東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

沖縄でタクシードライバーへの転職をするなら

2019年05月07日 豆知識


国内でも屈指のリゾート地として知られている沖縄。近年では美しい光景が世界的に知られるようになり、国内はもちろんですが海外からの訪日客も増加しています。美しい海に囲まれた島、沖縄は国内からは飛行機での移動がメインになりますのでなかなか手軽にアクセスすることが難しいエリアではありますが、だからこそそこには「非日常」が待っています。もちろん地元の人も生活をしていますので、地元、そして観光客も含めてタクシーの需要も多々ある街です。

 

沖縄の人口とタクシー数

総務省の発表によると沖縄県の人口はおよそ144万人。全国では25位という数字ですが、実は沖縄は人口が増加傾向にあります。人口減少の煽りを受け、関東地方以外は軒並み人口が減少傾向にあるのですが、その中でも愛知、福岡、沖縄のみ、人口が増えています。その点からも、沖縄にはタクシーの需要が高いことが見て取れるのではないでしょうか。ましてや沖縄は観光地として知られているだけに、そもそもタクシーの需要は高いです。だからこそ、タクシー会社も数多くあります。

 

◇タクシードライバーとして見た沖縄
沖縄在住の方には当たり前のことですが、沖縄には鉄道がありません。一応、モノレールはあるのですが、沖縄本島の隅々まで張り巡らされたものではなく、空港から中心地までのものになりますので、他のエリアの公共交通手段はバスしかありません。そのため、どこかに足を運ぶとなれば自分の車かバスしかありません。一方で沖縄は飲み屋街も多く、お酒を飲むと当然マイカーで帰宅することはできなくなりますので、タクシーの需要が高くなるのです。また、沖縄は国内最南端に位置する暖かいエリアとあって、スポーツのプロチームがキャンプをすることでも知られています。そのため、多くのスポーツ選手が訪れることでマスコミもついてきますので、タクシーの需要も高まります。

 

◇沖縄でタクシードライバーに転職することの魅力
沖縄もまた、様々なお仕事がありますが観光業に力を入れていることもあり、観光に関してのお仕事は多いです。しかし、観光業は基本的には低賃金なのでなかなか高収入を得ることは簡単ではありません。その点、タクシードライバーの場合、自分の頑張り次第でガンガン稼げます。他のお仕事ではなかなか簡単に稼げない額も、タクシードライバーであれば可能です。また、それらが「未経験」でも可能な点は大きなメリットです。どのような職業に転職するにせよ、それまでの経験はとても大切なものです。経験によってお給料が決まるのも転職ならではですが、タクシードライバーへの転職の場合、未経験でもやる気次第でガンガン稼げますので、それまでの職歴に左右されずに高収入が可能です。

 

沖縄でタクシードライバーになる

様々な特徴のある沖縄ですが、タクシードライバーになるメリットも多々ありますので、その点をチェックしてみました。

 

◇成長産業が少ないからこそ
率直に言うと沖縄は経済面で恵まれているとは言い難いです。賃金に関しても総務省統計によると沖縄の最低賃金762円は全国屈指の「低賃金」です。そして平均年収は342万円。このような中で基本給以外に働いた分だけもらえる歩合給が発生するタクシードライバーに関しては高収入が見込めます。なかなか給料が上がりにくい現代において、頑張った分だけ稼げる仕事はそう多くないことを考えるとタクシードライバーの魅力がご理解いただけるのではないでしょうか。

 

◇ライバルが少ないからこそ
沖縄のタクシードライバーはライバルが少ないです。それは他のタクシードライバーという意味ではなく、タクシー業界のライバルです。
先にもお伝えしたように、沖縄の公共交通機関はバスとモノレールになります。他のエリアの場合、他にも電車や路面電車などが加わりますが沖縄には鉄道がありません。つまり、タクシー業界としてライバルが少ないです。更に、沖縄は本土と離れていることもあり、なかなか新しいサービスが導入されません。首都圏には配車アプリなど様々なものが導入されていますが、沖縄にはまだ導入されていませんし、導入する側としても採算を考慮するのでなかなか導入できないものも多々あります。まさに鉄道が「手軽に導入できないもの」の最たるものですが、つまりは今後、タクシー業界を脅かすような新サービスも他のエリアと比べて導入が遅いことが予想されます。

 

◇繁華街もあるからこそ
沖縄は観光地としての知名度が高いですが、地元で生活を送っている人ももちろんいます。国際通りでは地元の人も楽しんでいますが、国際通りもまた、交通手段が少々弱いです。街の中心でもあるのでモノレールは通っていますが、モノレールの終電が終わった後は交通手段がタクシー以外にはなくなってしまいます。沖縄のタクシードライバーにとって、このような環境はまさに「追い風」と言えるのではないでしょうか。

 

沖縄で人気のエリア

人気観光地として知られるだけに、沖縄にはいくつもの人気エリアがあります。
それらもまた、チェックしてみましょう。

 

◇沖縄の人気の観光エリア
沖縄には人気のエリアがいくつもありますが、その中から観光地として人気のエリアをいくつかピックアップしてみました。

 

・国際通り
地元の人々からも愛されている街の中心部は観光客にとっても人気スポットです。せっかくの沖縄ということで、夜まで楽しんでいる観光客や地元の人々の姿を見かけることも珍しくありません。沖縄はどちらかといえばリゾート地としてのイメージが強いですが、商業地としての中心地は間違いなく国際通り近辺になりますので、夜まで多くの人で盛り上がっている、タクシードライバーにとっては抑えておきたいポイントの一つです。

 

・宜野湾
こちらはプロ野球のキャンプ地としての知名度が高いのではないでしょうか。キャンプのシーズンともなれば、まるで人気観光地かと思う程、多くの人で賑いを見せるエリアです。プロ野球選手、マスコミ、ファン。彼らもまた、「足」が必要になりますが、当然ですが電車がありません。バス、あるいはタクシーになりますが、プロ野球選手やマスコミはタクシーを利用するケースが多いだけに、こちらもまた、タクシードライバーとしては抑えておきたいポイントです。

 

・美ら海水族館
海に潜るのではなく、都市型の沖縄観光を楽しんでいる人々にとって欠かせないスポットがこちらです。沖縄はとても素晴らしいスポットですが、とある弱点があります。それは雨が多い点です。特に梅雨のシーズンともなれば雨が多くなりますので、リゾート的な観光をと思っていたものの、雨で急遽違う形で楽しまなければならなくなってしまうケースも珍しくありません。しかし、「美ら海水族館」であれば雨でも関係なく楽しめるのでこちらもまた、人気エリアです。

 

沖縄でタクシードライバーへの転職を考える方へ

沖縄がタクシードライバーにとって魅力的なエリアだと分かっていただけたかと思いますが、タクシードライバーに転職するのであればP-CHAN TAXIへご相談ください。
タクシー会社ではなく転職支援サービスになりますので、いざ転職先の会社を探すとなると何から進めればいいかわからないという人も登録さえすればあとは専任コンサルタントがすべて案内します。

 

◇P-CHAN TAXIで紹介する会社は二種免許費用を全額負担
タクシードライバーに必要なのはやる気…の前に、二種免許が必要です。いくらやる気があっても二種免許がなければタクシードライバーとして働くことはできませんが、二種免許は個人では取得できないものなので、タクシー会社に入社してから取得することが一般的です。その際、P-CHAN TAXIであれば、紹介するすべての会社は取得費用を全額負担してくれるので安心です。取得費用を会社に支払う、あるいは折半すると言うこともありません。タクシードライバーにはなりたいけど、二種免許の費用が負担という悩みはP-CHAN TAXIでは有り得ません。

 

◇P-CHAN TAXI利用者には退職者がいません
P-CHAN TAXIを利用して転職した人々で退職者はいません。定年は別ですが、転職したものの「嫌になった」「思っていたものと違った」と、退職してしまった人は0人です。P-CHAN TAXIでは利用者の個性に合わせて最適のタクシー会社を提案すると共に、専門のコンサルタントのアドバイスもあります。だからこそ、書類選考率が100%となっていますので、自分でタクシー会社を探して転職活動を行うよりも、より良い結果が待っています。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像