東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

長崎は、タクシードライバーにとって効率良く働ける場所!

2019年08月01日


長崎県でタクシードライバーになろうと検討中の方に向けて、ここでは県内にあるタクシー会社の数や稼動している台数といった情報をご紹介しています。また、地域の特徴からタクシードライバーにとってはどういったメリットや魅力があるのかについても詳しくご覧いただけます。ぜひ転職の際の参考にしてみてください。

 

長崎の人口とタクシー数

まず長崎県でタクシードライバーに転職するのであれば、知っておきたい県の人口やタクシー会社の数、稼動している台数といったものを見ていきましょう。

 

◇タクシードライバーとして見た長崎

長崎県は全国で27番目に人口が多い県であり、離島の数に関しては日本で1番の多さを誇ります。また、離島の多さに付随して海岸線の長さも日本で一番長く、このことからも四方がほぼ海で囲まれているというのが分かり、その地形が長崎県の特徴のひとつです。

 

長崎県の人口は140万人ほどで、その1/3が県庁所在地である長崎市に集まっています。なお、長崎市は県内の南部に位置していて、県の財政などの大半を賄うほど大型の都市です。次いで人口の多い佐世保市は県の北部に位置し、26万人ほどが生活をしています。大きく分けると長崎県はこの長崎市と佐世保市の2つのエリアとなり、タクシードライバーとしても仕事の場所はどちらかを選ぶことになります。

 

このように人口が分かりやすく集中している地域というのはドライバーからすると非常に魅力的です。なぜなら、人口が集中していることによって集客の狙いを定めて行動することが可能で、効率の良い仕事が出来るとされるからです。

 

また、長崎県のタクシー会社の総数は法人と個人を合わせて750社ほどあり、これは福岡県を抜けば九州でもっとも多い数となっています。
こうしたことからも、長崎県はタクシーの需要が高く、ドライバーという職業も求められているということが分かって頂けるかと思います。

 

◇長崎でタクシードライバーに転職することの魅力

長崎県がドライバー需要の高い県ということが分かって頂けたところで、実際にドライバーからするとどういった点がより魅力的なのかということも知ってもらいたいところです。

 

まず、長崎県は九州の北西部に位置し、県の周りや敷地内に大きく海の面積が含まれているため、歪な形をしているところが特徴のひとつ。
そのため、対岸の市に渡ろうとなるとフェリーなどを利用することもあり、移動に手間の掛かる県ともされています。こうした交通網が複雑で不便に感じられることも多く、観光客などを含め地元の住人からもタクシーがよく利用されるため、ドライバーにとっては非常に魅力的な仕事環境と言えるわけです。

 

また、県庁所在地である長崎市自体が独特の場所にあり、鉄道路線があまり発達していないエリアともなっていますので、出張などで訪れた方が少し場所を移動する際にも頻繁にタクシーが利用されます。こうした地形柄、タクシー需要がそもそも多い土地であるというのが長崎県の特徴です。

 

そして、これから転職してドライバーになろうと考えている方にとっても、このように安定した仕事量というのが確保されているということは魅力的なポイントに感じられると思います。ぜひ長崎県でこうした安定のある仕事に転職をしてみてはいかがでしょうか。

 

長崎でタクシードライバーになるメリット

それでは実際に長崎県でタクシードライバーになった場合に、仕事をする上ではどういったメリットがあるのかという部分を具体的に見ていきましょう。

 

◇長崎市を中心とした観光需要の高さ

県庁所在地である長崎市には多くの観光需要があり、ドライバーとして働くのであればこちらの長崎市の会社を選択することもおすすめです。そもそも50万人弱という人口の多い都市ですので、働くには都合の良い環境が整っています。

 

また、この長崎市でドライバーとして働くとなると、観光タクシーといった仕事も充実していますので、非常にやりがいを感じることができます。市内を巡るコースから、世界遺産を廻るコースなど豊富なプランを各タクシー会社がパッケージングしていますので、とても魅力的なルートで働くことが可能です。

 

なお、長崎市は古くから異国情緒が溢れる街でもありますので、そうしたところで働くというのは県外からの転職者にとっても良い刺激になるのではないでしょうか。

 

◇離島が多いところも特徴的

長崎県は離島の多さ日本一ということで、僻地での仕事も用意されています。もちろん中にはタクシーすらない秘境のような島もありますが、ある程度の人口が住む島はタクシーなど観光業も盛んです。

 

そのため、ゆったりとした環境の中で働きたいという方にとっては非常に魅力的なロケーションとなっています。現在、都市部などで働いていて、街中や人ごみに疲れたという方にとっても良い転職先だと思いますので、ぜひ長崎県の離島でタクシードライバーとしては働いてみてはいかがでしょうか。

 

◇佐世保市は佐賀県との往復もあり

長崎県の第2都市である佐世保市は、立地上佐賀県と隣接しているため、タクシーの往復利用などがされる地域です。観光やビジネスといった様々なシーンでタクシーが利用されることが多く、1日貸し切りなどの機会にも恵まれています。スケジュールを埋めて働くことに精を出したいという、意欲のある方にとっても魅力的な県が長崎ですので、ぜひこうした情報も参考にしてみてください。

 

長崎で人気のエリア

長崎県でタクシードライバーになるのであれば、人気観光スポットの情報も先に知っておきたいところです。そこで、訪れる方が多い観光地をいくつかご紹介していきますので、参考までにご覧ください。

 

◇長崎で人気の観光エリア

・ハウステンボス(佐世保市)
長崎県と言えばこちらのハウステンボスというくらい、県外の方からの知名度も高いテーマパークです。その敷地面積は日本一ということで、数多くのアトラクションや施設が立ち並び、また色鮮やかな花々で埋め尽くされているところが特徴のひとつとなっています。年間多くの観光客がこのハウステンボスを目当てに長崎県までやってきますので、ドライバーにとってもお客様を乗せて訪れる機会の多い観光スポットです。

 

・稲佐山(長崎市)
若者のデートスポットとしても有名な稲佐山ですが、観光客も多く訪れる人気のエリアとなっています。1000万ドルの夜景とも称される山頂からの眺めはまさに圧巻といった様子で、多くの人々の心を魅了し続けています。山頂まで続くロープウェイは世界的なデザイナーが手がけていて、そのオシャレさも魅力のひとつとなっているようです。

 

・グラバー園およびオランダ坂(長崎市)
長崎市には「明治日本の産業革命遺産」という名目で世界遺産に登録されている建物などが、いくつか点在しています。その内のひとつである旧グラバー邸を復元・展示しているグラバー園もまた人気の高い観光スポットです。こちらは県内外を問わず多くの観光客が訪れ、また付近のオランダ坂と呼ばれる異国情緒溢れる街並みも含めて魅力的なエリアとなっています。

 

長崎でタクシードライバーへの転職を考える方へ

ご紹介してきたように、長崎県は非常に魅力の多い県であり、それはタクシードライバーの視点から見ても同じように映ります。独特の地形からタクシーの利用者が多い点や、離島などで働けるというメリットなどを踏まえると、長崎県でドライバーに転職するということはとても魅力的なことのように感じられるのではないでしょうか。

 

もちろん安定した仕事をしたい、やりがいのある仕事を求めているという方にとっても充実した仕事内容が用意されていますので非常におすすめです。ぜひこちらの内容を参考にしていただき、前向きに転職を検討してみてください。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像