東京で未経験からタクシードライバー(運転手)への転職をお考えなら求人募集情報サイトP-CHAN TAXI

P-CHAN LOGO

タクシー裏事情 タクシー専門コラム

香川県でタクシードライバーに転職するメリットとは?

2019年04月12日


ここでは、香川県にてタクシードライバーへの転職を検討されている方に向けて、そのメリットや地域の特性といったものをご紹介していきます。香川県は特に「讃岐うどん」が名物であり、どの季節でも多くの観光客が訪れる地域です。そのため、タクシードライバーの活躍の場が広く用意されている場所でもあり、タクシードライバーとして転職をするには、おすすめの地域となっています。また、そのほかにも、香川県の人気エリアや地域の特徴を紹介していきたいと思います。

 

香川県の人口とタクシー数

まず香川県でタクシードライバーとして転職をするのであれば、県の人口やタクシー会社の数といったものを知っておいてもらいたいと思います。また、タクシードライバーから見て香川県はどういったところが魅力的なのかもご紹介していきますので、ぜひ転職の際の参考にしてみてください。

 

◇タクシードライバーとして見た香川県

香川県は47都道府県の中でもっとも面積の小さな県です。しかしその分、人口密度は全国で11番目となっており、人々がある程度密集して生活をしていることが分かります。そのため、県庁所在地である高松市や、本州・岡山県と瀬戸大橋で繋がっている坂出市、隣接する丸亀市といった地域は非常に人口分布が多く、タクシードライバーとしてもお客様に乗車いただくチャンスがたくさんあるわけです。

 

また、次に県全体での人口とタクシー会社・台数の割合についても見ていきましょう。香川県の人口はおよそ100万人弱(96万人程度)で、それに対してタクシー会社の数は300社ほどとなっています。タクシーの稼働台数は1700台ほどで、人口に対しての割合は0.2%未満といったところです。このことからもタクシー需要過多という現象は見られず、仕事に関しても各タクシー会社が安定してお客様を獲得できる状態にあることが分かっていただけるのではないでしょうか。

 

◇香川県でタクシードライバーに転職することの魅力

次に香川県で転職を行う際、タクシードライバーを選択するということはどれだけ魅力的なのかをご紹介していきましょう。まず香川県は「うどん」を全面的に押し出しているという地域であり、県内各所に様々なうどん屋が存在することが特徴のひとつです。

 

そのため、いろいろなうどん屋を巡るために香川県を訪れる方も多く、各店を回る際に観光客がタクシーを利用する機会というのは充分あります。さらに県内には「うどんタクシー」といったシステムを採用する会社も存在するほどで、それだけうどんについて知識がある人材が重宝されるというのも香川県の特色と言えるでしょう。

 

また、四国の北東部に位置する香川県は、お遍路八十八箇所巡りといった際にも観光客が訪れる地域です。最近ではタクシーでお遍路をされる方も増えてきていますので、タクシードライバーにとっては安定して顧客が獲得できる環境が整っています。こうしたことからも、香川県でのタクシードライバー転職は魅力的な部分が多く、仕事が少なくて困るといった心配があまりない地域であることが分かるでしょう。

 

香川県でタクシードライバーになるメリット

それでは実際に香川県でタクシードライバーになるメリットを紹介していきます。

 

◇高松市周辺での需要

香川県は人口のおよそ4割が高松市に住んでいるため、タクシーを利用する機会がある方々が、ひとつの場所に集中しているという点がとても魅力的なポイントです。近隣の市を含めれば香川県の人口の半分ほどが密集していることになりますので、お客様を乗車させるチャンスが非常に多く、安定した仕事を続けることが出来ます。また、高松市に関しては市以東には鉄道路線が多く延びていますが、以西については鉄道路線が少ない状況もあり、高松市より西側に帰宅する方の長距離利用も期待することが可能です。

 

◇貸し切り利用者を獲得

香川県は果物の栽培・収穫も盛んで、各フルーツのシーズンになると味覚狩りツアーとしてタクシーが利用されることもあります。そのため、1日貸し切りといった需要もあり、一定以上の売り上げを確保することが出来るというのも魅力的な部分です。

 

◇お遍路巡りで利用される可能性

また、お遍路巡りの際にも貸し切りや長距離利用の需要があり、特に観光客からはタクシーの存在が重宝される地域でもあります。主に県北東部から西部にかけてお遍路スポットを巡るツアーや、貸し切り利用を受け付けているタクシー会社もありますので、ドライバーとしてはとてもメリットのある仕事が確保されている状態です。

 

◇フェリー乗り場までの需要も高い

香川県は瀬戸内海に面しているということもあり、小豆島を代表とした近隣の離島へ訪れる方も多くいます。そのため、県の内外問わずタクシーを利用して各フェリー乗り場まで行く方が多数存在し、高松市以外の地域でも安定した顧客獲得が出来るという部分もメリットのひとつに数えられるでしょう。

 

◇坂出市や丸亀市から瀬戸大橋を渡って岡山へ

瀬戸大橋によって本州・岡山県と繋がっている香川県だけに、県を越境してタクシーを利用する方も存在します。特に瀬戸大橋が掛かる坂出市、隣接している丸亀市は高松市に次いで人口が多い地域ですので、仕事などで香川県と岡山県をタクシーで往復する方に巡りあう機会も少なくありません。こうした長距離利用も期待できますので、香川県でタクシードライバーに転職することは、とてもメリットに溢れていることが分かるかと思います。

 

香川県の人気観光エリア

 

・エンジェルロード(土庄町)

天使の散歩道とも呼ばれるこちらの観光エリアは、瀬戸内海に浮かぶ小豆島にあるスポットです。毎日2回、干潮時に浅瀬にあらわれる砂の道を指しているのですが、そのロマンチックなネーミングから、カップルや新婚旅行者たちが多く訪れる人気の場所となっています。エンジェルロードの片岸は弁天島となっていって、そちらには「約束の丘展望台」という幸せの鐘を鳴らすことができる施設もありますので、旅行の思い出づくりにも非常におすすめです。

 

・金刀比羅宮(琴平町)

香川県と言えばこちらの通称「こんぴらさん」が代表的な観光スポットです。金刀比羅宮のある琴平町は香川県の西部にあり、鉄道でも近くまで行くことが出来ますが、本数が少ないため、タクシーを利用して訪れる方もいます。こちらには海の神様を奉っているため、観光客を含め多くの方々が様々な願い事をしに訪れる場所です。

 

・鬼ヶ島大洞窟(高松市)

こちらは高松市にあるフェリー乗り場から女木島に渡って観光を楽しむルートです。鬼ヶ島大洞窟がある女木島は、その名前の通り桃太郎が鬼退治に訪れた島ともいわれており、島内には広さ4000㎡に及ぶ洞窟が存在します。洞窟内は、まるで本当に鬼が住んでいたかのような演出が施されており、ファミリー旅行にもおすすめの観光スポットです。

 

・父母ヶ浜(三豊市)

近年、SNSの発達によって注目されている観光エリアがこちらの父母ヶ浜です。ボリビアのウユニ塩湖のように、海面に景色がそのまま映り込み、なんとも幻想的な写真が撮れると非常に人気があります。また、夏場には県内の方が海水浴場としても利用するため、どの季節でも需要が高い観光スポットのひとつです。

 

・丸亀城(丸亀市)

丸亀うどんでも有名な丸亀市ですが、市内には丸亀城と呼ばれる立派なお城がそびえています。こちらはうどん屋巡りの合間にも訪れることができる観光スポットでもあり、地元の方々からは丸亀市のシンボルとして扱われています。

 

香川県でタクシードライバーへの転職を考える方へ

ご覧いただいたように、香川県はタクシードライバーにとって非常に魅力的な部分がたくさんある地域です。日本人にとっては普遍的なグルメである「うどん」が有名で、さらにお遍路巡りや味覚狩りといった際のタクシー需要も高い県であるため、ドライバーとしてはやりがいを感じることができる地域だと言えます。

 

安定した仕事や年収を求めているという方であれば、なおさらおすすめとなっていますので、香川県でのタクシードライバーへの転職を、真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの無料転職相談はこちら

今すぐ登録する

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ

フリーダイヤル0120-981-461

受付時間
9:00〜19:00 平日のみ

お気軽にご相談ください。左画像 お気軽にご相談ください。右画像