就活サイトで情報を収集しよう!種類や使い分け方、注意点を解説

就活サイトで情報を収集しよう!種類や使い分け方、注意点を解説

これから就職活動をするにあたって、「効率良く情報を収集できる就活サイトはどれ?」「就活サイトはどのように活用したらいい?」と悩んでいませんか?

就職活動を進めていく上でさまざまな情報を入手できる就活サイトは、今や就活生にとって欠かせないツールです。しかし、世の中にはさまざまな就活サイトが存在し、それぞれ入手できる情報の種類やサービスの強みが異なります。

この記事では、情報収集に使える就活サイトの種類や使い分け方、利用時の注意点などを紹介します。就活サイトでどのように情報を集めたらいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

P-CHAN就活エージェントでは、就活相談を受け付けています。自己分析や企業研究などの就活生がつまずきがちな悩みも聞いてくれるので、就職活動に不安がある人はぜひ一度利用を検討してみましょう。創業60年の豊富なノウハウを活かして、あなたの就職活動を強力にサポートしてくれます。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

情報収集に使える就活サイトの種類

情報収集に使える就活サイトの種類

就活サイトは、以下の種類に分けられます。

  • 検索型就活サイト
  • 口コミ系就活サイト
  • オファー型就活サイト
  • エージェント系サイト

世の中にはさまざまな就活サイトが存在しますが、各社が力を入れているサービスによって得られる情報には違いがあります。そこでここからは、得られる情報によって就活サイトを分類し、それぞれの特徴を紹介していきます。

検索型就活サイト

検索型就活サイトは、就活サイトがこの世に誕生した当初から存在するサービスです。代表的なサービスとして知られているのが、「リクナビ」や「マイナビ」です。

これらのサービスは長年歴史があることから、掲載を希望する企業も多い傾向にあります。そのため、数多くの企業から自分に合った企業を見つけやすいのが、検索型就活サイトを活用するメリットです。

検索型就活サイトは、単に求人を検索できるだけのサービスではありません。以下のような幅広い機能も兼ね備えています。

  • 企業への応募機能
  • 企業とのメッセージがやりとりできる機能
  • 多くの企業で共通して使えるエントリーシート作成機能
  • さまざまなイベントへの参加機能
  • Webセミナーへの参加機能
  • インターンシップへの参加機能
  • 自己分析やWebテスト、適職診断など、自分を深く知るためのツール機能
  • 就職活動に役立つさまざまなコラム閲覧機能(業界や企業研究・面接対策・エントリーシート対策・先輩インタビュー記事など)
  • プロフィールに興味を持った企業からのスカウト・オファー機能

このように検索型就活サイトには、就職活動に必要な機能が幅広く搭載されています。そのため、検索型就活サイトにさえ登録しておけば、とりあえず就職活動に必要な活動はほぼカバーできると言っても過言ではありません。

口コミ系就活サイト

上記の検索型就活サイトが提供するサービスに加え、掲示板や口コミ投稿を通じたリアルな情報提供に力を入れているのが、口コミ系就活サイトの特徴です。最近になって普及したサービスが多く、「ONE CAREER」や「楽天みん就」などが知られています。

これらのサービスの共通点は、就活生による企業の口コミ情報やエントリーシートの内容が閲覧できることです。

そのため、就職活動の最前線の情報に触れられ、また希望の企業や業界の就活状況をリアルタイムで把握できる点に、検索型就活サイトにはないメリットがあると言えるでしょう。

なお、同世代である就活生からの発信情報は、企業から発信される情報と比べてリアルな情報が多く、共感しやすいのが特徴です。就活生から発信される情報には、企業があまり開示していない働きやすさやワークライフバランスなどの情報が含まれています。

求人だけではなかなか知れない情報を把握できるのも、口コミ系就活サイトが利用される理由の一つと言えます。

就活の口コミまとめサイトについて詳しく知りたい人は「就活口コミサイトとは?おすすめのサイトや利用するメリットについて解説」も読んでみてください。

オファー型就活サイト

検索型就活サイトや口コミ系就活サイトが就活における幅広いサービスを提供しているのに対し、企業からのオファーに特化している傾向が強いのがオファー型就活サイトです。

オファー型就活サイトと言えば、「オファーボックス」や「JOBRASS」が知られており、ダイレクトソーシングが企業に浸透するにつれ、利用者も増えてきています。

ダイレクトソーシングとは、学生からの応募を待つのではなく、企業自ら自社にマッチする就活生にアプローチを仕掛ける手法です。売り手市場かつ学生優位の状況が続く中、より優秀な人材を獲得するために、ダイレクトソーシングに取り組む企業が増えています。

検索型求人型サイトとは異なり、オファー型求人サイトでアプローチを仕掛けるのは企業側です。

企業は、学生が詳細に入力したプロフィールを読み込み、自社にマッチする就活生にオファー(スカウト)メールを送ります。そして、就活生がそのメッセージを読み、オファーに合意して初めて選考が始まる仕組みを導入している企業が多いです。

オファー型求人サイトの多くは、検索型求人サイトのように自ら求人を検索して応募することはできません。しかし、プロである企業の人事からアプローチを受けるため、自分では気付かなかった業界や企業と出会えるチャンスがあります。

オファー(スカウト)型の就活サイトについて詳しく知りたい人は「スカウト型の就活サイトとは?おすすめ8選や活用する際のコツを紹介!」も読んでみてください。

エージェント系サイト

エージェント系サイトは、就職活動全般においてエージェントからの手厚い支援が受けられるのが特徴のサービスです。

世の中には検索型や口コミ系、オファー型といった特徴を持つさまざまな就活サイトが存在します。

しかしこれらのサービスでは、応募企業とのやりとりは原則として全て自分自身で行わなければなりません。初めて就職活動をする就活生にとって、企業とやりとりをすることはなかなかに骨が折れる作業です。

一方、エージェント系サイトを活用する場合、就活生は直接応募企業とやりとりを行う必要はありません。

エージェント系サイトを運営する就活エージェントが応募企業との橋渡し役となってくれるため、面接日時の調整や応募企業に聞きたいこと、確認したいことは全て代わりに担当してくれます。

また、就活エージェントでは、以下のようなサービスも期待できます。

  • 就活相談を通じて就活生1人ひとりの悩みを聞いてくれる
  • 自己分析や企業研究などの作業を手伝ってくれる
  • 希望や適性に合った企業を紹介してくれる
  • エントリーシートの作成や面接対策を応募企業ごとに行ってくれる
  • 応募企業の合否結果についてフィードバックが受けられる
  • 内定辞退や条件交渉を代わりに行ってくれる
  • 選考過程が少ない非公開求人を紹介してくれる場合がある

このように、エージェント系サイトでは、検索型や口コミ系、オファー型の就活サイトにはない手厚い就職支援が受けられるのが特徴です。

P-CHAN就活エージェントでは、就活生の悩み相談を受け付けているほか、強みや希望に合った企業の紹介も行っています。

また、応募企業ごとにエントリーシート対策や面接対策も行っているため、効率良く就職活動を進められます。1人で就職活動を進めるのが不安な人やプロのアドバイスを受けてみたい人は、ぜひ一度相談を希望してみましょう。

効率良く情報を得るための就活サイトの使い分け方

効率良く情報を得るための就活サイトの使い分け方

効率良く情報を得るための就活サイトの使い分け方は、以下の通りです。

  • 企業選びの基準がある程度固まっているなら「検索・口コミ系就活サイト」
  • 企業選びの基準がはっきりしないなら「オファー型就活サイト」
  • そもそも就職活動の進め方がわからないなら「エージェント型就活サイト」

それぞれについて、詳しく解説していきます。

企業選びの基準がある程度固まっているなら「検索・口コミ系就活サイト」

企業選びの基準がある程度固まっているなら、検索・口コミ系就活サイトが向いています。

検索系就活サイトと口コミ系就活サイトは、企業と就活生どちらが情報発信の主体かといった違いはあるものの、自ら積極的に情報を入手して企業に応募する点で共通しています。

検索系就活サイトと口コミ系就活サイトには、豊富な求人が掲載されており、多くの企業に出会えるチャンスがあるのがメリットです。

しかし、あまりにも入手できる情報が多いため、自分の中で企業を選ぶ基準や優先順位が固まっていないと、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

  • 自分には合わない企業に数多くエントリーしてしまう
  • 不採用が続くことで自信を失ってしまう
  • エントリーしていくうちに、かえって自分に合う企業がわからなくなってしまう

そのため、検索系就活サイトと口コミ系就活サイトは、就活生の中で企業を選ぶ基準がある程度固まっており、自身の基準の中で応募企業を絞り込みたい場合に適しています。

また、検索系就活サイトや口コミ系就活サイトは、スカウト・オファー機能をはじめ就職活動に必要な幅広い機能を兼ね備えているだけでなく、登録している就活生の数も多いです。

そのため、検索系就活サイトや口コミ系就活サイトは、就職活動を始めるにあたってとりあえず登録しておいて損はないと言えるでしょう。

企業選びの基準がはっきりしないなら「オファー型就活サイト」

まだ企業選びの基準がはっきりしていないなら、とりあえずオファー型就活サイトを活用してみるのも、選択肢の一つです。

オファー型就活サイトでは、就活生は直接求人に応募できないことが多いです。しかしその代わり、自分のプロフィールを閲覧した企業からスカウトメールが届きます。

スカウトメールを送ってくるのは、自分のプロフィールに興味を持ってくれた企業の人事です。そのため、「プロの目線から見て採用したいと感じる就活生がどんなタイプなのか」をスカウトメールからある程度判断できるのがオファー型就活サイトを活用するメリットです。

自分に興味をもってくれる企業の規模感や業界の種類、職種などがわかれば、企業目線による自分の市場価値を知る目安になります。また、オファーをもらえると「自分には価値があるんだ」と自信を持てるのも、スカウトメールを受け取るメリットです。

選考の合否結果に左右されがちな就職活動は、精神的に不安定になりがちです。企業からのスカウトメールによって前向きに就職活動を進められるなら、オファー型就活サイトは大いに利用する価値があるでしょう。

おすすめの就活サイトについて詳しく知りたい人は「【25卒向け】新卒におすすめの就活サイト15選を比較!選び方も解説」も読んでみてください。

そもそも就職活動の進め方がわからないなら「エージェント型就活サイト」

そもそも就職活動の進め方がわからないなら、エージェント型就活サイトが向いています。

就活生1人ひとりに専任のアドバイザーがつくエージェント型就活サイトでは、就職活動の悩みを聞き出したうえで、必要な対策を一緒に考えてくれるのが特徴です。

社会人経験が少ない就活生にとって、自分がどんな業界や企業に向いているのか、どの仕事を選ぶべきなのかを選択するのはそれほど簡単ではありません。

そのため、「自己分析をやりなさい」「企業研究をしなさい」「自己アピールを考えなさい」と言われても、具体的にイメージができず、つまずいてしまう人も多いでしょう。

就活エージェントのアドバイザーは、人事のプロであるとともに身近な社会人の先輩でもあります。

自身が就職活動をしたときに悩んだ経験、社会に出てから気付いたこと、そして取引先である企業人事の目線も踏まえたうえで、今後就職活動に何が必要なのか提案してくれます。

就職活動のスタートから内定後入社するまで、専任のアドバイザーがついて一貫した支援が受けられるのも、エージェント型就活サイトが提供するサービスの強みです。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就活サイトから情報を入手する際の注意点

就活サイトから情報を入手する際の注意点

就活サイトから情報を入手する際の注意点は、以下の7つです。

  • 企業の活動時期によって効果的な就活サイトは異なる
  • スカウトを受け取っても選考が優遇されるとは限らない
  • 検索・口コミ系就活サイトをメインに活動するなら自己分析は入念に
  • 幅広く情報収集したいなら早めの登録がおすすめ
  • 利用する就活サイトは目的に応じて使い分ける
  • 口コミ投稿は全てをうのみにしない
  • 就職活動専用のメールアドレスを用意する

それぞれについて、詳しく解説していきます。

企業の活動時期によって効果的な就活サイトは異なる

就活サイトから情報を入手する際の注意点の1つ目は、企業の活動時期によって効果的な就活サイトは異なることです。

就職活動は、仕事を探す就活生と若い人材を必要とする企業の希望が一致して初めて、内定にたどり着きます。そのため、企業の活動時期に合わせて就活サイトを使い分けると、効率的な就職活動が可能です。

多くの場合、企業は3月から求人情報を公開してエントリー、選考へと進みます。そのため、多くの企業が求人を掲載する検索型就活サイトや口コミ系就活サイトは、3月を起点にさまざまなサービスを利用できることが多いです。

就職活動が解禁される3月以降は、検索型就活サイトや口コミ系就活サイトをメインに使用すると、多くの企業に関する情報を得やすいでしょう。

一方、就職活動が解禁される前や、採用活動が一段落着く6月以降でも採用活動を進める企業もあります。これらの企業が多く利用するのが、オファー型就活サイトやエージェント系就活サイトです。

そのため、就職活動が活発化する3〜6月とそれ以前・それ以降の時期で就活サイトを使い分けると、効率良く自分に合う企業情報を得られます。自分が就職活動に力を入れるタイミングによって、効果的な就活サイトを使い分けましょう。

スカウトを受け取っても選考が優遇されるとは限らない

就活サイトから情報を入手する際の注意点の2つ目は、スカウトを受け取っても選考が優遇されるとは限らないことです。

自分に興味を持った企業からスカウトやオファーメールが届くのは、検索型就活サイトや口コミ系就活サイト、オファー型就活サイトで共通しています。しかし、単に「スカウト」や「オファー」といっても、必ずしも一個人のみを指名したスペシャルオファーであるとは限りません。

現実問題として、企業にとって就活サイトに登録された個人情報だけをもって、自社で活躍してくれる人材かを見極めることは難しいことです。

そのため、他の学生には到底真似できないようなずば抜けたスキルや実績を持ち合わせていない限り、企業がその就活生だけに限定したオファーメールを送ってくる可能性は低いと言えます。

就活サイトを経由して企業からオファーメールを受け取った場合は、オファーを受けた事実に着目するのではなく、プロフィールの文面から何を評価してくれたのかを見極めることが大切です。

検索・口コミ系就活サイトをメインに活動するなら自己分析は入念に

就活サイトから情報を入手する際の注意点の3つ目は、検索・口コミ系就活サイトをメインに活動するなら自己分析は入念に行っておく必要がある点です。

検索型・口コミ系サイトから就職活動を行う場合、就職活動をする上での基準は、あくまで自分が働きたい業界や企業・職種です。

十分に自己分析ができていないと、自分と合わない企業に応募して空回りしてしまったり、数多くの企業を見ているうちに自分がどうしたいのか見えなくなってしまったりする場合があります。

また、検索型・口コミ系サイトから企業にエントリーする場合、応募企業は合否結果や面接に対するフィードバックをしてくれることはありません。そのため、常に応募結果と自分の気持ちを照らし合わせながら、自分で企業に対する優先順位を軌道修正していくことが求められます。

幅広く情報収集したいなら早めの登録がおすすめ

就活サイトから情報を入手する際の注意点の4つ目は、幅広く情報収集したいなら早めの登録がおすすめである点です。

志望する業界や企業によっては、通常の就職活動の解禁時期より早くから選考がはじまります。

いざ就職活動を始めたら、行きたい企業や業界の選考が終わっている場合もあります。幅広く情報収集して企業を決めたい人は、大学3年生の4月頃から就活サイトに登録して情報収集を始めましょう。

また、就職活動をしているうちに、行きたい業界が変わることもあり得ます。それを踏まえれば、就職サイトに早めに登録しておいて損はないでしょう。事前準備をしっかりと進めておくことで、選考が本格的に始まる時期には余裕を持って参加できます。

利用する就活サイトは目的に応じて組み合わせる

就活サイトから情報を入手する際の注意点の5つ目は、利用する就活サイトは目的に応じて組み合わせることです。

上記では、「企業選びの基準が定まっているかどうか」によって向いている就活サイトの種類を紹介しました。しかし、必ずしも特定のカテゴリーの就活サイトだけを登録しなければならないわけではありません。

現在、多くの就活生がさまざまな就活サイトを併用しているように、自分の目的によって上手く使い分けるのがおすすめです。

例えば、検索型就活サイトをメインにする場合でも、応募企業から不採用の連絡を受けたり、応募したい企業が見つからなくて悩んだりすることもあるでしょう。

そのような場合は、検索型就活サイトを使いつつ、併用してエージェント系就活サイトを活用するのもおすすめです。専任のアドバイザーが相談に応じてくれることで、悩みが解消することが期待できます。

また、検索型就活サイトで見つけた企業について、エントリーシートの書き方や今後の選考の流れを知りたい場合もあるでしょう。そのようなときは、口コミ系就活サイトに登録すれば、現在活動中の就活生の体験談や、1年前の先輩の選考状況を確認できます。

このように、自分の必要性や目的に応じて、異なる強みを持つ就活サイトを組み合わせると、効率良く自分がほしい情報を入手できます。

ただし、あまりにも数が多すぎると、かえって管理しきれずストレスを感じる場合もあるでしょう。就活サイトに登録するなら、同じ種類なら2個程度、異なる種類を組み合わせる場合でも、それぞれ1〜2個程度に抑えておくのがおすすめです。

口コミ投稿は全てをうのみにしない

就活サイトから情報を入手する際の注意点の6つ目は、利用する就活サイトの口コミ投稿は全てをうのみにしないことです。

就活生からの口コミ投稿はリアリティーがあり、同じ就職活動をしている立場から見ればかなり参考になるでしょう。しかし、口コミ投稿はあくまで個人の体験談にすぎず、全ての就活生に当てはまるわけではない点は差し引いて考える必要があります。

自分には当てはまらないケースを参考にして行動をすると、かえって逆効果になってしまう恐れもあります。

また、運営企業は信頼性を担保するためにさまざまな工夫をしているものの、学生になりすまして情報を集める企業や、自社に有利に情報を意図的に流す企業がないとも言い切れません。口コミ情報にはそういった側面があるという点を踏まえて、上手く活用するようにしましょう。

就職活動専用のメールアドレスを用意する

就活サイトから情報を入手する際の注意点の7つ目は、就職活動専用のメールアドレスをあらかじめ用意しておくことです。

就活サイトに登録する多くの学生が頭を抱えがちなのが、送られてくるメールの量の多さです。

就活生が受け取るメールの量は、登録する就活サイトが多くなればなるほど増える傾向にあります。大量に送られてくる就活サイトからの案内メールに埋もれて、自分に送られてきた他のメールを見落としてしまうかもしれません。

それに対処するには、普段使っているメールアドレスとは別に、就活サイト専用のメールアドレスをあらかじめ用意しておくことがおすすめです。専用のメールアドレスをあらかじめ用意しておくことで、届いたメールを一括管理でき、他の大切な連絡を見落とすこともなくなります。

就活サイト専用のメールアドレスの準備についてさらに詳しく知りたい人は、「就活で使うべきeメールアドレスは?決め方や例も紹介」の記事も合わせて読んでみてください。

就活サイトの情報を上手く活用して内定を勝ち取ろう

就活サイトの情報を上手く活用して内定を勝ち取ろう

この記事では、就活サイトの種類や使い分け方、注意点を紹介しました。

就活サイトは力を入れているサービス内容によって、大きく検索型、口コミ系、オファー型、エージェント系の4種類があります。

就活サイトは、まずは「企業選びの基準が定まっているかどうか」で選び、その後目的に応じて異なるタイプの就活サイトを組み合わせると上手く情報収集できるでしょう。

就活サイトを上手く活用して情報を集めることが、内定への第一歩となります。

P-CHAN就活エージェントでは、大学生や大学院生に向けたさまざまな就職支援を行っています。自分の強みや適性に合った企業を紹介してくれるため、応募すべき企業が早く見つかります。

企業の本音を知るプロのエージェントが客観的なアドバイスをくれるので、就職活動のサポートを期待する人は是非一度相談を検討してみましょう。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

関連記事

体育会系学生が就職に有利な理由とは?出身者が多い業界やアピール方法などを解説

体育会系学生が就職に有利な理由とは?出身者が多い業界やアピール方法などを解説

9月卒業の就活生は不利?就活スケジュールや入社時期、就活のポイントも解説

【2024卒必読】新卒の採用スケジュールと時期別のアプローチ方法

この記事の監修者

P−CHAN就活エージェント

P−CHAN就活エージェント

創業60年。一貫して人材サービスに携わり、累計2万社を超える企業の採用を支援。
東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県を中心にサービスを展開。
数多ある企業の中から、平均年収・研修制度・福利厚生、働きやすさなど、様々な審査をクリアした厳選した求人のみを取り扱う。

P−CHAN就活エージェント無料就職相談センターまずはお気軽にご相談ください!