東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

幅広いエリアで活躍可能!滋賀でのタクシードライバーへの転職

2019年08月01日


滋賀県でタクシードライバーへの転職を考えている方のために、ここではそのメリットや滋賀県の特徴というものをご説明していきたいと思います。滋賀県のタクシー会社の数やタクシーの台数、また人口をご覧いただきながら、タクシードライバーとしてはどのようなところが魅力的な部分なのかも知れますので、ぜひ参考にしてみてください。また、実際に滋賀県の人気観光エリアもご紹介していくため、滋賀県自体の魅力も感じてもらえるのではないでしょうか。

 

滋賀の人口とタクシー数

それではまず、滋賀県でタクシードライバーに転職する際に知っておきたい県のタクシー会社の数や人口といったものをご覧いただきたいと思います。

 

◇タクシードライバーとして見た滋賀

滋賀県は、日本最大の湖である琵琶湖を中心とし、各自治体がその周辺を取り囲むように存在しています。そのため、県内の市町村は湖を中心に湖西エリア・湖東エリアといった分類がされるわけですが、滋賀県の県庁所在地である大津市は湖の南西側にあり、エリアで言いますと湖西エリアです。

 

滋賀県の人口はおよそ140万人ですが、大津市にはその25%ほどの35万人弱が生活をしています。続いて、県の人口第2位と第3位である草津市と長浜市は湖の南東と北東に位置していますので、エリアに分類すると湖東エリアです。(どちらも人口が10万人ほど)

 

また、その草津市と長浜市の間には同じくらいの人口を有する彦根市や東近江市といった地域があります。このことからも、滋賀県は全体的に人口分布のバランスが良く、どのエリアであってもタクシーを利用する人々がいるということが分かっていただけることでしょう。

 

そして、肝心のタクシー会社の数ですが「法人で120社程度、個人で40社程度」となっていて、稼動しているタクシーの台数は1400台ほどです。これを人口との比率で計算してみますと0.1%程度となり、競合相手の少なさというのが魅力的なポイントとして挙げられます。これが人口とタクシーの多い東京都になりますと、その割合が5%まで上がりますので、非常に乗客を巡っての競争が激しくなります。

 

◇滋賀でタクシードライバーに転職することの魅力

タクシーの台数や人口との割合が分かっていただけたところで、次に滋賀県でタクシードライバーとして働くことの魅力をご紹介していきましょう。先ほどもご覧いただいたように、滋賀県というのは県全体にバランス良く人々が生活をしているため、どのエリアの会社に所属していても一定のタクシー需要があり、安定した仕事が可能となっています。そのため、会社選びも県庁所在地である大津市に限定することなく、幅広い視野で探せるところがまず魅力的な部分です。

 

そして、やはり琵琶湖があることからその利用客や周辺への観光客といった需要がオールシーズン見込めるところもメリットと言えるでしょう。ちなみに、滋賀県は全国の都道府県の中でも重要文化財や国宝の数が4~5位にランクインしている県です。さらに世界遺産である比叡山延暦寺(古都京都の文化財)といったものもあります。こうしたことからも、観光需要の高さというのは裏付けされていますので、それに比例してタクシーを利用する方が多い地域であることも分かっていただけるかと思います。

 

もちろん、県内在住者のタクシー需要というものもしっかりと見込め、大津市や草津市といった繁華街の多いエリアにおいては終電を逃してしまった方の利用も期待できます。また、県内には観光用のタクシーというものがあり、様々な観光地を巡るツアーもパッケージングされていて非常に魅力的です。特に、滋賀県は歴史ものの映画やドラマのロケ地に選ばれることが多く、その作品のロケ地を巡るタクシーツアーというのは滋賀県ならではの特徴と言えるでしょう。

 

滋賀でタクシードライバーになるメリット

それでは次に滋賀県でタクシードライバーになるメリットをご紹介していきましょう。

 

◇夏場は琵琶湖の利用客の需要が高まる

琵琶湖は、どの季節も県内外から人が集まるスポットですが、特に夏場には、海水浴(湖でありながら、県内の方は海水浴と呼びます)を目的として多くの人々が集まります。必然的にタクシーを利用する方々も多くなりますので、いつもよりも高い成績や売り上げを残すことが可能です。シーズンものの特需とも言うべきポイントですが、その分やりがいのある仕事を手にすることが出来るのではないでしょうか。

 

また、琵琶湖は県の中央に位置しているため、どのエリアからもアクセス可能です。そのため、どこのエリアのタクシー会社を選んでもこうした恩恵を受けることが出来ます。

 

◇ロケ地巡りなどのツアー利用

先ほどもご紹介しましたが、滋賀県は歴史関連の映画やドラマの撮影場所によく使われるエリアです。そのため、県内のあちこちにそのロケ現場が存在しています。作品やその出演者のファンという方々が、いわゆる「聖地巡礼」という形でタクシーを利用してロケ地を巡ることも多いので、長時間利用するお客様を獲得できるというのもひとつのメリットです。

 

◇京都へのタクシー利用

滋賀県は京都府に隣接している県であり、さらに県庁所在地である大津市は京都市と隣同士です。そのため、仕事などで京都市までタクシーを利用する方も多く存在します。京都市までの利用となれば、ある程度長距離ということになりますので、一定の売り上げにも繋がり、また帰り道には大津市やその近辺へと戻るお客様を乗車させる可能性もあります。

 

このように、京都と並んでいることによるメリットというのも滋賀県・大津市ならではといったところです。そして、こうした様々なメリットを踏まえると、滋賀県でタクシードライバーになるという転職はなかなかに魅力的のものとして捉えられるのではないでしょうか。

 

滋賀の人気エリア

滋賀県でタクシードライバーになるのであれば、人気観光エリアの情報も知っておきたいところです。そこで、訪れる方が多い観光スポットを3つご紹介していきますので、ぜひ参考までにご覧ください。

 

◇滋賀で人気の観光エリア

・琵琶湖
県内どこからもでもアクセスが可能な琵琶湖ですが、特に湖東エリアではバーベキュー場なども多く、夏場には非常にその需要が高まります。また、近隣には美術館や博物館といったものもあり、県外から同施設への観光客というのは訪れますので、そのタクシー利用率というのはあなどれません。

 

・彦根城
湖東エリアに位置する彦根市にある彦根城は、近年その人気が高まってきている観光スポットです。桜の季節から新緑、そして紅葉のシーズンと1年を通して高い需要がある観光スポットですので、ぜひとも覚えておきたいところとなっています。

 

・三井寺
大津市にある三井寺は数多くの国宝や重要文化財がある観光スポットです。歴史好きの方から修学旅行生まで様々な方が訪れる場所ですので、もし滋賀県でタクシードライバーに転職したとしたら行く機会も多いかと思います。

 

滋賀でタクシードライバーへの転職を考える方へ

滋賀県でタクシードライバーへと転職を考えている方に向けて、様々な情報をご紹介してきました。日本でもっとも大きな琵琶湖があるという特殊な県だけに、その琵琶湖を中心とした観光客需要やタクシー利用客の多さというのがひとつの特徴として理解して頂けたのではないでしょうか。

 

また、県内にバランスよく人口が広がっているため、どのタクシー会社を選んでも安定した仕事が出来るというのも魅力的な部分です。滋賀県はローカルな地域という印象がありますが、実は京都と隣接していることもあり、特に大津市は京都市のベッドタウンとしても活躍をしています。そのため、大津市・京都市間においてはビジネス利用客も多く存在していますので、チャンスは非常に多い地域です。

 

ぜひこうした魅力に溢れる滋賀県で、タクシードライバーへの転職を考えてみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像