東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

宮城・仙台でタクシードライバーへの転職をお考えの方へ

2019年06月07日


東北最大の都市・宮城県の仙台市。
古くは伊達政宗に始まったこの街は発展を遂げ、今では日本を代表する都市の一つとなりました。そんな宮城県は仙台市に於いて、タクシードライバーとして働くうえでどのような魅力があるのかといったことや、実際にどれだけ稼げるのかなど、様々な角度から紹介したいと思います。

 

宮城県の人口とタクシー数

宮城県の人口はおよそ230万人、東北地方の中では1位です。全国で見ても次に人口の多い地域は京都府の250万人と言うと宮城県の人口の多さがよく分かりますが、その中でも中心都市と言えばやはり仙台です。仙台だけでも人口およそ100万人。つまり、宮城県の人口のおよそ半分が仙台に住んでいるので、お分かりの通り、仙台には多くのタクシー会社があります。それでも尚、仙台はタクシードライバーにとって稼げる街です。

 

◇タクシードライバーとして見た仙台
タクシードライバーにとって仙台はとても魅力的な街です。まず、何をするでもなく人が多い街です。
人口100万人を誇る都市は全国的に見ても珍しいものです。
つまり、タクシードライバーから見るとそれだけ稼げる街だということですが、更にインバウンドによる観光客も増えています。仙台市の発表によると2013年から2017年までの5年間にかけてアジア地域からの仙台訪問者数(宿泊者数)は、約3万人から約12万人と4倍の増加となります。さらにJリーグやプロ野球などスポーツチームのある街なだけに、スポーツが開催される時には多くのファンがつめかかける点のほかに仙台は東北最大の街とあって、「東北地方でのイベント」が仙台で行われるケースが多いです。
例えばアーティストがライブイベントを行う場合、様々な地方を回ることになりますが、東北エリアは多くの場合、仙台でイベントが行われます。このように、仙台は訪れる人が多い街なので当然タクシードライバーの需要も高く、したがってドライバーにとって稼げる街です。

 

◇仙台でタクシードライバーに転職することの魅力
仙台もまた、多くの都市同様労働者不足のため、様々なジャンルで求人を見ることができます。いわば「売り手市場」となっていますので、これから仕事を探している人は妥協ではなく、好きな仕事を選べる状況にありますが、他のお仕事はどれも基本給がメインです。
そして、頑張っても給料は簡単には上がりません。その点タクシードライバーの場合、頑張った分お給料はグングン上がります。さらには先にもお伝えしたように、仙台という街が多くのタクシー需要があるだけに、特別営業活動を頑張らなくとも、自分のペースで仕事をこなすだけである程度安定した収入を確保できます。安定感、そしてさらなる高収入を得られるのが仙台のタクシードライバーです。大都市であり、且つ観光需要もある仙台だからこそ、安定感と収入アップの両方を見込めます。仙台には数多くのお仕事があることは求人サイト見ればすぐにでも分かるかと思いますが、安定感と「頑張った分しっかりとお給料をもらえる仕事」は、未経験者でもできるものとなればタクシードライバー以外にはなかなか見当たりません。

 

仙台でタクシードライバーになるメリット
仙台には多くのお仕事がありますが、ここでは仙台でタクシードライバーになるメリットについてご紹介します。

 

◇大都市だからこその需要
タクシードライバーのお仕事は空車の時間を少なくし、どれだけ乗客を乗せられるかにかかっているといっても過言ではありません。そのためには経験はもちろんのこと、あるいは勘が求められる場面もあるでしょう。いずれにしても、ある程度、熟練のタクシードライバーの方が稼げると考えるのは当然のことです。しかし、上段にも記載のとおり、仙台のように人が多いエリアであれば、いつでも多くの人がいます。
そのため、圧倒的な「営業努力」をせずとも、次から次へと多くの乗客を乗せることになります。待機している時間の方が短いのでは、と思うような日も珍しくないでしょう。このような点から、仙台は未経験のタクシードライバーであっても安定感と共に、高収入を目指すこともできます。

 

◇夜の賑いもある仙台だからこそ
仙台の街には常に多くの人がいますが、夜は夜で賑いがあります。一番町近辺は飲食店も多く、夜でも常に多くの人で賑いを見せています。終電が過ぎても営業しているお店も珍しくありませんので、当然そこにはタクシーの需要が待っています。地方都市の中には夕方を過ぎると一気に人が引いてしまい、夜になると稼げなくなってしまうエリアも珍しくありませんが、仙台は観光だけに頼っているのではなく、商業的な規模の大きさもある街なので、タクシーの需要は昼夜を問わないものとなっています。

 

◇イベントが多い街だからこそ
仙台にはプロ野球のチームもあれば、Jリーグのチームもあります。つまり、定期的に「人が訪れるイベント」が開催されます。
それぞれ年間にすればそれなりの試合数がありますので、その都度タクシーの需要が高まるということです。特にJリーグの場合、相手サポーターが大挙押し寄せます。遠方からの訪問者は、試合中には「サポーター」として贔屓のチームの応援に熱を入れますが、試合以外では観光客として仙台を楽しむというケースも珍しくありませんので、観光需要、つまりはタクシーの需要も高まります。

 

◇伊達政宗のおかげ?
仙台といえばその「藩祖」はかの有名な伊達政宗ですが、折からの「歴史ブーム」のおかげで伊達政宗ゆかりの地を訪れる「歴史マニア」が増えています。近年、伊達政宗はゲームやアニメのキャラクターとしても描かれていることから、若い女性層にもその人気が波及し、歴史を楽しみたい人や「伊達政宗グッズ」を求める人が仙台まで訪れることも珍しくありません。つまり、当然ですがタクシーの需要も高まるということです。

 

仙台の人気のエリア

仙台にはいくつかの人気エリアがありますので、タクシードライバーとしては是非チェックしておきたい所です。必ず押さえておくべき超有名スポットを紹介します。

 

◇仙台の人気の観光エリア

 

・青葉城
伊達政宗が築城したとされるお城です。仙台市の博物館もあるこちらは、観光客にとっては「仙台のシンボル」と言っても良いでしょう。
特に歴史に興味のある人が訪れる場所としては有名です。更には、青葉城はお世辞にも交通の便が良いとは言い切れません。仙台駅から地下鉄、あるいはバスにてアクセスすることになるのですが、時間次第ではタクシーの需要が十分に期待できます。

 

・一番町
こちらは商業的な意味で仙台の中心と言っても良いエリアです。様々なお店がありますので、観光客はもちろんですが地元の人間もよく訪れるエリアです。仙台駅から決して「物凄く遠い」という訳ではないのですが、地下鉄でとなると時間が読めないケースや、車を活用すれば短時間でアクセスできる点などから、このエリアのタクシー需要は高いです。

 

・楽天生命パーク宮城
プロ野球、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の本拠地です。国民的スポーツということで、シーズン開幕の時期には多くの人が訪れます。
球場は線路沿いにあるのですが、駅の出入り口から球場入り口まで多少歩くことから、新幹線の時間が迫っている人はタクシーを利用して仙台駅までアクセスするケースも目立ちます。こちらは野球場としてはもちろんですが、様々なイベントが開催されるとあって地元の人からも愛されている場所となっています。

 

仙台でタクシードライバーへの転職を考える方へ

このように、仙台にはタクシードライバーの需要が多くあることが分かっていただけたかと思いますが、もちろんタクシー会社も多数あります。どのタクシー会社を選ぶのかもまた、とても大切な部分ですが、その点は私たちP-CHAN TAXIへご相談ください!

 

以下に理由をいくつかピックアップしてみました。

 

◇二種免許費用を全額免除
タクシードライバーとして働くためには二種免許が必要になりますが、P-CHAN TAXIで紹介する会社は取得費用を全額免除してくれます。取得免許を折半という会社や、あるいは会社から借りる形で給料から返済という形の会社もありますが、全額免除とあって自分自身の金銭的な負担がありません。

 

◇退職者がいないP-CHAN TAXI
あなたに本当に合ったタクシー会社を選ぶからこそP-CHAN TAXIを使った転職者の退職者数0人です。
定年退職者以外で、途中で辞めてしまった人はいません。
その点だけでもP-CHAN TAXIを選んでいただく十分な理由になると思います。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像