東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

実はタクシー需要が高い?大分でタクシードライバーとして働く魅力

2020年05月26日 エリア情報


本記事では、大分県でタクシードライバーへの転職を検討している方に向けて、メリットやドライバー視点での魅力をご紹介していきます。

タクシー会社の数や県の人口から、県民のタクシーの利用頻度や機会についても記載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

大分県の人気観光エリアのご紹介とその魅力的なポイントもお伝えします。

 

大分の人口とタクシー数

まず、大分県のタクシー会社の数と県内の人口・地域の特性についてです。

それぞれの数字や県の特徴から県民がタクシーを利用する機会がどの程度なのか、タクシードライバーとして魅力的に感じるポイントを解説します。

 

タクシードライバーとして見た大分

大分県は、九州地方の東部に位置する県で、人口は都道府県の中で33番目に多い120万人程度です。

九州7県の中では5番目の人口となっています。

 

そんな大分県の特徴は県内人口の40%以上が県庁所在地である大分市に集中しているところです。

(大分市:人口47万人)また、次いで人口の多い別府市には約12万人の人々が暮らしており、大分市と隣接しているので県の一部に人口が集中しています。

 

つまり、大分市と別府市の人口を合計するとおよそ県内人口の50%を占めることになります。

タクシードライバーからすると一部のエリアに人口が集中していることは乗客を探す際時間がかからず、効率的に仕事ができるので、非常に魅力的なポイントといえます。

 

大分県には法人と個人を合わせて合計230社ほどのタクシー会社が存在し、2,200台前後のタクシーが稼動中です。

これを人口と比較して計算してみると、0.2%を超えますので、人口に対してタクシーの割合が多いことが分かります。

 

また、都市部に人口が集中しているので、都市部ではこの数字以上にタクシー台数の割合が高いといえます。それだけ大分県ではタクシーの需要が高大きいというわけです。

このことから、大分県のタクシードライバーは仕事にも就きやすい環境が整っていると言えます。

 

大分でタクシードライバーに転職することの魅力

大分県がタクシー需要の大きい地域であることがお分かりいただけたところで、タクシードライバーとして働く際のメリットをより詳しく解説していきます。

前述の通り、大分県は人口の大半が大分市・別府市に集中しているため、転職をしてからの勤務地はこちらの2つの市のどちらかなることが多いです。

 

どちらも都市部ですので、不便を感じさせない環境が整っていて、通勤などにおけるストレスもあまりありません。

新生活をスタートさせるには絶好の場所です。

実際に大分で働いてるタクシードライバーも、生活の基盤が都市部にあることにより、快適な生活ができていることを魅力として捉えています。

 

大分市や別府市といった人口が集中する都市部においては、終電を逃してしまった方からの帰宅目的でのタクシー利用が多く見込めます。

自分の拠点から離れた遠方のエリアまで乗客を探さなくとも、タクシードライバーとして客の確保が安定している乗点は非常に魅力的なポイントです。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

大分でタクシードライバーになるメリット

ここからは大分県でタクシードライバーとして働く上で覚えておくと便利なメリットを具体的に説明します。

 

大分市・別府市間での観光需要の高さ

大分県はほかの県よりも都市部に人口が集中していますが、多くの観光客が訪れる地域でもあります。

そのため、観光タクシーの需要も大きく、多くのタクシー会社で1日や半日といったスケジュールの貸し切り運行を行っているところが特徴的な部分です。

 

このことから、大分県のタクシードライバーは安定した仕事量が約束されている状態ですので、売り上げ貢献・成績アップに課題を抱えながら働くことが比較的少ないメリットがあることが分かります。

観光タクシーの行き先が大分市・別府市をメインとしたルートであるところも魅力的です。

長距離移動をせずとも観光地を廻れることは、タクシードライバーとして大分県で働くメリットと言えます。

 

通年、空港から市街地までの利用が見込める

大分県はタクシードライバーから見て、空港から市街地までの送迎利用のチャンスが豊富というところも魅力的なポイントです。

あまり市内や観光エリアに詳しくないという方が転職する際にも、まずはこの空港から市街地までのルートを覚えておけばすぐにお客様を見つけることができます。

 

なお、大分県の空港というのは国東市にあり、そこから別府市や大分市、または唐津市に行くための移動手段はレンタカーもしくはタクシーの利用がメインです。

 

特に観光客の方や外国人旅行者たちが大分県に訪れた際、タクシーを利用する姿が顕著に見られます。

地元の方々であれば、たとえば帰省時はご家族や友人に迎えに来てもらうことも可能ですが、免許証がなくレンタカーが利用できない観光客や地理に詳しくない外国人旅行者はタクシーを利用するほかないからです。

 

こうした地理的特徴を活かして、効率的に仕事を獲得できるというのは大分県でのタクシードライバーに転職するメリットのひとつと言えるでしょう。

 

観光名所への鉄道路線が発達していない

大分県は面積の多くに山間部を含んだ地域ですが、その山あいにも観光名所がたくさんあります。

しかし、現在そうした山間部は鉄道の路線が充分に発展していないため、訪れる際には多くの方が車を利用しています。

こうした点もタクシードライバーにとって安定した仕事量の確保に繋がるため、大分県で働くことの魅力的な部分だといえます。

転職をする際に、安定した仕事に就きたい方には、ぜひこうした情報を知っておいてもらいたいです。

 

大分の人気のエリア

大分県でタクシードライバーに転職するのであれば、県の人気観光エリアは抑えておきたいポイントです。

ここでは、訪れる方が多い観光地をいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

大分で人気の観光エリア

別府地獄めぐり(別府市)

別府市は国内でも有数の温泉郷として知られるエリアです。

市内には至るところに温泉が湧き出ていて、その独特な匂いも特徴のひとつです。

市街地である大分市からも気軽に訪れることが可能で、県外からの観光客の多くが宿泊するエリアでもありますので、こちらのスポットはぜひ抑えておきましょう。

 

九重“夢”大吊橋(九重町)

大分市・別府市から西へ車で1時間ほどの距離にあるのが、こちらの「九重“夢”大吊橋」です。

歩き専用のつり橋としては、日本一の高さを誇る橋として話題の観光スポットとなっています。

つり橋からの光景はまさに圧巻で、訪れる方々からは歓声が上がるほどの人気を誇ります。

写真映えもするため、SNSなどでも拡散されて注目度を高めています。

 

湯の坪街道(由布市)

由布市も温泉街として有名ですが、こちらの湯の坪街道には大分県のお土産や名産品、グルメなどが揃ったお店がたくさんあり人気の観光エリアとなっています。

ノスタルジックな街並みが外国人旅行者からも人気で、年間多くの方々が訪れている注目度の高いスポットです。

 

大分でタクシードライバーへの転職を考える方へ

大分県でタクシードライバーへの転職を考えている方のために、県の特徴やドライバー視点から見るメリットや魅力をご紹介してきました。

大分県は人口が集中しているところがその特徴でもあり、転職をする際は都市部で働けるというメリットがあります。

また、地元の方々からの利用と観光客からの需要というものがバランス良く、安定した仕事が出来るという点も魅力的な部分です。

 

タクシードライバーに転職したいものの、不安を感じるという方にとっても、分かりやすい仕事やルートが整っているところがおすすめのポイントですので、ぜひ転職に関して前向きに検討してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像