東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

東京都内でタクシードライバーに転職するメリット!

2018年11月16日 豆知識


東京の人口とタクシーの数


東京都の人口はおよそ1,378万人です。
そして都内のタクシー台数は約3万台となっております。現在の転職難の時代に3万台以上を動かすタクシー業界は人材不足に陥っています。

 

東京都の人口のうち、タクシードライバーの人数は約0.3~0.4%とされており、ごくわずかの人しかタクシードライバーという仕事に従事していないのが分かります。

 

タクシードライバーが不足している理由
2016年に転職求人倍率が2倍に達して以降、倍率は上昇を続けています。つまりこれの意味するところは、一人に対し二つ以上の求人があるということです。

 

これは当然タクシー業界にも当てはまり、慢性的な人不足となっているのが各企業の悩みどころです。実際に多くのタクシー会社が大人数を獲得できる新卒採用に力を入れだしていることも人不足である裏付けとなっているのではないでしょうか。

 

また、タクシードライバーという仕事に大変な仕事、きつい仕事といった印象を持っている方は少なくないことと思います。深夜の勤務や酔っぱらった乗客の対応などを考えれば、そのように感じるのも自然なことでしょう。ですが、こと東京で転職を考える方においては、タクシードライバーが非常に魅力的な仕事と言える理由があります。

 

東京でタクシー業界へ転職することがおすすめの理由
言わずもがな、東京は日本最大の都市です。新宿、渋谷、池袋など日中はもちろん夜遅くまで人が絶えないエリアも多くあります。東京都の調べによると平成27年のタクシー利用者数は都内だけで3億人以上とのことです。日本の全人口が約1.3億人ということを考えると相当な人数がタクシーを利用しているということになります。そして、これは東京都内だけでのデータです。

 

タクシードライバーの平均年収にもこのデータは顕著に表れており、全国平均と東京のタクシードライバーの年収を比較すると東京のドライバーの年収は100万円も平均を上回っているのです。いかがでしょうか?運転手不足、圧倒的需要、他都市との年収の差といってこれらの情報を考慮すると東京でタクシードライバーへ転職することがいかにチャンスであるかが、ご理解いただけたのではないでしょうか。

 

東京でタクシードライバーに転職すれば月収40万円以上も可能
東京都内でタクシードライバーをすれば、月収40万円は決して高い給料ではありません。平均の輸送単価を1,500円とすると1日18時間働く隔日勤務の場合、40人程度送迎できれば売上は6万円、主なタクシー会社の歩合6割で考えると1日3.6万円の売上になります。

 

隔日勤務では11〜13日働くため、40万円の月収となる計算です。1日40人という数も1時間あたりで考えると2〜3人です。1時間あたり3人送迎できれば月収は50万円以上です。だんだんと稼げるイメージが湧いてきたのではないでしょうか?

 

そして、東京ではそれ以上に稼いでいる人も多く月収65万円以上(年収800万円)、75万円以上(年収900万円)という人も存在します。実際、東京でタクシードライバーに転職して年収が上がった事例は多くあります。そして忘れないでください、タクシー業界は慢性的な人不足ということを。

タクシードライバーの仕事内容

東京でタクシードライバーに転職することの可能性について触れましたが、ここでは具体的にどのように働くのかについて説明します。

東京都内のタクシードライバーの仕事内容
一般的にタクシードライバーの仕事と言うと、駅や観光地などで待つ乗客の送迎や無線配車による仕事が主と考えられていると思いますが、都内のタクシードライバーは流し営業という、走り回って乗客を探して送迎する方法が効率のよい稼ぎ方となっています。

 

確かに地方のタクシードライバーは、駅や観光地などからの送迎が主な仕事になっていますが、東京都内は冒頭でも触れた通り、新宿、渋谷、品川、新橋など利用者の多い駅が各地にあり、タクシーを利用する乗客が多くいますので、待機だけをするよりは走って乗客を探す方がより多くの稼ぎが期待できます。

タクシードライバーの仕事の種類
東京では流し営業が効率的と伝えましたが、他にどのような営業スタイルがあるのか知っておくことも大切です。ここではその営業スタイルについて、説明します。

 

・付け待ち営業
付け待ち営業とは、駅や商業施設等のタクシー乗り場で待機して乗客を待つ営業方法です。
乗客を送り届けたあとは、同じ場所まで戻るなり、流し営業をするなり自由です。

 

・無線配車営業
無線配車とは、乗客がタクシー手配のお問い合わせをし、そのお問い合わせに応じて乗客が指定した場所へ向かい、目的地まで送迎する仕事です。無線配車には、指定場所まで向かう送迎料が発生します。

 

・予約配車の仕事
予約配車とは、乗客が日時や時間を指定し、そのそれに合わせてタクシーが迎えに行き、乗客
を目的地まで送迎する仕事です。基本的には無線配車と同様の働き方です。

 

・観光タクシー
観光タクシーとは、決まった時間・固定料金で観光ルートをまわるタクシー会社が運営する観光サービスです。東京の場合、スカイツリーといった観光スポットを巡るプランや東京から日帰りで富士山や箱根など有名な観光スポットへの送り迎えをするプランなどがあります。

 

転職を考えている方へ、これからのタクシードライバーの仕事
東京のタクシードライバーは、流し営業でお客様を探すほか、その中で駅や観光地までの送迎、無線又は予約による送迎をこなす仕事になります。これから東京ではオリンピックに向けて観光の仕事も多くなり、外国の方の送迎や観光案内と言った仕事も多くなります。

 

また、高齢化社会へと向かっていくなかで、介護タクシーと言った体の不自由な方の送迎も増えています。このように変化する社会のニーズに合ったタクシードライバーが求められるのです。

 

無線や予約の配車について
ITやwebサービスの発達はタクシー業界にも影響を及ぼしています。UBERや全国タクシーといった有名なタクシー配車サービスがありますが、一度でもこのサービスを利用した方は分かると思いますが、東京であれば予約後すぐにタクシーが来ます。

 

これはタクシードライバーにとっても良い事で、依頼した乗客の近くにいるタクシーが配車されます。つまりは流し営業をしながら予約による配車を期待することができるのです。

 

これまでは効率の良い流し営業ルートを開拓することが、稼げるドライバーの条件でしたが、予約がつきやすいエリアを開拓することも求められていくのではないでしょうか。そして、これは新しい営業スタイルですのでこれから転職する方にも十分チャンスがあります。

 

東京で人気のエリア
東京都内で人気の観光スポット
・東京タワー、東京スカイツリー
名前にも東京が入る代表的な観光スポットです。平日も多くの観光客でにぎわい訪問客を飽きさせないよう様々なイベントも常に開催されています。

 

・浅草
国内海外問わず不動の人気を誇る東京の名所です。雷門の前での写真撮影や下町風情の残る街並みを歩くことは、だれもが一度は想像したのではないでしょうか。

・渋谷、原宿、表参道、銀座
若者からシニア層、地方出身者や外国人など多くの人が訪れるファッションやポップカルチャー発祥の地です。渋谷・原宿には、「カワイイ」や「漫画・アニメ」の影響を受けた外国人が、表参道・銀座には、可処分所得の増えた中国圏の中間層が押し寄せタクシー需要も一層高まっています。

 

エリア別で選ぶ基準
各エリアによって地域の特性があります。仕事の移動での利用が多いエリア、買い物客の多いエリアや観光客の多いエリアなど様々です。時間帯によっても乗客の獲得のしやすさが変わりますので様々なルートを試し自分ならではの営業ルートを見つけてみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ
東京で転職するなら、やはりタクシードライバーはおすすめです。なんと言っても、自由な時間が増えて、さらに少しの努力で大きな収入を得られるのです。一般企業のサラリーマンであれば、毎年数千〜数万円程度の昇給といった時代の中、東京で働くタクシードライバーは少しの工夫で100万円近く稼ぎを増やすことも夢ではないのです。

 

増えたお金で生活の質を上げるも良し、欲しかったものを買うのも良し、投資に回してさらにお金を増やすことも期待できるのではないでしょうか。いま転職を考えているという方はタクシードライバーを検討してみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像