東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

岐阜でタクシードライバーになる豆知識

2020年05月08日 エリア情報


タクシードライバーへの転職を考えている方の中には、東京などの大都市ではなく地方の都市にお住まいの方もいらっしゃるでしょう。

首都圏のタクシードライバーに関する情報はたくさん目にすることがあっても、地方の実情に関しては目に触れる機会が少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、岐阜県でタクシードライバーに転職を考える方への豆知識をお伝えしていきます。

 

岐阜の人口とタクシー数

岐阜県の人口はおよそ201万人で、47都道府県の中では17番目となっており、全体の約1.6%を占めています。

県内を見てみますと、県庁所在地である岐阜市に多くの人口が集中しており、人口密度も高くなっています。

岐阜県のタクシー事情ですが、岐阜県内の一般法人事業者数は58社、車両台数は1,989台です。

これに個人タクシーを含めると、2,103台となります。

 

タクシードライバーとして見た岐阜

「岐阜」の地名は、天下統一を目指した織田信長が命名したとも言われています(諸説あり)。

あの信長が、我が居城から岐阜の地を眺めつつ命名したと想像すると、なんだかわくわくしてきます。

さて、その岐阜県は日本のほぼ中央にあり、名古屋へは東海道本線で約20分、東京へは新幹線で1時間40分、大阪へは同じく新幹線で1時間以内という、とても利便性の良い位置にあります。

 

岐阜県内に本社を置く上場企業も30社近くあり、ビジネスで東京や大阪などから訪れる人がタクシーを利用することも多くあるでしょう。

 

一方で岐阜県は、豊かで美しい自然にも恵まれています。

北部の飛騨地域には槍ヶ岳、乗鞍岳などの山々が連なり、その南側には広大な濃尾平野の一部である、美濃平野が広がっています。

豊かな森林の先には、美しい川が流れます。

木曽川をはじめ、伝統的な鵜飼で有名な長良川など、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

県内には、世界レベルといって良い観光地が充実しており、国内外からたくさんの観光客が訪れています。

 

岐阜でタクシードライバーに転職することの魅力

そんな岐阜県で、タクシードライバーとして転職しようと考えたときに、どのような魅力があるのかを考えてみます。

岐阜県においては地方特有の現象として、若年層の県外への転出による人口減があります。

その結果、タクシー業界でも、働き盛りの人材を常に求めています。

実際、岐阜県の輸送業界における有効求人倍率は高い水準となっています。

慢性的な人手不足という状況から、タクシー業界では経験・年齢不問の求人が多い事が特徴です。

よってタクシードライバーは本人の気持ち次第で、いつでも正社員として就職することが可能な職種と言えます。

これは転職を考えるにあたり、大きな魅力です。

 

 

 

岐阜でタクシードライバーになるメリット

真面目に取り組めば高収入を目指せる

タクシードライバーを目指す方が一番気になるところは、やはり収入でしょう。

平均給与の額を見て、タクシーは稼げないと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、一概にそうではありません。

まずタクシー業界には、様々な働き方をしている人がいます。

年齢的に長く働ける仕事であるため、年金を受給しながら気ままに働いている高齢ドライバーもいれば、バリバリ働いて高収入を得ているドライバーもいます。

よって、平均給与額は、本人のモチベーションによるところが大きいと言えるでしょう。

 

また、タクシードライバーの給料は主に歩合制です。

売り上げが多ければ多いほど自分の給与額に反映されますので、設定した目標に向かって常にモチベーションを保ち続けることができます。

ほとんどのタクシー会社では研修制度がしっかりと整っています。

 

タクシー業界は入社後の研修制度が整っている

ほとんどのタクシー会社では研修制度がしっかりと整っています。

(研修内容や質については会社ごとに異なりますので、転職の際は注意して会社を選ぶ必要があります。)

よって、未経験でも安心して仕事に取り組むことができます。

タクシードライバーに必要な二種免許も、主に入社後に取得します。

免許取得費用については会社が負担してくれるケースもありますので、こちらも前もって確認してみましょう。

 

また、会社によっては、入社後数か月間の給与保証(固定給与)が設定されています。

その数か月間は、売り上げにかかわらず一定の額が支給されますので、その間に安心して働き方を学ぶことができます。

経験不問で受け入れてくれ、入社後はしっかりとした研修制度があり、数か月間給与が保証されている会社を選択できることは、とても大きなメリットです。

 

観光地・岐阜で働くメリット

岐阜県には、世界遺産の白川郷をはじめ、多くの素晴らしい観光地が充実しています。

県外から毎日たくさんの観光客が訪れており、そういったお客様を観光地まで運ぶことも多々ある事でしょう。

実際岐阜県のタクシードライバーの中には、観光客にターゲットを絞って業務をこなす人もいます。

阜県の観光地について知識を深め、それを付加価値として乗車したお客様に役立てることもできるでしょう。

 

ただ、お客様を目的地まで運ぶのではなく、そこに自分のやりがいも見出すことができます。

利便性と豊かな自然が共存する岐阜では、タクシードライバーとして「様々な働き方を実現できる」事が大きなメリットのひとつではないでしょうか。

 

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

 

岐阜の人気エリア

岐阜県には観光地が充実しています。

観光スポットとして人気のエリアを少し覗いてみましょう。

 

人気の観光エリア

白川郷合掌造り集落

ご存知の方も多いと思いますが、大野郡白川村の荻町地区に広がる集落は、1995年に世界遺産(文化遺産)として認められた観光地です。

合掌造りの家々が数多く存在し、息をのむ美しい風景が広がっています。

驚くべきは、その集落では今でも住民が助け合って暮らしている事です。

まさに古来より息づいている歴史を肌で感じることができる、数少ない観光地と言えます。

 

高山市街地エリア

高山市は、江戸時代の面影を残す古い町並みや様々な歴史的建造物が残されている、伝統文化が息づく街です。

見どころは多々あり、年齢に関係なく様々な形の観光が楽しめるエリアです。

奥飛騨には温泉郷があり、市街地散策と併せて楽しむ観光客が多く見られます。

 

下呂温泉

言わずと知れた、日本三名泉のひとつ。

下呂のお湯は正真正銘の天然温泉です。

ほのかな香りがするというまろやかな泉質のアルカリ性単純泉は、お肌をつるつるにしてくれるでしょう。

夜は灯篭のあかりに優しく照らされた温泉街の町並みが美しく、浴衣姿で散策すると情緒たっぷりな気分に浸れそうです。

 

河川環境楽園

各務原市にある自然共生型テーマパークです。

「アクア・トト ぎふ」という世界淡水魚園水族館や、大型遊具のあるパークも併設。

自然がいっぱいで一日中楽しめる、ファミリーにも人気のスポットです。

平成28年における、岐阜県内の観光地での集客数ランキングでは2位となっています。(県観光企画課調べ)

 

土岐プレミアムアウトレット

土岐市内にある、買い物好きにはたまらない施設です。

家族で訪れても、一日中過ごせるのではないでしょうか。

国内外の著名ブランドが直接出店するアウトレット専門のショッピングセンターですから、お得な掘り出し物を探すのが楽しそうですね。

ショッピング施設はアメリカ・コロラドの街並みをイメージして作られているので、歩いているだけで非日常感を味わうことができます。

 

岐阜でタクシードライバーへの転職を考える方へ

ここまで、タクシー業界に転職をお考えの方向けに、岐阜県でタクシードライバーとして働く際の、仕事内容やメリットについてお伝えしてきました。

転職を機に、家族との時間や自分の時間をもっと増やしたい人、自分がどこまでやれるか試してみたい人、とにかく収入を上げたい人など様々だと思いますが、心の底には少なからず不安が横たわっているものです。

タクシードライバーという仕事は、ある程度自分の裁量で行うことのできる、自由度の高い職種です。

それだけに「自分の目指す働き方・収入・やりがい」のバランスを考えることが大切です。

 

また、岐阜県は、ビジネス・観光ともに盛んな地域です。

都市部では通勤するビジネスマンを、また観光地では多くの観光客をタクシーに乗せて走ることになるでしょう。

収入の面でもやりがいの面でも、たくさんの可能性を見出せる岐阜県でタクシードライバーとして働くことを、是非一度考えてみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像