40代女性の転職は地獄?厳しい・難しいと言われる理由と未経験や正社員での転職は可能か解説

公開日:2021年9月22日 更新日:2021年9月22日

「転職したいけど上手くいくかわからない」と不安に思っている40代女性の方は多いでしょう。

求人数が少なかったり職種が限られたりする影響で、40代女性の転職は難しい傾向にあります。しかし転職が不可能なわけではありません。

本記事では、40代女性が転職を成功させるポイントやおすすめの職種を紹介します。

40代女性におすすめの転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

40代女性の転職は地獄?厳しい・難しいと言われる理由

40代女性の転職は、20代や30代の頃に比べて厳しく難しいと言われています。その具体的な理由は下記の4つです。

  • 求人数が少ないから
  • 職種や業界が限られるから
  • 企業によっては偏見があるから
  • キャリアのブランクを取り戻すのが難しいから

それぞれ詳しく解説していきます。

求人数が少ないから

40代女性向けの求人数は少ない傾向にあります。

転職サイトに掲載されている多くの求人は、20代や30代向けです。人手不足の業界や職種はあるものの、40代を積極的に採用している企業は多くないでしょう。

少ない求人数に多くの人が応募すれば、倍率が高くなり採用されるのが難しくなります。

そのため40代の転職では、同年代の人と差別化できるよう、応募企業に合った人材であることをアピールする必要があります。

職種や業界が限られるから

40代女性が転職できる職種や業界は、ある程度限定されてしまいます。20代や30代の頃に比べると、キャリアチェンジや未経験からの転職がしづらいでしょう。

ただし、過去に経験がある職種や業種は狙い目と言えます。求められるスキルや実績がある分、アピールがしやすいからです。

また経験がある仕事以外では、求人票に「年齢不問」と書かれている企業も狙いましょう。幅広い年齢層を歓迎する求人へ積極的に応募してみてください。

企業によっては偏見があるから

一部ですが、40代女性に対して偏見を持つ企業もあります。

「お局様(おつぼねさま)」という言葉があるように、40代女性に対してあまり良い印象を持たれない場合があるのです。

本来企業側は、仕事の能力以外で採用の可否を判断してはいけません。厚生労働省が提唱する「公正な採用選考の基本」でも、公正な採用を企業側に求めています。

しかし実際は、40代以上の女性に対して「扱いづらい」「戦力にならなそう」などの偏見を持つ企業があるのは事実です。

年代や性別に対して偏見がなく、公正に採用選考を行ってくれる企業を見つけることが重要です。

キャリアのブランクを取り戻すのが難しいから

出産を機に会社を退職した場合、キャリアのブランクを取り戻すのが難しい場合があります。

例えば、出産を機に一度仕事を離れ、子どもが小学校に入ってから復帰を目指すとします。この場合、約7年間仕事から離れていた計算です。

過去に経験がある職種や業界で働くとしても、仕事の感覚を取り戻すのは容易ではありません。

企業側としても、長いブランクがある人を積極的に採用しようとは思わないでしょう。

出産を機に退職をした場合は、ブランクを不問としてくれる企業を探す必要があります。

おすすめの転職エージェントを見る

40代女性が転職を成功させるポイント

40代女性が転職を成功させるには事前準備が欠かせません。実際にどのようなことを準備しておくべきなのか、6つのポイントを紹介します。

  • スキルや実績を見直す
  • 転職理由を明確にする
  • 転職後のキャリアを描いておく
  • 希望条件に優先順位をつける
  • 職種や業界が限られていることを理解する
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく解説していきます。

スキルや実績を見直す

転職活動を始める前に、あなたが身につけているスキルや過去の実績を見直しましょう。キャリアの棚卸しをすることで、あなたがアピールすべきポイントが見えてきます。

ただ闇雲に求人を探しても、なかなか転職先が見つからず焦りが募る一方です。あなたの強みを再確認することで、企業へアピールする内容を整理しましょう。

転職理由を明確にする

40代で転職したい理由を明確にしましょう。「何となく転職したいから」「子育てがひと段落したから」という理由だけでは、企業側は納得してくれません。

具体的には次のような転職理由が考えられます。

  • キャリアを再構築したいから
  • スキルを活かしたいから
  • 仕事が好きだから

採用担当者に「ぜひあなたを採用したい!」と思ってもらえるような転職理由を考えてみてください。

転職後のキャリアを描いておく

あなたが入社することで企業側にどのようなメリットがあるのか考えてみましょう。転職後のキャリアを具体的に描けていれば、優秀な人材と判断してくれるはずです。

20代や30代に比べると、40代は年齢を重ねていることもあり、成長性や将来性をそれほど期待されないケースも見られます。

なぜ40代のタイミングで転職しようと思ったか理由を明確にしたうえで、キャリアプランを伝えることが重要です。

希望条件に優先順位をつける

転職をするにあたり、希望条件に優先順位をつけましょう。40代から転職するとなると、すべての条件を実現させることは難しいからです。

また、40代女性向けの求人数は少ないのが現状です。多くの希望を叶えようとすれば、さらに求人が絞られることになります。

ここでのポイントは、絶対に譲れない条件を1〜2個決めておくことです。転職の軸がブレず、あなたに合った求人が見つかるでしょう。

職種や業界が限られていることを理解する

40代女性の転職は、職種や業界が限られていることを理解しておきましょう。20代や30代の頃とは違い、自由に職種や業種を選ぶのは困難と言えます。

限られた職種の中で、あなたがストレスなく働ける企業を見つけましょう。

転職エージェントを活用する

40代女性の転職は、自分1人では思うように転職活動が進まない場合が多くあるでしょう。

自分に合った求人を見つけるだけでなく、キャリアの棚卸しや応募書類作成、面接対策などあらゆる準備が大変です。

なお転職エージェントなら、40代からの転職でもしっかりとサポートしてくれます。

あなたに合った求人を紹介してくれるので、転職後のミスマッチも最小限に抑えられるでしょう。

転職活動がスムーズに進むか不安な40代女性の方は、転職エージェントを活用してみてください。

40代におすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は「40代の転職エージェントと転職サイトの利用方法!おすすめのサービスをタイプ別に紹介!」も読んでみてください。

おすすめの転職エージェントを見る

40代女性が転職活動でやってはいけないこと

40代女性が転職活動でやってはいけないことを3つ紹介します。下記項目にどれか1つでも当てはまる場合は、転職活動が長引く危険性があるので注意しましょう。

  • 自分の能力を過信する
  • 若手中心の企業に応募する
  • 希望条件を増やし過ぎる

それぞれ詳しく解説していきます。

自分の能力を過信する

自分の能力を過信しないよう注意しましょう。スキルや強みを見誤ってしまうと、あなたの能力を活かせる企業が見つかりません。

仮に転職できたとしても、転職後にミスマッチが起こってしまいます。転職活動を始める前に必ずスキルの棚卸しをすることがポイントです。

若手中心の企業に応募する

若手中心の企業に応募するのは避けた方が無難でしょう。特にベンチャー企業は20代や30代の若年層を中心として構成されている場合が多いです。

若手が中心に活躍している企業では、40代を積極的に採用したいとは考えていない傾向にあります。

年代が離れた社員は、職場に馴染めないのではないかと判断されるからです。

書類選考の段階で落とされないためにも、企業に在籍している人たちの年齢層は事前にチェックしてください。

若手中心の企業ではなく、40代女性の転職実績がある企業を見つけましょう。あなたにとっても安心して働きやすい企業である可能性が高いです。

希望条件を増やし過ぎる

転職で叶えたい希望条件を増やし過ぎないよう注意しましょう。希望条件が多すぎると転職活動が長引く傾向にあります。

転職をするにあたり、年収や仕事内容、勤務地など複数の希望条件があることでしょう。しかしすべての希望を叶えることは難しいと理解しておくことが重要です。

加えて40代女性の転職は難しいと言われているので、許容範囲を広げておくことが転職を成功させるコツと言えます。

おすすめの転職エージェントを見る

40代女性の転職におすすめの職種・業界

40代女性が転職しやすい職種や業界を紹介します。下記の5つは40代女性でも狙い目の職種や業界なので、積極的に応募してみてください。

  • 営業職
  • 介護職
  • 事務職
  • 企画・管理系
  • 外資系

それぞれ詳しく解説していきます。

営業職

営業職はさまざまな業界で人材を募集しています。経験豊富かつ物腰が柔らかい雰囲気がある40代女性なら活躍できるはずです。

業界にこだわりがなければ「営業職」という大きな括りで求人を探してみてください。あなたのスキルを求めている企業が見つかるでしょう。

介護職

介護職は人手不足が懸念されている職種です。細かいところにまで気を配れる40代女性は、やりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

介護職への転職は、資格がなければ不可能というわけではありません。

ただし「介護職員初任者研修」の資格があった方が、仕事の幅が広がり採用される確率が高くなります。

なお介護職員初任者研修は、厚生労働省が指定するカリキュラムを受講し、試験に合格すれば取得できます。

それほど難しい試験ではないので、介護職へ転職を考えている40代女性はチェックしておきましょう。

事務職

事務職には金融事務や病院事務、貿易事務などさまざまな種類があります。経験不問としている求人も多く、40代女性でも応募しやすいです。

事務職は誰でもできる仕事と思われがちです。しかし実際は、事務処理の早さやコミュニケーション能力の高さなどが求められます。

これまで培った経験を強みとして、ほかの求職者と差別化を図りましょう。

企画・管理系

企画・管理系は、過去に携わったことがあるなら狙い目の職種です。専門的な知識や経験が求められるため、年齢がハンデになりにくいです。

知識や実績さえあれば、さらなるキャリアアップが期待できる場合もあるでしょう。

外資系

キャリアに自信があるなら外資系企業もおすすめです。

一般的な日本企業とは違い、実力だけが評価される傾向にあります。能力が高い40代女性なら十分活躍できるでしょう。

40代女性向けの転職サイトや転職エージェントを活用しよう!

40代女性が転職を成功させるには、転職サイトや転職エージェントを活用することがポイントです。

特に転職エージェントはあなたの転職活動をしっかりサポートしてくれます。

ここではタイプ別におすすめの転職エージェントを紹介します。

大手総合型①:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。求人数が多いので、40代女性向けの求人も多く保有しています。

リクルートエージェントの大きな特徴は、各職種や業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している点です。

専門性の高いキャリアアドバイザーが、40代女性でも活躍できる職場を見つけてくれるでしょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントの評判について詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

大手総合型②:dodaエージェント

doda

dodaエージェントは、リクルートエージェントと並ぶ業界最大級の転職エージェントです。

転職先の選択肢が広がるため、あなたの希望に合った転職先を見つけやすいと言えます。

またdoda独自の「レジュメビルダー」を活用すれば、簡単に職務経歴書を作成できます。

キャリアアドバイザーに添削してもらい、応募企業が求める人材であることをアピールしましょう。

dodaはこちら

dodaの評判について詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

キャリアアップ特化型:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは大手企業や優良企業への転職支援実績が豊富な転職エージェントです。外資系転職エージェントなので、グローバル案件への転職も期待できます。

スキルの高さに自信がある40代女性は積極的に活用してみてください。

JACリクルートメントはこちら

JACリクルートメントの評判について詳しく知りたい方は「JACリクルートメントの評判は両極端?良い・悪い口コミやメリットデメリットを解説!」も読んでみてください。

女性特化型:LiBzPARTNERS

LiBzPARTNERSは女性のハイクラス転職に特化した転職エージェントです。若手向けだけでなく、40代以上に向けた求人も多数取り扱っています。実績やスキルがあれば、年収600万〜1,000万円以上も狙えます。

キャリアや実績に自信がある女性は、ぜひ活用してみてください。

リブズパートナーズはこちら

40代女性の転職に関するよくある質問

40代女性の転職に関するよくある質問と回答をまとめました。転職活動を長引かせないためにも、疑問や不安はあらかじめ解消しておきましょう。

下記3つのうち気になるところをチェックしてみてください。

  • 正社員にも転職できる?
  • 未経験でも転職できる?
  • 取得しておくと有利になる資格は?

正社員にも転職できる?

可能ですが、20代や30代の頃と比べて難しいのが現状です。そもそも40代女性向けの正社員求人が少ない傾向にあります。

厚生労働省が発表した「令和元年版働く女性の実情」によると、役員を除いた女性雇用者総数に占める正規の職員及び従業員の割合は44.0%です。

40代以上に限定すると、正社員として働いている女性の割合はさらに少なくなります。

もちろん正社員への転職が不可能なわけではありません。ハードルこそ高いですが、スキルや実績さえあれば転職は成功させられます。

転職活動を長引かせたくない場合は正社員にこだわらず、非正規雇用の求人も視野に入れましょう。

未経験でも転職できる?

40代女性が未経験から転職するのは難しい傾向にあります。転職できる職種や業界が限られており、40代女性向けの求人数そのものが少ないからです。

ただし、未経験からの転職が絶対不可能というわけではありません。高いコミュニケーションスキルやマネジメントスキルがあれば、未経験からの転職も可能です。

未経験から転職したい職種や業界があるなら、転職エージェントを上手く活用しましょう。

キャリアアドバイザーと連携しながら転職活動を進めた方が、応募企業に対して正しくアピールできます。

取得しておくと有利になる資格は?

40代女性が取得しておくと有利になる資格には次のようなものがあります。

  • ファイナンシャルプランニング技能士
  • 宅地建物取引士
  • 中小企業診断士
  • TOEIC
  • 介護職員初任者研修

ただし実際に資格が評価されるかどうかは、応募する企業によります。これから資格を取得する場合は、希望の職種や業種を決めてからとしましょう。

40代女性の転職は事前準備が成功の鍵を握る

ここまで見たきたように、40代女性の転職は厳しく難しいと言われています。しかし転職がまったく不可能というわけではありません。

キャリアの棚卸しや希望条件の整理など、事前準備をしっかり行うことで転職を成功させられます。

1人で準備するのが難しい場合は、転職エージェントを活用しましょう。

これまで数多くの求職者をサポートしてきたキャリアアドバイザーが、あなたの転職が成功するよう丁寧にサポートしてくれます。

40代におすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は「40代の転職エージェントと転職サイトの利用方法!おすすめのサービスをタイプ別に紹介!」も読んでみてください。

この記事の監修者

木川 雄策

木川 雄策

株式会社ピーアール・デイリー 人材紹介事業部 次長
1998年入社、求人広告・人材紹介事業と募集・採用に携わり入社24年目。
累計10,000人以上の採用・転職に貢献。
メンタルヘルス検定合格 認証番号090720001611