東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

快適な気候でタクシードライバーとして働くには山口がおすすめ

2020年05月25日 エリア情報


ここでは、山口県でタクシードライバーへの転職を検討している方に向けて、地域の特性や県内にあるタクシー会社の数といったものを説明していきます。

またドライバー視点で、山口県で働くことがどれくらい魅力的なのか、どういったメリットがあるのかといったものも見ていきますので、具体的な参考としてご覧ください。

合わせて山口県における人気の観光エリアなどもご紹介していますので、県全体の魅力もぜひチェックして頂ければと思います。

 

山口の人口とタクシー数

それでは最初に、山口県でタクシードライバーに転職する際に知っておきたい県内のタクシー会社の数や台数といった情報をご覧いただきます。

また、タクシーのドライバーから見た山口県には、どういった魅力があるのかもご説明していきますので、転職をする際のイメージ作りに役立ててみてください。

 

タクシードライバーとして見た山口

山口県は、日本の都道府県の中で25番目に人口が多い県です。

そのため、人口のランキングとしては真ん中あたりであることが分かります。

なお、山口県内の総人口は150万人程度です。

ちなみに、山口県は少し特殊な自治体構成となっているところが特徴でもあります。

 

まず、山口県の県庁所在地は県の中央部に位置する山口市になるのですが、もっとも人口の多い自治体は県西部に位置する下関市です。

割合としては山口市が20万人弱に対して下関市が30万人弱といった形になっています。

都道府県の中で、県庁所在地よりもそれ以外の市町村の人口が多いケースというのは、山口県を含めても5つしかありませんので、こうした点は山口県の特徴のひとつと言えるでしょう。

 

続いて、県内におけるタクシー会社の数ですが、法人と個人を合わせて200社ほどが登録されています。

また、稼動しているタクシー台数は2500台ほどです。

これを人口との割合で計算すると0.15%ほどとバランスが良いことが分かります。(少ないところは0.1%、多いところは0.2%を超えるため)

 

ほかの都道府県と比較しても「多すぎず、少なすぎず」といったところで、安定してタクシーの需要があるというところはドライバーからすると魅力的に感じられるポイントです。

 

山口でタクシードライバーに転職することの魅力

人口とタクシー台数のバランスが良いとご説明しましたが、実は山口県はそのほかにもバランスの良さが目立つポイントがあります。

それが人口の分布です。

ご説明したように山口県は県庁所在地が中央にありますが、人口がもっとも多い下関市は最西端に位置しています。

 

そして、県内における10万人を超える市はほかに4つで、周南市・岩国市・宇部市・防府市です。

このすべての市が瀬戸内海に沿った形でバランスよく配置されているところが山口県の特徴となります。

どの市においてもタクシードライバーの需要が一定にあることから、転職先を決める際にもいくつかの土地から選ぶことが可能です。

 

また、実際にドライバーとして働いている方からすると、各エリアにタクシーの需要があるため、長距離移動をした先でまたお客様を乗せることができるというのも魅力的な部分です。

これが人口に偏りのある県の場合だと、僻地へと訪れたあとの帰り道はただ運転をするだけになりますが、山口県のように人口が分散されているとそうした非効率な仕事を避けることができるわけです。

このことからも、バランス良く人口が分散していると仕事上でのデメリットを減らせるということが分かっていただけるのではないでしょうか。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

山口でタクシードライバーになるメリット

それでは次に、実際タクシードライバーとして山口県で働くことになった場合、どういったメリットがあるのかといった点をご覧いただきましょう。

 

タクシー会社・地域が多い

山口県は、それぞれのエリアに10万人を超える人口の市が存在していますので、タクシードライバーとして働く場所や会社に恵まれているというところがメリットのひとつ目に挙げられます。

自分の生まれ育った場所から近いところや、気に入った環境の場所を選べるので、ストレスをあまり感じずに働けるというのは非常に魅力的なポイントです。

 

また、人口の多い瀬戸内海側のエリアには新幹線も通っていますので、遠方からの転職者にとっても帰省などがしやすく、移住して働く方にとっても生活しやすい環境が整っています。

 

安定した仕事量

山口県は人口の多さや分布のバランスが良いことから、安定した仕事量が確保できる地域としてドライバーからは評価されています。

地域に住んでいる方の利用から観光客の需要まで幅広くありますので、仕事がなくて困るといった心配もあまりありません。

 

また、温暖な気候から、天候による仕事への影響といったものもあまりないと言えますので、通年安定して仕事をこなすことが可能です。

こうした、何事のバランスにも優れているところがドライバーにとって魅力的なポイントとなっています。

 

日本海側にある観光地

瀬戸内海側に人口が集中している山口県ですが、萩市や長門市といった日本海側にある観光地へのタクシー利用というのもドライバーからすると魅力的な仕事のひとつです。

 

山口県に観光で訪れる場合、新幹線でも飛行機でも基本的には瀬戸内海側に到着することになります。

(山陽新幹線や宇部空港といった立地からも分かることですが)この際、日本海側に行く場合に割安な移動手段としては鉄道になるのですが、山口県内では瀬戸内海側から日本海側に向けての路線というのがあまり発達していません。

 

そのため、観光客の多くはレンタカーかタクシーを利用することになるのですが、高齢者の方や免許を持っていないという方、また外国人の方などの場合はタクシーを選択するケースが大半です。

 

そのため、山口県には常に一定の観光タクシー需要というものが存在しています。

こうしたことから長距離、長時間の仕事を確保する機会に恵まれているという部分もドライバーからすると非常に魅力的なポイントとなっています。

 

山口の人気エリア

それでは次に山口県の人気観光スポットもご紹介しておきたいと思います。

タクシードライバーになろうと検討している方にとっても、有益な情報となっていますので、ぜひご覧ください。

 

山口の人気の観光エリア

角島(下関市)

県内最大の都市である下関ですが、その面積は非常に広く中には離島も含まれています。

そんな離島の中でも人気の観光スポットが角島です。

こちらは、レジャーなどにもおすすめの観光エリアなのですが、2000年に開通した角島大橋からの絶景というのが近年話題となっています。

本州最西端の都市となる下関には、こうした自然豊かな一面もありますので、ぜひとも訪れてみてもらいたいと思います。

また、こうした離島へタクシーを利用して訪れる方もいますので、ドライバーとしてもチャンスが眠っているということになります。

 

元乃隅稲成神社(長門市)

こちらは123基の鳥居が並ぶ圧巻の光景が人気の観光スポットです。

高さ6メートルにある大鳥居の賽銭箱は観光客の間で話題となり、いつしか賽銭をちゃんと投げ入れられたら願いが叶うという都市伝説も生まれるようになりました。

なお、この神社は日本海側の長門市にあるため、ドライバーとしても長距離利用などで乗客を運ぶ可能性のあるエリアとなっています。

 

錦帯橋(岩国市)

風光明媚な光景が広がる岩国市の錦帯橋は、1673年に建設された歴史の古い橋となっています。

その美しいアーチから日本三大名橋にも選ばれ、観光客も多く訪れる人気のスポットです。

四季折々の楽しみ方が出来る場所ですので、通年この錦帯橋までのタクシー利用が見込めます。

ぜひ覚えておきましょう。

山口でタクシードライバーへの転職を考える方へ

山口県でタクシードライバーになろうと考えている方に対して、そのメリットや魅力的なポイントをご紹介してきました。

ご覧頂いたように山口県はバランスに優れた地域で、どのエリアにおいても一定のタクシー需要というものがあります。

そのため、安定した仕事をしたいという方にとってはまさに最適な地域と言えるでしょう。

また、新生活を送る上においても不便を感じさせないレベルの都市が揃っていますので、遠方からの転職者においても安心の土地です。

観光地も豊富で、ご紹介したスポット以外にも温泉街などが多く点在しているところが山口県の特徴でもあります。

そのため、仕事をしながらゆったりと生活をしたいという方にもおすすめとなっていますので、ぜひ前向きに転職を検討してみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像