東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

埼玉でタクシードライバーに転職を考える方へ

2018年10月26日 豆知識


埼玉でタクシードライバーに転職を考える方へ

 

 

タクシードライバーに転職するなら知ってほしい!埼玉の人口とタクシー数

埼玉県でタクシードライバーに転職を考える方に、まず、埼玉県の人口やタクシーの数についてご紹介します。千葉と並び関東圏有数のベッドタウンとして栄えている埼玉県ですが、日本第5位の約730万人の人口を抱える都市です。都心へ出る鉄道網などのアクセスも充実していることから、速くから注目され多くの人々が住み始めた県でもあります。埼玉にはさいたま市という人口130万人の巨大な市が存在します。

 

そのさいたま市を中心に隣接する市も、60万都市の川口市に代表されるように、その他多くの人口密集都市があります。埼玉県のタクシー事情ですが、近年の調べによると、タクシー事業者数が約200社、そして車両数が約6,000台、それに福祉輸送限定車両と、個人タクシー台数を加えると、約6,800台にのぼります。タクシードライバーとして転職を考える方にとって、そんな埼玉県はどういった点が魅力なのでしょうか。

 

◇埼玉県でタクシードライバーに転職することの魅力

埼玉県は東京に隣接する東南部の都市を中心に人口が密集しています。東京から繋がる交通網に沿った形でベッドタウンが形成されています。特に県庁所在地であるさいたま市は最大の都市で、内陸県唯一の政令指定都市となっています。

 

このさいたま市は政令指定都市になって関東の出先機関が集中する「さいたま新都心」として、単なるベッドタウンではなく、関東で重要な位置を占める都市へと生まれ変わっています。

 

また、埼玉県は全国最多の40の市があり、130万人が住む巨大都市であるさいたま市、60万都市である川口市、そして30万都市の川越市、越谷市、所沢市の三都市があり、その他にも20万都市が4つ、10万都市が14個といった具合に多くの人口を抱えた都市が多数存在するのが特徴です。

 

ドライバーの観点から考えると、人の密集する都市が多く存在することで、お客様を多く拾える可能性が高く、各都市に多くのタクシー事業所が点在していますが、多数の人口密度の高い街が存在しているので他県よりも多くお客様を獲得できるでしょう。

 

東京へ通勤するサラリーマンを朝の出勤時や夕方、夜の帰宅時に狙えるほか、県内にも多数の人気スポットがあり、平日、休日問わず稼ぐチャンスがあると思われます。これらが埼玉県でタクシードライバーに転職することの魅力であると言えます。

 

転職するなら知っておきたい!埼玉県の人気エリア

 

埼玉県のどのエリアが人気なのでしょうか?埼玉県でタクシードライバーに転職した際、最低限知っておくべきポイントを見てみましょう。埼玉県は、さいたま市を筆頭に人口の密集する大都市が数多く存在します。住むところとして人気のエリア、人気のスポットが存在するエリアなど、そういった人気エリアの情報を知ることによってお客様をたくさん乗せる機会が得られることでしょう。

 

◇さいたま市
県庁所在地としては一番東京から近い約20kmの距離にある大都市です。埼玉県のさいたま市は、2001年に浦和市・大宮市・与野市の3市が合併して誕生し、後に岩槻市が編入されて今の区域となりました。人口は130万人という多さです。埼玉県の人気エリアとして、さいたま市の大宮と浦和があります。

 

大宮は商業施設も多く、東京へ出る京浜東北線もあり利便がよいので1番人気と言えるでしょう。浦和というとやはりサッカーJリーグの浦和レッズの本拠地として有名です。日本一熱いサポーターと言われるだけあって、レッズの試合の日は、町がレッズカラーの赤一色になります。そしてさいたまスーパーアリーナやコクーンシティなどを擁する中央区も人気のエリアのひとつです。とにかく埼玉県の中心さいたま市は人であふれている街です。

 

◇川口市
埼玉県の南に位置し、荒川を挟んで東京都と接している川口市は、東京から約15kmという近い距離にあります。東京へ通勤通学に行く人がかなり多い住宅都市で人口は約60万人です。古くは江戸時代から鋳物や植木などの産業で栄えてきた街でした。

 

1960年代以降は、東京から近いということで急速に都市化が進むこととなりました。京浜東北線や武蔵野線が通るなど鉄道網も充実しています。川口市の中央に位置する鳩ヶ谷本町付近には歴史的な建物が数多く存在します。

 

◇川越市
江戸時代に川越藩の城下町として栄えた街で、「小江戸」という別名も持っていました。神社仏閣等の歴史的な建物が非常に多く国から歴史都市として認定もされています。歴史ファンがそういった場所を巡るという光景をこの街ではよく見かけます。最近では日本の古い文化に触れたい外国人観光客が激増していて、市内の観光スポットには年間700万人
以上の観光客が訪れています。

 

◇越谷市
越谷市は埼玉県の南東部にある人口34万人の都市です。江戸時代には宿場町として栄えた町でした。また、多くの川が市内に流れ込んでいることから舟の文化も発達し、多くの川岸場が作られていました。高度経済成長期からベッドタウンとして発展し今に至ります。越谷市には日本最大級のショッピングセンターであるイオンレイクタウンがあり、埼玉県民のみならず東京やその他の県からも多くの人々が買い物に訪れることで有名です。

 

◇所沢市
所沢市は埼玉県南西部に位置する人口約34万人の都市です。川口市や越谷市と同じくベッドタウンとして住宅地の多い街です。所沢駅前は繁華街となっており、連日多くの人で賑わっています。南部にはアニメの舞台にもなった狭山丘陵があり、人気スポットにもなっています。また、現在はプロ野球の埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドーム球場もこの所沢市にあるので、野球のシーズンにはたくさんのファンが球場に駆け付けます。

 

埼玉県から見る東京のおすすめエリア

埼玉県は東京の近隣県ですので、近いし交通アクセスも良いので、平日は会社員の通勤や、東京の学校に通う学生の通学で多くの人が行き来しますし、休みの日も行楽等で東京へと足を伸ばす人はたくさんいます。それほど埼玉県は東京に近く便利で効率的な都市であると言えます。それでは東京の人気エリアも簡単にご紹介いたいと思います。

 

◇人気の住居エリア
現在の住居エリアで人気は、東京では比較的物価の安いとされる中野区や、一昔前は人気の場所ではありませんでしたが、今後地価上昇が期待される北千住も人気急上昇中です。そして定番の目黒、中目黒、吉祥寺などは常に皆が住みたい街のランキングで上位に入ります。23区内は基本的に物価、地価、家賃などすべてが他の街よりも圧倒的に高いので、比較的安い中野区は人気があるのでしょう。

 

◇人気の観光エリア
浅草の浅草寺、東京スカイツリー、花やしきなどは外国人にとても人気の定番スポットです。東京オリンピックを2020年に控え、さらなる外国人観光客が日本を訪れることによってこの辺の観光スポットはより人が多くなることでしょう。また、渋谷や原宿などは若者、ファッションの街として常に活気があります。

 

≪最後に≫埼玉県でタクシードライバーへの転職を考える方へ

転職は人生の転機となるため大きな決断がいります。しかし、これから、東京オリンピックに向けて多くの人が日本に訪れることが予想されます。そんな中、タクシードライバーは、大きな需要が出てくるやりがいのある転職先であると考えられます。運行前の準備や規則などをしっかり覚え、お客様に対する心づかいを忘れずに日々業務に励むことで、あなたのキャリア形成にとって素晴らしい仕事となるでしょう。

 

また、埼玉県は人口の密集した大きな都市が数多く存在する県ですので、タクシードライバーとして転職するには、働きやすい条件が揃っていると思います。東京から近いので平日、休日を問わず東京と埼玉を行き来する人がたくさんいます。

 

また巨大なショッピングセンターやプロ野球の球場、歴史散策にぴったりのスポットも数多くあります。もしタクシードライバーに転職したら、お客様を乗せる機会はたくさんあります。今から転職をして埼玉県でタクシー業界に飛び込むことをお考えの方に、埼玉県の魅力を、おわかりいただけたのではないでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像