SCSKの平均年収は低い?年収1,000万円は可能?新卒の大卒・院卒や課長・部長の給与を公開

公開日:2022年6月15日 更新日:2022年6月15日

グローバルなIT企業への就職や転職を検討するうえで、SCSKで働きたいと考える人は多いでしょう。同時に、年収面が気になる人も多いはずです。

本記事ではSCSKの平均年収を紹介します。職種別や役職別の年収も調査しているので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、SCSKへの転職を目指すなら「リクルートエージェント」の活用がおすすめです。業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、転職成功率のアップが期待できます。

リクルートエージェントはこちら

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKはどんな会社?

SCSKはシステム開発やBPO、ITハード・ソフトの販売など、IT関連のサービスを幅広く展開している会社です。業界・業種問わず、8,000社以上の企業をIT面でサポートしています。

SCSKの会社概要は以下のとおりです。

会社名SCSK株式会社
設立1969年10月25日
住所〒135-8110
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
代表取締役當麻隆昭
従業員数14,938名(2022年3月31日現在 連結)
資本金21,152百万円

出典:SCSK株式会社「会社概要

SCSKの平均年収|新卒の大卒・院卒や課長・部長の給与

有価証券報告書」によると、SCSKの平均年収は752万円です。一方、「令和2年分民間給与実態統計調査」では、民間企業における正規雇用者の平均年収は約496万円と報告されました。

両者を比較すると、SCSKの平均年収は民間企業より250万円程度上回っていることがわかります。

新卒の初任給

SCSKの新卒の初任給は以下のとおりです。

卒業区分初任給の月給
大卒310,000円
院卒330,000円

出典:SCSK株式会社「募集要項

新卒から、月給30万円以上が保証されています。

なお、新卒を募集している以下3つすべての職種で、初任給の月給は同じです。

  • 技術系職種
  • 営業系職種
  • コーポレートスタッフ系職種

職種別の平均年収

SCSKの職種別における平均年収は以下のとおりです。

職種平均年収
エンジニア・SE565万円(350~1,000万円)
営業628万円(370~950万円)
プロジェクトマネージャー782万円(600~1,000万円)
技術600万円(300~800万円)
総合職557万円(350~820万円)

出典:openwork「SCSK株式会社

プロジェクトマネージャーのみ、平均年収が突出して高くなっています。その他については、職種ごとに大きな年収差はないようです。

年齢別の平均年収

SCSKの年齢別における平均年収は以下のとおりです。

年齢平均年収
25歳438万円(363~529万円)
30歳523万円(434~632万円)
35歳624万円(517~753万円)
40歳712万円(590~859万円)
45歳764万円(633~922万円)
50歳779万円(645~939万円)

出典:openwork「SCSK株式会社

年齢を重ねるにつれ、年収も順当に上がる傾向にあります。ただし、同年代でも年収額に幅があることから、完全な年功序列ではなく実績も評価されると考えられます。

役職別の平均年収

SCSKの役職はグレードと呼ばれる制度により、総合職と基幹職に分かれています。役職別の平均年収は以下のとおりです。

グレード役職平均年収
総合職B、A一般社員430~550万円
基幹職E主任520~650万円
基幹職D係長620~750万円
基幹職C課長710~860万円
基幹職B部長800~1,000万円

openworkに投稿された口コミから予想値を算出

グレードが上がるにつれ、年収も高くなる傾向にあります。

openworkの口コミによると、20代後半で総合職から基幹職にグレードアップするチャンスがあります。なお、総合職は残業代がつくものの、基幹職になるとみなし残業となるのもSCSKの特徴です。

グループ会社の平均年収

SCSKのグループ会社の平均年収は以下のとおりです。

グループ会社平均年収
SCSK株式会社752万円(※1)
SCSKサービスウェア株式会社456万円(300~622万円)(※2)
SCSK Minoriソリューションズ株式会社464万円(300~630万円)(※3)
SCSKシステムマネジメント株式会社447万円(312~560万円)(※4)

親会社にあたるSCSK株式会社は、各グループ会社より300万円ほど平均年収が高くなっています。

※1 出典:SCSK株式会社「2020年度 有価証券報告書
※2 出典:openwork「SCSKサービスウェア株式会社
※3 出典:openwork「SCSK Minoriソリューションズ株式会社
※4 出典:openwork「SCSKシステムマネジメント株式会社

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKの年収推移

過去5年間におけるSCSKの年収推移を見ていきましょう。

決算期平均年収
2016年度726万円(※1)
2017年度726万円(※2)
2018年度725万円(※3)
2019年度735万円(※4)
2020年度752万円(※5)

2020年は新型コロナウイルスが世界的に流行したことで、あらゆる業界が打撃を受けているものの、SCSKに関しては平均年収が上昇しています。

これは、SCSKのIT関連の事業において、感染症による需要減が少なかったからだと考えられます。

※1 出典:SCSK株式会社「2016年度 有価証券報告書
※2 出典:SCSK株式会社「2017年度 有価証券報告書
※3 出典:SCSK株式会社「2018年度 有価証券報告書
※4 出典:SCSK株式会社「2019年度 有価証券報告書
※5 出典:SCSK株式会社「2020年度 有価証券報告書

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKと競合他社の年収比較|他社よりも低い?

SCSKとその競合他社の平均年収を比較してみましょう。

企業名平均年収
SCSK752万円(※1)
日立製作所890万円(※2)
富士通865万円(※3)
NTTデータ841万円(※4)
NEC829万円(※5)

競合他社と比較すると、SCSKは業界の中では年収水準が低くなっています。ただし、752万円という額は国内の民間企業の平均年収を大きく上回っているため、SCSKの年収が低いわけではありません。

※1 出典:SCSK株式会社「有価証券報告書
※2 出典:株式会社 日立製作所「有価証券報告書
※3 出典:富士通株式会社「有価証券報告書
※4 出典:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ「有価証券報告書
※5 出典:日本電気株式会社「有価証券報告書

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKの事業領域

SCSKの事業領域は以下のとおりです。

事業領域概要
BPOクライアントの業務を一部受託し、コンタクトセンターなどのサービスを提供
ITハード・ソフト販売セキュリティやネットワークなどプロダクトの販売、構築、サポート
ITマネジメントオンプレミスからクラウドまで、ITシステムの保守運用及び改善を実施
ITインフラ構築ITインフラの設計、構築、安定利用
コンサルティングクライアントの経営戦略に基づくIT戦略策定、IT企画立案などのサポート
システム開発高品質かつ迅速な開発ニーズに対応
検証サービスソフトウェアの評価、検証

一口にIT関連と言っても、さまざまな事業を手がけているのがSCSKの特徴です。

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKの特徴的な福利厚生

社員の働きやすい環境を整えるために、SCSKには以下のような福利厚生があります。

  • 育児や介護のサポート制度
  • オフタイムを充実させる制度
  • リラクゼーションルーム

それぞれ詳しく見ていきましょう。

育児や介護のサポート制度

SCSKの育児休業は、通算3年を限度として最大6回まで分割取得が可能です。法律で定められている育休期間より長く設定されています。

その他、マタニティ休暇や子供の看護休暇など、育児関連のサポートを手厚く行っているのがSCSKの特徴です。

また、介護支援に関しても同様にサポート体制が充実しています。介護休暇以外にも、短時間勤務や介護相談窓口の設置などさまざまなサポートを受けられるのが魅力です。

オフタイムを充実させる制度

SCSKでは、仕事以外のオフタイムが充実するようなサポートを受けられます。例えば、以下のような制度を利用できます。

  • 宿泊施設の利用
  • レジャー施設の利用
  • スポーツクラブへの入会

自分の興味関心に合わせて、オフタイムのプランを自由に選択できます。

リラクゼーションルーム

SCSKにはリラクゼーションルームが完備されています。リラクゼーションルームにはあんま指圧マッサージ資格保有者が常駐しており、リフレッシュが図れます。

身体を休められる環境が整っているので、仕事の効率アップも期待できるでしょう。

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKが転職先として人気な理由

SCSKが転職先として人気な理由は以下の4つです。

  • 大規模なIT事業に携われる
  • 研修制度が充実している
  • 残業が少ない
  • 職場環境が良い

以下でそれぞれ詳しく解説します。

大規模なIT事業に携われる

SCSKでは、大手企業ならではの大規模なIT事業に携われます。プロジェクト規模の大きい仕事を任されるため、やりがいを感じられるでしょう。

また、SCSKのクライアントにも、大手企業が名を連ねています。大企業と直接関わることで自信がつけば、社会人としてのスキルアップが期待できるでしょう。

研修制度が充実している

SCSKは人材育成に力を入れています。

例えば入社後に行われる新人研修では、ビジネススキルの習得だけではなく、配属先に合わせた専門技術研修も行われます。内定後から長期間にわたる研修が行われるため、スキルレベルが高まるでしょう。

また、「SCSK i-University」と呼ばれる制度により、全社員に対して以下の研修機会が設けられています。

  • キャリア開発
  • リーダーシップ開発
  • 専門能力開発
  • ビジネス基礎能力開発

新人研修を受けたら終わりではなく、常に成長できる機会を与えてくれるのがSCSKの魅力です。

他にも、海外の現地法人で研修を行う「海外トレーニー制度」など、グローバル人材育成に向けた取り組みも実施されています。実務で使えるビジネス力や語学力を鍛えれば、活躍の場が広がるでしょう。

残業が少ない

SCSKは毎週水曜日をノー残業デーに定めるなど、比較的残業が少ない企業です。openworkにも、「自由に有給休暇を取れる」といった口コミが多く寄せられています。

IT業界の中には、残業が多い企業も数多く存在します。他のIT関連企業に比べるとSCSKは残業が少ないため、プライベートの時間を充実させられるでしょう。

職場環境が良い

SCSKは職場環境が良いと評判です。openworkにも、「職場環境が良くて働きやすい」といった口コミが寄せられています。

会社全体の雰囲気や社員の人柄が良いため、良好な人間関係を築きやすいでしょう。職場でストレスを感じにくく、仕事で高いパフォーマンスを発揮できます。

自分の適正年収が知りたい方はこちら

SCSKへの転職を成功させるポイント

SCSKへの転職を成功させるポイントは以下の4つです。

  • 自己分析に時間をかける
  • 企業研究を丁寧に行う
  • 選考対策を徹底する
  • 転職エージェントを利用する

すべてのポイントを押さえ、SCSKの内定を勝ち取りましょう。

自己分析に時間をかける

SCSKの内定を勝ち取るために、自己分析には時間をかけましょう。自分の強みを客観視するためです。

自己分析が浅いと、SCSKに対してどのように貢献できるのかアピールできません。過去の実績や経験を振り返り、自分だけの強みを言語化して伝えるのが大切です。

企業研究を丁寧に行う

企業研究を丁寧に行い、SCSKの経営理念を理解しましょう。SCSKは、自社にマッチした人材を求めているからです。

また、SCSKが求める人物像を把握するのも大切です。スキルレベルが高くても、SCSKが求めていなければ評価されません。

企業研究を通して、SCSKが必要としている人材にマッチしていることをアピールしましょう。

選考対策を徹底する

選考対策を徹底して、SCSKへの転職を成功させましょう。自己分析や企業研究を踏まえて、履歴書や職務経歴書を作成します。

競合他社ではなく、SCSKを選んだ理由がわかるように書くのがポイントです。どの企業にでも当てはまる内容では、他の応募者と差別化できません。

面接対策では、企業研究の内容を踏まえて想定問答を作成します。経営理念に共感していることを伝えつつ、自分の言葉で答えられるよう準備しましょう。

転職エージェントを利用する

SCSKへの転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。応募書類作成や面接対策など、1人で選考対策をするのは大変だからです。

転職エージェントは転職のプロです。独自のノウハウを確立しているため、的確なアドバイスを受けられます。

プロ目線で客観的なアドバイスを受ければ、採用担当者に正しくアピールできるでしょう。

SCSKで働く上で自分の適正年収を知ろう

doda年収査定

出典:doda

SCSKへの転職を検討するうえで、どれほど年収を稼げるのか気になるはずです。適正年収がわかれば、年収の目安にできます。

dodaの「年収査定」なら、たった3分で適正年収を把握できます。適正年収を把握し、転職活動を効率良く進めましょう。

dodaの年収査定はこちら

SCSKなどグローバルなIT企業への転職におすすめの転職エージェント3選

SCSKなどグローバルなIT企業への転職におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ
  • doda

それぞれの特徴を見ていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

転職エージェント名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約190,000件
非公開求人数約247,000件
おすすめポイント
  • 求人数が豊富
  • 転職支援実績No.1
  • 専門性の高いキャリアアドバイザーが在籍

※2022年5月時点

リクルートエージェントは、求人数が豊富な転職エージェントです。これまで数多くの求職者を支援し、転職成功に導いてきました。

また、リクルートエージェントには業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。IT業界の専門性が高いキャリアアドバイザーからアドバイスを受ければ、SCSKへの転職成功率が高まるでしょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントについて詳しく知りたい方は「リクルートエージェントの評判は悪い?口コミや使うべき人まで詳しく解説」も読んでみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ

出典:ビズリーチ

転職エージェント名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約74,000件
非公開求人数非公開
おすすめポイント
  • ハイクラスの転職に特化
  • 質の高いヘッドハンターが在籍
  • 登録するだけでスカウトが届く転職エージェント名

※2022年5月時点

ビズリーチは、ハイクラスの転職に特化している転職エージェントです。交渉力が高いヘッドハンターが多数在籍しています。

ビズリーチは登録するだけで、SCSKなどの大企業からスカウトされるのが強みです。経歴や実績に自信がある人は、積極的に活用しましょう。

ビズリーチはこちら

ビズリーチについて詳しく知りたい方は「ビズリーチの悪い評判は本当?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析!」も読んでみてください。

doda

doda

出典:doda

転職エージェント名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約135,000件
非公開求人数非公開
おすすめポイント
  • 求人数が豊富
  • サポート力が高い
  • 転職サイトとしても使える

※2022年5月時点

dodaはサポート力の高さに定評のある転職エージェントです。SCSKを始め、IT業界の求人を豊富に保有しています。また、IT業界への転職に強いキャリアアドバイザーが多数在籍しているのも強みです。

なお、dodaは転職サイトとしても活用できます。自分のペースに合わせて使い方を選べるのもdodaの魅力です。

dodaはこちら

dodaについて詳しく知りたい方は「dodaエージェントの悪い評判の真相は?利用者の口コミを徹底分析」も読んでみてください。

SCSKに転職してやりがいのある仕事を見つけよう

SCSKは、IT関連のサービスで幅広い事業を展開しています。平均年収は752万円です。

平均年収が高いだけでなく、事業の規模が大きいため、やりがいを持って働くことができるでしょう。

なお、SCSKへの転職を成功させるには、転職エージェントの活用がおすすめです。キャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めれば、転職成功率が高まるでしょう。