東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO
タクシー裏事情 タクシー専門コラム

移住先として人気!長野でタクシードライバーになる魅力とは?

2020年05月22日 エリア情報


長い人生において、「転職」はターニングポイントと言えます。

誰にとっても新しい世界に飛び込むことはとても不安なものです。

正しい情報を得て、自分の希望が叶えられる転職を成功させましょう。

今回は、長野県でタクシードライバーへの転職を考えるかたに、その仕事内容や魅力について長野県の豆知識も含めてご紹介します。

 

長野の人口とタクシー数

長野県の人口はおよそ206万人です。

県内において市町村別で見てみますと、人口の多い順に長野市、松本市、上田市となっており、この3つの市を合わせた人数は県人口のおよそ37%を占めています。

タクシー事情についてですが、長野県内の一般法人事業者数は114社、車両台数は2,701台です。

これに個人タクシーを含めると、2,792台となります。

 

タクシードライバーとして見た長野

長野県といえば、男女ともに長寿であることがよく知られていますね。

また、女性や65歳以上の就業率が高いことも特徴です。

働き者で健康志向が強い、真面目な県民性であることが分かります。

また「移住希望地域ランキング2018」では長野県が1位を獲得しています(NPO法人ふるさと回帰支援センター発表)。

 

長野県内に本社を置く上場企業も40社近くあります。

農業や観光のイメージがある長野ですが、精密機械や電子産業も盛んな地域です。

ビジネスで首都圏などから訪れる人がタクシーを利用することも多くあると思われます。

 

また長野県は標高3,000m級の山々に囲まれており、日本百名山の数は全国 1位。

別荘地やスキー場も多く、1年を通して多くの観光客が訪れています。

平成29年の県内観光地の利用者数は延べ8,708万人で、県人口の約40倍もの人が訪れていたことになります。(長野県観光部山岳高原観光課の調べによる)

タクシードライバーの中には、観光客で溢れかえる観光地にターゲットを絞って業務をこなす人もいます。

 

長野でタクシードライバーに転職することの魅力

そんな長野県で、タクシードライバーとして転職しようと考えたときに、どのような魅力があるのでしょうか。

長野県は都市部、観光地、農村などが混在しており、タクシーを利用する人も地域によってそれぞれです。

都市部では主にサラリーマンなどのビジネスマンをお客様として、また郊外では車を持たない高齢者の「買い物弱者」を対象に営業するなど、タクシードライバーとして働き方の選択肢が広がると言えます。

 

また、タクシー業界全体にも言える事なのですが、長野県においてもタクシードライバーの高齢化と人手不足という問題を抱えています。

すぐに働ける人材を求めているという状況から、経験・年齢不問で求人を出しているタクシー会社が多く見られます。

タクシー業界は、本人の気持ちとやる気次第でいつでも飛び込むことのできる、魅力ある職種と言えます。

 

 

無料でタクシードライバーの転職相談をする

 

長野でタクシードライバーになるメリット

ここからは、長野県でタクシードライバーとして働くことのメリットについて具体的にご紹介していきます。

 

タクシードライバーはストレスフリーな職業

タクシーはきつい仕事でストレス満載ではないかと不安なかたもいると思いますが、他業種のサラリーマンと比べた場合、決してそうではないと言えます。

 

タクシーは安全運転が第一です。

よって法律で厳格に勤務時間の上限が決められており、この時間を超過して乗務させた事が判明した場合には、会社にも重いペナルティーが課せられます。

よって基本的に、上限を超える残業はありません。

時間がくれば、その日の仕事は全て終わりです。

一般的なサラリーマンのように、上司に残業や休日出勤を強制されることもありません。

終わらなかった仕事と重たい気持ちを引きずって家に持ち帰ることもなく、スッキリとした気分で仕事から解放されます。

 

さらに、タクシーの仕事では、職場の人間関係のストレスがほとんどありません。

主に朝と帰りの点呼時間を除けば、自分だけの仕事空間です。

余計なストレスを抱えることなく仕事に臨めば、「稼ぐこと」に思い切り集中できますね。

 

以上のようにタクシードライバーはストレスフリーで、精神面でも健康的な生活が送れることがお分かりいただけると思います。

 

入社後のバックアップ充実で、収入面でも安心

ほとんどのタクシー会社では入社後の研修制度が整っています(研修内容や質については会社ごとに異なるので、事前に確認が必要)。

また、ドライバーに必須の資格である二種免許も、入社後に取得できるようになっています。

 

タクシーは、主に歩合制ですから不安に感じる方も多いと思いますが、タクシー会社によっては、入社後数か月間の給与保証(固定給与)があります。

その数か月間は売り上げにかかわらず一定の額が支給されますので、その間安心して働き方を学ぶことができます。

これは転職するにあたり、大変大きなメリットと言えるでしょう。

 

長野におけるビジネスチャンス

長野県にはたくさんの観光地が存在し、季節ごと、エリアごとに異なる魅力を見せています。

駅からお目当ての観光地まで、長距離をタクシー利用するお客様もいますから、稼げる地域や時間帯を研究すれば必ず収入アップに繋がるはずです。

 

また、少し先の話ですが、2027年には「リニア中央新幹線」が、東京-名古屋間で開通する予定です。

長野県では飯田市付近に新しい駅が設置される予定とのこと。

現時点の試算では、東京から長野県内の駅まで45分程度で到着するという結果が出ています。

東京や名古屋などの大都市から短い時間でアクセスできるようになればますます観光客も増加し、タクシードライバーにとって活躍できるチャンスが広がります。

 

長野の人気のエリア

長野県の広大な土地には、その土地ならではの魅力に溢れた観光スポットがたくさんあります。

中からいくつかの人気エリアをご紹介します。

 

長野の人気の観光エリア

国宝 松本城

松本駅から約1㎞の場所にある松本城。

日本で唯一と言われる黒漆の壁が力強い印象の、国内に現存している12天守の1つです。

松本城を楽しむポイントは人それぞれですが、おすすめはかつての戦における「城攻め」の観点から眺めてみる事。

戦国時代に建てられた松本城の戦闘能力の高さを知れば、その勇ましさの虜になるかもしれません。

 

パワースポット 戸隠神社

長野駅から車で約50分、戸隠山の麓にある創建2000年の歴史を持つ神社です。

神社は、奥社(おくしゃ)、中社(ちゅうしゃ)、宝光社(ほうこうしゃ)、九頭龍社(くずりゅうしゃ)、火之御子社(ひのみこしゃ)の五社から構成され、「天の岩戸開き」にまつわる神々が祀られています。

日本

古来より人々の心の拠り所となった霊山は、今でもパワースポットとして神秘的な佇まいを見せています。

 

大自然が息づく 上高地

日本屈指の山岳リゾートである上高地には、毎年100万人以上の観光客が訪れます。

そこにあるのは手付かずの自然。

絵葉書で見たような素晴らしい景色は圧巻です。

おすすめは「上高地帝国ホテル」などに代表されるリゾートホテルへの宿泊と、そこを起点とした上高地散策。

ゆっくり滞在すれば、心身ともに健やかになれますね。

松本駅からは路線バスがありますが便が少ないため、タクシーにて上高地へ向かう観光客も多いようです。

 

諏訪湖 上諏訪温泉

JR上諏訪駅から徒歩で10分とアクセスの良い場所にあり、首都圏からの観光客も多い温泉です。

美しい諏訪湖周辺に温泉宿が並び、信州そばを代表とする長野グルメや、霧ヶ峰の伏流水で仕込んだ銘酒などが楽しめます。

諏訪湖の南側と北側には、「御柱祭」で有名な諏訪大社の上社と下社があります。

 

長野でタクシードライバーへの転職を考える方へ

ここでは、タクシー業界に転職することの魅力についてお伝えしてきました。

長野県は各地によって特色の異なる観光スポットを抱え、そこに毎日多くの人が訪れる観光都市であるため、タクシードライバーとして収入を得る事はもちろん、自然と自分らしい働き方を見つける事もできるのではないでしょうか。

これからタクシー業界に転職しようと考える方にとって、長野県はとても魅力的な土地であると言えるのではないでしょうか?

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像