東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

競合ドライバーが少ない?鳥取でタクシードライバーになるメリット

2020年05月25日 エリア情報


ここでは、鳥取県でタクシードライバーになろうと考えている方の後押しをするべく、県の特徴やタクシー会社の数といったものをご紹介しています。

実際に、鳥取県でタクシードライバーに転職するメリットや魅力というものを、ドライバー視点からご覧いただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、合わせて人気の高い観光エリアなどもご紹介していますので、そちらもチェックして頂ければと思います。

 

鳥取の人口とタクシー数

まず鳥取県でタクシードライバーに転職する際に、知っておきたいやタクシー会社の数や稼動台数といったものを見ていきましょう。

また、県の特徴や人口と照らし合わせてみて、そこからドライバー視点での魅力的なポイントというものもご覧いただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

タクシードライバーとして見た鳥取

鳥取県は全国の都道府県の中でもっとも人口が少ない県です。

鳥取県内の人口は58万人ほどで、次いで人口の少ない隣の島根県とも10万人ほどの開きがあります。

ちなみに、人口が少ないとなるとタクシーを利用する機会や、ドライバーとしての仕事がないのではないかという不安が生まれてきますが、そんなことはありません。

 

鳥取県は人口が少ない分、同じようにタクシー会社の数も全国最小で、その数は30社ほどで、登録されているタクシーの台数も700台となっています。

ちなみに先ほどもご紹介した鳥取県の隣にある島根県の場合、タクシー会社や台数といったものがこの倍近くの数字となります。

このことからも、鳥取県のタクシー会社の数がどれだけ少ないかということが分かりますが、実はそこにドライバーから見ての魅力が隠されているわけです。

 

まずタクシーの台数と人口の割合比率を計算してみると、0.1%ほどになるのですが、これは競合相手が圧倒的に少ないことを意味しています。

そのため、同じような人口の地域よりもタクシー同士でお客様を取り合うリスクが減り、結果的に安定した成績・売り上げといったものが確保できるようになっています。

 

また、県の人口は県庁所在地である鳥取県と第2の都市である米子市に分散されているため、県の東西に渡って働くエリアが分布されているというのも特徴のひとつです。

人口が一極集中型ではないため、幅広いエリアで働くことが可能で、県に広がる多くの観光地にも乗客を獲得しに行きやすくなっているというのも鳥取県のタクシードライバーにとっては魅力的なポイントと言えるでしょう。

 

鳥取でタクシードライバーに転職することの魅力

鳥取県は、人口が少ない分、タクシー台数も同じように少ないため、競合が起こらずに安定した仕事が出来るということが分かりました。

それでは、ここからはそれ以外の魅力も見ていきましょう。

 

まず、鳥取県は東西に伸びた形をしていますが、「東に鳥取市、西に米子市」と人口の多い自治体がはっかりと分かれているところがポイントです。

そして、この両方の近くには空港があり、県外からの観光客が多く訪れるというところが鳥取県のドライバーからすると魅力的な部分となっています。

空港からは各市街地に訪れるために交通機関を利用する必要がありますが、その際にタクシー需要というのが一定数ありますので、通年乗客を獲得するチャンスがあるわけです。

 

また、観光客以外にも帰省シーズンには多くの元県民の方々が帰ってきますので、季節による需要の高まりも見込めます。

さらに、ほかの県や地域に比べ鉄道路線が発達していないからこそ、この空港を利用する機会が多くなり、必然的にタクシー利用機会が増えるというところもドライバーから見る鳥取県の魅力と言えるでしょう。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

鳥取でタクシードライバーになるメリット

それでは実際に鳥取県でタクシードライバーに転職した際に、どういったメリットがあるのかを見ていきましょう。

都市部で働ける

鳥取県でタクシードライバーに転職する場合、鳥取市から米子市のどちらかを選ぶことが多いかと思います。

どちらも県の中では発展している地域ですので、新生活をスタートさせるにも非常に便利なロケーションです。

また、通勤も楽ですので、仕事に慣れないうちも余計なストレスを抱えることなく働くことができます。

 

競合ドライバーの少なさ

前述したように、タクシードライバーの数が少ないということで、競合相手も多くないということが鳥取県でドライバーになるメリットのひとつです。

鳥取県は人口こそ少ないかもしれませんが、県内に「鳥取砂丘」や「はわい温泉」といったほかの都道府県にも負けないほど魅力的な人気スポットが数多く存在します。

 

そのため、人口以上の観光客がたくさん訪れますので、その分ドライバーとしては利用機会に恵まれることになるわけです。

このように人口・観光客・タクシードライバーの数を比例させると、実は鳥取県というのはタクシードライバーにとって非常に大きなチャンスが眠っている地域と言えます。

 

個人タクシー会社の少なさ

鳥取県は個人のタクシー会社というものがほぼ存在していない特殊な地域です。

そのため、鳥取県のタクシー会社に転職し、一定期間勤続してから独立をするということを目標にした場合、ひとつのビジネスチャンスを手に入れることができます。

このように、個人タクシー会社がない地域だからこそのやりがいというのも、鳥取県ならではといったところでしょうか。

 

観光タクシーで貸し切り利用

鳥取県は県の中央部分へ向かう鉄道路線が少なく、そのため観光をする場合はレンタカーやタクシーを利用することになります。

この際、自分で車を運転することが出来ない高齢者の方や、団体の場合には貸し切りタクシーを利用するケースが多くありますので、非常にやりがいを感じられます。

こうした仕事が安定してあるというところも鳥取県で働く魅力と言えるでしょう。

 

鳥取の人気のエリア

鳥取県でタクシードライバーになろうと考えるであれば、人気観光地の情報も先に知っておきたいところです。

そこで、ここからは訪れる方が多い人気の観光スポットをいくつかご紹介していきます。

ぜひ参考までにご覧ください。

 

鳥取で人気の観光エリア

鳥取砂丘(鳥取市)

日本最大級となる鳥取砂丘は、鳥取県の代表的な観光地のひとつです。

この砂丘を見に訪れる観光客の方々も多くいますので、鳥取県のタクシードライバーとしては行く機会がたくさんあるスポットと言えるでしょう。

 

三仏寺(三朝町)

鳥取県の中央に位置する三朝町にある三仏寺は、国宝にも指定されているお寺ですが、日本一ともされるほど危険な場所にあることで知られています。

その特殊な立地条件が話題となり、テレビなどのメディアでも多く取り上げられています。

この三仏寺のように、切り立った崖のくぼみに本堂が建設されているというのはきわめて稀なことで、その環境自体が登山家から一般人まで様々な方のチャレンジ精神を擽る観光スポットです。

なお、近くには温泉なども湧き出ているため、1泊旅行にも最適なエリアとなっています。

 

水木しげるロードおよび記念館(境港市)

鳥取県は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげる氏の出身地としても有名です。

所縁のある土地、境港駅からは「水木しげる記念館」までのおよそ800メートルの間に、鬼太郎をはじめ、作品にする妖怪たちのブロンズが立ち並んでいます。

その数は年々増えており、訪れるたびに新しい妖怪がいるというのも魅力的なポイントです。

 

鳥取でタクシードライバーへの転職を考える方へ

鳥取県でタクシードライバーへの転職を検討している方に向けて、地域の特性やドライバーになるメリットをご紹介してきました。

ご覧頂いたように鳥取県は人口が少ない分、それだけ競合相手も多くないというのが魅力的なポイントです。

タクシードライバーとして安定した仕事をするには最適な土地柄と言えますので、転職をするにもおすすめの県となっています。

 

また、観光客による貸し切りタクシー需要といったものも高く、それだけやりがいのある仕事ができます。

長期的な視点で考えると、転職後に勤務を続けて独立をするにも良いエリアとなっていますので、ぜひ前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像