転職は35歳までが限界説の真偽は?転職すべき人や成功させるためのポイントを解説

公開日:2022年1月14日 更新日:2022年5月12日

35歳を過ぎてから転職を考える人も多いでしょう。

しかし転職市場では、30代の転職に対して「35歳限界説」や「35歳の壁」などの言葉が使われることがあります。

「35歳を過ぎたけど、今からでも転職できるのだろうか?」と不安になることもあるはずです。

そこで本記事では、35歳からの転職は本当に難しいのか、成功させるためのポイントなどについて解説します。

転職は35歳まで?35歳限界説の真偽は?

世間では「35歳限界説」や「35歳の壁」と言われていますが、35歳からの転職が難しいとは決して言い切れません。

厚生労働省の「2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況」によると、35歳から39歳で転職を成功させる人の割合は男性で8.9%、女性で13.3%です。

35歳から転職をしている人が一定数いるのが実状です。

また、ある程度の経歴やスキルを持った35歳以上は転職市場で重宝されることも多く、年収アップの転職に成功するケースもあります。

とは言え35歳以上となれば、企業の求める人材のレベルも上がります。十分な経歴やスキルがあることが、35歳以上の転職を成功させるための条件です。

おすすめの転職エージェントを見る

35歳からでも転職を検討すべき人

35歳からでも転職を検討すべき人の特徴を紹介します。

  • スキルアップを目指す人
  • ライフスタイルを変えたい人
  • 明確な転職理由を持っている人
  • 年収にこだわらない人

スキルアップを目指す人

スキルアップを目指す人は、転職を検討すべき人だと言えます。スキルアップができるかどうかは、職場環境にも依存するからです。

スキルアップが見込めない職場で働き続けていても、現状維持のまま年を重ねてしまいます。

会社規模や将来性、経営状態などあらゆる要素を考慮した上で「これは転職した方が良い」と自分の中で言い切れるなら、転職を決意しましょう。

また自分が今後どのようなスキルが必要か知るためには、過去に担当してきた仕事や会社から得た評価、残した実績を時系列でまとめながら整理するのがポイントです。

そこからさらに、5年後・10年後・20年後と長期的な将来計画を考えることで、本当に自分が身につけるべきスキルが見えてきます。

最終的に今の会社でスキルアップができないと感じたなら、35歳からでも転職する価値が高いと言えるでしょう。

ライフスタイルを変えたい人

ライフスタイルを変えたい35歳以上の人は、転職も一つの手段です。

「勤務地を変えたい」「働く時間帯を変えたい」などの要望を現在の職場で叶えられない場合は、転職した方が働きやすくなる可能性があります。

子どもの世話や家族との同居、パートナーの転勤に合わせた引越しなどの事情が転職理由ならば、採用担当者も納得してくれるでしょう。

しかしながらライフスタイルはあくまでも個人の事情であり、企業にとって二の次であることは間違いありません。

ライフスタイルを変えるために転職をする際も、これまでの経験を整理した上で、自分のスキルや経験が企業の利益にどのように貢献できるかをアピールすることが大切です。

明確な転職理由を持っている人

明確な転職理由があれば、35歳から転職しても活躍できる可能性があります。

新しい職場で身につけたいスキルや成し遂げたい目的があり転職を決めた人は、モチベーションを維持しながら働けるからです。

逆に「環境に変えたい」「上司が嫌だから転職する」といった漠然とした理由では、たとえ転職ができても後々苦労するケースがあるため注意しましょう。

年収にこだわらない人

35歳以上の場合、あまり年収にこだわらない方が転職は成功しやすいです。

十分なスキルや経験がない限り、35歳以上で転職すると年収は下がることがあります。

必要以上に年収アップにこだわって転職活動をすると、転職先の選択肢が狭くなってしまうでしょう。

また最終的に目指すポジションが明確であれば、一時的に年収ダウンしても頑張り次第で昇給もできます。

年収以外をモチベーションに転職するなら、35歳以上でも転職は成功しやすいです。

おすすめの転職エージェントを見る

35歳からの転職を成功させるポイント

35歳から転職を成功させるためのポイントを紹介します。

  • 自分の経験やスキルの棚卸しを行う
  • 自分の市場価値を知る
  • 職務経歴書を作り込む
  • 柔軟な姿勢をアピールする
  • 在職中に転職活動を行う

自分の経験やスキルの棚卸しを行う

35歳から転職するなら、自分の経験やスキルの棚卸しをしておきましょう。

企業が35歳以上を採用するときは、その人の経験やスキルを重視しているからです。

「頑張りたい」「やる気がある」といったポテンシャルのアピールや根性論では通用しないことが多いでしょう。

自分の経験やスキルをしっかり棚卸ししておけば、面接で面接官を納得させられるアピールができます。

自分の市場価値を知る

転職活動の前に、自分の市場価値を知っておきましょう。

35歳以上は自身の経験やスキルを整理した上で、自分が第三者からどのように評価されるのかを知っておくことが大切です。

また市場価値を知れば転職できる可能性のある企業やポジションがわかり、自分の適正年収も把握できます。

職務経歴書を作り込む

35歳からの転職は、若い頃以上に職務経歴書を作り込む必要があります。35歳以上はこれまでの経験、そこで得た成果などを掘り下げて書くことが求められるからです。

事前にしっかり経験の棚卸しをしておけば、自分の情報が整理されて志望動機や自己PRも書きやすくなるでしょう。

柔軟な姿勢をアピールする

柔軟な姿勢をアピールすれば、転職成功のチャンスが広がります。35歳以上で転職すると、年下が上司になるケースもあるからです。

また35歳以上になると、「前の職場のやり方に慣れていて、新しい職場にはスムーズに適応できないのでは?」と不安を抱かれるケースがあります。

そのため、選考では年下のメンバーからの指示も素直に聞けることや、新しい企業文化にも柔軟に対応できることなどを伝えましょう。

在職中に転職活動を行う

35歳以上なら、可能な限り働きながら転職活動を行いましょう。一度仕事を辞めてしまうと、空白期間ができて選考で不利になることがあるからです。

また転職活動は出費(交通費、スーツ代など)が多いので、働きながら転職活動をしておく方が精神面でも安心でしょう。

おすすめの転職エージェントを見る

35歳からの転職で求められるスキルは?

35歳からの転職では、資格よりもスキルが重要です。

35歳以上の転職で求められるスキルは、下記のとおりです。

  • マネジメント力
  • 課題解決能力

マネジメント力

即戦力として活躍するため、マネジメント力を身につけておきましょう。

35歳以上を採用しようとする企業の多くは、入社後すぐにリーダー的ポジションを担ってほしいと考えているからです。

マネジメント力は、部下とのコミュニケーションや動機付け、適切な指導やフィードバックを行うことで培われていきます。

選考時はこれまでのマネジメント経験を積極的にアピールしましょう。

課題解決力

課題解決力は、35歳以上の転職で求められるスキルの一つです。35歳以上を採用する際、企業は自社の持つ課題をどのように解決してくれるかを見定めています。

課題解決力は、問題認識能力・解決策を考える力・解決策を実行する力で構成されます。

身につけることで、業務上のさまざまな問題に対して柔軟に対応ができるようになるでしょう。

おすすめの転職エージェントを見る

35歳から未経験の業種・職種への転職は可能?

一般的に35歳から未経験の業種・職種へ転職するのはハードルが高いですが、決して不可能ではありません。

前職の経験を活かしてどのように貢献できるかをアピールすれば、未経験の業種・職種でも採用のチャンスはあります。

また異業種であったとしても、職種が同じ場合なら転職しやすい傾向にあります。例えば営業職として、金融機関からメーカーへと転職するなどのケースです。

ハードルが高いのは確かですが、35歳からでも未経験の業種・職種へ転職することを諦める必要はありません。

おすすめの転職エージェントを見る

35歳から未経験でも転職しやすい業種・職業

35歳以上で未経験でも転職しやすい仕事を一部紹介します。

  • ドライバー業
  • 販売業
  • 営業
  • 介護
  • 地方公務員

ドライバー業

ドライバー業は未経験者でも転職しやすい仕事です。常に人材が不足している業界であり、経験よりも免許の有無や体力面が重視される職種として知られています。

また普通免許だけでなく、大型免許を取っていれば仕事の幅が広がり収入面も期待できます。

販売業

販売業は未経験の35歳以上でも転職しやすい仕事です。

あまり専門性を問われず、未経験でも挑戦できます。

アルバイトやパートタイマーと一緒に仕事をすることが多いため、専門性よりコミュニケーション能力が求められます。

また前職で中間管理職をした経験がある人なら、店長やエリアマネージャーへの昇進も目指せるでしょう。

営業職

営業職は35歳以上でも需要のある仕事です。

営業職の中途採用では、社会人の基礎であるビジネスマナーや柔軟性を重視するため、専門性をあまり問われません。

企業が求めるものを理解した上で選考に臨めば、未経験でも採用されるチャンスは十分にあるでしょう。

介護職

介護職は常に人手不足が続いており、35歳以上でも転職できるチャンスがあります。

実務経験よりも体力ややる気を問われる仕事で、未経験や無資格でも問題なく転職しやすいのが特徴です。

また、ケアマネージャーや相談員になることで年収アップが目指せます。

地方公務員

地方公務員は国家公務員試験に比べ年齢上限が高く、35歳以上でも転職する人が多い職種です。

地方自治体によっては、40代から50代でも職員採用を行っているケースがあります。

さらに地方公務員の採用試験では人柄を重視している場合も多く、経験やスキルが必要以上に問われません。

35歳からの転職には転職エージェントがおすすめ

35歳以上の転職でおすすめの転職エージェントを5社紹介します。

  • リクルートエージェント|非公開求人が多い
  • doda|自分の市場価値がわかる
  • ビズリーチ|年収アップが目指せる
  • JACリクルートメント|外資系案件に強い
  • マイナビエージェント|初めての転職でも安心

リクルートエージェント|非公開求人が多い

リクルートエージェント出典:リクルートエージェント

転職エージェント名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約153,000件
非公開求人数約204,000件
求人の傾向全業種実績有り
おすすめポイント
  • 非公開求人が多い
  • 年齢制限なく利用ができる
  • 代理交渉を進めてくれる

(※2021年12月7日時点)

「リクルートエージェント」は、公開求人・非公開求人ともに数が豊富な転職エージェントです。

利用にあたって年齢制限を設けておらず、35歳以上に向けた求人を多数取り扱っています。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、年収や雇用条件に関して企業と代理交渉を行ってくれるため、転職による待遇の悪化を未然に防げます。

「転職による年収ダウンが怖い」「求人紹介を受けられるか不安」といった人におすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

doda|自分の市場価値がわかる

doda(デューダ)出典:doda

転職エージェント名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約111,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向全業種実績有り
おすすめポイント
  • 自分で求人検索もできる
  • 年収査定ができる

(※2021年12月7日時点)

「doda」は、リクルートエージェントと並び業界大手の転職エージェントです。

転職サイトとしての機能も持ち合わせていて、求人紹介を受けながら自身でも検索して応募ができます。

dodaの大きな特徴は、年収査定で自分の市場価値がわかる点です。

これまでの経歴を入力することで今後30年の年収推移をグラフで知れるのに加え、自分に近いキャリアを持った人の転職事例を紹介してもらえます。

「今後の年収推移が気になる」「転職する前に自分の市場価値を知りたい」という人におすすめです。

dodaはこちら

dodaについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

ビズリーチ|年収アップが目指せる

ビズリーチ出典:ビズリーチ

転職エージェント名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約68,000件
非公開求人数非公開
求人の傾向ハイクラス求人が中心
おすすめポイント
  • 貴重価値の高いポジションが充実
  • 年収アップが目指せる
  • 優秀なヘッドハンターが在籍

(※2021年12月7日時点)

「ビズリーチ」は、ハイクラス求人を中心に取り扱っている転職エージェントです。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めていて、希少価値の高い中間管理職やマネージャー職、経営幹部候補として転職を成功させた利用者が多数います。

さらに、優秀なヘッドハンターが利用者の経歴やスキルにマッチした求人を次々と紹介してくれるので、忙しい人でも受け身的に利用できるのがメリットです。

ある程度の経歴やスキルを持っている35歳以上の人は利用してみましょう。

ビズリーチはこちら

ビズリーチについて詳しく知りたい方は「ビズリーチの悪い評判は本当?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

JACリクルートメント|外資系案件に強い

JACリクルートメント出典:JACリクルートメント

転職エージェント名JACリクルートメント
運営会社株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
求人の傾向外資系企業が中心
おすすめポイント
  • 外資系特化のサポートが受けられる
  • 企業の情報が充実

(※2021年12月7日時点)

「JACリクルートメント」は、管理職ポジションの求人が豊富な転職エージェントです。外資系に特化しており、英文の応募書類の添削や面接サポートを受けられます。

またキャリアアドバイザーが定期的に企業へ訪問しているため、現場の生の情報を利用者に惜しみなく提供してくれるのが強みです。

すでに実績やスキルを持っていて、転職でキャリアップを目指したい人は利用してみましょう。

JACリクルートメントはこちら

JACリクルートメントについて詳しく知りたい方は「JACリクルートメントの評判は両極端?良い・悪い口コミやメリットデメリットを解説!」も読んでみてください。

マイナビエージェント|初めての転職でも安心

マイナビエージェント出典:マイナビエージェント

転職エージェント名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数不明
非公開求人数不明
求人の傾向全業種実績有り
おすすめポイント
  • サポート力がある
  • 全国に拠点あり
  • 人柄重視の求人多数

(※2021年12月7日時点)

「マイナビエージェント」は、サポート力に定評のある転職エージェントです。

公開求人のみならず非公開求人も充実しているため、登録することでより多くの求人情報が得られます。

また全国各地に拠点があり、平日夜まで営業しているので、忙しい人でも面談を受けやすいのが魅力です。

未経験でも応募できるポテンシャル重視の案件が豊富に揃っているため、転職初心者や35歳から異業種にチャレンジしたい人はぜひ利用してみましょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントについて詳しく知りたい方は「マイナビエージェントの評判は悪い?ひどい?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

明確な目的と万全の準備があれば35歳からでも転職はできる

35歳からの転職は難しさもありますが、実際に転職を成功させている人がいるのも事実です。

転職する目的を明らかにし、自身のスキルや経験をしっかり棚卸ししていれば、転職できる可能性は十分にあります。

現状を変えたい人は「35歳限界説」や「35歳の壁」といった言葉に惑わされずに、勇気を持って転職活動に踏み切ってみましょう。