東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

長崎はタクシードライバーにとって効率良く働ける場所!

2020年05月18日 エリア情報


長崎県でタクシードライバーへの転職を検討中の方に向けて、県内にあるタクシー会社の数や稼動しているタクシーの台数などの情報をご紹介しています。

また、地域の特徴と絡めて、長崎県でタクシードライバーに転職する上でどういったメリットや魅力があるのかについても詳しく解説します。

ぜひ転職の際の参考にしてみてください。

 

長崎の人口とタクシー数

長崎県でタクシードライバーに転職するにあたって、まず長崎県の人口やタクシー会社の数、稼動しているタクシーの台数を見ていきます。

 

タクシードライバーとして見た長崎

長崎県は全国で27番目に人口が多い県であり、県内にある離島の数に関しては日本国内で1位を誇ります。

それだけでなく、離島の多さに付随して海岸線の長さも日本で1位です。

このことから、四方がほぼ海で囲まれている地形であることが分かり、長崎県の特徴のひとつと言えます。

 

長崎県の人口は約140万人ほどで、1/3が県庁所在地である長崎市に集まっています。

長崎市は県内の南部に位置していて、県の財政の大半を賄うほど大型の都市です。

長崎に次いで人口の多い佐世保市は県の北部に位置し、約26万人が生活をしています。

長崎県は大きく分けると長崎市と佐世保市の2つが中心エリアとなり、タクシードライバーとしても仕事の場所もその2つの市内がメインとなります。

 

人口が分かりやすく集中している地域はタクシードライバーからすると非常に魅力的です。

なぜなら、人口が集中していることによって集客の狙いを定めて行動することが可能であるため、効率の良く仕事が出来ると考えられるためです。

 

また、長崎県のタクシー会社の総数は法人と個人を合わせて約600社あり、これは福岡県に次いで九州地方で2位を誇ります。

こうしたことからも、長崎県はタクシー需要が高く、タクシードライバーの希少価値も高いことがお分かり頂けるかと思います。

 

長崎でタクシードライバーに転職することの魅力

長崎県はタクシードライバーの需要が高い県ということを理解して頂けたらところで、タクシードライバーとして長崎県で働くことがどういった点で魅力的なのかという点をより詳しく解説していきます。

 

長崎県は九州の北西部に位置し、県の周りや敷地内に大きく海の面積が含まれているため、特徴的な形をしています。

そのため、対岸の市に向かう際でもフェリーを利用することもあり、移動に手間の掛かる場合があります。

地形の都合から交通網が複雑で不便に感じられるケースがしばしばあるため、観光客のみならず地元の住人もタクシーをよく利用するため、タクシードライバーにとっては非常に魅力的な仕事環境と言えます。

 

また、県庁所在地である長崎市も街は栄えていますが、実は鉄道路線が他県の都心に比べるとまだ発達していません。

そのため、仕事の出張や観光目的で訪れた方々が少し場所を移動する際に頻繁にタクシーが利用されています。

 

そして、これからタクシードライバーに転職しようと考えている方にとっても、長崎県のように地形柄安定した仕事量が確保されていることは魅力的なポイントに感じられると思います。

ぜひ長崎県で安定感のあるタクシードライバーへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

興味がある・もっと詳しく話を聞いて見たいという方は以下のボタンをクリックし、直接タクシードライバー転職コンサルタントに話を伺うことも可能でございます。

無料でタクシードライバ-の転職相談をする

長崎でタクシードライバーになるメリット

長崎県でタクシードライバーになった場合に、仕事をする上でのメリットをさらに具体的に解説いたします。

 

長崎市を中心とした観光需要の高さ

県庁所在地である長崎市は観光需要が高く、タクシードライバーとして働くのであれば、長崎市内の会社を選択することをおすすめします。

人口約50万人の栄えた都市であるため、働くうえで非常に良い環境が整っています。

 

長崎市でタクシードライバーとして働く際には、観光タクシーのお仕事も充実しておりますので、やりがいをもってお仕事をすることが可能です。

市内を巡るコースから、世界遺産を廻るコースなど豊富なプランを各タクシー会社がパッケージングしていますので、魅力的なルートをドライブ感覚で働ける点は非常に大きなメリットです。

 

なお、長崎市は古くから異国情緒が溢れる街でもありますので、長崎県外からの転職者に仕事で刺激的な経験ができるのではないでしょうか。

 

離島が多いところも特徴的

長崎県は離島の多さが日本一ということで、僻地での仕事も用意されています。

中にはタクシーが通っていない秘境のような島もありますが、ある程度の人数が住んでいる島はタクシードライバーなど観光業も盛んです。

 

そのため、ゆったりとした環境の中で働きたいという方にとっては非常に魅力的なロケーションとなっています。

現在、都市部で働いていて、街中や人ごみに疲れた・自分には合わないという方にとって良い転職先だと思いますので、ぜひ長崎県の離島でタクシードライバーに転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

佐世保市は佐賀県との往復もあり

長崎県の第2都市である佐世保市は、佐賀県と隣接しているため、タクシーの往復利用が頻繁にある地域です。

観光やビジネスなどの様々なシーンでタクシーが利用されることが多く、1日貸し切りなどの機会にも恵まれています。

スケジュールを埋めて働くことに精を出したいといった意欲の高い方にとって長崎県佐世保市でタクシードライバーとして働くことは非常に魅力的であるといえます。

ぜひ転職の際に参考にしてみてください。

 

長崎で人気のエリア

長崎県でタクシードライバーになるのであれば、人気観光スポットの情報も知っておきたいところです。

訪れる方が多い観光地をいくつかご紹介していきますので、参考までにご覧ください。

 

長崎で人気の観光エリア

ハウステンボス(佐世保市)

長崎県と言えばこちらのハウステンボスが頭に浮か方は非常に多いのではないでしょうか。

ハウステンボスは県外の方からの知名度も高いテーマパークです。

敷地面積はなんと日本一で、数多くのアトラクションや施設が立ち並び、色鮮やかな花々で埋め尽くされている点が特徴です。

多くの観光客がこのハウステンボスを目的として長崎県を訪れておりますので、タクシードライバーとしてお客様を乗せて訪れる機会の多い観光スポットです。

 

稲佐山(長崎市)

若者のデートスポットとしても有名な稲佐山ですが、観光客も多く訪れる人気のエリアとなっています。

1,000万ドルの夜景とも称される山頂からの眺めはまさに絶景で、多くの人々の心を魅了し続けています。

山頂まで続くロープウェイは世界的に有名なデザイナーがデザインを手がけていて、そのオシャレさも人気の要因のひとつとなっています。

 

グラバー園およびオランダ坂(長崎市)

長崎市には「明治日本の産業革命遺産」という名目で世界遺産に登録されている建物がいくつか点在しています。

その内のひとつである旧グラバー邸を復元・展示しているグラバー園も人気の高い観光スポットです。

県内外を問わず多くの観光客が訪れ、また付近のオランダ坂と呼ばれる異国情緒溢れる街並みも含めて人気の高いエリアとなっています。

 

長崎でタクシードライバーへの転職を考える方へ

ご紹介してきたように、長崎県は非常に魅力的なスポットの多い県です。

独特の地形からタクシーの利用者が多い点や、離島などで働けるというメリットを踏まえても、タクシードライバーとして働く上で非常に良い環境であると言えます。

 

安定した仕事をしたい、やりがいのある仕事を求めているという方にとっても充実した仕事内容ですので非常におすすめです。

ぜひ本記事の内容を参考にしていただき、転職を検討してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像