東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

日本最大数の国宝を持つ奈良で、タクシードライバーとして働く魅力とは

2020年05月27日 エリア情報


ここでは、奈良県でタクシードライバーになろうと考えている方に向けて、そのメリットや奈良県自体の魅力をご紹介しています。

また、奈良県のタクシー会社の数や人口から、そのタクシー需要を割り出し、奈良県でドライバーすることにはどのようなメリットがあるのかという点も見ていきます。

ぜひ転職の参考までにご覧になってみてください。

 

奈良の人口とタクシー数

それではまず、奈良県でタクシードライバーに転職する際に覚えておきたいタクシー会社の数や人口の割合というものを見ていきましょう。

 

タクシードライバーとして見た奈良

奈良県は南北に延びた形をしている県で、県庁所在地である奈良市を始め人口が密集している自治体は主に北部に集中しています。

奈良県の人口は全国で29番目、その数はおよそ135万人となっていますが、その1/4が奈良市に固まっているというところがひとつ目の特徴です。

また、次いで人口の多い橿原市も奈良市のやや南側に位置しており、さらに人口3位の生駒市は奈良市の西側に隣接と、これだけでもかなりの人口が集まっていることが分かります。

 

こうした点から、タクシードライバーとしては人口が密集している地域を狙いやすく、効率的に利用者を乗車させることが出来るという魅力が伺えます。

そして、転職に肝心のタクシー会社の数ですが、奈良県にはおよそ法人と個人を合わせて70の会社があり、その中で稼動しているタクシー台数というのは1,100ほどです。

これを人口との比率で計算してみると、その割合は0.1%程度ということが分かります。

こうして見ると、競合相手が非常に少なく安定した仕事が出来るようにも感じられるはずです。

 

奈良でタクシードライバーに転職することの魅力

また、奈良県でタクシードライバーになる魅力としては、なんといっても安定した観光需要があり、一定の仕事量が確保されているところです。

奈良県はその歴史から県内各所に国の重要文化財や国宝が点在している地域となっていますので、観光客が国内外問わず多く訪れる県です。

そのため、多くの方がタクシーを利用する機会があるため、ドライバーとしてはお客様を確保するのにそこまで苦労しなくて済むというメリットがあります。

 

さらに、奈良市には繁華街が数多くありますので、終電を逃したお客様の帰宅需要というものも期待できます。

このように、県内に住んでいる方から海外の方まで幅広い層がタクシーを利用する可能性がありますので、奈良県でタクシードライバーになるというのは非常に魅力的なものなのです。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

奈良でタクシードライバーになるメリット

ここからは、実際に奈良県でタクシードライバーになると、地域の特徴としてどういったメリットがあるのかという部分をさらに具体的に見ていきたいと思います。

  

全国で最も多い世界遺産数による観光需要の高さ

奈良県は、日本全国でもっともユネスコ世界遺産の多い都道府県です。

その中には「法隆寺地域の仏教建造物」「古都奈良の文化財」「紀伊山地の霊場と参詣道」といったものがあります。

ちなみに、国宝建造物の数も全国トップというのが奈良県の特徴です。

 

当然こうした世界遺産やそのほかの国指定重要文化財の多さから観光客が多く訪れる地域でもあります。

また、近年では国内からの観光客だけでなく、海外からの旅行者も多く、それだけ移動手段としてのタクシーは重宝されています。

こうしたことからも、奈良県はほかの県にない魅力として多くのタクシー利用客を潜在的に抱えていることが分かります。

 

京都や大阪との中継地点

奈良県の人口の大半が北部に集中していると説明しましたが、奈良県北部は京都府や大阪府の主要地域から非常に近く、ベッドタウンとしての役割も果たしている地域です。

そのため、多くの方がビジネス利用で京都府や大阪府に向かう機会があり、その際にタクシーが利用されるケースも少なくはありません。

 

こうしたビジネスでのタクシー需要の高さというのも奈良県北部、特に奈良市・生駒市の特徴のひとつです。

生駒市に関しては大阪府から仕事で来ている方が、大阪府に戻る際にタクシーを利用することも考えられますので、さらに多くの利用機会が存在しています。

奈良県でタクシードライバーになると、こうした他府への乗車というものも多くあり、安定した仕事や成績に繋がるというメリットがあるわけです。

 

人口が集中しているので効率的な仕事が可能

人口が分散されている地域だと、どのエリアでお客様を乗車させれば良いか迷ってしまいますが、奈良県の場合であれば人口が密集しているエリアが顕著ですのでその心配がいりません。

特に、人口が30万人を超える奈良市は多くの繁華街が存在しますので、そちらで利用客を待っているだけでも充分なメリットがあります。

 

ご覧いただいたように、奈良県でタクシードライバーとしての仕事をするうえではたくさんのメリットがあることをご理解頂けたかと思います。

そして次に、奈良県で働くにあたって知っておきたい人気の観光スポットなどもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

奈良の人気エリア

奈良県でタクシードライバーになるのであれば、人気観光地の情報も先に知っておきたいところです。

そこで、訪れる方が多い観光スポットをいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考までにご覧ください。

 

奈良で人気の観光エリア

東大寺、奈良の大仏(奈良市)

奈良県に観光で訪れた大半の方が向かうのが世界遺産でもある東大寺です。

こちらは有名な「奈良の大仏様」が鎮座する場所でもありますが、敷地内一帯が国宝クラスの建造物などで溢れています。

敷地を進んで行くと見えてくる南大門は、日本最大の山門とされ、はるか鎌倉時代に建造されたものです。

もちろんこちらも国宝に指定されています。

敷地内は鹿が自由に散歩していることでも知られていて、鹿せんべいなどが名物です。

鹿にせんべいをあげながら寺の周りをゆっくりと見学するというのも非常に風情があります。

 

法隆寺(斑鳩町)

こちらも人気の観光スポットのひとつであり、世界遺産に登録がされている法隆寺です。

ちなみに日本で世界遺産に登録されたのはこちらの法隆寺が初めてのこと。

その理由としては、敷地内にある金堂や五重塔を中心とする西院伽藍が、現在世界中に存在する木造建築物の中で最古とされているからです。

その歴史は607年にも遡るとされていて、いまから1,400年も前に建てられたということになります。

こうしたウンチクを交えながら、タクシードライバーとして観光客の方々を楽しませられるというのも魅力的なポイントだと思いますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

みたらい渓谷(天川村)

奈良県のまさに中央に位置する天川村ですが、こちらには多くの自然が残されていて、ラフティングや自然観察に訪れる方がたくさんいます。

特にみたらい渓谷はそのフォトジェニックな風景から、近年では人気の観光エリアとして知られるようになりました。

こちらは奈良県で働いているのであれば、一度は訪れてみたいスポットのひとつとして非常におすすめです。

 

吉野山(吉野町)

およそ3万本もの桜の木が植えられている吉野山は、ハイキングや森林浴のスポットとしても非常に人気があります。

もちろんお花見の時期には花見客が多く訪れるエリアでもあり、毎年その光景を楽しみにしている方々もたくさんいます。

 

ならまち(奈良市)

「ならまち」とは奈良公園近辺の風情溢れる建物が並ぶエリアのことです。

とてもノスタルジックな雰囲気があり、外国人観光客からも人気のスポットとなっています。

奈良市観光の休憩場所として、多くのカフェや飲食店が並んでいるところも特徴のひとつです。

 

奈良でタクシードライバーへの転職を考える方へ

奈良県でタクシードライバーになろうかと検討している方のために、そのメリットや魅力的な部分についてご紹介してまいりました。

奈良県は地元在住の方から、多くの観光客まで様々な方がタクシーを利用する機会に恵まれた地域です。

そのため、安定した仕事と収入を求めている方にとっては、タクシードライバーへ転職するのにもおすすめの県と言えます。

 

ご説明した通り、県北部には人口も集中しており、仕事的にも狙いが定めやすく魅力的な部分がたくさんありますので、ぜひ転職に際して前向きに検討してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像