東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

通勤需要が高い山梨でのタクシードライバー転職

2020年05月27日 エリア情報


ここでは、山梨県でタクシードライバーへの転職を検討している方へ、有益な情報をお伝えしていきます。

山梨県各都市の人口、観光スポットなどの情報を交えながら、山梨県でタクシードライバーとして働くことの魅力をお伝えしていきます。

 

タクシードライバーに転職するなら知ってほしい!山梨の人口とタクシー数

山梨県でタクシードライバーへの転職を検討している方向けに、山梨県の人口、タクシー数がどれくらいなのかをお伝えします。

山梨県の総人口は、約82万人、全国では42位に位置しています。

一番人口が多い都市は、県庁所在地でもある甲府市で約20万人、2位が甲斐市で約7万3千人、3位が南アルプス市で約7万2千人となっています。

 

山梨県のタクシー事情ですが、近年の調べによると、山梨県内の事業者数は約80社で、台数が約950台となっています。

山梨県には個人タクシーはありません。

山梨県で転職を考えるタクシードライバーにとって、どの様な魅力があるのでしょうか?

 

タクシードライバーとしてみた山梨

山梨県は、県内の人口はさほど多くはありませんが、比較的タクシードライバーとして働くのに適した場所だといえます。

その理由は、2つあります。

 

まず1つ目が、立地です。

山梨県は東京に隣接しているため、東京へ向かう労働者が数多くいます。

さすがに埼玉や千葉ほどではありませんが、東京のベッドタウンとして機能している都市もあり、通勤、退勤のタイミングでお客さんを獲得できるチャンスは多いと思われます。

 

2つ目が、観光地としての人気の高さです。

山梨県には、名産品となる果物や、おいしいグルメが数多く存在します。

観光スポットとしても、富士急ハイランドをはじめ、富士山などの全国的に有名な場所があり、季節を問わず多くの観光客が訪れています。

定のシーズンだけ多くの人が訪れるというわけではないので、観光客をタクシーに乗せる機会は1年を通して多いと考えられます。

 

以上2つの理由から、労働者、観光客ともに多い地方だといえるので、タクシードライバーとしては働きやすい地域だということができると思います。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

山梨でタクシードライバーになるメリット

ここからは、山梨県でタクシードライバーとして働くことのメリットを具体的に紹介していきます。

 

観光地としての人気が高い

山梨県には、おいしいグルメや有名な観光名所が数多く存在します。

まず、グルメでは、山梨県の名産品でもある、おいしい果物があります。

山梨県は、全国でもトップクラスの日照時間と、水はけの良い土壌が合わさり、果物の栽培に非常に適した土地となっています。

ぶどう、桃、すももなどが有名で、この3つは全国でも最大の収穫量を誇ります。

そのため、収穫シーズンの時期になると、ブドウ狩りや桃狩りなどをするために、全国から多くの観光客が訪れます。

 

山梨県のブドウは、果物としてだけでなく、ワインの原料としても有名です。

山梨県だけで、全国のワインの約3割を生産しているといわれているほど、ワインづくりが盛んな町でもあります。

そのため、県内にはワイナリーが多数存在し、様々なワインの飲み比べをすることができます。

ワイン好きの人にとっては、たまらない環境だといえます。

 

他にも、果物だけでなく、ワインビーフという山梨ブランドのお肉や、ほうとう、信玄餅など、おいしい物がたくさんあります。

観光名所では、富士急ハイランドや河口湖など全国的な有名な場所がたくさんあります。

それぞれの場所の詳しい情報については、後で詳しく説明させて頂きます。

山梨県のおいしいグルメ、観光名所を求めて年間を通じて観光客がきてくれるので、タクシードライバーとしては多くのお客さんを獲得できると思われます。

 

地域の伸びが大きい

山梨県には、2027年に開業予定のリニアモーターカーの停車地となっています。

リニアモーターカーとは、車両に搭載した超電導磁石と地上に取り付けられたコイルとの間の磁力によって、浮上して走行する輸送システムです。

時速は最速で603kmを記録し、航空機並みの速度での輸送が可能となります。

リニアモーターカーが開通すれば、東京―大阪間は約1時間、東京―山梨間に至っては、なんと約25分で行くことができるようになります。

 

都市からのアクセスが格段に改善されたことにより、ますます多くの観光客が訪れることが期待されています。

さらに、通勤時間が縮まることにより、都市からの流入人口の増加にも大きな期待が寄せられています。

事実、新幹線が新たに開通した都市では、観光客が大きく増加し、街が活性化した事例がいくつもあります。

そのため、山梨県も将来的には大きな恩恵を受け、数多くの人が訪れることが予想でき、タクシードライバーとしてもお客さんを獲得できるチャンスは多くなると考えらます。

 

東京への労働者を獲得できる

前述したことですが、東京に接した地域では、東京で働いている労働者が多数存在しています。

都市圏から遠く離れた地域と比べて、この立地の良さは大きなアドバンテージになっていると考えられます。

都市圏から遠い地域だと、労働者の流入はどうしても少なくなり、タクシーを利用するお客さんは、観光客が多くなるので、シーズンによっては全然お客さんを獲得できないということも起こりえます。

その点、山梨県は観光客、労働者ともに多いので、年間を通して安定した客数を期待することができます。

 

転職するなら知っておきたい!山梨の人気のエリア

山梨県にはどんな観光スポットがあるのか、ご紹介していきます。

山梨県の人気スポットをあらかじめ把握しておくことで、お客様を多く乗せることのできる可能性が高い場所を中心にタクシーを向かわせることができると思います。

 

山梨で人気の観光エリア

富士急ハイランド

国内だけでなく、海外からも毎年多くの観光客が訪れる、一大アミューズメントパークです。

2018年7月には入場料が無料となり、より気軽に行くことが可能になりました。

1番の見所は、絶叫アトラクションです。

「FUJIYAMA」、「ド・ドドンパ」、「高飛車」、「ええじゃないか」が4大アトラクションと呼ばれており、最高のスリルを味わうことができます。

絶叫アトラクションだけでなく、ホラー系のアトラクションや、「きかんしゃトーマス」の世界観を再現したトーマスランドなど、数多くの見所があります。

なので、ジェットコースターは苦手で乗れないという方でも、十分楽しむことができます。

 

河口湖

富士五湖と呼ばれる湖の1つで、美しい富士山を眺めることができます。

最大のポイントは、四季に応じた絶景を楽しむことができるところ。

春の季節には、桜と富士山のコラボを楽しむことができ、夏には雪が溶けたすっきりとした姿を見ることができます。

秋には紅葉とのコラボが、冬には雪景色と富士山の組み合わせを見ることができるので、いつ行っても楽しめるスポットです。

 

鳴沢氷穴

鳴沢氷穴は、富士山の噴火の際にできた天然の洞窟です。

年間を通じて内部の気温が低く、常に氷に覆われていることから、この名前がついたそうです。

夏でも内部はかなり寒いので、案内をする際には注意が必要です。

天井からしみ出してきた水滴が凍ってできた氷柱は、大きい物では3mほどにもなり、大きな見所となっています。

氷柱はライトアップされており、さながら芸術品のようで、フォトジェニックなスポットです。

綺麗な写真を撮りたい女性には、おすすめな観光名所となっています。

 

山梨でタクシードライバーへの転職を考えている方へ

これまで、タクシードライバーの視点から見た山梨県の魅力をお伝えしてきました。

山梨県にはおいしいグルメや楽しめるスポットがたくさんあるため、数多くの観光客が訪れ、都市圏に近いことから労働者の流入も多くなっています。

そのため、観光客、労働者どちらのお客さんも獲得するチャンスが多いと考えられます。

さらに、リニアモーターカーの開通により街全体が活性化することも予想され、タクシードライバーにとってはより働きやすい環境となっていくと思います。

 

このような魅力ある山梨県でタクシードライバーとして働くことを、転職の際の選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか?

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像