東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

いま大阪でタクシー乗務員への転職をおすすめする理由

2019年05月07日


長年東京に次ぐ第二の都市として発展してきた大阪。そんな大阪は近年更に盛り上がりを見せています。関西国際空港へのLCC誘致に始まるインバウドの急増。さらには万博開催など、話題に事欠かない街なだけに様々な産業が賑いを見せていますが、タクシーにもまた、大きな可能性が隠されています。

大阪の人口とタクシー数

総務省の発表によると大阪の人口はおよそ880万人。数字だけで考えると東京、神奈川に次ぐ第三の都市になりますが、人口密度という点では大阪は圧倒的です。なぜなら、大阪の面積は47の都道府県の中で2番目に小さいことで知られています。そこに国内外を問わずに多くの観光客が訪れていますので、タクシーの需要もまた、とても大きなものとなっています。実際に大阪にはタクシーの数も多いのですが、それでもまだまだタクシーの数が足りていないのが現状です。むしろ労働者不足は大阪のタクシー業界も無関係ではありません。それだけに、どのダクシードライバーも賃金が上昇傾向にあるので、誰にとっても可能性のある街だと言えるでしょう。

 

◇タクシードライバーとして見た大阪
「タクシードライバー」という視点で大阪を見ると、実に魅力的です。なぜなら面積が狭いということは、それだけ様々なものが密集していますので回転率が高まります。タクシードライバーの稼ぎ方としては回転率を高めるか、あるいは長距離の乗客を掴むかですが、大阪では回転率の高さ、さらには関西国際空港のおかげで長距離の乗客をつかむことも実は難しくはありません。また、大阪はビジネスの街としても賑いを見せています。決して観光需要だけではなく、ビジネスマンの需要もあります。新幹線停車駅でもある新大阪駅周辺もまた、タクシーの需要がとても高いことからも、タクシードライバーにとって大阪は「美味しい街」です。

 

◇大阪でタクシードライバーに転職することの魅力
大阪は人も多く、さらには面積も狭く、その一方で新幹線停車駅や空港があるなどタクシードライバーが活躍しやすい環境が整えられています。さらにはインバウンドです。クレジットカード会社大手、「マスターカード」が発表する「急成長渡航先ランキング」では2017年に大阪は1位に輝きました。さらには大阪観光局の統計によると大阪を訪れる観光者数は2016年では2403万人と前年比で400万人も増加。タクシードライバーとしては乗客をつかまえてこそですが、上記のような点で大阪では乗客を掴まえる努力が他の地域よりも少ないため、他の地域でタクシードライバーになるよりもとても収入が高めやすいのも事実です。また、大阪はこれからも発展が待っています。2025年の万博開催が決まり、さらにはIRの開発も目指しています。ピークを越えた街ではなく、まだまだこれから成長に向かって発展を遂げる街なだけに、大きな可能性がある街だと分かります。

 

大阪でタクシードライバーになるメリット

大阪という魅力のある街でタクシードライバーになるメリットは多々あります。経済規模の大きな街なだけに、そのメリットは他のエリアと比べても計り知れない物があります。

 

◇需要がある
やはり一番はこれに尽きるでしょう。何より「タクシーの需要が多い」という点です。タクシードライバーとして、コミュニケーション能力や乗客のニーズを察知することなど様々なことが求められますが、それらはあくまでも「乗客を乗せてから」のことです。経験や勘などを働かせ、乗客を迎え入れなければなりませんが、しかし、大阪は住んでいる人も多ければ国内外を問わずに多くの観光客も訪れるため、更にタクシーの需要が高まります。つまり、熟練のタクシー運転手の経験や勘がなくとも、多くの乗客を簡単につかまえることができる街です。

 

◇街全体で整備が進んでいる
大阪は街全体で整備が進んでいます。万博やIRのみならず、梅田周辺をはじめとする再開発事業はとても活発なので、道路状況も改善が進んでいます。かつての大阪と言えば「人情の街」「下町風情の街」として知られており、狭い路地も多数ありました。いわばタクシードライバー泣かせの街並みも多々ありましたが、再開発が進んでいることで綺麗に整備された道路も増えつつあります。大きな道路であればタクシードライバーとしても負担が少ないため、かつてのように狭い路地に迷い込んでしまって…というケースが少なくなりつつあります。

 

◇イベントが多い街だから
大阪は安定して人が多い街ですが、イベントが多い点も見逃せません。例えば2025年の万博も同様ですが、他にも大阪では各地でイベントが行われています。万博クラスともなればさすがに数年に一度ではありますが、サッカーのスタジアムや野球場も多々ありますので、スポーツはもちろんですがライブ等のイベントも数多く行われます。つまり、そういった場所でも常にタクシーの需要が生まれることになりますので、季節を問わずにがっつり稼げることが分かるのではないでしょうか。

 

◇見どころが多い街
詳しくは後述しますが、大阪には見どころがとても多いです。一極集中ではなく、いろいろなエリアがありますので、タクシードライバーとして「稼げるスポット」が多いことを意味しています。一極集中してしまうと、どうしてもその場所を頼らざるを得ませんが、様々なスポットがありますので「稼げる場所が複数ある」という安心感があります。そもそも観光客が多いので街を流しているだけでも常に乗客が見つかりやすいうえに見どころが多い点は大阪だからこそのメリットです。

 

大阪の人気のエリア

大阪は決して面積としては広くはないものの、人気のエリアがいくつもあります。
つまり、そこには多くの人が集まりますのでタクシードライバーの需要も当然高まります。

 

◇大阪の人気の観光エリア
様々なスポットがある大阪ですが、その中でも「観光スポット」として知られているエリアをいくつかご紹介しましょう。

 

・大阪城
大阪のシンボルと言っても決して過言ではない大阪城は、多くの観光客が集うスポットです。大阪城そのものの魅力もさることながら、近年大阪城周辺には飲食スポットを設けるなど、観光地化が顕著です。大阪を訪れた人にとってやはり「分かりやすいシンボル」になりますので、常に多くの人で賑いを見せているのも納得です。特に外国人観光客からの人気が高い点も特徴です。外国人が考える「日本らしいエリア」として高い人気を集めているスポットです。

 

・通天閣
大阪と言えば長らく「下町人情」といったイメージが強かったのではないでしょうか。その「象徴」とも言える場所、それが通天閣です。近年、大阪は梅田や難波が急速に「都心化」を進め、それまでのいわば「ゴミゴミした雰囲気」から、洗練された街へと変貌を遂げていますが、通天閣を含めた新世界はいわば「古き良き大阪」になるので、観光客からの需要も高いエリアです。特にこの周辺は深夜まで多くの人で賑わっていますので、夜に稼ぎたい場合には既にお馴染みの場所となっています。

 

・万博記念公園
太陽の塔のある万博記念公園も有名スポットです。2025年の万博が盛り上がっていますが、前回開催された万博の会場となった万博記念公園は、現在は公園として整備されているだけではなく、隣にはららぽーとEXPOという巨大商業施設もオープン。万博記念公園では常にイベントが開催されているなど、こちらも人気スポットです。時にはライブが行われることもあるので、ただの「公園」ではなく「イベント会場」としても活用されている人気エリアです。季節を問わずに様々なイベントが開催されているので、常に多くの人で賑わっているスポットです。

 

■大阪でタクシードライバーへの転職を考える方へ

大阪でタクシードライバーへの転職を考えている方も多いのではないでしょうか。
タクシードライバーへの転職を考えているのであればタクシードライバー専用転職支援サイトP-CHAN TAXIへご相談ください。

 

・年収600万円以上が可能
未経験でももちろんこの数字を狙えますので、がっつり稼ぎたい人にとって魅力的なお仕事です。P-CHAN TAXIはあなたに合ったタクシー会社を選ぶので長続きしやすいです。事実、P-CHAN TAXIにて転職したタクシードライバーの方で定年以外で辞めた人はいません。結果、次第に高収入、やがては年収600万円も見えてくるのです。

 

・二種免許費用を全額免除
タクシードライバーになるためには二種免許を取得しなければなりませんが、P-CHAN TAXIで紹介する会社は二種免許の費用を全額免除いたしますので、業界未経験の方でも問題ありません。

 

・書類選考率100%!
働きたいとは思っても、応募しても通らないかもという不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。その点P-CHAN TAXIは書類選考100%通過なので安心してご応募ください。出した書類を吟味し、どのタクシー会社が良いのか徹底的にあなたに寄り添うのがP-CHAN TAXIのメリットです。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像