかを判断してください。

ボーナスが出るまで転職は待つべき?

ボーナスを受け取ってから転職した方が金銭面で有利です。

ボーナス支給を目前にして退職してもメリットはありません。ボーナス支給日から逆算し、退職日を決定しても良いでしょう。

ただし長時間労働やパワハラなど、劣悪な職場環境に悩まされている場合は話は別です。

ボーナスが出るからといって、心身に影響が出るほどの我慢は望ましくありません。お金よりも健康面や精神面を優先しましょう。

転職に適しているのは出産前?出産後?

出産の直前・直後の転職は、どちらも望ましくありません。出産・育児は体力的にも精神的にも負担が大きいので、転職活動に力を入れる余裕がなくなるからです。

どうしても出産前に今の仕事を辞めたいのであれば、退職後はしばらく出産・育児に専念し、落ち着いてから転職活動を開始するのが良いでしょう。

出産後に転職活動をする場合は、育児が落ち着き余裕が出てきてからが望ましいです。

最適なタイミングを見極めて転職を成功させよう

ここまでご紹介したように、転職が最適なタイミングは、転職の目的によって異なります。転職時の年齢や転職理由なども加味し、総合的に判断しましょう。

  • キャリアアップしたい場合:今の仕事をやり切ったタイミング
  • キャリアチェンジしたい場合:30歳までのなるべく早いタイミング
  • 結婚や出産などライフイベントがある場合:パートナーと相談して決めたタイミング
  • 資格を活かしたい場合:目的の資格を取得したタイミング
  • 劣悪な労働環境を変えたい場合:我慢の限界を感じたタイミング

企業側が求めているスキルは年代別に異なります。自身の年齢にふさわしいスキルを身につけることが転職を成功させるポイントです。

企業が求めるスキルを身につけたうえで、ベストな転職のタイミングを見極めましょう。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611