50代の転職エージェントと転職サイト利用方法!おすすめのサービスをタイプ別で紹介

公開日:2021年7月1日 更新日:2021年7月2日

50代で転職エージェントや転職サイトを使おうと考えたとき、「この年で登録しても転職できるのかな?」などこのサイトがいいのかわからない」など不安が残りますよね。

50代の転職では、いかに自分にあった転職エージェントや転職サイトを使うかで、転職に成功するかが決まってきます。

本記事では転職エージェントと転職サイトを使った、50代の方の転職成功ポイントとタイプ別のおすすめサイトをご紹介します。

これから転職を考えている方は、ぜひサイト選びの参考にしてみてください!

目次

50代におすすめの転職サイト・転職エージェント一覧

転職サイト

転職サイトとは、自分の希望条件にあった求人情報を知ることができる情報サイトです。

転職活動をするにあたって転職サイトからの情報は貴重であり、どのような情報を得るかにもよって面接先や就職先が変わってきます。

現在は様々な転職サイトがありますが、今回は50代におすすめな転職サイトをピックアップしましたのでご紹介します。

転職サイト名おすすめな人の特徴公開求人数非公開
マイナビリトルシニア大手希望約50,000件非公開
とらばーゆ女性特化約4,800件非公開
マイナビ女性のお仕事女性特化約7,000件非公開
ビズリーチキャリアアップ約96,000件非公開
FROM40転職未経験約17,000件非公開
enミドルの転職転職未経験約128,000件約90,000件

転職エージェント

求人探しから面接対策、そして入職後のフォローまでを支援してくれるのが転職エージェントの特徴です。

厳しい50代の転職では、転職のプロにサポートしてもらえるのは心強いサポートとなるでしょう。

転職エージェントも転職サイトと同様に、特化型や総合型など様々な種類があり、自分にあったものを選ぶことが成功のカギとなります。

たくさんある転職エージェントの中でも50代に強いものを以下にピックアップしました。

転職エージェント名おすすめな人の特徴公開求人数非公開
リクルートエージェント大手希望約98,000件約108,000件
マイナビリトルシニア人材サービス大手希望約50,000件非公開
doda大手希望約100,000件約3,4000件
type女性の転職エージェント女性特化約9,000件約7,000件
リブズパートナーズ女性特化約2,000件非公開
ランスタッドキャリアアップ約1,0000件約8,000件
エンワールド・ジャパンキャリアアップ約1,000件非公開
JACリクルートメントキャリアアップ約12,000件非公開
パソナキャリア未経験約50,000件約40,000件
Spring転職エージェント未経験約17,000件非公開

50代で転職エージェント・転職サイトをうまく選ぶには?

50代の転職で、転職エージェントや転職サイトを使うのはもはや当たり前の時代となりました。

むしろ転職サイトや転職エージェントをいかにうまく使えるかで、転職の明暗をわけることになるでしょう。

50代の転職を成功させるには、たくさんあるサイトの中から「自分に合ったサイト」を選ぶことがポイントとなってきます。

どちらも複数利用する

体力も将来性もある20代~30代と比べ、50代の転職は年齢の壁があり、「転職活動を始めてすぐに内定」というわけにもいきません。

企業に応募してから面接へとつながる確率は、20~30代よりも低くなる可能性が高いと考えられるからです。

したがって、50代の転職活動は長期的にさらに広範囲で行うことが必要となってきます。

そのためにも転職エージェントと転職サイトは、どちらも必ず2個以上は登録しましょう。

「このサイトの情報の方が細かくてわかりやすい!」
「このエージェントの紹介してくれる求人は魅力的なものが多い」

複数登録することで比較ができ、上記のように自分との相性を見極めることが可能になります。

転職エージェントは年齢にあったものを選ぶ

転職エージェントはそれぞれに強みや特徴を持っています。

中には50代特化をの転職エージェントもあるので、転職活動をする際は、1つは自分と同じ年齢層に強いエージェントを利用しましょう。

同じ年代の転職サポートを数多く経験しているエージェントだと、アドバイスや面接対策も適確なサポートを受けられます。

また紹介求人も自分にあったものが多くあるので、面接に進める確率が高くなると考えられます。

転職サイトは特化型と総合型を必ず1つずつ選ぶ

転職サイトは自分の年代・やりたい職種に強い特化型サイトと、さまざまな種類の求人を掲載している総合型のサイトを併用するのがおすすめです。

年齢特化タイプの転職サイトは、求人情報以外にもコラムや転職成功者の体験談を見ることができます。

同年代の転職成功者の体験談は、自分も同じ立場になった場合にとても重要な情報となるので、求人情報以外もリサーチしておきましょう。

スカウト機能があるサイトも活用すると◎

転職サイトには登録するだけで向こうから連絡がある、スカウト型のサイトもあります。

履歴書や職務経歴を登録しておくだけで企業からのメールがくるので、ダイレクトに面接へ進める場合もあります。

選択肢の幅を広げるために同時に活用するのもおすすめです。

転職エージェント・転職サイトを使って50代の転職を成功させる4つのポイント

50代の転職を成功させるためのポイントは、「面接に応募できる求人をたくさん見つけること」です。

これは転職エージェントも転職サイトも同様です。

転職エージェントであればエージェントから紹介される求人数を増やす。

転職サイトであれば自分にヒットする求人検索を行うことで、その後の応募・面接へとつながります。

ここからは、50代の転職を成功させるために、面接に応募できる求人をたくさん見つける4つのポイントについて解説していきます。

ポイント①:登録前に必ず状況整理

転職エージェントや転職サイトへ登録する前の状況整理には、自分を客観視しこれからの方向性を決めるメリットがあります。

状況整理によって希望条件や退職理由を洗い出すことで、転職エージェントなら自分の売り込み、転職サイトならスムーズな求人検索が可能になります。

そうすることで、転職の方向性をきめることができるでしょう。

はじめに状況整理をしないまま転職活動をしてしまうと、「結局自分は何がしたいんだろう?」と迷ってしまいます。

その結果、本当は自分の思考性に合っていない企業に応募したり入社したりしてしまう可能性があります。

効率的に転職活動を行うためにも、転職エージェント・転職サイトへ登録する前の状況整理は必ず行いましょう。

転職に至った経緯

転職に至った経緯とは「転職理由」にあたるものです。

「残業が多い」「待遇が良くない」などの退職理由を踏まえた上で、どう環境を変えたかったのかを相手に伝えれるよう言語化しましょう。

これからの将来像と希望

「これからの将来像と希望」とは、希望する職種や業種、通勤距離や給料などのことです。これらは具体的に考えておきましょう。

給料であれば年収のほかにも月収で出しておくと、毎月の生活費とのバランスを計算して生活のイメージがしやすくなります。

転職サイトで求人検索するときも、条件を曖昧に入力して検索すると「思っていたものと違う」と入職後のギャップにつながるので注意が必要です。

自分のスキルと実績

「自分のスキルと実績」とは、これまでに培ってきた経験とそれによってどのような実績をあげてきたかです

。営業職であれば、売り上げ実績・昨年対比・ランキングなどを書くと良いでしょう。

こちらも具体的な数字がある方が説得力があり、同じ業種への転職であればアピールポイントとして使うことができます。

資格を持っている場合は証明書があるか確認しておきましょう。

実績に関しては、退職してからだと具体的な数字がわからなくなることがあるので、退職するまでに確認しておくとスムーズです。

退職までかかる時間と就職可能時期

退職までの時間と就職可能時期は、特に転職エージェントを使うときに重要とされます。

理由としては就職可能な時期が不明確だと、転職エージェントからは転職意欲が低いと認識されることがあるからです。

転職意欲が低いと感じられると、求人紹介まで時間がかかったり求人紹介数が少なり後回しにされることがあります。

具体的な日付を伝えることが難しい場合は就業規則を確認し

「退職申請をして●月後に入職が可能」

など退職から入植までに必要な大まかな期間を答えましょう。

ポイント②:転職エージェントには正直に話す

転職エージェントもビジネスとして紹介業を行っているので、紹介先との信頼関係を大切にしています。

そこで、自分の過去の転職歴や在籍期間などは、正しい内容を伝えましょう。

もし嘘をついたことが1度でもバレれば要注意人物としてデータに残り、社内で共有される可能性があります。

それだけではなく、エージェントからの信用度が下がることで企業へ紹介することを懸念され、紹介求人数が少なくなることも考えられます。

よくあるのが「3か月くらいしか働いていない企業の職歴は書かなくても大丈夫」という誤った認識です。

短期での転職歴や短期間の在籍なども、しっかりとした職歴になります。

転職を任せる以上は、相手に虚偽なくしっかりとお話ししましょう。

ポイント③:条件のハードルは低めに設定する

年齢の壁で応募できる求人が少ない中、さらに年収アップなど条件を絞って選り好みしてしまうと、紹介できる求人数は激減してしまいます。

例えば、現在の年収が600万円でその1.5倍の900万円を希望する人がいたとします。

企業は採用時の給料を決めるとき、元々の給料を参考にした上で採用時の給料を判断する場合が多いです。

元々の年収が600万円の方が900万円を希望するとなると、それ相応の能力を面接でアピールできなければ採用は困難と予想されます。

希望条件はあくまでも今の給料をベースにしながら考え、まずは求人してもらえる紹介数を増やすことに注力しましょう。

ポイント④:自分が主体となって行動する

登録したら転職に関わるサポートをなんでもやってくれる転職エージェントと、検索すれば欲しい情報をくれる転職サイトはどちらもとても便利です。

しかし面接を受けるのも就職して働くのも、エージェントやサイトではなく自分です。

「エージェントが同席してくれるから大丈夫!」
「サイトには年齢問わずと記載があるから楽勝」

このように転職エージェントや転職サイトの情報だけを鵜呑みにせず、得た情報をもとに自分で下調べや対策を行いましょう。

あくまでも両者は転職を「支援」してくれるサービスだということを忘れないことが大切です。

推薦状は自分でも確認

転職エージェントが作成してくれる「推薦状」は必ず自分でも確認しましょう。

会社のテンプレートをそのまま使用されたり、アピールしたい自分の能力が記載されていなかったりする場合があります。

そのため、企業へ推薦状を送る前に必ず自分でもチェックしましょう。

情報を基に自分でもリサーチ

転職エージェントや転職サイトから得た情報をもとに、自分でも企業のホームページや口コミサイトで情報収集しましょう。

自分で調べた情報は頭に入りやすいので、面接時に臨機応変に対応する力もつき内定率の向上につながります。

【タイプ別】50代おすすめ転職エージェント・サイト

ここからは転職タイプ別におすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

50代で転職をする!といっても状況や希望条件はさまざまなので、一目で見て分かるよう以下にピックアップしています。

【大手】50代おすすめ転職エージェント・サイト

大手を利用するメリットは、求人数の豊富さと求人内容の質の高さです。

大手の転職サイトは、独占求人数が他社と比べものになりません。

転職エージェントでは、50代の転職サポートを経験しているエージェントが在籍していることも多くあります。

転職する中で必ず1つは大手エージェントに登録しておくことをおすすめします。

サービス名サービス区分50代転職の特徴
リクルートエージェント転職エージェント
  • 最大手
  • 求人数、質ともに良し
  • エージェントも多数在籍
マイナビミドルシニア人材サービス転職エージェント
  • 独占求人多数
  • 設立4年目
マイナビミドルシニア転職サイト
  • マイナビエージェントとの連動可能
  • 塾講師や非常勤の求人も有
doda転職エージェント・転職サイト
  • 転職サイトとエージェントの機能が併用可能
  • 求人数約10,000万件と最多

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職業界最大手であるリクルートエージェントは、求人数だけでなくエージェントの質の高さにも評判があります。

特に転職回数が少ない方や転職が初めての方は、エージェントとの相性がかなり需要となってきます。

経験豊富なエージェントにサポートしてもらいたい場合は、登録必須と言えるでしょう。

ただし、エージェントはこちらから指定できるわけではないので、担当がどんな人になるかは時と場合により変わりますのでご注意ください。

リクルートエージェントの公式サイト

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

マイナビミドルシニア人材サービス

まいなびリトルシニア人材サービス

マイナビミドルシニア人材サービスは、大手転職エージェントを営むマイナビが展開するミドル・シニア層専門の転職エージェントです。

設立4年目と若い会社になりますが、マイナビのバックアップがあるため求人数約50,000件と他社に劣らず、独占求人や非公開求人にも期待ができます。

公式サイト

マイナビミドルシニア

マイナビリトルシニア

マイナビミドルシニアとは、40代~60代の求人に特化した求人サイトです。

正職員の求人はもちろん、時間や曜日を指定して選べる求人や、塾講師の求人など珍しい内容のものも取り扱っています。

また、都道府県ごとの求人情報なども掲載しており、その情報量は50代の転職活動において登録は必須と考えられます。

さらに、転職エージェントであるマイナビミドルシニア人材サービスと連動して使うと、求人紹介や掲載している求人の問合せがスムーズに行えます。

マイナビミドルシニアの公式サイト

doda(デューダ)

doda

支援満足度を売りにしているdodaは、株式会社パーソルキャリアが運営しています。

特徴としては、転職エージェントと転職サイトの2つのサービスを同時に受けられることが挙げられます。

求人サイトで検索をして、エージェントで問合せするという時間のロスをなくせるメリットがあり、自分のスケジュール調整などもスムーズに行うことができます。

求人数も約100,000件と大手ならではの数で、経験者から未経験者の求人まで幅広く取り扱っています。

doda転職エージェントの公式サイト

dodaについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

【女性に強い】50代おすすめ転職エージェント・サイト

50代の女性の転職は、育児が落ち着き仕事に本腰を入れる方や、これまでのキャリアを活かしたい方など、希望するライフワークバランスにより働き方が異なります。

女性に強い転職エージェントや転職サイトを選ぶ中でも、自分の希望に合ったサイトを活用することがおすすめです。

サービス名サービス区分50代転職の特徴

type女性の転職エージェント

転職エージェント

  • 事務職、化粧品関係の求人が多い
  • 女性の悩みに沿ったサポート
  • 18年間と老舗サービス

とらばーゆ

転職サイト

  • 美容・看護系の求人多数
  • 求人検索キーワードが独自
  • 働くママが使いやすい

リブズパートナーズ

転職エージェント

  • 女性のハイクラス転職に特化
  • 管理職、高額求人有

マイナビ転職女性のおしごと

転職サイト

  • 豊富な求人数
  • フレックスタイム制、大手求人も有
  • 転職フェア情報なども充実

type女性の転職エージェント

type女性のお仕事

type女性の転職エージェントは、女性ならではの事務職・化粧品関係・販売職などの求人に強い転職エージェントです。

18年以上年間5,000名以上をサポートしてきた実績と、面接向けのメイクやマナーなど、女性の悩みを解決するアドバイスを受けられると定評があります。

同グル―プにて「女の転職type」もありますが、こちらは自己応募型の求人サイトとなリます。

エージェントからのアドバイスを希望する場合はtype女性の転職エージェントを活用しましょう。

公式サイト

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆは、リクルートが運営する転職サイトです。

女性従業員が多いとされる美容・看護師・ファッションなどの求人も多数あります。

「産後復帰しやすい」が求人キーワードとして盛り込まれているなど、まさに女性のための求人サイトです。

とらばーゆはキャリア志向の女性よりも、どちらかといえば

「ライフワークバランスを保ちながら仕事がしたい」

「育児と両立させたい」

というような希望がある方におすすめです。

とらばーゆの公式サイト

リブズパートナー

リブズパートナー

女性の求人サイトでは珍しい「ハイクラス」に目を向けた求人サイトです。

管理職求人や年収600~1,000万円代の高額求人を取り扱っており、キャリアアップを目指したい女性にはおすすめです。

女性の社会進出が当たり前になっている中で、まだまだ女性のハイクラスに特化した求人サイトは珍しため、キャリアアップを目指す女性は登録必須となるでしょう。

リブズパートナー の公式サイト

マイナビ転職女性のお仕事

マイナビ転職女性のお仕事

女性特化の求人サイトでは「求人数が少ない」という欠点がある傾向が強いですが、マイナビ転職女性のお仕事には約7,000件の求人が掲載されています。

管理職用の「オンキャリ求人」と育児を頑張る女性用の「オフキャリ求人」など独自のジャンル分けをしています。

また、検索条件のキーワードも「語学力を生かす」や「託児所付」など、「こういうのがほしかった!」と思える女性が活用しやすいものがそろっています。

その他にも、転職フェアの開催や上場企業特集など、求人情報以外のサポートも充実しています。

マイナビ転職女性のお仕事に登録しておくと、多方面からの情報収集が期待できます。

マイナビ転職の公式サイト

【キャリアアップ】50代おすすめ転職エージェント・サイト

50代というと、今の職場でもそれなりのキャリアについている方も多く、

「まだまだスキルアップしたい」

「今よりももっと責任にある仕事をやってみたい」

と思う方もいるのではないでしょうか。

これまでのスキルや実績を基に年収アップや高待遇を狙うなら、以下のようなキャリアアップに特化した転職エージェントやサイトを使うのは必須です。

サービス名サービス区分50代転職の特徴

ランスタッド

転職エージェント

  • 全体の半数が年収800万以上
  • 独占求人多数
  • 年収2,000万求人も有

ビズリーチ

転職サイト

  • 有料制サイト
  • 高品質の求人が売りのヘッドハンティング型サイト

エンワールド・ジャパン

転職エージェント

  • 入職後サポートにも自信有
  • 外資系求人特化

JACリクルートメント

転職エージェント

  • 老舗転職エージェント
  • 外資系企業・東証一部上場企業求人有

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドの強みはなんといっても外資系求人です。

世界39ヶ国で人材派遣をメインに展開しているので、外資系企業の求人数は他に劣りません。また、年収800万円以上の独占求人を多く保有していると言われています。

ただし、全体の求人数は約10,000件と少ないので、ランスタッドはあくまでも特化型サイトとして外資系企業への転職希望がある場合に使うことをおすすめします。

ランスタッドの公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

ハイクラス転職の最大手ともいわれるビズリーチはヘッドハンティング型の転職サイトです。

転職サイトでは珍しい有料制で、入会にも審査が必要になり、登録するまでのハードルが他のサイトと比べて高いことが特徴です。

しかし求人の質の高さとサポートは、お金を払う価値があると言われています。

ビズリーチに登録することで、これまでよりも高待遇の求人を紹介してもらえることが期待できるでしょう。

注意点は、「とりあえず登録してみた」など転職意欲が低い場合、スカウト件数が少なくなりやすいことです。

ビズリーチ掲載企業の多くは、転職意欲が高くてすぐに入職が可能な方を求めていることが多いからです。

ビズリーチの公式サイト

ビズリーチについて詳しく知りたい方は「ビズリーチの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

エンワールド・ジャパン

エンワールド

エン・ジャパンの子会社であるワンワールド・ジャパンは、高額求人・外資系企業求人に特化した転職エージェントです。

公開求人数が1,000件と他社に比べ少ないですが、キャリアアップに特化した転職エージェントでは珍しく「入職後のサポート」に力をいれており、エージェントの質の高さに定評があります。

独自のウェブツールである「HR OnBoard」を使用して、入職後の求職者にアンケートを取ることにより業務品質の向上に努めています。

最後の転職になるかもしれない50代の転職では、ぜひ活用したいサービスです。

エンワールド・ジャパンの公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30年以上も求職者の支援を行ってきた実績を持ちます。

ハイクラスに特化したロンドン発祥の日系転職エージェントであり、高い提案力とサポート力をもった少数精鋭のコンサルタントが在籍しています。

外資系企業や東証一部上場企業の求人が多く、キャリアアップを目指す50代転職者には安心できる転職エージェントとして特におすすめです。

JACリクルートメントの公式サイト

JACリクルートメントについて詳しく知りたい方は「JACリクルートメントの評判は両極端?良い・悪い口コミやメリットデメリットを解説!」も読んでみてください。

【未経験業種】50代おすすめ転職エージェント・サイト

50代で未経験の業種へ挑戦する場合は、書類選考を通過するのが難しく、かなりの求人数への応募が必要です。

転職エージェントの場合は、未経験業種への転職サポートが可能か、転職サイトであれば未経験可能な求人を多く取り扱っているかに注目して選びましょう。

応募可能な求人を増やし、面接へとつなげる確率を高くすることが成功へのポイントです。

サービス名サービス区分50代転職の特徴

パソナキャリア

転職エージェント

  • 支援満足度
  • 未経験可能求人も有

FROM40

転職サイト

  • 中高年特化のサイト
  • コラムも充実
  • 未経験可能求人も多数

Spring転職エージェント

転職エージェント

  • 未経験業種や専門職に強い
  • 一気通貫型システム採用

enミドルの転職

転職サイト

  • 50代成功例も多数
  • スカウト型サイト

パソナキャリア

派遣で有名なパソナキャリアですが、実は転職エージェントとしても展開しています。

派遣業で培った企業とのつながりを母体に、幅広い職種の求人へと対応しており、「未経験歓迎」の求人も多数掲載されています。

また、パソナキャリアは株式会社オリコンが調査する「オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門」にて 3年連続で第1位の実績があり、顧客満足度が非常に高いエージェントです。

実際に転職サポートの際には転職ノウハウが書かれた冊子をもらうことができ、未経験業種へ挑戦するという不安が大きい中ではとても心強い存在になると考えられます。

パソナキャリアの公式サイト

パソナキャリアについて詳しく知りたい方は「パソナキャリアエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

FROM40

From 40

FROM40は、40~50代に特化したスカウト型の転職サイトです。

もちろん自分でも求人検索をすることもでき、40~50代への支援に注力していると謳っているだけあり、幅広い職種の中高年専用の求人が掲載されています。

中には未経験でも応募可能な求人も多数あります。

しかし、管理職や高収入の求人はビズリーチなどの大手に比べて少ない傾向にあるので、現在ハイキャリアの方にはあまりおすすめできません。

FROM40の公式サイト

Spring転職エージェント

Spring

Spring転職エージェントは、アデコ株式会社が運営する転職エージェントです。

求人数やサポートよりも好評なのが、求人紹介の精度です。入職後のミスマッチが少ないことで定評があります。

その理由は、一気通貫型というシステムを導入していることにあります。

企業担当と転職者担当を分けずに一貫して担当することで、情報の正確さを保っています。

求人数は大手サイトには劣りますが、せっかく入職した職場が「思っていたのと全然違うかった」という失敗を避けられるためおすすめです。

Spring転職エージェントの公式サイト

enミドルの転職

エンミドルの転職

enミドルの転職は、エン・ジャパン株式会社が運営するスカウト型の転職サイトです。

対象が30~40代の中高年、平均年齢は45歳となっていますが、50代や60代の転職成功例などもホームページに掲載されているため、50代の転職活動でも活用できるサイトと言えます。

スカウト機能を使った場合の非公開求人は約92,000件と豊富にあり、求人検索やエージェント検索もできます。

またenミドルの転職を利用すれば、転職に関する幅広い分野の情報収集することができるため、情報不足からスタートする未経験業種の転職活動では幅広く活用することができます。

enミドルの転職の公式サイト

50代の転職エージェント・転職サイトの成功法は複数活用!自分主体で動いてアピールすることが必須!

50代の転職は数年前とは状況が大きく変わり、転職者の人数や求人も増加傾向にあります。

しかし20~30代と比べてしまうと、将来性の低さという雇用期間の壁が立ちはだかります。

これまでの実績やスキルのアピールがうまくいかないと、なかなか内定をもらえないような厳しい状況になる場合もあります。

50代の転職活動では、転職エージェントと転職サイトを複数活用して自分にあったものをより早く選び、主体的に行動することが成功の鍵となります。

うまくサイトを活用して、理想の50代での転職を成功させましょう!