40代の転職エージェントと転職サイトの利用方法!おすすめのサービスをタイプ別に紹介!

公開日:2021年7月1日 更新日:2021年9月2日

転職市場は35歳を超えると、応募できる求人が減ると言われていました。

しかし、これはもう昔の話です。定年年齢の引き上げに見られるように生涯労働時間が増加し、中高年の求人数も増加傾向にあります。

しかし、20代や30代前半と比べると、求人数が少ないのも事実です。そのため、どうしても転職活動の難易度は高くなってしまいます。

40代の転職を成功させるためには、あなたのキャリアと企業が求める人物像をマッチさせることが大切です。これさえクリアできれば、効率的な転職活動が行えるでしょう。

しかし、自分の力だけで転職成功を目指すのは簡単ではありません。そこでおすすめしたいのが転職エージェントや転職サイトの活用です。

40代の転職に特化した転職エージェントのサポートを受ければ、好待遇・好条件の転職先を見つけることも夢ではありません。

そこで今回は、40代の転職におすすめの転職エージェントの選び方と、転職を成功させる重要ポイントを徹底解説します。

目次

40代におすすめの転職サイトと転職エージェント一覧

まず、当サイトが40代の方におすすめする転職サイトと転職エージェントを厳選して紹介します。

転職サイトと転職エージェントはどこを選んでも同じというわけではありません。

それぞれに特徴があるため、それを踏まえた上でサイト選びをしないと、有効に活用することはできないのです。

「自分に合う転職支援サービスがどれなのか」という視点で確認しましょう。

転職サイト

転職サイトとは、各企業から出された求人情報が掲載された情報サイトです。企業は掲載料を支払って求人をかけているので、自分に合った質の高い求人に出会えます。

転職を成功させるためには、質の高い転職候補をどれだけ得られるかが大きな鍵です。転職候補が多ければ多いほど、好条件の転職を実現できる可能性は高くなります。

そのため、20代・30代と比べ求人数が少なくなる40歳の転職活動では、転職サイトから得らえる求人情報が貴重になってくるのです。

特に今は登録してスカウトがくるのを待つだけという転職サイトが急増しています。これらの転職サイトと従来の転職サイトを併用するのもおすすめです。

そこで、まずは40代におすすめな転職サイトをピックアップして紹介します。どんな転職サイトがあるのかを確認してみましょう。

転職サイト名求人の傾向公開求人数非公開求人数
リクナビNEXT幅広く業界・職種を網羅約48,000件非公開
doda(デューダ)幅広く業界・職種を網羅約100,000件非公開
ビズリーチミドルクラスのキャリアアップ・ハイクラス約96,000件非公開
キャリアカーバーミドルクラスのキャリアアップ・ハイクラス約50,000件非公開
マイナビミドルシニア40代~60代の求人に特化約50,000件非公開
FROM4040代~50代の求人に特化約17,000件非公開
enミドルの転職30代・40代の求人に特化100,000件以上非公開

(※2021年4月24日時点)

転職エージェント

一般的な求人サイトは求人情報を確認できるだけで、求人への応募から面接日程の調整、条件交渉までのすべてを自分で完結しなければなりません。

しかし、転職エージェントならば求人探しから転職後まで、転職のプロによるフォローを受けることができます。

転職が簡単ではない40代の転職では、転職の成功率を上げる上で転職エージェントの利用は重要と言えるでしょう。

この転職エージェントも先ほどの転職サイトと同様、サイトごとに求人傾向に特徴があります。そのため自分に合った転職エージェントを選ぶことが、転職を成功させる一番の近道です。

ここでは40代におすすめの転職エージェントをピックアップして紹介します。どんな転職エージェントがあるのかを確認してみましょう。

転職エージェント名おすすめな人の特徴公開求人数非公開求人数
リクルートエージェント幅広く業界・職種を網羅約100,000件約108,000件
doda(デューダ)幅広く業界・職種を網羅約100,000件非公開
パソナキャリア幅広く業界・職種を網羅約50,000件約40,000件
JACリクルートメントミドルクラスのキャリアアップ・ハイクラス約15,000件非公開
dodaエグゼクティブミドルクラスのキャリアアップ・ハイクラス非公開非公開
マイナビミドルシニア 人材サービスミドル・シニアクラスの求人に特化約50,000件非公開

(※2021年4月24日時点)

40代に不可欠な転職サイトと転職エージェントの選択基準

40代の転職で転職サイトと転職エージェントを利用した方が良い理由は転職成功率が高くなるからです。

自分だけで納得のいく転職先を見つけ出すのは困難です。

「希望した転職先が見つからず、仕方なくハードルを下げて転職せざるを得なかった」というケースは珍しくありません。

そうなる理由は下記の2つです。

  • 個人で見つけられる転職先には限りがある(求人情報のリサーチ力不足)
  • 満足な転職対策が講じられなかった(質の高い書類作成と面談ができない)

転職サイトと転職エージェントを上手く利用することで、これらのデメリットを解消でき、希望に応じた転職の成功確率をぐんと上げられます。

ここでは転職サイトと転職エージェント選びに欠かせない選択基準を紹介します。サイト選択時の基本条件となるので、しっかりと目を通してください。

求人の質が良く、求人数が多い

40代の転職で一番問題となるのは求人数です。先に話したように、40代の求人は20代や30代より確実に減少します。

そのため、好条件の転職候補先をいかに多く見つけられるかが、転職を成功させる重要な鍵となります。

そこで、まずは登録を検討している転職サイトと転職エージェントが、いかに質の良い求人を多く保有しているかを確認しましょう。

転職支援サービス選びではこれが一番重要な選択基準と言えます。

また、転職を希望する業界・職種が決まっている場合は、その求人を多く抱える転職サイトと転職エージェントを選ぶのがミソです。

幅広い業界・職種の求人を抱える大手総合型と、特定の業界・職種の求人に強い特化型の2つには必ず登録することをおすすめします。

転職サイトと転職エージェントは併用する

「幅広い業界・業種の求人を網羅し、求人数が多い大手転職サイトに登録すれば十分」と考える人もいるでしょう。

しかし、効率的かつ効果的に転職活動をすすめたいなら、転職エージェントとの併用をおすすめします。

なぜなら、転職エージェントには転職サイトにはない、大きなメリットがあるからです。

先にも話しましたが、転職エージェントでは転職サイトにはない多くのサービスが受けられます。

  • あなたに合った転職先の紹介
  • 面接応募
  • 面接日程の調整
  • 入社後の条件交渉
  • 推薦状
  • 転職に関する各種相談
  • 転職に必要なアドバイス(面接時の注意点や職歴書の書き方など)

転職エージェントの担当者の力を借りて、転職活動を優位に進めることができるのです。

加えて、転職エージェントは会社の担当者と信頼関係を築き、信頼を勝ち得ています。

そのため、1人で選考に臨むよりも、転職エージェントに推薦してもらった方が確実に選考通過率は高くなります。

まずは複数の転職サイトに登録し、できるだけ良質な転職先候補を見つけてください。

そして、応募したい候補を転職エージェントに紹介してもうという流れがおすすめです。

最近は自分が希望する転職候補先に話をつけてくれる転職エージェントも現れています。しかし、一般的な転職エージェントは保有する求人から転職候補を紹介する形です。

そのため転職サイトで見つけた希望先を、転職エージェントが求人として保有していない可能性もあるでしょう。この点は注意するようにしてください。

自分の年齢に合っている

40代の転職では、ただ求人情報が多ければ良いというわけにはいきません。40代が転職可能な条件を備えた求人は限られているからです。

自分の年齢に合った求人でなければ、応募したところで良い返事が返ってくることはありません。したがって転職サイトや転職エージェントに求めるべきは、40代OKの求人をいかに多く保有しているかです。

求人数の多い大手総合型への登録をおすすめするのも、40代向けの求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

徹底したサポートが受けられる

転職エージェントを利用するメリットの1つが、転職成功に備えてキャリアアドバイザーやコンサルタントから必要なサポートが受けられる点です。

転職エージェントは転職サイトと異なり、転職を成功させるために必要なサポートが受けられます。

具体的には、企業が求める人材にマッチしているとアピールできる、履歴書や職務経歴書の作成アドバイスが受けられるなどです。

また、推薦状の作成もしてもらえるので、書類通過率は個人応募よりも確実に高くなります。

40代の求人は少ないため、人気の高い職種は20代や30代と比べて求人倍率が高くなる傾向にあります。

加えて、40代の転職では年相応の経験や知識が求められるため、書類選考や面接では高い質が求められます。

まず、能力や実績が十分でない20代や30代の書類レベルでは、まったく通用しないでしょう。

それを踏まえた上で、相手が納得する書類作成を作成しなければならないのです。

現職が人事部門であれば、その傾向と対策は熟知できているかもしれません。しかし、そうでなければ個人では到底対応できるものではないでしょう。

相手を納得させるためには、転職のプロである転職エージェントの力を借りた方が得策です。

また、転職時には転職先との条件交渉や面接の日程調整も必要になります。転職サイトから申し込むと、これも自分で対応しなければなりません。

しかし、転職エージェントならば、担当者に全て任せることができます。

つまり、あなたは面接を成功ことだけに集中することができるのです。これも転職サイトにはない、転職エージェントだけのサービスです。

これだけでも転職エージェントを利用するメリットがあると言えるでしょう。

質の高い担当者が在籍している

企業が転職エージェントに人材紹介を依頼する理由は、企業が求めている人材をピンポイントに紹介してもらい、採用に掛かる手間暇と求人に必要な無駄なコストを削減することにあります。

そのため、担当者となるキャリアアドバイザーやコンサルタントに、高い提案力があることが求められます。

転職エージェントは求人数が多いことが第一条件ですが、担当者が希望する転職先に詳しく、深く企業に入り込めていなくては、いくら求人数が多くても良い案件は紹介してもらえません。

転職エージェントはの良さは専任の担当者がついて、あらゆる転職アドバイスをしてくれるところですが、高い効果を得るためには担当者の質が重要になってきます。

残念なことに、必ずしも質の高い担当者がついてくれるとは限りません。時には入社間もない新入社員がつくなど、ハズレに当たることもあるでしょう。

そんな時は我慢せずに、すぐさま担当者変更を願い出るようにしてください。

もし、申し出ても要求が叶わないなら、他の転職エージェントに乗り換えることをおすすめします。

【タイプ別】40代におすすめ転職サイトと転職エージェント

ここからは、タイプ別におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。

転職に求める希望や条件は人それぞれです。そこで、あなたに合った転職サイトや転職エージェントが一目で分かるようにピックアップして紹介しました。ぜひチェックしてください。

大手総合型

大手総合型のメリットは、幅広く業界・職種の求人を網羅し、豊富な求人を保有している点です。

そのため、20代や30代と比べ求人数が少なくなる40代でも、良質な求人と巡り合える可能性もあるでしょう。大手総合型は特化型と比べれば保有している求人数が段違いです。

できるだけ多くの転職候補先を見つけ出す、そして転職候補先の視野を広げるためにも、最低でも1つは大手総合型を選ぶことをおすすめします。

サービス名サービス区分保有求人の特徴
リクナビNEXT転職サイト
  • 中小企業の求人が多い
  • 20代の若手層から40代のミドル層まで幅広い求人を保有している
doda(デューダ)転職サイト
  • 全国の求人を広く網羅している
  • UターンやIターン転職者におすすめ
パソナキャリア転職エージェント
  • 都市部、地方を問わず多くの求人を保有
  • UターンやIターン転職者におすすめ
  • パソナキャリアだけの独占求人が多い
リクルートエージェント転職エージェント
  • 非公開求人数が約100,000万件と国内トップクラス
  • 大手の中では取り扱う専門分野数が多い

(※2021年4月24日時点)

リクナビNEXT|中小企業の求人情報が多い

リクナビNEXT

リクナビNEXTは日本最大級の総合型転職サイトの1つで、特に中小企業の転職に強いことで知られています。

転職するなら大企業と言いたいところですが、それには相応の資格が求められます。そのため、転職希望者の多くは中小企業への転職となるでしょう。

中小企業の求人数において、リクナビNEXTはおすすめの転職サイトです。

他の転職サイトと比較しても圧倒的な求人数で、あなたの希望する転職先候補を見つけ出すことができるでしょう。

転職サイト名リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルートグループ
公開求人数約45,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向中小企業の求人に強い
おすすめポイント
  • 中小企業の求人が多い
  • グッドポイント診断で自分の強みがわかる
  • 求人の85%がリクナビ限定求人
  • サイトやアプリの使い勝手が良い

(※2021年4月24日時点)

リクナビNEXTはこちら

リクナビNEXTについて詳しく知りたい方は「リクナビNEXTの評判は?サービスの特徴から強みや弱み、おすすめできる人を徹底検証!」も読んでみてください。

doda(デューダ)|同社の転職エージェントとの併用ができる

duda

doda(デューダ)は求人数、実績ともに国内トップクラスの総合型転職サイトです。大手総合型の転職サイトへ登録するならば、選択肢の1つに挙げてほしいサイトです。

特にIT、通信、営業、企画系の求人が多く、転職活動に役立つサービスやツールが充実しているので、初めての転職者にも使いやすい転職サイトです。

また、同社転職エージェントとの併用ができるため、効率的かつ効果的な転職活動が可能になる点も見逃せません。

転職サイト名doda(デューダ)
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約35,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向IT、通信、営業、企画系の求人が多い
おすすめポイント
  • 転職者満足度がNO.1
  • 同社の転職エージェントと併用できる
  • セミナーやイベント開催が多い
  • 300以上の転職エージェントからコンタクトメールが届く

(※2021年4月24日時点)

dodaはこちら

dodaについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

パソナキャリア|業界トップクラス40,000件以上の求人数

パソナキャリア

パソナキャリアは取引実績企業16,000社以上、転職支援実績25万人を誇る業界大手の転職エージェントです。

また、パソナキャリアは全国都道府県に拠点があるため、都市部だけでなく、地方の求人も見つかりやすい特徴を持ちます。

さらに利用者の評判や満足度が高く、転職者の年収UP率は67.1%という高さです。転職初心者でも、安心して申し込める転職エージェントと言えるでしょう。

転職エージェント名パソナキャリア
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約30,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向都市部・地方問わず多くの求人を保有
おすすめポイント
  • 優良企業の非公開求人が多い
  • 企画、人事、経理、事務位などの内勤求人が多い
  • 全国全域の求人をカバーしている

(※2021年4月24日時点)

パソナキャリアはこちら

パソナキャリアについて詳しく知りたい方は「パソナキャリアの悪い評判の真相は?実際の口コミから徹底解説!」も読んでみてください。

リクルートエージェント|業界最大級に及ぶ100,000件以上の非公開求人を保有

リクルートエージェント

リクルートエージェントは100,000件以上の非公開求人を保有しており、優秀なアドバイザーが多く在籍しています。転職支援実績NO.1ということもあり、評判の高い転職エージェントです。

また、選考書類の書き方や、面接対策のサポートが充実しているため、自分の強みをしっかりとアピールできるようになるのも大きなメリットになります。

業界最大手のリクルートグループが運営しているサイトですから、安心して申し込むことができる転職エージェントと言えるでしょう。

転職エージェント名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルートキャリア
公開求人数約100,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向すべての業界・職種を網羅
おすすめポイント
  • 求人数が国内NO.1
  • 営業職、エンジニア、コンサルタント、クリエイティブの求人が多い
  • 企業への提案力・推薦力が強い

(※2021年4月24日時点)

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

キャリアアップ・ハイクラス特化

次はキャリアアップやハイクラスの転職に特化した転職サイトと転職エージェントです。

40代ともなれば、キャリアアップやハイクラスを求める転職希望者は少なくありません。

その条件を満たす優良企業の求人は、大手総合型にも多数登録されています。しかし、それだけを狙って転職先を探すなら、キャリアアップやハイクラスに特化したサイトの方がおすすめです。

登録することで、効率的に転職先の候補を見つけられるでしょう。

サービス名サービス区分保有求人の特徴
ビズリーチ転職サイト
  • 他には出回らないハイクラス求人が見つかる
  • ハイクラス求人に特化
  • 年収500万円以上の求人がメイン
キャリアカーバー転職サイト
  • 求人数約100,000万件と国内最多
  • 年収800万円~2,000万円の求人が多い
  • 転職決定年収が平均900万円以上
JACリクルートメント転職エージェント
  • 独占求人多数
  • 設立4年目
dodaエグゼクティブ転職エージェント
  • ハイクラス・エグゼクティブな求人に特化
  • 非公開求人が多い

(※2021年4月24日時点)

ビズリーチ|企業やヘッドハンターからのヘッドハンティングに特化

ビズリーチ

ビズリーチは一般的な転職サイトとは異なり、ヘッドハンティングに特化したサイトです。

そのため基本的に登録後は、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つことになります。しかし、有料会員となれば下記特典が利用可能です。

  • ヘッドハンターへの直接相談
  • 自分で求人応募ができる

有料会員は下記の2つがありますが、任意で選択はできません。ビズリーチの審査基準に基づき決定されます。

  • タレント会員
  • ハイクラス会員

ハイクラス会員となれば、下記メリットがあります。狙うならハイクラス会員がおすすめです。

  • ハイクラス専門ヘッドハンターへの直接相談
  • 年収1,000万円以上への求人応募ができる

以上のようにビズリーチは転職スケジュールを中長期的に考えているか、短期的に考えているかで会員プランを選ぶことができます。

基本的に年収アップを前提とした転職サイトです。該当する人はきっと良い求人を見つけることができるでしょう。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約96,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向年収500万円以上のハイクラスに特化
おすすめポイント
  • 管理職や役員の求人保有がある
  • 大企業や海外勤務といった希少案件がある
  • ビズリーチならではのレア求人を紹介してもらえる

(※2021年4月24日時点)

ビズリーチはこちら

ビズリーチについて詳しく知りたい方は「ビズリーチの悪い評判は本当?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

キャリアカーバー|年収800万円以上のハイクラス転職に特化

キャリアカーバー

キャリアカーバーもビズリーチと同様にヘッドハンティングに特化した転職サイトです。

あなたが作成したレジュメを見て、ヘッドハンターからスカウトが来ます。約300社、2,500名以上のヘッドハンターがあなたに合った企業を探してくれるので、登録後はヘッドハンターからの連絡を待つだけです。

加えて、一般公開されない非公開求人も紹介してくれるので、1人の力では見つからない優良求人と出会える可能性も高くなります。

自分の可能性を広げるためにも、ぜひ登録してほしい転職エージェントと言えるでしょう。

転職サイト名キャリアカーバー
運営会社株式会社リクルートキャリア
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向年収800万円~2,000万円の求人に特化
おすすめポイント
  • 登録してヘッドハンターからの連絡を待つだけ
  • 高額年収の求人が多い
  • 優良な非公開求人を紹介してもらえる

(※2021年4月24日時点)

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」はこちら

JACリクルートメント|大手・優良企業への転職実績が豊富

JACリクルートメント

JACリクルートメントは大手・優良企業への転職実勢が高いと評価されている転職エージェントです。

そのため、登録後は他のエージェントよりも力を入れて対応してくれますが、それには下記いずれかの条件に該当する必要があります。

  • 高学歴
  • 英語などの別言語能力がある
  • 特定スキルを持つスペシャリスト
  • マネジメント経験者
  • 海外勤務経験者

つまり、ハイキャリア案件に強い転職エージェントですが、基本的に転職者にはハイスペックが要求されるというわけです。

該当者にはおすすめの転職エージェントですが、条件に該当しない人は、登録を避けた方が良いでしょう。

転職エージェント名JACリクルートメント
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数約15,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向管理職・技術職/専門職の求人に特化
おすすめポイント
  • 年収600万円以上の転職支援に強い
  • ミドル層のキャリアアップ転職に強い
  • 自分では見つけられない求人が多数
  • 質の高いサポートが受けられる

(※2021年4月24日時点)

JACリクルートメントはこちら

JACリクルートメントについて詳しく知りたい方は「JACリクルートメントの評判は両極端?良い・悪い口コミやメリットデメリットを解説!」も読んでみてください。

dodaエグセクティブ|年収800万円を超えた求人を厳選

dodaエグセクティブ

dodaエグゼクティブは年収800万円超えの求人に特化した転職エージェントで、特に下記求人を多く取り扱っています。

  • 幹部層
  • 管理部門・営業部門の責任者
  • ITやエンジニア職、コンサルティング、金融等の専門職

厳選された室の高いキャリアアドバイザーが担当してくれる上、非公開となっている数多くの好条件求人にも出会えるため、あなたが望むハイクラス・エグゼクティブな転職先が見つかりやすい転職エージェントです。

転職エージェント名dodaエグゼクティブ
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
求人の傾向ハイクラス・エグゼクティブ向け
おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • WEB上に転職活動に役立つ情報が充実している
  • 非公開のハイクラス求人情報が多い

(※2021年4月24日時点)

dodaはこちら

ミドルクラスに特化

先ほどもお伝えした通り、40代の求人は20代や30代中盤に比べると少ないです。そのため、大手総合型で良いなと思った求人でも、年齢制限があり申し込めないケースも多々あります。

そこで利用してほしいのがミドルクラスに年齢特化した、転職サイトと転職エージェントです。

40代以上の求人に特化し、豊富な求人数を抱えています。これならば、年齢に合った好条件の求人に会える確率がぐんと高くなるでしょう。

40代の人には必ず1つは登録してほしい転職サービスです。

サービス名サービス区分保有求人の特徴
マイナビミドルシニア転職サイト
  • 40代~60代の求人に特化
  • 年齢を気にせず応募できる求人ばかり
  • 経験者やスキル保有者の求人が多い
FROM40転職サイト
  • 40代と50代の求人に特化
  • キャリアを生かした専門職の求人も多い
  • 40代と50代向けの高年収求人が多い
enミドルの転職転職サイト
  • 30代と40代のハイクラス求人が多い
  • 年収1,000万エン以上の求人が10,000件以上
  • 非公開求人が多数
マイナビミドルシニア 人材サービス転職エージェント
  • ミドルとシニア層の求人に特化
  • 幅広く業界や職種の求人を扱っている

(※2021年4月24日時点)

マイナビミドルシニア|40代・50代・60代の求人に特化

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニアは40代・50代・60代の求人に特化した転職サイトです。そのため、年齢が原因で転職を断られる求人は、一切掲載されていません。

年齢が心配だという人は、ぜひとも登録してほしい転職サイトです。

また、マイナビミドルシニアの強みは、転職サイトでありながら、転職エージェント並の下記サービスが受けられる点です。

  • 求人先の探し方と応募方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接対策
  • 採用後の必要事項

中高年・シニア層の転職に必要な情報も多数公開しているので、「年齢が…」という人は登録してみると良いでしょう。

転職サイト名マイナビミドルシニア
運営会社株式会社マイナビミドルシニア
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向40代~60代の求人に特化
おすすめポイント
  • 中高年やシニア層におすすめ
  • 転職エージェント並のレクチャーが受けられる
  • 中高年やシニア層の転職情報コンテンツが充実
  • 年齢を気にせず応募できる求人に限定

(※2021年4月24日時点)

マイナビミドルシニアの公式サイト

FROM40|日本最大級の40代・50代向けの求人サイト

From 40

社名通り40代以上の求人に特化している転職サイトのため、実際に求人検索しても「40歳以上応援」と記載された案件が非常に目立ちます。

40代の人でも年齢を気にせず転職活動に利用できる転職サイトです。

また、サイト内には「エグゼクティブ求人特集」も掲載されているように、FROM40には高年収求人も多いため、キャリアアップやハイクラスを狙っている40代にもおすすめできます。

転職サイト名FROM40
運営会社株式会社ダトラ
公開求人数約17,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向40代と50代の求人に特化
おすすめポイント
  • 40代と50代の求人が多い
  • キャリアアップやハイクラス求人も多い
  • 登録するだけで企業からスカウトが届く
  • オファー率が約85%と高い

(※2021年4月24日時点)

FROM40の公式サイト

enミドルの転職|ミドル層のハイクラス求人も多数

enミドルの転職

enミドルの転職は30代と40代の年齢に特化した転職サイトです。

このenミドルの転職はマイナビやパソナキャリアといった具合に、複数の転職サイトと転職エージェントが集結した新しいサイトです。

そのため、400社以上の求人情報をまとめてチェックできるメリットがあります。

また、ミドル層のハイクラス求人も多数掲載されていますが、高年収を狙うならば先ほど紹介したビズリーチやキャリアカーバーの方がおすすめです。

年齢に特化した転職サイトと認識して、登録することをおすすめします。

転職サイト名enミドルの転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数100,000件以上
非公開求人数非公開
求人の傾向ミドル層のハイクラス向け
おすすめポイント
  • 30代と40代の求人が多い
  • ミドル向けのハイクラス求人も多い
  • 400社以上の転職サービスの求人がチェックできる
  • 転職エージェントのスカウトが受けられる

(※2021年4月24日時点)

enミドルの転職の公式サイト

マイナビミドルシニア 人材サービス|転職サイトでは珍しい手厚いサポートが魅力

マイナビミドルシニア 人材サービス

マイナビミドルシニア 人材サービスは、先に紹介したマイナビシニアの転職エージェントサービスです。

このマイナビミドルシニア 人材サービスの特記すべき点は、下記の手厚いサポート体制でしょう。

  • 電話面接
  • 出張面談
  • 面接同行
  • 情報交換

「自分1人では心配だ」という人は、ぜひとも登録してほしい転職エージェントです。

転職エージェント名マイナナビミドルシニア 人材サービス
運営会社株式会社マイナビミドルシニア
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向ミドルとシニア層の求人に特化
おすすめポイント
  • 幅広く業界や職種の求人を網羅している
  • サポート体制が手厚い
  • 日本最大級のマイナビの豊富なノウハウや実績を活かした求人案件を紹介してくれる

(※2021年4月24日時点)

公式サイト

転職エージェント・転職サイトを使って40代の転職を成功させる4つのポイント

最後に、転職エージェントと転職サイトを使って、40代の転職を成功させるポイントを紹介します。

まず転職時に注意したいポイントは、40代の転職は難易度が高いという点です。

希少性の高いスキル等を備えた人なら転職に苦労することはないかもしれませんが、40代の転職は一般的に買い手市場です。

この点を踏まえ、以下で紹介する4つのポイントを押さえた転職活動を心がけましょう。

できるだけ早く転職に踏み切る

40代で転職を考えているのなら、できるだけ早いタイミングで行動しましょう。一部の人を除けば、年齢を重ねるごとに転職市場での需要が減っていきます。

それでも、自分のスキルや実績が評価されて転職が成功することもあります。40代になって転職を考えている場合は、できるだけ早く行動に移すことをおすすめします。

転職先を知名度だけで選ばない

「転職先は上場企業に限る」など知名度重視で転職活動を進める人もいます。

これは世間体を気にしてのことかもしれませんが、転職先は知名度で選ばないようにしましょう。これは視野を狭めるだけで、何のメリットもありません。

また知名度の高い企業のみに限ってしまうと、せっかくある好条件の転職候補を見逃すことにもなるでしょう。

転職先は「名より実を取る」ことが大事であると頭を切り替えて臨むようにしてください。

日頃からポータブルスキルを鍛えておく

面接で優位に働くのがポータブルスキルです。具体的には下記のものが挙げられます。

  • 専門知識
  • 専門技術
  • 仕事への接し方
  • 人との関わり方

ポータブルスキルを身につければ、自分自身の強みにもなります。まずは、自分にどのようなポータブルスキルを持っているかを認識し、早い段階でそのスキルを鍛えるようにしてください。

意識的に鍛えてさえいれば、それが面接時にチャンスを招き入れることになります。

場合によっては年収ダウンも受け入れる

40代の転職で注意してほしいのが年収です。おそらく多くの人がそれなりの年収を得ていることでしょう。転職時には年収アップ、もしくは最低でも同額を希望するかと思います。

しかし、あまり年収にこだわるのはおすすめできません。他の条件は問題なかったのに、年収だけが希望に沿わず、せっかく好条件の転職先を逃してしまう可能性もあります。

年収にこだわって、好条件の転職を逃してしまっては元も子もありません。

下がった年収は、あなたの働き次第で後から戻せます。やむを得ない年収ダウンは一時的なものとして受け入れるようにすると、転職先を見つけやすくなるでしょう。

まとめ

40代の転職には転職サイトと転職エージェントの存在は欠かせません。これらの転職サービスを利用する際に意識してほしいのは、複数の転職サービスを有効活用することです。

特に転職エージェントでは担当者の存在は重要です。相性の良い優秀な担当者と巡り会えれば、転職の成功確率はぐんと高くなるでしょう。

40代の転職はあなたにとって、人生の大きなターニングポイントになります。満足できる転職にするためにも、今回の情報を役立てていただければ幸いです。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611