東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

高知県でタクシードライバーになるなら

2019年07月09日


四国の中でも大きな面積を誇る高知。
高知といえば坂本龍馬が有名ですが、有名スポットも多数あるので観光客も多く、タクシードライバーの需要がとても高いエリアです。そんな高知を「タクシードライバーになるなら」という視点で掘り下げてみました。

 

高知の人口とタクシー数

総務省の発表によると高知の人口はおよそ70万人。47の都道府県で見ると実は下から3番目で、ともすれば大都市の一都市よりも少ない数字です。この数字を見ると、高知でタクシードライバーになってもあまり稼げないのでは、という不安を持つ方もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。むしろ高知はインバウンドの旅行者も多く、タクシーの需要も高まっています。高知県観光局の発表によると高知県を訪れる訪日外国人の「使うお金」は国内5位。実は高知県は地方都市では最も訪日客誘致に成功している県なのです。

 

◇タクシードライバーとして見た高知
「タクシードライバー」という視点から高知を見ると、高知は観光客が多い点が魅力です。坂本龍馬という歴史的な偉人を輩出した地域とあって、坂本龍馬のファンが毎年大勢訪れます。また、四万十川のように自然溢れる街もあれば、「秘境」と呼ばれるエリアも数多くありますので、実は観光需要がとても高いことで知られています。また、高知は観光地が密集していませんし、お世辞にも交通網が整えられている街でもありません。大都市であれば鉄道網が充実しているので、お金の節約にとタクシーではなく電車を使う人も多いですが高知の鉄道は観光地までは伸びていませんし、本数も少ないです。また、バスも然りですので結果的にどうしても観光客はタクシーに頼らざるを得ない状況になります。

 

その点から、実は高知のタクシードライバーは「稼げる」ことで知られています。例えばどこかにと思った時、バスや鉄道が出ていないエリアもあれば、バスを待っていたら時間が足りないという所も珍しくありません。ましてや観光で訪れている人は時間が限られていますので、多少お金がかかってもタクシーで移動して時間を節約したいと考えるので、タクシードライバーの需要は決して低くはありません。

 

◇高知でタクシードライバーに転職することの魅力
高知でタクシードライバーに転職する魅力は実は多々あります。
特に「高知」という点を考えると、タクシードライバーが魅力的な仕事だと気付かされます。

 

・人口が少ない街
高知は先にもお伝えしたように、人口が多くありません。そのため、県内の産業が大きく成長している、とはなかなか言い難い状況です。
少ない人口を商売相手にしていたらジリ貧になってしまうのは目に見えていますが、タクシードライバーの場合、観光客という外からの人を相手にできますので、県内の人口に関わらず、需要を確保出来ます。

 

・一人でできるからこそ
タクシードライバーというお仕事は、業務中は基本的に一人です。人間関係もなく、自分の思うままに働けます。他の仕事の場合、様々なことに気を使わなければならないものですが、タクシードライバーであればそのような気遣いも無用です。

 

高知でタクシードライバーになるメリット

高知には様々なお仕事がありますが、タクシードライバーになるメリットをいくつかピックアップしてみました。

 

◇安定して稼げる
高知は人口減少が進んでいることから、仕事の選択肢もまた、実質的には限られてしまっているのが現状です。確かにお仕事は多いのですが、「今後安定しているのか」となると話は別で、その時はよくても数年後を見据えた時、安定感はおろかそもそも倒産せずにやっていけているのかという疑問もあるのではないでしょうか。その点タクシードライバーというお仕事であれば安定感も抜群になりますので、他のお仕事と比べて安定感が違います。

 

◇観光客という需要がある
高知は先にもお伝えした通り、「観光客」という需要があります。観光客相手にしたお仕事は多いですが、タクシードライバーはまさにその最前線にあります。特に近年はインバウンドの観光客も多いです。また、「SNS映え」という言葉もあるように、SNSに触発されて、あるいはSNSに良い写真を載せたいとの思いで高知を訪れる人も珍しくありません。タクシーでなければ足を運ぶことができないようなエリアも多々ありますので、観光客がいる限り、タクシーの需要が低下することは考えられません。その観光客ですが、行政レベルで観光業に力を入れていますし、国としても積極的にインバウンドをと考えていますので、観光業が先細りになる可能性は低いです。つまり、この先もタクシードライバーというお仕事は安定してお仕事が待っているということです。

 

◇他の交通網が弱い
高知はとても魅力的な街ではありますが、客観的に先にも少し触れたようにどうしても交通網は弱いです。鉄道網、バス網にせよ、地元の人間が少ないため、決して「便利」とは言い難いのが事実です。高知市の中心市であれば路面電車もあるのでまだしも、少し離れるとどうしても足を確保するだけでも大変です。つまり、タクシードライバーにとって「ライバル」がいません。他のエリアであれば電車やバスがライバルになりますが、高知ではそれらのライバルが弱いため、いわば「タクシーを使わなければならないシチュエーション」が多くあります。

 

◇移動距離が長い観光客が多い
高知はとても広いです。それらのエリアを鉄道が横断しているとはいえ、移動手段は恵まれているとは言えません。
つまり、比較的長い距離での移動もタクシーに頼らなければならないケースも多いです。電車やバスで移動したいものの、本数が少ないので足を運ぶのであれば、あるいは帰るためにはタクシーを使わなければ不可能というケースも珍しくありません。つまり、タクシードライバーが求められるシチュエーションが日常生活の中で多々ありますので高知のタクシードライバーは安定して稼げます。

 

高知の人気のエリア

観光客の多い高知ですが、人気エリアをいくつか見てみましょう。

 

◇高知の人気の観光エリア
高知の中で、特に観光客に人気のエリアは以下になります。

 

・高知城
いわば長年「街のシンボル」として君臨してきた高知城は今も尚、高知のシンボルです。高知城は全国で12しかない「現存天守」と呼ばれるものです。再建して作られたものではなく、築城当時からのものなので既に築400年を超えているとても価値のあるものです。特にインバウンド旅行者にとって、お城という存在そのものが「日本文化」の象徴でもあるのでまさに高知を代表する観光エリアです。また、インバウンドだけではなく、高知城は様々なイベントが開催されます。地元の人間にとって高知城は「当たり前」の存在なので普段足を運ぶ機会はそうそうありませんが、お祭り等が開催されているとなれば話は別です。地元の人も足を延ばすことになります。

 

・四万十川
大自然溢れる四万十川もまた、人気スポットです。こちらは都市型ではなく、自然型の観光地として高い人気を集めています。四万十川は交通網の良い場所ではありませんが、それでも足を運びたいと考えている人が多いのも、それだけ魅力的な自然が溢れているからこそです。

 

・はりまや橋
高知の商業の中心がこのエリアになります。様々なお店もありますし、夜まで営業しているお店もありますので路面電車が終わってからはまさにタクシーの「独断場」となります。もちろん夜だけではなく、昼間も多くの人でにぎわっている高知を代表する観光スポットの一つです。

 

高知でタクシードライバーへの転職を考える方へ

このように高知のタクシードライバーは「稼げる」お仕事ですが、転職の際はP-CHAN TAXIへご相談ください。
タクシードライバー専用の転職支援サイトであるからこそ多くの人から選ばれているのですが、その理由をいくつかお伝えします。

 

◇二種免許費用を全額免除!
タクシードライバーとして働くためには二種免許が必要になります。その費用をどのように支払うかはタクシー会社によって異なるのですが、P-CHAN TAXIを利用した場合、全額免除、つまり会社が支払ってくれるので手持ちのお金がないとしても安心ですし、給料から天引きされる心配もありません。

 

◇保証人なしでOK!
タクシードライバーとして働きたいと思っても、保証人がネックになっている人もいるかもしれません。その点もP-CHAN TAXIであれば安心です。なぜなら保証人なしでOKだからです。様々な事情から、どうしても保証人を用意することができないため、せっかく見つけた仕事を泣く泣く諦めたという経験をお持ちの方もいるかもしれませんが、保証人は必要としていません。会社に直接転職する場合、保証人が必要なケースもありますが、転職支援サイトであるP-CHAN TAXIであれば保証人が不要です

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像