東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

広島でタクシー乗務員への転職をする前に

2020年05月18日 エリア情報


歴史的なトピックが多数あることから、国内はおろか世界的な観光地として知られている広島。

四国・中国エリア最大の街である広島は地元の人間も多ければ観光客も多いので、タクシードライバーの活躍の場が多い街です。

そこで、広島でタクシードライバーにと考えている人に、いくつかのデータをご紹介させていただきます。

 

広島の人口とタクシー数

総務省の発表によると広島県の2018年の人口はおよそ280万人です。

全国12位の数字で四国中国エリアとなると広島の次が岡山の約190万人になりますので、如何に人口の多いエリアなのかが分かるのではないでしょうか。

歴史もあればスポーツチームも多々ありますし、観光地もあるなどトピックに事欠かない街なだけに、タクシードライバーの数も多いですが、それでもまだまだタクシードライバーが足りていない、つまりは稼ぐチャンスが多くある街です。

広島県のタクシー台数は法人と個人を合わせて約6,500台となっています。

 

タクシードライバーとして見た広島

タクシードライバーという視点で見ると、広島はインバウンドのおかげで稼ぐチャンスがたくさんある街です。

国内全体でインバウンド需要が高まっていますが、広島はその中でも人気のエリアです。

広島県観光局の発表によると、2018年の総観光客はおよそ6,504万人です。

宮島に代表される美しい文化遺産、原爆に代表される歴史的な遺産。

これらは外国人観光客にとって「日本に行ったら足を運びたい場所」です。

そのため、とても大きなチャンスがありますが、観光客だけではなく商業規模も多いので地元の人間がタクシーを利用する機会もあれば、広島カープのお膝元ということで、マツダスタジアムにてプロ野球の試合がある時には多くの人が訪れると共に、当然ですがタクシーの需要も高まります。

広島は大都市とあって鉄道、空港、バス、さらには路面電車など様々な交通機関があり、本数も多い一方で特に観光客の場合、時間を有効に使いたいという点や、観光客が多いので手荷物が多い場合、タクシーを利用した方が断然楽です。

そのため、交通網が発達している広島でもタクシーの需要は高いのです。

 

広島でタクシードライバーに転職することの魅力

広島には様々な産業がありますが、タクシードライバーの魅力は「頑張りが数字になる」という点です。

広島には多くの産業がある一方で、他の国内の地域同様人出不足が顕著です。

お仕事は選べる時代になったとはいえ、どのお仕事も基本給でのものとなっています。

つまり、どれだけ頑張っても劇的にお給料が上がることはありません。

しかしタクシードライバーの場合、頑張った分お給料も増えます。

他のお仕事はお給料がほぼ一定なので、頑張れば頑張った分、いわば実質的には賃金を下げてしまっているようなものですが、タクシードライバーというお仕事は頑張れば頑張った分、しっかりと数字になって現れます。

 

広島でタクシードライバーになるメリット

広島でタクシードライバーのお仕事を選ぶ理由は多々あります。

「広島で」という点や、「他のお仕事と比べて」という点など、様々な角度からメリットを上げてみました。

 

人が多い

やはりまずはこの点に尽きます。

インバウンド頼みではなく、地元にも数多くの人がいるので地元の人間だけでもそれなりの需要があります。

そこに国内旅行者が加わりますので、高い需要があるということが分かるのではないでしょうか。

地方の都市ともなると、どうしてもインバウンド頼みになってしまっている所も珍しくないため、観光客のいないシーズンは全然稼げないケースもありますが、広島はインバウンドがとても多い一方で、決してインバウンドだけに頼っている訳ではない街なので、季節を問わずに稼げるエリアです。

 

イベントが多い街だからこそ

広島には世界遺産があります。

更に、Jリーグ、プロ野球のチームもあります。

特に近年は「カープ女子」なる言葉もあるように、広島カープの試合は常に満員です。

また、Jリーグのサンフレッチェ広島は強豪として名を馳せていますが、Jリーグの場合、全国各地にチームがあるので対戦相手のエリアからも多くのサポーターが訪れます。

もちろんスポーツ関連だけではなく、四国中国最大都市として様々なイベントが開催されるとあって、常にタクシードライバーの稼働するチャンスがあります。

 

夜の需要もあるからこそ

広島は世界遺産やスポーツなど、トピックに事欠かない街ですが、その一方で大きな街なので商業規模もやはりそれなりのものとなっています。

新天地のような、いわゆる「夜の繁華街」もあるので、夜のタクシー需要もまた、多々あります。

全国には観光名所が多々ありますが、中には夕方を過ぎると観光も終わり、需要が一気に低下してしまうエリアもありますが、広島に関しては「観光頼み」という訳ではありませんので、夜には夜の需要が待っています。

そのため、広島は季節を問わないだけではなく、時間も問わずにタクシーの需要があります。

 

遠い所にあるものが?

広島は中心部に様々なものが揃っている一方で、空港、そして厳島神社は中心地から少々離れています。

そして、それらのエリアへのタクシー需要もあります。

もちろん交通網も整えられており、空港へはリムジンバスが出ていますし、厳島神社へは電車や路面電車があるのですが、時間を考えてタクシーを選択する利用者もいます。

つまり、時には「大物」をゲットすることができるのもまた、広島のタクシードライバーならではの魅力です。

無料でタクシードライバーの転職相談をする

広島の人気のエリア

世界的な人気観光地でもある広島には、いくつかの人気エリアがあります。

 

それらをいくつかご紹介しましょう。

広島の人気の観光エリア

広島の人気観光地をいくつかピックアップしてみました。

タクシードライバーにとって是非覚えておきたいエリアです。

 

厳島神社

「宮島」という表現の方がしっくりくるかもしれません。

潮の干潮で姿を変える大鳥居が有名ですが、宮島の魅力は他にも多々あります。

島市内から宮島への需要はもちろんですが、宮島の中だけでも見どころがあるので実はタクシー需要もそれなりにあります。

 

原爆ドーム

やはりこの界隈は人気エリアです。

原爆ドームそのものが市内の比較的賑いのあるエリアにあるだけに、観光客だけではなく人が多いエリアな点、そして原爆ドームそのものは建物が残っているのみで、有料の観光スポットではないので、広島を訪れた観光客が「とりあえず」足を運ぶスポットです。

 

お好み村

広島と言えばお好み焼きが有名グルメです。

広島に足を運んだらお好み焼きは絶対に食べるという人も珍しくありませんが、地元の人に愛されているお好み焼き屋もあれば、観光客のシンボルとなっているものもあります。

その一つが「お好み村」です。

「村」という名称がつけられていることからも分かるように、お好み焼き屋が集合したビルとなっており、お好み焼きを食べたくなたったらお好み村にという人や、「とりあえずどんなものなのか足を運んでみたい」という観光客まで様々なニーズがあります。

また、お好み村周辺はパルコが近くにあるなど商業地としても知られていますので、観光客以外の地元の人間も多々楽しんでいるエリアです。

 

広島でタクシードライバーへの転職を考える方へ

 

広島にはタクシードライバーとしても多々魅力があることが分かっていただけたのではないでしょうか。

そんな広島でのタクシードライバーですが、P-CHAN TAXIへご相談ください。

 

二種免許費用を全額免除

P-CHAN TAXIで紹介する会社であれば二種免許費用を全額免除します。

タクシードライバーとして働くためにはまずは二種免許を取得しなければなりませんが、嬉しいことにその費用は会社が負担してくれますので、自己負担がありません。

タクシー会社は多々ありますが、折半だったり、あるいはローンを組み、毎月のお給料から返済という形になる会社もあるのですが、P-CHAN TAXIを利用することで全額免除になりますので取得費用の心配も無用です。

 

年収600万円以上が視野に

タクシードライバーは頑張れば頑張った分、お給料が増えるお仕事ですが、P-CHAN TAXIの場合、年収600万円も十分に視野に入ります。

なぜならP-CHAN TAXIでは専任のコンサルタントがあなたに合ったタクシー会社を選ぶので、長く働けることからノウハウもしっかりと蓄積されます。

一つの現実として、P-CHAN TAXIを利用して転職したタクシードライバーで、定年以外で退職した人はいません。

その事実からも、P-CHAN TAXIがあなたに合ったタクシー会社を選ぶ会社だと分かるのではないでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像