東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

佐賀県のタクシーは観光需要が高い?

2019年08月23日


ここでは佐賀県でタクシードライバーになろうと考えている方に向けて、その転職メリットや実際のドライバーから見た地域の特徴をご紹介していきます。また、合わせて佐賀県で人気の観光スポットをご覧いただきながら、佐賀県でタクシードライバーとして働くことがどのくらい魅力的なことなのかという点についても見ていきますので、ぜひ参考までにご覧ください。

 

佐賀の人口とタクシー数

それでは最初に、佐賀県でタクシードライバーに転職する際に知っておきたい県のタクシー会社情報を見ていきましょう。タクシー会社の数や稼動している台数、また県の人口との割合といったものを確認しながら、ドライバーとして働く際にはどういったところが魅力的なのかという部分もご覧頂けます。

 

◇タクシードライバーとして見た佐賀

佐賀県は九州の北西部に位置する県で、九州地方においては最も面積が小さな県となっています。なお、人口に関しても九州で最も少なく、都道府県別に見ると42位という結果です。しかし、人口の密集度という面で見てみると、佐賀県は九州地方で2位、全国で16位と飛躍的に高まります。このことから、佐賀県は狭いエリアに人が集中していることが分かり、ドライバーから見ると乗客を探すポイントを絞りやすいという点が魅力的な部分です。

 

また、佐賀県でもっとも人口が多い市は県庁所在地でもある佐賀市で、県の南東・福岡県との県境に面しています。その次に人口が多いのは、佐賀県の北西にある唐津市で、12万人ほどの中型都市です。県の中で人口が多い2つの市がバランス良く分かれているというところも特徴的なポイントで、ドライバーからすると色々なエリアに仕事を見つけるチャンスがあると言えます。3番目に人口の多い鳥栖市に関しては、その数字こそ7万人弱と少なさを感じますが、市の北部から東部にかけて全体的に福岡県と面しているため、潜在的なタクシーユーザーを多く抱えている地域でもあります。

 

続いて、県のタクシー会社の数や稼動している台数をご覧いただきましょう。まず、タクシー会社は法人個人を合わせて130社程度、稼動タクシー台数1200台ほどとなっています。これを人口との割合で計算すると0.2%に満たないほどの数字です。大都市以外の地域では0,15%ほどが平均的な数字となっていますので、佐賀県は比較的タクシーの台数が多いことが分かります。このことから一般的にタクシーを利用する機会が多く、ドライバーの活躍の場が用意されているということに繋がりますので、転職をするにはおすすめの地域と言えるわけです。

 

◇佐賀でタクシードライバーに転職することの魅力

佐賀県はタクシーの利用機会・台数・割合がある程度見込める地域ということが分かってもらえたところで、ほかにはどんな魅力があるのかを見ていきましょう。まず、佐賀県は両隣を福岡・長崎といった県に挟まれているという立地から、観光目的やビジネス利用で人々が訪れる機会に恵まれています。そのため、人口以上の潜在的タクシーユーザーを抱えている県でもあります。

 

こうしたことからも、タクシー会社の数や台数が比較的多いところも納得できますが、その分雇用のチャンスや安定した仕事というのを確保しやすい地域でもあるわけです。また、佐賀市や唐津市といった人口が多く繁華街も栄えている地域では、終電を逃して帰れなくなってしまった方々を乗車させるチャンスも豊富で、ドライバーとしては昼夜問わず仕事をすることができます。なにより、一定以上の成績や売り上げに繋がる機会が多いというのは、やりがいにもなりますので、佐賀県でタクシードライバーになるというのは非常に魅力的なことなのです。

 

佐賀でタクシードライバーになるメリット

それでは実際に佐賀県でタクシードライバーとして働く上で、どういったメリットがあるのかという部分を具体的にご覧いただきましょう。

 

◇佐賀県を分ける4つのエリア

佐賀県は遺跡や温泉、焼物やお祭り文化など観光における色々な要素がミックスされている地域です。また、その要素が県内を大きく4つのエリアに分けているところが特徴でもあります。県の北東・鳥栖市があるエリアは古代・吉野ヶ里遺跡など史跡がメインとなり、その南側の佐賀市はかつて城下町だったことから古い街並みや神社仏閣が見どころです。

 

そして、県南西部は伊万里市を中心に焼物文化や温泉街が多く見られ、北西部の唐津市においては玄界灘に面していることから釣りや海の幸を堪能するグルメツアーなどが観光の要所となっています。(ちなみに唐津市には「唐津くんち」という日本三大くんち祭りともされるイベントが毎年11月上旬に行われますので、そのときは、タクシードライバーにとっても多くの利用客を見込める良い期間です。)

 

このように、エリアごとに観光目的がはっきりと分かれているため、タクシードライバーとしては旅行客の要望を理解しやすく、おおまかな仕事のルーティーンを決めやすいというところが佐賀県でドライバーとして働くメリットのひとつです。だいたいどれくらいの時間にどこの場所に行けば人が多く集まっているのかを把握することによって、効率的な仕事に繋がるとされています。

 

◇福岡と繋がる中継地点

福岡県と隣接しているということで、タクシードライバーとしては両方の県を行き来するお客様を獲得しやすくなっています。特に鳥栖市から博多に向けて、また佐賀市と久留米市などの間においてはビジネス利用でタクシーを利用する方も多く、長距離の需要も多分に見込めるため、ドライバーとしては非常にやりがいを感じることができます。

 

こうした市と市を繋ぐという仕事の機会にも恵まれているため、県の東部には多くのタクシー会社があり、転職の際にも都市部で働けるというメリットに繋がるわけです。

 

◇観光タクシーを利用する機会も多い

佐賀県は鉄道があまり発展しないため、観光タクシーを利用する機会が多いというのも特徴のひとつです。また、前述のように福岡県と隣接しているため、両県をセットで巡るツアーなどもパッケージングされています。なお、2つの県をまたぐということで比較的ほかの地域よりもその観光タクシーの費用というのは高めに設定されていますが、その分ドライバーとしては売り上げや成績に反映されるため、モチベーションアップにも繋がります。

 

佐賀の人気のエリア

佐賀県でタクシードライバーになるのであれば、人気の観光スポットやエリアの情報も知っておきましょう。訪れる方が多い観光スポットをご紹介していきますので、ぜひ参考までにご覧ください。

 

◇佐賀の人気観光エリア

・嬉野温泉(嬉野市)
嬉野温泉郷は日本三大美肌の湯ともされるほど、肌に効果的な温泉が湧き出ている人気エリアです。ナトリウムを豊富に含む温泉成分には疲労回復効果などもあり、多くの温泉好きから高い評価を得ています。

 

・御船山楽園(武雄市)
15万坪ともされる敷地には数多くの桜やツツジといった木々が植えられ、1年を通して四季折々の美しさを堪能することが出来る庭園です。
毎年桜の季節になるとお祭りも開催され、県内外から多くの花見客が押し寄せる人気のスポットとなっています。

 

・吉野ヶ里歴史公園(神埼郡吉野ヶ里町)
弥生時代の文化や遺跡が楽しめる公園で、アクティビティーからグルメまで複合的に施設が用意されているところが魅力的なポイントです。ファミリーでの利用などにもおすすめで、夏休みなどには多く家族連れが足を運びます。

 

・虹の松原(唐津市)
日本三大松原として三保の松原、気比の松原に並んで数えられるのが唐津市の虹の松原です。日本の特別名勝にも選ばれているだけあって、その景色はまさに圧巻の一言であり、若者からお年寄りまで訪れる佐賀県の人気観光スポットとなっています。

 

・七ツ釜(唐津市)
国の天然記念物としても指定されている唐津市の七ツ釜は、自然の波によって造り上げられた奇岩景勝地として非常に有名です。海の青さもとても特徴的で、近海を巡るクルージングツアーなどもおすすめとなっています。

 

佐賀でタクシードライバーへの転職を考える方へ

佐賀県でタクシードライバーになろうと考えている方に対して、地域の情報や転職メリットというものをご紹介してまいりました。佐賀県は狭い面積の中に多くの人々が密集して暮らしているという特徴がありますので、ドライバーとしては少ないエリアに対して数多くのチャンスが眠っているということになります。

 

また、安定した仕事はもちろんのこと、やりがいのある仕事にも取り組めるという点が佐賀県でドライバーへと転職する魅力でもありますので、ぜひ覚えておいてください。こちらの内容を参考に、前向きな転職を検討して頂ければ幸いです。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像