就職相談は誰にする?おすすめの相談先と聞くべきことも紹介

就職相談は誰にする?おすすめの相談先と聞くべきことも紹介

初めての就職活動には不安や悩みがつきものであり、ときには誰かに相談したいと思うこともあるでしょう。そのようなときは、就職相談の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事では、就活生が利用できるおすすめの相談先を紹介しています。また、就活相談で聞くべきことや利用するメリットも解説しているので、ぜひ今後の就活の参考にしてください。

なお、就職活動の進め方や企業選び、対策について悩んでいる人には、「P-CHAN就活エージェント」の利用がおすすめです。P-CHAN就活エージェントでは、1人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、企業紹介から面接対策までさまざまなサポートを行ってくれます。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就職相談は誰にする?おすすめの相談先

就職相談は誰にする?おすすめの相談先

ここでは、就活で悩んだときに相談できるおすすめの相談先を紹介します。

  • 就職エージェント
  • 家族や友人などの周囲の人
  • OB・OG
  • 大学のキャリアセンター
  • LINEのオープンチャットやSNS
  • 逆求人型サイト
  • 就活カフェ
  • ハローワーク
  • ジョブカフェ

就職エージェント

就職エージェントは、就活生一人ひとりに担当者がつき、継続的に就活のサポートを行ってくれるサービスです。それぞれの状況に合わせて対応してもらえるので、今まさに困っていることに対して適切なアドバイスがもらえます。

なお、就職エージェントでは就活の相談以外にも充実したサービスを受けられます。具体的には、以下のようなサービスです。

  • 適性検査
  • 自己分析や業界・企業研究へのアドバイス
  • 履歴書やESなどの書類作成のサポート
  • 面接対策

適性検査を受けると、自分の強みや仕事に対する考え方を客観的に把握でき、自分に合った企業選びだけでなく、説得力のある志望理由作成にも役立ちます。

また、就職エージェントでは適性に合う求人を提案してもらえるので、長く働き続けられる企業に出会える可能性もあります。

おすすめの就活エージェントに興味がある方は、「【2023年最新】新卒におすすめの就活エージェント10選!使うべき理由や選び方も解説」も読んでみてください。

家族や友人など周囲の人

自分のことをよく理解してくれている家族や友人に相談するのもおすすめです。親しい仲だからこそ、自分の性格を踏まえた上でアドバイスしてくれます。

ただし、親しいが故に自分の考えを押し付けてくる人や、そもそもの就活に対する考え方が偏っている人がいるのも事実です。もしネガティブな意見を言われても、鵜呑みにしないようにしましょう。

OB・OG

同じ大学を出たOB・OGなら、経験に基づいたアドバイスを提供してくれます。例えば、当時考えていたことや苦労したことをもとに、就活の最適な進め方を教えてくれるかもしれません。

ただし、就活事情は卒業年度によって大きく異なる場合があります。また、それぞれの経験だけに基づいた話しかできないので、自分の状況に最適なアドバイスになるとは限りません。全ての意見を鵜呑みにせず、自分で考えて答えを出すことが大切です。

大学のキャリアセンター

各大学に設置されたキャリアセンターでは、その大学に通う学生に特化したサポートが受けられます。長年学生の就活を見守ってきたスタッフなら、これまでの経験に基づいたアドバイスをしてくれる可能性が高いでしょう。

大学のキャリアセンターでは、他にも以下のようなサービスが受けられます。

  • 適性検査
  • 求人の紹介
  • 自己分析や業界・企業研究へのアドバイス
  • 履歴書やESなどの書類作成のサポート
  • 面接対策

特に求人の紹介には、その大学限定で企業から直接送られてきているものもあります。競争相手の少ない貴重な求人なので、見逃さないように定期的にチェックするのがおすすめです。

LINEのオープンチャットやSNS

LINEのオープンチャットでも、就活における悩みを相談できます。オープンチャットとは、特定の話題について会話や情報交換ができるサービスです。

友人にLINEのメッセージを送るような感覚で、気になったことを気軽に相談できるのは大きな魅力です。

ただし、このようなSNSは誰もが利用できるため、そこでやり取りされる情報が必ずしも正しくない場合があります。人の意見を鵜呑みにすることなく、どう行動するかは自分自身で決めるようにしましょう。

逆求人型サイト

逆求人サイトで、企業からオファーが送られてくるのを待つ方法もあります。逆求人サイトとは、まさに求人サイトとは反対の仕組みを持つサービスで、就活生がプロフィールを登録しておくと企業からアプローチがあります。

自分で探しているだけでは見つけられなかった企業からアプローチされれば、応募先の選択肢が増え、視野も広がるでしょう。

ただし、一般的な求人サイトにある、アドバイザーに相談できる機能がない場合も少なくありません。プロに意見をもらいながら就活を進めたい人には、物足りないと感じる可能性があります。

企業からのスカウトについて詳しく知りたい方は、「新卒のスカウトとは?メリット・デメリット、スカウト率アップのポイントを解説!」も読んでみてください。

就活カフェ

就活カフェは、就活生同士の交流や情報交換の場で、企業からスポンサー料で運営資金を賄っているサービスです。無料または数百円で利用できるので、気軽に足を運べます。

定期的に企業がイベントを企画しているため、合同説明会などとは別に企業の採用担当者と接点を持てるチャンスでもあります。OB・OG訪問のように、個別に相談できるのも魅力です。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)も相談先の1つです。新卒向けには、各地域に「新卒応援ハローワーク」というものもあります。

求人探しはもちろん、以下のようなサポートも受けられます。

  • 適性検査
  • 自己分析や業界・企業研究へのアドバイス
  • 履歴書やESなどの書類作成のサポート
  • 面接対策

特に面接対策として、普段あまり接点がない立場の人と話をするのは良い練習になるはずです。

ジョブカフェ

各地域に設置されているジョブカフェは、新卒に限らず地域の若者の仕事の悩みを解決する役割を担っています。若者の就労支援を一手に担っており、カウンセリングやイベントなど、若者のキャリア教育を行う地域の拠点のようなものです。

求人探し以外にも、以下のようなサポートに対応しています。

  • 適性検査
  • 自己分析や業界・企業研究へのアドバイス
  • 履歴書やESなどの書類作成のサポート
  • 面接対策

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就職相談でしてもらえること

就職相談でしてもらえること

サービスや相談先によって異なるものの、就職相談でできることは大きく以下の4つに分類されます。

  • 適性検査
  • 自己分析や業界・企業研究へのアドバイス
  • 履歴書やESなどの書類作成のサポート
  • 面接対策

事前に何が相談できるかを確認しておけば、就職相談を検討するタイミングに迷うことも少なくなるでしょう。

適性検査

相談窓口となる多くのサービスでは、適性検査を受けられます。能力・人柄・性格などを判断するもので、適性に応じた仕事選びに役立つでしょう。

例えばハローワークでは、9種類の適性・能力が測定できる検査を実施しています。また、転職エージェントなどが提供する適性検査を受ければ、結果に基づいた仕事選びのアドバイスはもちろん、実際の求人も提案してもらえます。

適性検査を受けることで自己分析の精度も高まるため、就活の初期段階で一度受けておくのがおすすめです。

自己分析や業界・企業研究へのアドバイス

自己分析や業界・企業研究は求人探しだけでなく、選考を通過するための志望動機を作成するための基礎になります。にもかかわらず、多くの就活生がやり方が分からずつまづくポイントです。

無理に自分の力だけで解決しようとせず、就活相談でサポートをお願いしてみましょう。例えば就活エージェントなら、これまで多くの就活生をサポートしてきた経験から、自己分析を丁寧にフォローしてくれます。

また、業界・企業についても熟知しており、自分に合った業界を発見できるかもしれません。

業界の決め方に興味がある方は、「就活での業界の決め方は?押さえておきたい業界一覧や注意点も合わせて解説」も読んでみてください。

履歴書やESなどの書類作成のサポート

企業に提出する履歴書やESなどの、添削サポートを受けることもできます。特にESは、企業に採用してもらうための最初の関門です。

自分の力だけでESを作成すると、アピールしたい点が上手く伝わっていなかったり、具体例がわかりづらかったりすることがあります。そのため、第三者に添削してもらい、魅力が存分に伝わるような内容にしていくことが大切です。

ESの添削に興味がある方は、「ES添削は誰に依頼するべき?メリットや注意点なども解説」も読んでみてください。

面接対策

面接対策は、実際に本番を想定して実践しなければなかなか身につかないものです。就活相談では相談相手に練習相手になってもらい、気になった点をフィードバックしてもらいましょう。

面接練習の相手は基本的には誰でもよく、友人や兄弟に相手をしてもらう人もいるようです。ただし、緊張感が持ちにくいという意味では効果的な練習とは言えないかもしれません。

自分が普段話すことのない大人と取り組むと緊張感が生まれるので、より本番に近い環境で練習できます。

面接でよく聞かれる質問に興味がある方は、「新卒の採用面接でよくある質問集!質問の意図や高評価につながりやすい答え方の例も紹介」も読んでみてください。

就職相談する3つのメリット

就職相談する3つのメリット

就活相談を利用するメリットは、主に以下の3つです。

  • 精神的な支えになる
  • 新たな情報や考え方が得られる
  • 人に話すことで自分の考えが整理される

精神的な支えになる

不安な気持ちや悩みを話せる就職相談は、就活期の精神的な支えになってくれます。一般的に就活は人生で初めてのことなので、就活の始め方から選考への対策まで、分からないことばかりです。

大学受験のように合否の基準がわかるものでもないので、先行きの不透明さにさらに不安を膨らませてしまう人もいます。

そのような不安は、1人で考えすぎているとさらに大きくなってしまうものです。思い切って人に話せば客観的に自分を見ることができ、「考えすぎだったかもしれない」と思えるでしょう。

新たな情報や考え方が得られる

就活のプロはもちろん、就活に詳しい人や社会人経験がある人、自分とは異なる立場の人と話すことで新たな情報や考え方を取り入れることができます。特に自分とは立場の違う社会人などに相談すると、新たな気づきがあるでしょう。

1人で就活を進めていると視野が狭くなりやすいため、定期的に人と話すのは有効な手段です。悩みに対する思わぬ解決方法が見つかる場合もあります。

人に話すことで自分の考えが整理される

人に伝えようと話をまとめることで、自分の考えも整理されていくのはよくあることです。不安や悩みで頭がいっぱいになってしまったときほど、就職相談で自分の考えていることを伝えてみると良いでしょう。

相手に伝えようと言葉を選ぶうちに自分の状況を客観的に確認でき、これから進むべき方向性や不安へのアプローチの方法が見えてきます。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

就職相談をする際に気をつけたいこと

就職相談をする際に気をつけたいこと

ここまで触れてきたように利用のメリットが多い就職相談ですが、注意したいポイントもあります。特に以下の3点には気をつけましょう。

  • 自己分析・業界分析をある程度進めてから相談する
  • 就活生として最低限のマナーを身につけておく
  • 相手の意見を鵜呑みにしない

自己分析・業界研究をある程度進めてから相談する

就活相談を利用するのは、自己分析や業界研究をある程度進めてからにしましょう。そうすることで、アドバイザーや相談相手に聞きたいことが明確になり、より自分の状況に合ったアドバイスが受けられます。

反対に何が分からないのか、何に対して不安があるのかが一切分からない状態では、相手もアドバイスをしようがありません。そのため、できる限り具体的な質問ができるように準備した上で相談することが肝心です。

就活生として最低限のマナーを身につけておく

就活関連のセミナーなどで学んだことを復習しておき、就活生として最低限のマナーを身につけておきましょう。

相手がOB・OGなどの場合は「まだ学生だから」と大目に見てくれる可能性が高いですが、印象を良くしておけば「ぜひ力になりたい」と、いろいろと相談に乗ってくれるかもしれません。

マナーを身につけておくことは採用選考だけでなく、合同説明会などで企業と接点を持つ際にも役立ちます。ぜひ就活の初期の段階から取り組みましょう。

相手の意見を鵜呑みにしない

どんなに信頼できる相手だと思っていても、相手の意見を鵜呑みにしてはなりません。就職相談を受ける相手も普通の人間なので、偏った考えを持ってしまうこともあるからです。

第三者にアドバイスをもらうのは有効なことですが、実際に採用選考を受けたり、仕事をしたりするのは自分自身です。来年度には社会人になるため、一人前の大人として、最終的には自分で決断・判断する意識を持ちましょう。

初めての就職活動には不安や悩みがつきものであり、ときには誰かに相談したいと思うこともあるでしょう。そのようなときは、就職相談の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事では、就活生が利用できるおすすめの相談先を紹介しています。また、就活相談で聞くべきことや利用するメリットも解説しているので、ぜひ今後の就活の参考にしてください。

なお、就職活動の進め方や企業選び、対策について悩んでいる人には、「P-CHAN就活エージェント」の利用がおすすめです。P-CHAN就活エージェントでは、1人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、企業紹介から面接対策までさまざまなサポートを行ってくれます。

就職活動の相談なら幅広くサポートしてくれる就活エージェントがおすすめ

就職活動の相談なら幅広くサポートしてくれる就活エージェントがおすすめ

初めての就活には不安がつきものですが、自身で抱え込まず、積極的に誰かに相談してみましょう。客観的に自分の状態を捉え直せたり、新たな考えが得られたりするかもしれません。

相談先にはさまざまなものがありますが、自分の状況に合ったものを選ぶのが肝心です。中でもさまざまなサポートを無料で受けられる就活エージェントは、多くの就活生におすすめできます。

就職に関する悩みについて相談したい人には、「P-CHAN就活エージェント」がおすすめです。P-CHAN就活エージェントでは、1人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、企業紹介から面接対策までさまざまなサポートを行ってくれます。

ちょっとした相談にも気軽に乗ってくれるので、一度問い合わせてみましょう。

P-CHAN就活エージェントに無料相談をする

関連記事

就活における自己PR動画の撮り方は?選考通過のための話し方や例文を紹介

就活における自己PR動画の撮り方は?選考通過のための話し方や例文を紹介

就活は4月からでは遅い?4年生の4月から出遅れた方が間に合わせる方法を解説

大学を休学すると就職で不利になる?休学中に取り組むべきことも合わせて解説

大学を休学すると就職で不利になる?休学中に取り組むべきことも合わせて解説

この記事の監修者

P−CHAN就活エージェント

P−CHAN就活エージェント

創業60年。一貫して人材サービスに携わり、累計2万社を超える企業の採用を支援。
東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県を中心にサービスを展開。
数多ある企業の中から、平均年収・研修制度・福利厚生、働きやすさなど、様々な審査をクリアした厳選した求人のみを取り扱う。

P−CHAN就活エージェント無料就職相談センターまずはお気軽にご相談ください!